コラム

2015年4月23日 (木)

乗って残せなかった・・・KALIMAYA号~東京湾フェリーで行くスマトラ~

Dsc_0431
東京湾フェリー くりはま丸改め、PT.Munic line CAITLYN 後追い失礼・・・

暇なうち、ちょっくら更新、フェリーネタ。果たして、いつ撮った画像かと思えば、2014年5月・・・って、もう1年経ってしまうではないですか。実はあと1回分まだ消化不良になっているのがありますので、近いうちに更新します。

そんなわけで、昨年5月のスンダ海峡遠征の記録です。きっと、このときも埼京と横浜の狭間でネタがなかったんだろうなぁ。水先案内人のAdam氏に、スンダ海峡行かねぇか~とお声がけし、自宅近くのインドマートにて、当然の如く空きのあるKrakatauをポチッと押したら準備完了。いざ、中古フェリーの楽園へ。

続きを読む "乗って残せなかった・・・KALIMAYA号~東京湾フェリーで行くスマトラ~"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

Rhestaticを試運転他、レイアウト近況

Dsc_0263
都内某所にて・・・

特にネタもなさそうな、1週間なのでしょうもない記事をあげておきます。先日、一時帰国した際に、レイアウト用品を調達しがてら、落成したてのRheostaticをレンタルレイアウトで走行させてきました。連結面を詰めすぎているかな?と思ったものの、通常の半径なら難なく走行可能でした。唯一の難点は、やや軽いことくらいで、ウェイトを乗っければ解決です。なお、床下機器はまだ取り付けていませんので、ご了承を。

続きを読む "Rhestaticを試運転他、レイアウト近況"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

記念デザインCOMMETに翻弄される・・・

Commet
デザインは3種あるはずなのですが・・・

先日、13日突如KCJウェブ上にて、13日より特別デザインMultiCommetの発売を開始するとのリリースが出現しました。13日発売の13日リリースってどういうことだよ・・・と思うのですが。(ツイッター上では12日に出ていたようですね)そんなわけで、仕方ないので14日朝に、自宅近くの駅に行ってみましたが、すでに売り切れ・・・。というか、まだ在庫はあるみたいなんだけど、まだ来てないんだよねぇ、と。15時くらいに待て来てネ、と言われ、退散。15時といわれてもね、会社だよ、会社。

続きを読む "記念デザインCOMMETに翻弄される・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

雨なので・・・新たなプロジェクト(予告)

Dsc_0325_r
KCJとのお付き合いに愛想が尽きてきましたので、別の方向から攻めましょうか

さて、多忙かつネタ枯渇防止のため、マンガライレポートを2週に1度の更新に頻度を下げていますが、ブログの更新頻度は下がらず、本末転倒な結果になっております・・・。しかし週末のネタ回収時間がそっくりそのまま空き時間となり、かといって外に出ても一日中の雨・・・。昨年でしたら、埼京編成の水切り真っ只中ということで、雨にも負けず、ひたすら追っかけていたのですが、今年は次の到着までしばし暇を出されています。ま、こんなこともあろうかと、いざというときに備えて、ちまちまと温めてきたこちらのプロジェクトをスタートといたしますか。


続きを読む "雨なので・・・新たなプロジェクト(予告)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・

Dsc_0734
特徴的なファンネルの形状、やっぱり・・・

※情報頂きました金甲山様には改めて感謝申し上げます。

急行Kalimaya廃止疑惑が出た6月ダイヤ改正(結局このときには残ったものの7月1日修正で日中のRangkasBitung~Merak間が廃止に・・・・)前に、お名残乗車がてらフェリーウォッチングに繰り出してきたのですが、未だアップ出来ておりません・・・。そのときに前回からの課題でもあった元第八十一玉高丸(2代目)改めGELIS RAUH乗船を目論んでいたのですが、姿を確認出来ず。おかしいなぁと思っていたのですが、いつの間にかバリ~ロンボク航路に転属していたのですね。そして無念の出火・・・。

続きを読む "元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

赤い205!

Dsc_0651
ようやく始まった譲渡への動き・・・

昨年12月に発表されたKCJの設備投資計画。メトロからの投入が一段落し、次期譲渡車両に注目が集まり、購入希望数からも、おおよそ埼京の205に間違いないという状況でした。しかし実際の投入車両数に関しては、その後も二転三転し、果たしてあの会社が何編成インドネシア用に用意するのかは全くもって不透明なものでしたが、国内で開始された輸送劇や、当地報道を見る限り、現時点では18本の投入という公算が高そうです。もっとも本来であれば8月までにも第一陣が到着してもおかしくはなかったものが、大人の事情でここまでずれ込んでいますから、一度決まった180両という数字も予告なく減らしてくる可能性もあり、実際のところはなんとも言えません。

さて、いよいよ全貌が明らかになりつつある今年度の導入車両ですが、先日、在邦人向け某フリーペーパーに気になる記述が。
「安さが魅力」日本の中古電車180両導入。KFW1編成90億ルピアに対し、205は1編成9億ルピア(本文中では編成ではなく、両の表記でしたが、KFWの値段からしてGarbonとRangkaianを混同しているものかと・・・)、とのこと。となると205、1編成あたり約900万円ということで、メトロよりかは値が張っています(公式発表があった7000系比)が、表向きにはまぁ良心的な値段設定(但し203系はフィリピンの前例がある絡みでHibahですが)になっているようです。なおこの発表は「ジョーナン社長と進化する鉄道」出版記念会見での一コマとか;;ジョーナンやってくれじゃん(爆)

というわけで赤くなった205を・・・。

続きを読む "赤い205!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

インドネシアの鉄道歴史展

Dsc_0993_r
20日まで絶賛開催中!

落花生。様がすでにお知らせしている通り、9月24日から10月20日までの約1ヶ月間、オランダ大使館のイベントスペース(ERAMUS HUIS)でインドネシアの鉄道歴史展が開催されております。インドネシアの旧宗主国であり、鉄道の礎を作り上げたオランダが主催であり、さらに後援にはKAIがバックアップしているということで、内容には非常に期待が!しかしながら残念なことに、大使館内での展示ということで、開催時間に限りがある上、日曜がお休み;;となれば、狙い目は平日の朝!ということで、ラッシュの電車に揺られながら、Cawangでtrans jakartaに乗り換え見学して参りました。最寄はtjのKuninganBarat又はKuninganTimurです。

続きを読む "インドネシアの鉄道歴史展"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

廃車回送されたRheostatic、その後

Csc_0309
まさにEkonomi終焉の地に相応しいこの光景!

おっとっと様が既にご紹介されていますから、ご存知の方も多いかと存じますが、7月下旬、Ekonomi全廃を目前にして突如として廃車回送がなされたKL3-76~84系16両のその後の姿を求め、先日(もはや先日ではないか;;)Purwakartaへ足を伸ばしてまいりました。

続きを読む "廃車回送されたRheostatic、その後"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

急行クラカタウで行く、スンダ海峡③

Dsc_0122_r
フェリー業界の総元締め?asdp社が満を持して投入したPortLink1、その中身や如何に!?

スンダ海峡で最大、最新、そして最もインドネシアが似合わない、PortLink1。船内には映画館あり、スポーツバーありの、超豪華仕様とは聞いていましたが、果たしてそれらは今どうなっているのでしょうか。期待を胸に、船内へと進んでいきましょう。

続きを読む "急行クラカタウで行く、スンダ海峡③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

急行クラカタウで行く、スンダ海峡②

Rajarakata
前回の冒頭でも出していましたが、出港するフェリーはちのへ改め、“Rajarakata”

カーペットにゴロんと寝転び、快適な船旅も、こういうときに限って順調に航海を続け、なんと2時間半弱でスマトラ側の港、Bakahuniに着岸。4時間もかかった前回はなんだったんだよ・・・。3時間はかかるだろうとふみ、それで目覚ましをかけていたものだから、係員に起こされる始末。もっと寝ていたかった。このまま船内に留まって、折り返し乗船なんてのも出来ないことないですが、後続のフェリーウォッチングもありますし、後ろ髪を引かれる思いで、フェリーはちのへを後にします。

続きを読む "急行クラカタウで行く、スンダ海峡②"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お知らせ | コラム | ニュース | 時刻と運賃 | 路線と運転