« 週刊マンガライレポートVol.125 | トップページ | 6181-6168F試運転実施(03月14日) »

2015年3月 9日 (月)

Nambo線ダイヤの全貌が明らかに

Peta_rute_krl_jarak_stasiun_2015
オリジナルサイズはサイドバーのリンク先からご覧下さい

前回マンガライレポートで、運賃の対キロ制移行に伴う、フラッグを紹介し、ご覧のとおり、Nambo線は完全スルーされていたわけですが、先日公式サイトからも運賃表及び、駅間距離付き路線図がアップロードされました。そしてそこにはNambo線の記載が!!さらにその路線図によるとNambo線は環状線直通??

実は先週末、内部関係者と思われる人物が沿線フォーラムにNambo線ダイヤをリークしており、その信憑性が問われていたのですが、公式からこの路線図がリリースされたと言うことは、詳細時刻はともあれ、大筋間違いではないのではという見解に至りました。

というわけで、沿線フォーラムに投下されていたNambo線の時刻。

1807 NMO/AK 05:20 - 06:50
1819 NMO/DU 08:53 - 10:19
1837 NMO/AK 12:25 - 13:55
1855 NMO/AK 15:57 - 17:28
1231 NMO/DP 19:24 - 19:52

1012 DP/NMO 04:25 - 04:53
1808 AK/NMO 07:04 - 08:35

1820 DU/NMO 10:34 - 12:01
1838 AK/NMO 14:05 - 15:39
1856 AK/NMO 17:37 - 19:09

Jakarta側の基点が、環状線直通になっていて、しかも行き先がDuriではなく、Angke行きが大半を占めている時点で怪しさ抜群だったのですが、もしかしたら、Duri~Angke間は回送扱いということなのかもしれません。RangkasBitungからのAngke行きを未だにKampungBandan行きと平然と公表しているくらいですからね・・・。ともあれ、これまでDepok~Nambo間の折り返し運転が有力視されていただけに、驚きを隠せません。だいたい、なんだよこの過疎ダイヤ・・・。1編成がひたすら往復するだけの単純運用なわけですが、だったら、Feederにして本数稼ぐべきでしょうに。まあ思えば、ParungPanjangもMajaも、開業初年度は日に数本程度のお試し運転状態でしたから、ここも年々テコ入れが為されていくのでしょうね。

そんなわけで、4月1日以降も、Nambo線内は1閉塞のまま、Cibinongの信号機も使われないのでしょう。そうそう、明らかにホーム長の足りないと見えたCibinongですが、8両に対し150m足りないだけのそうで、なんとかなるそうです(笑) 10両化のときは散々揉めたのに、なんなんだかねぇ。
また未だに電車の試運転も始まらず、自動改札機すら設置されていないNambo線内、果たして4月1日に間に合うのか、いよいよ雲行きが怪しくなってきましたが、関係者曰く、私たちは4月1日の開業出来ることを望む、だそうです。だめだこりゃ。

なお、他線の時刻も大綱はほぼ出来上がってるようで、明日明後日で、本社で会議を行い、微修正の後、承認されるとのことです。もうあと2週間ちょいしかないのですが・・・。

|

« 週刊マンガライレポートVol.125 | トップページ | 6181-6168F試運転実施(03月14日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜。ジャカルタが涼しいと思える激暑のヤンゴンにて、昼に少々涼みに宿へと戻ったところ、何ですかこのスクープは!
本当に本数少ないですね……。とりあえずは撮るよりも乗れ、という感じですね……。
でもおっしゃる通り、今やジャンジャン電車が来るパルンパンジャンも、数年前までは1日に数本電車が来るだけで「スゴい」と思ったものですので、ナンボもいずれはデポック止まりの延長運転で1時間間隔くらいになると良いですね……。

投稿: おっとっと@ヤンゴン | 2015年3月10日 (火) 14時52分

こんにちわ。
いやあ、貴重な情報ありがとうございます。そして驚きました。何を目的とするのかよくわからないダイヤ設定ですが(終電早過ぎー)、取り敢えず最初は走り出すだけで良しとするのでしょうかね。途中駅の再開と合わせ、今後に期待ということで。
あとはどの編成が入るのか。日本車なのか(103??)、KfW復活編成なのか、楽しみにしておきましょう。
4月になったら、早速ジャカルタ往訪ですね!

投稿: 落花生。@東京 | 2015年3月10日 (火) 20時20分

<おっとっと様

ミャンマー遠征お疲れ様です!!

ホント、このダイヤには拍子抜けでした。Eva嬢が、1~2編成くらいを充当と公言していましたので、たしかにそうはそうなのですが、何もDuriまで行かなくたって・・・、というのが正直な感想です。仰るとおり、まずは撮りより、乗りなのでしょうが、本数増える前に、どんどん沿線も開発されてしまうのでしょうねぇ・・・。

投稿: パクアン急行 | 2015年3月11日 (水) 01時44分

<落花生。様

こんばんは。ネタがないので、私も早いとこ東京に帰りたいです(笑)

しかし、需要というのを全く考えていないのでしょうね・・・。これじゃ、使いたくても使い物にならない・・・。さっそく本社に苦情を入れるしかないですね;;

ジャカルタお越しの際は、またご一緒しましょう。

投稿: パクアン急行 | 2015年3月11日 (水) 01時48分

結局205系で営業開始となったようですね。
途中駅のチビノンのあの短いホームに8連(まさか10連じゃないですよね)が停まったとは、想像するだにワクワクします(笑)
早くジャカルタに見に行かなければなりません…

投稿: 落花生。 | 2015年4月 5日 (日) 01時23分

<落花生。様

返信が遅くなりましてすみません。多忙で未だにNambo線初乗車を果たせずにおります;;

前日の試運転は205系のH6が登板し、1日の営業開始もそのままH6になったようですね。その後も205系の入線が続いており、KFWは古巣の定位置、Kota~Bandanのフィーダーで細々と活躍しているようです。

投稿: パクアン急行 | 2015年4月10日 (金) 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/59209689

この記事へのトラックバック一覧です: Nambo線ダイヤの全貌が明らかに:

« 週刊マンガライレポートVol.125 | トップページ | 6181-6168F試運転実施(03月14日) »