« 不定期更新 月刊Depok通信(4月分) | トップページ | Rhestaticを試運転他、レイアウト近況 »

2015年4月20日 (月)

週刊マンガライレポートVol.128

Dsc_0400_r
先々週末のゲート前

またまた1週遅れでのマンガライレポートです。なにかとゴタゴタしていて、画像整理が追いつきません。こういうときに限ってネタが多いんですよ。来週こそはオンタイムで上げますので・・・。

というわけで、3月30日~4月12日分のマンガライレポートです。ゲート前では5017Fが出場間近でした(最新ニュースの通り、すでに試運転を実施しています)。もう手馴れたものなのか、非常に早い出場ですね。

ゲート近くにはこんな車両が↓↓

Dsc_0404_r
客車版ドクターイエローDjokoTingkir

普段、TanahAabang機関区の奥に留置されているため、なかなかお目にかかれないこの車両。実はオランダ植民地時代に輸入された歴史的な車両です。低床部分の車内がどのようになっているのか気になりますね。

Dsc_0208_r
元KRD客車ついに引退か!?

ちまちまと進む、客車留置線の移設・拡張工事、正式供用開始を前に、4月1日ダイヤ改正で離脱したと思われるSerpong,Banten線用のKRD改造の通勤客車がずっと留置されています。

ではさっそく車両の動きを。

Dsc_0030_r
7123F検査出場

先月末までBalaiyasaManggraiで全検中だった7123Fが運用復帰しています。7000系も早いもので、5年目突入(2013年の水没の影響で検査時期がずれていますが)ですね。塗り分けはDepokで修正されることなく、白のアクセントが入らぬままでの復帰です。

Dsc_0042_r
6181(-6168)F運用復帰!!

Dsc_0059_r
後撃ち(6181側)


最新ニュース欄でお知らせしていますが、6181Fが約半年ぶりに復活です。周知のとおり、ガルーダインドネシアとのメンテナンス契約案件の第一号ですが、外観上からは何が修繕されたのかはわかりませんでした。試運転時に下がっていた6167のパンタも使用されており、引き続き全Mのままのようです。是非、乗って車内や冷房の効きも確かめたいところです。なお編成は昨年2MG化された時点と同じです。車番は前回のDepok通信にあげていますので、そちらをご参照下さい。

Dsc_0121_r
マト51、2パンタ化

上野幕に気を取られすぎて、当方撮影時には全くの不覚だったのですが、後から言われ、画像を再度確認してみると、サハ203と差し替えで挿入されたモハ203,202‐117ユニットのパンタが撤去されているではありませんか!!

Dsc_0124_r
確かに2つしかパンタがありません・・・

Dsc_0116_r
ピントもへったくれもありませんが、偶然シャッターを切っていたようで・・・

パンタごと撤去したということは、おそらくMも殺して、事実上の電装解除でしょうか。他編成が4M4Tで、これだけ6Mというのも変な話でしたからね・・・。こちらも、後日用確認です。

ついでに203系つながりで、マト52の撮り直し。

Dsc_0640_r
7123F同様に、いまいちパッとしないマト52・・・

当初、運用、離脱を繰り返していたマト52ですが、最近は順調に稼働しています。どうも、クハ台車をモハ台車で代用しているクハ202側のスピードメーターをGPS式に換装しているようで。

お次はこちら。

Dsc_0149_r
青ガッパ、ハゲ隠しされる・・・

検査期限を過ぎても、今なお運用に就いている(都営車の場合、走行距離がまだ規定に達していないのでしょう)Espasこと、6177Fですが、劣化の激しかった6177側のオデコ部分が、かなりやっつけではありますが、グレー塗装になりました。緑色時代、オデコはグレーだったわけで、こっちの方がまだ恰好いいですね。しかし、わざわざ塗りなおすとはまだまだ使う気なのか??

続いて、205系の事故関連ネタを3連投。

Dsc_0254_r_2
まずはNambo線内でバイクと衝突したH6。 204-66のスカートが破損。

既にお知らせしていますが、H28,H6と相次いで、スカートを損傷し、代替品がないことからそのままの姿で運用に就いています。オリジナルの鉄板型になるのか、それとも南武が到着するまでこのままなのか・・・。

Dsc_0466_r
H28も引き続き、205-15側を損傷したまま・・・

Dsc_0018_r
2度あることは3度ある、10連車にも同様の事象が・・・

そして全くノーマークだたのがハエ20。クハ204-128が同様の状態になっていました。運転本数の割に、比較的事故の少ない(本数が多いので、無謀に渡る輩も少ないのでしょう)Bogor線ですが、埼京編成にもついに来たかという感じです。

ここまで205系に事故が頻発している裏には、これの影響もあるのではないかと勘ぐってしまいます。

Dsc_0551_r
鋳鉄製シューを205系に使用開始

先日、Depok通信でお伝えしましたが、再度建屋に運ばれていたインドネシア製の劣悪なブレーキシューですが、3月下旬頃より、205系に集中的に使用されているのが目撃されています。昨年はメトロ車を中心に使用しており、車両トラブルを頻発させ、使用停止に追い込まれたわけですが、205系なら大丈夫?と判断したのでしょうか。確かに当地ではメトロ車より205の方が電制を利かせる範囲が広いように見えますので、影響が少ないのかもしれませんが、車両に悪影響が出るのは変わりありません。そもそも、制動距離が大きく伸びますので、踏切での接触事故が増えるのは当然の成り行きではないでしょうか。JREもなに指導してんだか、ですね。

205系絡みで、広告車の話題。契約切れで、いつの間にか消えている広告もありますので、絶対的な数は最近増えていないのかもしれませんが、新しいものも着々と増えています。

Dsc_0272_r
まずはハエ1

Dsc_0275_r
モハ204-238が広告ラッピングに

Dsc_0380_r
同様のラッピングがハエ12にも出現しています

Dsc_0383_r
モハ204-327に同様のラッピング。政府系広告なんでしょうかね?

Dsc_0107_r
続いて、黒KOMPASがハエ13にも

Dsc_0112_r
当該はサハ204-27。白コンパスと並びになりました。

ダイヤ改正絡みで、こちらを。改正以降、JAK~KPBフィーダーはKFWの指定席となっています。この日はTs5+10の8連でした。4連の日もあるようですが、それで十分ですよ・・・。

Dsc_0677_r
とりあえず、証拠写真。やる気なし;;

4月1日のダイヤ改正の目玉はNambo線開業はともかくとして、環状線系統の増強でしょう。Bogor線からの直通電車が大増発された他、Manggarai~Duriのフィーダーも運転時間帯が拡大され、ジャカルタのど真ん中を貫く、唯一の軌道系交通機関としてますます重要度が増している環状線のManggarai~TanahAbang間ですが、引き続き、朝夕のフィーダには103系が現役続投しています。環状線大増発を記念して?Sudirman駅近くで撮影しました。光線もバッチリで、今後は電車の待ちぼうけを食らうことも減りそうですから、今後は通い詰めてしまうかもしれませんね;;

Dsc_0418_r
Sudirmanを発車する103系

さて、Sudurmanに出向いたついでに、DuriからやってきたNambo行きをつかまえて、Nambo線初乗りと行きますか!

Dsc_0566_r
この日のNambo運用はH25でした。(早朝Manggaraiにて撮影)

というわけで、H25がDuri方面へ通過するまで撮影し、駅へ。

Dsc_0475_r
今更・・・ですが、都心駅らしい佇まいになったSudirman駅構内

Dsc_0477_r_2
エスカレーター換装工事も終了。以前よりかはマシになりました。

Dsc_0484_r
それでは都心のど真ん中から、ジャカルタの僻地、Namboへ出発(ってなんでサボ変えてないのよ・・・)

カーフリーデー帰りの若者がなだれ込んできて、終始ホームは混雑しており、数分前にBogor行きが出た後というのに、なかなかの乗車率でSudirmanを発車。席はほとんど埋まっており、なんとか6ドア車に確保。まずは順当にCitayamまで進むわけですが、環状線大増発の影響で、早速Manggaraiの大渋滞にはまりました。せっかく、ここまでほぼ定刻で来たのにもかかわらず、進んで止まってを、かれこれ30分近く繰り返しました・・・。言うまでもなく、過去最長記録です。無思考に増発するからこうなるんだよ。Manggaraiの列車捌きも下手すぎる・・・。

まあその後は順調にCitayamに。座れてしまったのをいいことに、ウトウトと。気づいたら、同じ号車に、元Depok電車区長の某氏が乗車されていました;;家族でNambo線乗りつぶしに行くのだそう。Depokを過ぎても、客足は減らず、Citayamへ。Citayamでそこそこおりましたが、座っている客は、皆様乗り潰しないし、地元の初乗り目的の方々のようで。開業から2週間たっても、まだこの様相ですか。

Dsc_0491_r
平面交差の関係上、対向待ちで少々停車

Dsc_0494_r
転線。いよいよNambo線へ!

Dsc_0504_2_r
Nambo線内に入ると、座っていた客が一様に窓にへばりつきます

開業ほやほやらしい光景ですね。列車は40km/h~50km/hのゆっくりしたスピードで進み、唯一の途中駅、Cibinongへ。沿線住民が慣れるまで、当分このスピードでしょうな。第四種踏切の連続ですし・・・。

Dsc_0509_r
Cibinongで約半数が下車、が乗車も多数;;

Cibinongを出ると、進行方向右側に、巨大なキリスト教協会があり、線路に向けて石像が大量に設置(ほぼ偶像崇拝が禁止されているこの国でよくやるわ・・・)されており、びっくり。とっさのことで、画像には納めていませんが。

しばし進むと、Nambo線最大の見せ場?、Cibinong大橋を通過。いずれ、ここでまた撮影したいですね。

Dsc_0524_r
奥にある緑の建物のあたりが、この前DjokoTingkirを撮影した場所ですね

さらに続いて、Bogor高速を超えてゆきます。

Dsc_0645_r
在邦人の方々が毎週末お世話になっているBogor

これまでは、関越道を跨ぐ、あの廃線を彷彿させていましたが、晴れて電車が通るようになりました。

Dsc_0532_r
休止中のGunungPutri駅を通過

駅には電車運転開始に伴う、注意書きのフラッグが出ています。

Dsc_0553_r
そして怪しげなセメント工場群が見えてくると、まもなく終点のNamboです

Dsc_0585_r
あの建屋は、セメントパックの積み込み用のようですね。

しかし、しばらく来ないうちに、ヤード側も大きく変貌し、コキ車の多さにもびっくりです。今や、しっかりと入れ替え用のCC201も配備されるまでになりました。逆に、電車留置線として使うのはほぼ不可能?なんのために、架線を張ったんだか・・・です。

Dsc_0588_r
到着!!

地元の皆様に熱烈歓迎!?を受けながら、終点Namboに到着です。すぐに折り返さねばならないのですが・・・。駅前には民家が点在しているだけで、それこそ、折り返しに乗り遅れたらエライことになりますので、そそくさと改札を出て、コメットをタッチしなおします。乗り潰し客が多いのを見越してか、珍しく折り返し乗車はご遠慮くださいとのアナウンスが流れておりました。そんなこと言っても、Cibinong~Nambo~Depok方面へと進む客は知らん顔なわけで;;ま、車内で検札をしないセキュリティーが悪いんですよ。

Dsc_0616_r
Namboの駅名標と

さすがに開業間もないとあって、PKDもフレンドリーで、どうぞ撮自由に撮影してくださいという感じでした。駅名のところでタバコをふかしていたPKDたちが、カメラを見るなり、どうぞどうぞと移動したのには笑ってしまいました。

Dsc_0621_r
停車中の205系

Dsc_0636_r
自動改札が設置された駅本屋

遅れていたので、列車はすぐに折り返し。撮るものだけ撮って、さっさと乗車。行きより混んでるじゃないか・・・。とりあえず、この列車でDepokまで行き、メシ食って、空いている後続の列車に乗り換えましょ!!

こんな感じで、Nambo線初乗車を果たしました。次からは沿線撮影ですね。


最後に小ネタと業事務連絡。

Dsc_0663_r
205系の車内ディスプレイに新宿駅14,15番線が!!

以前、DjokoVisionに使われた画像は、インターネットから勝手に取ってきただけという感じで著作権もへったくれもなかったのですが、今回は広告代理店が用意した素材のようですね。

Dsc_0671_r
さらにディスプレイには一足早く、FelicaCommetがお目見え

いよいよ、特別柄COMMETは旧製品の在庫処分疑惑が・・・。Telkomチップのが捌けるまで、Felicaのを売り出せないのでしょう。

Dsc_0682_r
4月1日より、Cikoya駅はEkonomiLokalは通過(CommuterLineは停車)となっています

ご利用の際はご注意ください。なお依然としてMaja以遠でのCOMMET使用も出来ません。


次回の更新は4月27日頃を予定しています。

【予告】

Dsc_0135_r
13日より1080Fが復帰しています。画像は1081側。

気になる、損傷側1080の詳細は次回に!!
































































































|

« 不定期更新 月刊Depok通信(4月分) | トップページ | Rhestaticを試運転他、レイアウト近況 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

日本でも本日、南武線205系の譲渡に関する正式な発表がJRE側からありました。
4月下旬には譲渡開始とありますので、5月中には新たな205系がTanjung Priokにお目見えする日も近いのではないでしょうか…

では。

投稿: 8506 | 2015年4月20日 (月) 20時45分

小生も今日夕方にJR東日本からの南武線205系譲渡に関する公式ニュースを見ました。まだ譲渡対象外車両の長野配給が終わっていない為譲渡は早くてもは夏ごろだと予想しておりましたが、春から譲渡に向けた動きが始まるのは少し予想外でした。

投稿: ハマ線沿線の民 | 2015年4月20日 (月) 21時25分

お久しぶりです
南武205系の件がようやく正式発表となりました。
やはり8連か10連に編成し直し…ということになるのでしょうか

投稿: あさぎり | 2015年4月20日 (月) 22時55分

皆様、同じ話題に対するコメントですので、一斉に返信させていただきます。

<8506様

4月下旬から配給が開始されたとしても、数編成まとまるまでは出港しないでしょうし、そもそも南武は6連です。相当数まとまらないと、船積みが行われないのではないかと思います。そうなると5月中のジャカルタ到着は難しいでしょう。

<ハマ線沿線の民様

前にも書いたと思いますが、このタイミングで譲渡を開始しないと、20編成確保が出来ません。夏では遅すぎです。予想の範疇ではないでしょうか。

<あさぎり様
お久しぶりです。組換えは、当地でということになるのでしょう。10連はやらないと思いますよ。Kota口固定の運用をなんだか嫌がっているようにも見えますし。

投稿: パクアン急行 | 2015年4月21日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/59704407

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.128:

« 不定期更新 月刊Depok通信(4月分) | トップページ | Rhestaticを試運転他、レイアウト近況 »