« 【速報】6161F運用復帰(02月17日) | トップページ | 不定期更新 月刊Depok通信(2月分) »

2015年2月26日 (木)

WijayaKusuma Namboへ(2月24日)

Dsc_7494rr
Cibinong駅に停車中のWijayaKusuma

4月1日の旅客営業開始を予定しているNambo線ですが、前回のモーターカーによる巡検に引き続き、巡察車WijayaKusumaが入線しました。当初予定では、6217F(2連)Rakitan編成の入線も予定されていたようですが、実施には至りませんでした。しかし、既に貨物列車は運行しているのですから、レールや建築物に問題はないはずであり、電化設備のチェックをすることこそ、優先課題であることから、近いうちに電車を用いた試運転も実施されることでしょう。

平日日中のネタということで、毎度お世話になっておりますAdam氏の撮影です。いつもありがとうございます。

しかしながら、このような動きが出てくるということは4月1日の開業はほぼ間違いないのでしょう。逆にこれといった動きの出てこないTanjungPriok線の方はどうなっていることやら・・・。

Dsc_7498rr
Cibinong駅とWijayaKusuma

さて、線内で唯一交換可能駅となっていて、かつ8連の電車対応であるCibinong駅ですが、ホームを増設している気配は無く、開業後は1編成がDepok~Nambo間を入ったり来たりすることになりそうですね。或いはCitayamで交換するようなダイヤにするかですが、Nambo発の列車が遅れた場合、Bogor線へ遅れが波及してしまいますので、朝は出庫(?※設定されるかは不明)列車を用いて本数が若干確保される以外は、1~2時間に1本という超閑散ダイヤになってしまうのかもしれません。まあKCJお得意のオレンジ色のステップを置いて、対処していしまうかもしれませんけど。

また既報のとおり、開業時に営業を開始するのはNamboと、このCibinong駅のみで、他の駅は通過扱いとなります。場末のNamboに需要があるとは到底思えず、事実上このCibinong駅がNambo線の中心を担うことになります。

Dsc_7512rr
終点Namboに到着

Nsmbo駅もホームは一面のまま。架線を張ったヤードが広がっていますが、今や増発された貨物列車の入れ替えに使われてしまっているため、電車を果たして留置出来るのかも未知数になってきてしまいました。

おまけ
Dsc_741rr
もうすぐここに電車が通るようになるのです

楽しみですね♪

|

« 【速報】6161F運用復帰(02月17日) | トップページ | 不定期更新 月刊Depok通信(2月分) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/59063108

この記事へのトラックバック一覧です: WijayaKusuma Namboへ(2月24日):

« 【速報】6161F運用復帰(02月17日) | トップページ | 不定期更新 月刊Depok通信(2月分) »