« WijayaKusuma Namboへ(2月24日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.125 »

2015年3月 1日 (日)

不定期更新 月刊Depok通信(2月分)

Dsc_0030
2ヶ月ぶりの橋の下ですが・・・

お客様ご案内のため、橋の下からのレポートですが、大きな動きはなく、お目当てであった6161(6158)F,6181Fは2編成ともピットに入っているという始末(相変わらずピット側は立ち入り不可)で、橋の上からウォッチングで十分だったなという感です。しかも同行したKCJ本社の人間が、お上の言うことにYesとしか言えず、融通の利かない典型的なダメインドネシア人で、何を言っても話が通じず、全く情報収集にもなりませんでした。こういう人間をさっさと追い出すことこそ、KCJの体質改善の第一歩です。

特にネタもないので、留置中の6177F Espasのさよなら撮影大会でも。

Dsc_0865
既に検査から2年が経過し、大分ボロが出てきている青ガッパ

しかし、さよなら撮影をしたものの、なんだかこのところ、代走でときおり運用に就いているんですよね・・・。6158Fなんて、結局あの2日だけだったのに・・・。既に検査切れですが、走行距離でも換算しているようで、その基準を超えない限り、日数が経過しても、運用可能なようです。本当か? 東急車は基本的に期限前に入場しますが、メトロと203なんて、連日運用されている割に、期限超過なんてしょっちゅうですからねぇ。

Dsc_0885
12連のKFW

1月29日からTangerang線1運用限定で運用を開始しているKFWですが、この日はちょうどTs3+Ts5がDepokに戻り、翌日からTs6+Ts7に差し替えとのことで、所属全9編成がDepokに集結していました。中でも上の画像はTs1を先頭に3編成併結でした・・・。Hitachiは12連運転に対応していたはずですが、KFWは流石に出来ないよな・・・。

これらの撮影を済ませ、毎度のガラクタ置き場に進んでみましょう。

Dsc_0902
INKA製モーターカー

綺麗に撮れる位置にいましたのでせっかくなので撮影。

ちなみにその横にも牽引役のRheostaticが止まっていましたが、牽引車の役目を6217F Rakitanに譲ってしまったのか、ガラクタ置き場の一角にひっそりと佇んでいました。

Dsc_0904
都営のバラとメトロ5000の中間予備車に挟まれるRheostatic(アルビノ)

Dsc_0911
ヘッドライトも抜かれ、再起は無さそうな感じ・・・

ちなみに隣の都営6000は今回新たにBogorから移動して来た、6257と6192でした。つまり、Bogorには依然として中間車が4両留置されているわけで、一体何に使うのか気になるところです。

一応証拠写真を・・・
Dsc_0912
6257

Dsc_0913
6192

ちなみに車内はガラクタの山となっており、末期のRheostaticを彷彿される光景でした。

Dsc_0915
廃車は確定的ですね・・・

さらに奥に進みます。

といっても、以前と同じメンツが揃っています。

Dsc_0919
組成変更時にあぶれてしまった6121他

Dsc_0937
6121って、インドネシアデビュー第一号なんだよね

Dsc_0920
相変わらずハエ7とハエ31の6扉車はそのまま放置

ハエ7を6扉を抜き取った理由が本当に謎です。

そして、物凄い勢いで部品取りが進むハエ31・・・・

Dsc_0917
無残な姿を晒しています

Dsc_0935
なんじゃこれ??

どれかの先頭車に小窓が紛れ込んでいるってこと?? 引率役の先ほどの本社からの回し者曰く、これは絶賛改修中であり、すぐに復活するとのこと。どんだけバカなんだよ、コイツ。改修どころか、日に日に部品なくなってるだろうが。最もそころ突っ込んだところで聞く耳持たず、2ヶ月前からずっとこのまんまだが直す気ないだろと言ったら、逆ギレしてくる始末。だいたいこういう奴に限って、本社でJREとの窓口とかやっているんだろうね。それじゃ上手く行くものも、上手く行かないわけだよな。まあ南武が終わったあとの苦しみをどうぞ味わいなさいってことです。

Dsc_0985
6227F Lohanと6271F(-6228)

前回、変な組成でパン上げしていた6271Fですが、結局その後の動きのないまま、ヤードの奥に突っ込まれてしまい、眠りについていました。組成変更して、6271Fと6121Fを合体したヘンテコ編成でしたが、わずか数週間の運用で離脱したことになります。都営の2MG化は都営車の生き残りをかけた最後の足掻きでしたが、叶いませんでした。

なんだか非常に暗いDepok通信になってしまいましたので、最後にちょっぴり明るい話題を。

Dsc_0978
新8007F(元8039)通電中!!

乞うご期待!?






|

« WijayaKusuma Namboへ(2月24日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.125 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

1カ月半ぶりにみたガラクタ置き場の惨状を見て、復活させる気がゼロで部品取りもろくにしないんなら早く潰してしまえばいいのに、スペースの無駄と言いたくなります。それに、早くも部品取り車両とされてしまったハエ31を復活させる気がないのに口だけで近々直すという発言にはもうどうしようもありませんとしか言いようがありません。一方南武線では長野配給も終盤を迎え、武蔵野線転属車両の運用もスタートしたそうですが、最初1200番台ばかりの廃車が続くと思いきや、最近は0番台の廃車が続いておりこのままだと0番台だけでは予定数の20本に満たないようなので1~2本1200番台も譲渡せざるを得ないかもしれません・・・・。

投稿: ハマ線沿線の民 | 2015年3月 1日 (日) 09時44分

こんにちは。

東急車については復帰が続きうれしい限りでしたが、都営6000についてはそうもいかないようですね…

さて、もうすぐ譲渡が始まる?南武線の205ですが、現時点で中原区で運用についている編成が21本(2~4,8,10~13,34~44,46,50)あります。このうち46,50は1200番台です。
20編成の譲渡は確定事項なので1200番台が行くかも?という気もしますが、国府津にナハ7編成が残っているのでこれを含めれば非改造車で20本がそろえられます。
(しばしば不調が伝えられる小窓編成が約半分を占めていますが)
または長野に編成で残っているナハ15or17という手もありますが、いずれにせよ1200番台が行く可能性は低そうです。

では。

投稿: 8506 | 2015年3月 1日 (日) 12時24分

ハエ31編成・・・・・無惨な姿ですね
地元じゃないけど埼京線は利用していた過去もあり
なんかもったいないと思ってしまいます
JREさんに言えば長野で解体した205系の部品など
たくさんくれそうに思いますが・・・・・
南武線の205系の後、205系の沢山あるのは武蔵野線
ケヨ区・・・・ここはまだ置き換え計画もなさのなので
南武線線の205系譲渡が終わるといったんは途切れる
と思いますね

投稿: shrozou | 2015年3月 1日 (日) 23時00分

<ハマ線沿線の民様

1200番代が来ることはありません。8506様もコメントで仰っていますが、現状のままなら、0番台だけで20本確保は出来ます。ハマのときもそうでしたが、潰すものは先に潰し、残ったのは全て譲渡という形を今回も取るのでしょう。

投稿: パクアン急行 | 2015年3月 2日 (月) 02時06分

<8506様

次の8007Fの復帰も期待したいところですね。しかしその反面、8611Fの復帰はないかもしれません。

前にも書きましたが、残った0番台が全て海を渡ることになると思われます。

投稿: パクアン急行 | 2015年3月 2日 (月) 02時08分

<shrozou様

長い目で見れば、武蔵野の5000番台も置き換えとなるでしょうが、まずはE235の量産が始まらない限り、無理な相談ですから、2019年までに間に合うかといったら、微妙なところですね。JRからの譲渡は一旦ストップせざるを得ないでしょう。しかしKCJの人間はそれに気づいていません。

投稿: パクアン急行 | 2015年3月 2日 (月) 02時10分

管理人様
返信いただきましてありがとうございます
E235による山手線置き換えの件ですが
去年の暮れ頃に東総より総武線用の三鷹電車区
に500番台1本が転属して営業運転を始めた模様
です、ミツの0番台をマト区に動かして今月のダイヤ改正
を機に開業する上野東京ライン向けに常磐線の輸送力
強化に向ける動きもあります

山手線のE235化→E231系500番台の武蔵野線
横滑りは、前に記した動きなど見ますと、正直なんとも
言えない現状かと思います

投稿: shrozou | 2015年3月 2日 (月) 09時50分

<shrozou様

いえいえ。語弊があったようなので、補足しておくと、現状を見れば231-500が武蔵野に行くことはないでしょう。しかしながら235が量産されないことには、何も始まりません。先行の1本はそろそろ出るようですが、本格増備はまだ先でしょうから。

投稿: パクアン急行 | 2015年3月 3日 (火) 00時28分

管理人様

コメントありがとうございます
山手線用E231,500番台は山手線のE235化後に
総武線方面への転籍?との説をネット上で目にしてます
武蔵野線の205系だけ何故か更新が見送られたには
諸説あるみたいです
ただ、通称メルヘン顔と呼ばれる編成でも平成元年から2年頃
落成で新車で投入された物、その他は昭和60年代に山手線
に投入された車の生き残りなど古い車も多数居ます
しかしながら未だに更新計画の噂も聞こえてこないのは
いささか不思議だとも思います

埼京線などの例で205系からE233化には2年程度掛かりました
ので、鶴見線以後の205系の譲渡は間があくでしょうね

投稿: shrozou | 2015年3月 3日 (火) 19時32分

管理人様
毎回このブログを楽しみにしています。
質問があるのですが、このブログで現在建設中のMRTについて取り上げる予定はありますでしょうか?

投稿: | 2015年3月 5日 (木) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/59018138

この記事へのトラックバック一覧です: 不定期更新 月刊Depok通信(2月分):

« WijayaKusuma Namboへ(2月24日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.125 »