« 週刊マンガライレポートVol.122 | トップページ | Nambo巡検(2月5日) »

2015年2月 3日 (火)

週刊マンガライレポートVol.123

Dsc_0227_r
またも動きなし・・・

雨の中歩いていって、なんの収穫もないとなると、正直、心が萎えます・・・。そんなわけで、朝から夕方まで雨は止まずじまいでした。こんな日は駅撮りに徹します。まあ、下手にゲリラ豪雨のようにドン曇りになるよりかは、シトシトずっと降り続けてくれた方が、光線気にせずどこでも撮影出きるので気がラクと言えばラクなんですが。

しかし、一ヶ月も動きがないというのはなんとも恐縮ですので、雨の日サービスではありませんが、久々にBogor電車区の様子でも。PKDのお兄さんにMintaMintaして、なんとか撮らしてもらいましたので、これよりは接近出来ませんでしたが・・・。

Dsc_0282_r
全景。おっ!今日は6151が見える位置に止まっているではありませんか!!

そして、しばらくDepk電車区の休車ゾーンに留置されていた1080Fがこちらに回送されてきているではありませんか。近づいてみると、冷房をいじくっており、やはり冷房不調による離脱だったのでしょう。先週までBogor電車区で、一応予備の名目で留置されていた6177FEspasは検査切れに伴い?再度Depok電車区に回送されていました。

Dsc_0278_r
お目当ての2連になった猫バス!!

お尻が微妙に倉に入ってしまっていますが、KKWラッピングのおかげで、2連というのが一目瞭然です。4連から、検査明け後、中間が抜かれ2連留置時代を経て、6171Fの中間を貰い受けるかたちで、突如8連となった猫バスですが、こうして再び2連となり、安住の地を得たようです。検査入場の車両を引っ張って、Bogor駅構内にひょっこり姿を現すのを撮りたいですねぇ。

で、今日は後ろに何を繋いでいるかというと・・・

Csc_0291_r
自分の中間車を従えていました

が、良く見てみると4両分しか見えません。本当は車番を確認したいところでしたが、無理を言って撮らせてもらっているので、ここは諦めることにします。おいおい真相はわかることでしょう。元々6151Fは一番線路側の留置線に長いこと留め置きされていましたから、おそらく、6177Fがやってきたタイミングあたりで、組成変更し、2両をDepokに回送したのではないかと思います(8連を組成したまま休車車両を留置させるスペースがない)。つまり、その2両が6161Fに組み込まれたのではないかと。となれば、抜き取られたのは6225,6226あたりでしょうか??そういえば、6171,6178の姿も消えていますね。どこに行ったのだろう??

Dsc_0283_r
冷房整備中の1080F、他

意外な収穫に恵まれたBogor電車区でした。

では先週の動きを。

Dsc_0004_r
7117Fがようやく運用復帰

全検後、主電動機の不具合から運用を離脱していた7117Fですが、先週末より晴れて運用入りを果たしました。その後は順調に稼動しているのが確認されています。前の入場で、KCJプレートが撤去されており、引き続きプレートなしの姿で出場しており、色差しは6125Fと異なり、しっかり実施されておりますので、新たなバリエーションとなりました。個人的には非常に格好良いと思います。

Dsc_0010_r
しかし、何故か検査年月日が書かれていません

Dsc_0149_r
格好良いので、Manggaraiでまた撮ってしまいました;;

ちなみに1枚目の画像はDuriのAngke寄り先端です。そうそう、Duriで7117Fを待っているとき、連続で8003Fがやってきました。このところしばらく運用に就いておらず、その後の動向を案じていましたが、復帰していました。なおこの編成の検査機期限は6月30日です。元々3本しか居ない8000系なだけに、末永い活躍を期待したいところですが、果たして検査を通すのか。良く見てみると、確か8003F側のスカートが激しく曲がってしまっていたはずなのですが、見事に修理されており、KCJの東急愛が薄れている今日この頃でしたが、ちょっぴり感心してしまいました。

Dsc_0970_r
約1ヶ月ぶりくらいに見る8003F

Dsc_0984_r
修復されたスカート

走行に関係ない部分が壊れた場合、基本的に次の全検入場まで放置ですが、こんなこともあるんですねぇ。

お次はこちら。

最新ニュース欄でお知らせしている通り、KFWが29日からTangerang線にて運用を開始しています。週末も引き続き、Ts3+Ts5の編成が引き続き充当されていました。一体何を改修したのかは良くわかりません。素人目には以前と全く同じ、壊れている部分はそそままでした。マニアの間ではブレーキの不具合を直したとのことでしたが(緩解が十分でなく制輪子と車輪が若干接触しているという事象はよく見かけましたが、それのこと?)。

Dsc_0941_r
雨の中でも市場が開いていたので、せっかくなので撮ってみる

Dsc_0955_r
割れた窓も、曲がった手すりもそのまま、それから戸閉め確認灯の故障も相変わらずですね

なお、この日のTangerang線は205系H2,H13と6007Fでした。KFWは基本的に日中Tangerangで昼寝する運用に就いているようです。

Csc_0924_r
ハイビーにやられてしまいましたが・・・ H2編成にも網が付きました

Dsc_0913_r
雨の中の線路市場

これで、今週のネタは正直消化してしまったわけですが、雨脚も再び強くなってきましたので、こういう日は乗り鉄でもしようと、久々にTangerang線にでも乗ってくることに。途中でKFWとH2をもう一度撮ればいいや、と。

Dsc_0031_r
駅に戻ると、H13とH14が並んでいました

H14はMRI~DUフィーダーです。
乗り込むと、音を立てて雨が降るようになり、往路での撮影は諦め、Tangerangまで乗り通してしまいました。今日も早起きだったので、良い昼寝タイムです;;


Dsc_0061_r
205系でTangerangに降り立つのは初めてですね

少しは雨が弱まるのを期待しつつ、来た列車で折り返し。とりあえず大きな屋根の待合室を完備するPorisへ。ご親切にベンチの脇に携帯充電用のChargerGratisまで設置されており、なかなかいい駅でした;;

この前の増発で、Tangerang線の朝は4運用になり、朝は15分~20分間隔での運転となり、撮り甲斐がある路線になりましたね。晴れていれば撮影地でも探そうかと思っていたのですけど。

まずはKFW。

Dsc_0073_r
Poris駅に進入するKFW

Dsc_0081_r
構内踏切より

4ヶ月ばかしVVVF車が本線上から消えていたわけですが、久々に聞く準日本風の加速音はなんだか懐かしさも覚えます。205系と同じ4M4Tながらガンガン加速していくさまは、さすがVVVF車です。作りさえ、もう少ししっかりしていれば、本当に良い車のはずなんですけどねぇ。

Dsc_0095_r
H2も撮り直し

Dsc_0099_r
後追い

その後すぐに戻ってくるKFWでDuriに戻りましょう。

いつもの日曜午前中ならお子様連れの買い物客で混雑していますが、さすがに朝から雨ですので、この通り車内は閑散としていました↓↓

Dsc_0115_r
Vの音を堪能するには最高のシチュエーションですね;;

Dsc_0111_r
外れた窓の留め具なども相変わらず、放置なのね・・・

Dsc_0136_r
変化としては、205系同様のステッカーが掲出されていたことでしょうか。従来KFWには車内に車番表記がなく不便でしたからね。

午前中に家に帰るのも気が引けるので、Manggaraiでゲートの撮影をした後、ハエ30に乗ってBogorへ。

Dsc_0261_r
疑惑のハエ30、果たして真相は

Dsc_0252_r
モハ車の車内のプレートは残存していたものもすべて撤去され、ステッカーに直されています

Dsc_0254_r
クハ・サハはプレートが残っているところはそのままです

Dsc_0255_r
この号車にはメーカープレートも残っていました

あ、そうか。じゃあ妻面の製造銘板見れば一発じゃないか・・・。なんで今まで気づかなかったんだろうね。不覚でした。


Dsc_0274_r
オリジナルのままのサハ側面車番。


Dsc_0275_r
車内の銘板通り、日立製です

というわけで、なぞフォントのモハを。

Dsc_0269_r
車内の番号と異なりますが、ご了承ください・・・

しっかり消されており、元番号は判読不能です。もっとも、冷房や機器の中とか調べれば、元番の表示があるでしょうから、いずれ調べてみるしかありません。すいているときに座席でも外してみますか。

Dsc_0272_r_2
というわけで、確信的な証拠を。モハ205-124は東急製ではないはずですね。


そんなわけで、ハエ30のモハはハエ31からの移植ということがはっきりしました。
今後は対照表を作りたいところです。

その他小ネタを。

もしかしたら、既出かも・・・

Dsc_0206_r
ハエ15のモハ204-337に広告ラッピングが

こんな画像で恐縮ですが。そしてすでに上げていたかどうか、記憶が定かでありません。いずれにせよ、撮り直しが必要そうです。

続いてこちら。Manggaraiに発車案内が登場。

Dsc_0202_r
画面自体は以前からあって、映像を流していましたが、さりげなく発車案内が出ています

しかし列車が定刻で動いているわけがなく、どんな仕組みになっているのかは謎です。

さらに、こちらはJuanda。既存のPosisi KRL以外にLED式の次列車案内が。

Dsc_0224_r
こんな感じ

Dsc_0220_r
拡大。しかしいっこうにBekasiのまま変わりません

Posisiによると、次の列車はBogor行き・・・。ちゃんと調整中って貼っておかないとクレームになりますよ(笑)

わるなら、やるでしっかりやってもらいたいところですね。

そんなこんなで、本日は早めの撤収。

最寄り駅で6125Fが来そうだったのでしばし待ち。

Dsc_0295_r
偽8039F

Dsc_0299_r
05-104再掲

晴れた日にちゃんと撮りたい・・・

Dsc_0312_r
で、先週の撮り直し6125F

そういえば、2号車の政府系ラッピングはいつのまにか剥がされていますね。基本的に政府系ラッピングは短命のようです。

とにかく綺麗な編成を綺麗なうちに青空の下で撮りたいですな!

最後に重要なお知らせ。

2月に入りまして、こんな空模様がずっと続くことが予想されます。編成の動きとしても今後南武編成の到着まで、鈍くなりそうですので、雨季が明けるまで当分の間、週刊マンガライレポートは2週に1回のペースでの更新に頻度を抑えることとします。ご理解のほどよろしく
お願いします。



|

« 週刊マンガライレポートVol.122 | トップページ | Nambo巡検(2月5日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

205系ハエ30編成の車番は徹底的に見えないようにしてあったのに対し、人目につかない側面の製造銘板までは変えていないのはKCJらしさがでているように感じました。

東葉の1080Fはまだ冷房の調子が悪いだけで完全な運用離脱にならずによかったです。

6125Fも塗装の手抜きをしなければ、7117Fのようにかっこよかったなと自分は思います。


投稿: 北総daikon | 2015年2月 4日 (水) 00時01分

<北総daikon様

そうですね。妻面の銘板はKCJも関知していないのでしょうね。この変のユルさは相変わらずで、憎めないところではあるのですが;;

6000系で今のところ色差し編成になっているのは6106F,6107Fの2本で、残念ながら小窓爆弾の編成は6123Fも手抜き塗装になってしまっています・・・。

投稿: パクアン急行 | 2015年2月 4日 (水) 03時02分

こんばんは。神奈川は相変わらず厳しい寒さが続き、明日は東京でも大雪になる見込みとの事で、私も東京は雪国になってしまったのではないか、と思っています。一方ジャカルタでも大変な雨季に入ってしまったとの事で、毎度悪天候の中レポートお疲れ様です。

そんな中今日私は、かねてから行きたかった葛西にある、地下鉄博物館へ最寄り駅の町田から葛西まで小田急線と千代田線と東西線を乗り継ぎ片道約2時間かけて行って参りました。昨年春休みに大宮の鉄道博物館へ行った私としては、大宮ほど広くはないものの、今回は東西線シミュレータなども体験する事もでき大変充実した春休みの1日を過ごせました。お土産には売店で丁度千代田線のダイカスケール(しかし103系の色を塗り変えただけの物)とロマンスカーのダイキャストトレーンを買う事もでき、横浜線のみならず小田急沿線民の私としては大変嬉しいお土産となりました。

さて、前置きが長くなりましたが、今日代々木上原から東西線乗換駅の大手町まで行く時の車両がなんと6000系でしかも昭和45年製の45年選手でした。代々木上原駅では新型車に混じってまだまだ現役バリバリのほかの6000系達の姿も目にする事ができ大変嬉しかった反面、日本を去りKCJにはるばるやってきたのもつかの間早々引退してしまった編成の事を思うと少し悲しい気持ちにもなり大変複雑な心境になってしまいました。営団6000系は昨年引退したハイフン試作車が作られたのが1968年ですから、もう3年後には50年選手。今後も千代田線で16000系の増備が進めば完全引退も時間の問題だと思いますが、今後もKCJで活躍を続ける数少ない仲間たちや千代田線にとどまり現役バリバリで活躍する仲間達が1日でも長く活躍していく事を祈るばかりです。

投稿: ハマ線沿線の民 | 2015年2月 4日 (水) 17時48分

こんばんは、悪天候の中のレポートお疲れ様です。

KFWの破損した箇所はそのまま放置する一方で、余命が宣告されたも同然な東急車を修繕するとは意外ですね。以前に、とれいん誌のインタビュー記事で「あと10年〜20年は使いたい」と職員が発言していましたから、最後まで何とか良い状態で活躍させようという現場の心意気でしょうか?

今後、南武線組が搬入され春までには営団車・東急車共に一斉置き換えの道を辿ることになるのでしょうが、そうなれば遂に15年間続いた日本からの車両譲渡も終焉ですかね・・・。今後国内に残る置き換えられそうな205系といえば、川越線と八高線の先頭車改造車と、相模線の500番台ですが運転の扱いや機器が異なるあれらが行くとは思えませんし。仮に武蔵野線の5000番台を受け入れてもVVVFが万が一逝けばそれで終わりですし、ホントどうなることやら。

投稿: 野津田車庫 | 2015年2月 4日 (水) 20時34分

<ハマ線沿線の民様

地下鉄博物館に展示されている画像、何故か譲渡組の編成が多く含まれていて奇怪です。

国内のメトロ6000はそろそろ限界でしょう。小窓のVから落ちていくでしょうね。未だに二段窓の6108Fもいつまで活躍することやら。

投稿: パクアン急行 | 2015年2月 5日 (木) 01時28分

<野津田車庫様

現場としてはメンテナンスも楽でしょうから、東急は今後も使い続けたいでしょうねぇ。

南武のあとの有力候補は武蔵野でしょうが、廃車はまだまだ先の話でしょう。山手のE235が量産されないと・・・。ですから、2016,2017年あたりは繋ぎとして、他会社から買わざるを得なくなるはずなのですが、KCJは気づいていないようですね。

投稿: パクアン急行 | 2015年2月 5日 (木) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58795568

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.123:

« 週刊マンガライレポートVol.122 | トップページ | Nambo巡検(2月5日) »