« 週刊マンガライレポートVol.126 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.127 »

2015年3月30日 (月)

Nambo線電車入線試験(3月30日)

P_20150330_145023
KFW、Namboへ

4月1日に開業が予定されているNambo線ですが、開業2日前にして、ようやく電車の入線試験が実施されました。画像はいつもお世話になっておりますFaris様のご提供です。毎度のレポありがとうございます。

当方、一時帰国中ですが、バタバタしてしまいまして、更新が滞りまして申し訳ございません。KCJ公式リリースでは既に去る24日に4月1日改正ダイヤがアップロードされており、Bogor線の環状線直通系統の強化、Serpong線のParungPanjang以遠の増発(改正に合わせMajaまでの複線化なるか?)には目を見張るものがありますが、1日に開業が予定されているNambo線とTanjungPriok線の記載はなし。というか、TanjungPriok線に至っては、Kota~Bandanのチョン行フィーダーの記載がある時点で、もはや1日の開業は諦めたのだなということが読み取れました。そして依然として本社からの公式見解のないNambo線、結局こっちも間に合わないんだろうな、と薄々感じてはいたのですが、ここにきてようやく、営業開始に向けた電車試運転が実施されました。

P_20150330_152309
Nambo駅構内入れ替え用CC201と並ぶKFW

本日、試運転に抜擢されたのはKFW Ts4。先日までSerpong線で運用を行っていた(詳細はマンガライレポートにて)編成のうちの半分です。まあ初回は妥当にKFWですよね・・・。これで問題がなければ、当分の間、Nambo線直通運用はKFWで固定ということになるのでしょうか。他形式を入れるには、さすがに形式毎に入線試験が必要でしょうし、もし1日開業に間に合わせるなら、当面KFWになる可能性が高いのかもしれません。

P_20150330_144826
駅舎設備もなんとか間に合いそうですね

先日のDjokoTingkir入線時には全く準備の進んでいなかった改札周りですが、その後急ピッチで工事が進んだようで、終点Namboにも自動改札機がお目見えしていたようで、Eチケットへの対応もなんとかなりそうな気配です。

P_20150330_152044
ヤードに出現したこの建屋は一体!?

そして、気になるのがこちら。ばら積みセメントの積み込み作業に必要とは思えないのですが、簡易電車検修施設なのでしょうか?だとしたら、もっとNambo始発の設定があってもいいはずであり、戻ったらさっそくチェックせねばなりませんね。

開業予定まであと2日、果たして開業するのかNambo線!!






|

« 週刊マンガライレポートVol.126 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.127 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/59465819

この記事へのトラックバック一覧です: Nambo線電車入線試験(3月30日):

« 週刊マンガライレポートVol.126 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.127 »