« メトロ05-007他、Cikaumへ(1月8日) | トップページ | さよならKRD MCW302系(バンドン地区)(1月15日) »

2015年1月14日 (水)

週刊マンガライレポートVol.120

Dsc_0084_r_2
先週末のゲート前

Cikaum向け配給と思しきメトロ中間車は動きはありませんが、入場中の6125Fが姿を現しました(というわけで、先週はマンガライレポートをお休みして正解でした)。Depokでも7117Fがすでにお色直しを終了しているようですので、今週末には出場試運転があるかもしれません。しかし、Manggarai工場、手を抜きすぎでしょ・・・。ライトソケットにすら色差ししないとは・・・。6126Fと同様の姿になりそうです。

では2週間ぶりのマンガライレポート。正月明け第二週目、何かと動きがありました。

まずは新たな稼動編成から。

週明 け1月4日よりH1編成が、さらに5日からH27編成が順当に運用を開始しています。これにて全22本のH編成がめでたく運用を開始したことになりまし た。またそれに伴い、来る14日はさらなる増発のため、ダイヤに修正が加えられることになっています。(このところの度重なる増発&ダイヤ修正は趣味人に とって頭が痛くなりますが・・・)

Dsc_0975_r
一発目でH1を引き当て、幸先のよいスタート!

Dsc_0012_r
日差しも強まり、タイミングバッチリなH27!

Dsc_0970_r
そしてこの1週間で運輸省ナンバリングが出現し、急激に増えています

この週末にはおあつらえ向きにもこれら2本ともSerpong線で運用されており、しかも最寄駅に出向 くと、連続してH1,H27と上ってきたではありませんか!風光明媚なSerpong線内で狙える一方で、Majaなんかに行ったものなら、待ちぼうけだ よなぁと、憂鬱な気分ではありましたが、杞憂に終わりました。久しぶりの撮影でネタも溜まっているので、枚数を稼ぎたいので;;

Dsc_0059_r
とりあえずH1の戻るのを待って、さあどうするか・・・

せっかく天気もいいし、ParungPanjang方面に足を伸ばしたいという衝動にも駆られたわけですが、先の理由により、さっさとManggarai方面に戻りました。H1にそのまま飛び乗ってしまうか、また丁度入ってきたTanahAbang行きにのるか、究極の選択を迫られたわけですが・・・。

というわけで、枚数稼ぎに舵を切りましたので、前回の撮りなおし等々、ネタな編成を。

前回、なにかとフラれ気味だったH2,H17編成。撮影場所は言わずもがな、PondokJatiであります。ここでもタイミングよく、両編成が現れ、電車運がありました。

Dsc_0326_r
Jatinegaraを出発し、築堤を駆け上がるH2

Dsc_0246_r
築堤の下の環状線を行くH17

そういえば、どちらもまだ編みナシでした。H1,27は初めから付いているのにね。ちなみに、この日曜日は日没まで好天に恵まれて、何よりでした。2日連続でジャカルタでは珍しい夕焼けを拝めましたし。(その反動で月・火と終日の雨降りです・・・。洪水の季節が・・・)

ハエ30はタイミングが合わずじまいでしたが、ちょうど先日仕事の出先で捕まえられましたので、H2と共に上げておきます。このときは曇ったおかげで、撮影できました。

Dsc_0646_r_2
イスティクアルをバックにハエ30

Dsc_0663_r
再掲ですがH2も

このときにはH2に運輸省ナンバリングの台座だけ出現しており、おお、いよいよかと思いましたが、前述の通り、一気に増えました。その割にはハエ編成の末期の編成には未だにナンバリングがされていなかったり、本当にやり方も形式的です。H編成も、このタイミングでナンバリングし損なうと、ないまま次の検査まで走ることになるでしょう。

ナンバリングと言えば、あまりにも国内での盗難or職員による意図的な取り外し?が多く、車内からの車番識別が難しくなっている205系は、現場でも問題になっているようで、電車区が自主的に車内のステッカーを作っているようで、こちらも徐々に増えつつあります。元車番のナンバリングを併記してあるあたりは、あり難いですね。もっとも現場でさえ、この運輸省ナンバリングで車両を覚えている人間など皆無で、元番がなければ、使い物にならないわけです。

Dsc_0272_r
一部のステッカーはJR205になっていたり、K1-205になっていたりするものも存在します

ではPondokJatiに戻りまして、ネタをいくつか。

Dsc_0207_r
再び線路封鎖が行われたとのことで、EkonomiLocalを。

漁船爆破のニュースはきっと日本においても、大々的に報じられていることと思いますが、根本的考え方は同じなんですよね、商店の破壊にしろ何にしろ。実力行使以外の解決法を考えられないのか、この国の人は・・・。無思考にもほどがあるというものです。次は中国船の爆破と言われていますが、実際やったらえらいことになるのではと思います。日本人立場としては(中国船も)それくらいやられて当然とは思いますけどね。

おっと話題がそれました。Cikampek,Purwakara行きのEkonomiLocalは前後しっかり緑色のAlingAling(しかも元来荷物用の専用車)が連結されており、引き締まった姿で、私的には好印象です。だいたい、こうも通勤列車は205系、長距離はCC206・・・ばかりになってくると、ひょっこり現れるこういう列車は良い息抜きになります。ともあれ、落花生。様がちょうど記事にアップされていた通り、あと数年でCikarangまで電化開業するわけで、Serpong線同様、Bekasi線のEkonomiLocalも消え行く運命にあり、あるうちに撮りだめておきたい列車です。

66Fの離脱で、細々と2本が稼動するのみになってしまったメトロ5000。かつては頻繁にBogor線内で目撃出来た同車ですが、最近では8連は専ら環状線直通運用が主体となり、出現確率は半減。しかも最近は話題性に欠ける形式ですので、このタイミングで上げておきます。

Dsc_0219_r
とりあえずやってきた67Fを。このブログで、忘れ去られている編成の一つですね・・・

Dsc_0257_r
東西線繋がりで、05-105Fでも

Dsc_0300_r
結局その後は、また怒涛の205系に・・・。画像のH9、最近は特にトラブルを起こしてはいないようです。

Dsc_0310_r
そして〆は未だ網ナシH25。いつになったら付けるんだ??ナンバリングもなく、正統な姿を保っています。

そんなこんなで、影も強くなってきましたので、Manggaraiに移動。

そうそう、ようやく1090Fゲットですよ;;

Dsc_0034_r
画像は1091側ですが、1091の貫通扉が5016のもので代用されているようです(車 番は撤去してありました)

Dsc_0170_r
先日、留置してあった新KAI塗装の電源車ですが、早速Argoクラスの編成に充当されていました

既に現地マニアが撮影し、ネット上に上がっているのですが、なんと今後検査出場するArgo客車は全てこの塗装で出てくる模様です。さらに驚くべきことに、ArgoBmoroAngrek専用のK9車までBalaiyasaの中で既にこの塗装になっているとか!というわけで、今後冷房客車(簡易冷改車はさすがに現状維持??、そしてゆくゆくは全廃でしょう)は全てこの色で統一されるのが明らかです。新塗装は新塗装でなかなか決まっているとは思いますが、在来塗装の客車も、しっかり撮っておかないと!!過渡期のArgoなのにハチャメチャ塗装!!なんてのは、非常に興味をそそられるものでもありますが、個人的にはArgo,Bisnis,Ekonomiの三色団子を、絶好のロケーションでしとめておきたい(ジャカルタ地区だと、なかなか時間帯的に厳しいのですが・・・)ものです。

珍しく西の空に雲が出なかったことから、なんとこの日曜日は18:30までなんとか撮影が可能でした!それをしっかり活用し、その後もネタを回収しておきます。

Dsc_0260_r
流石に暗くなってしまい、この画像からでは判別が付かないとは思いますが・・・

なんと・・・

Dsc_0254_r
H7のパンタ2基が菱形パンタに換装されてしまいました・・・

予想通り、破損したわけですね・・・。じゃあこのパンタはどこから出てきたのかということになりますが、Balaiyasa仕様の青いパンタになっていますので、廃車した203系あたりから外してきたのではと思います・・・。しかし1つは203-123からにしても、もう一つはどこから?片方は明らかに青かったのですが、もう一方は微妙な色をしていたんですよね・・・。いずれにせよ塗装されていることから、ハエ31からというわけではなさそうです。もしやRheostatic??いや、Rheostaticのパンタには東洋電機マーク付いていたっけ??

Dsc_0268_r
拡大。明らかに青い方。

いずれ、明るいうちにもう一度観察してみます。すぐに発車してしまったもので。

では最後に。なんとビックリ、ハエ23の正面LEDが現地行先を表示!!

Dsc_0111_r
ネットで第一報を見たときは衝撃でしたが・・・

タネを明かすと、オリジナルのLEDのROM交換をしたわけではなく、現地製のものにLEDごと換装。だから、側面は相変わらず表示ナシ・・・。なーんだ。ま、出せるようになっただけ良いか。JakartaKotaなど長い行き先はスクロールして表示するようになっています。ですから、上の画像は、ちょうどKotaと流れてきたところで、撃ちました。Jakartaすら一列に収まらないので・・・。

Dsc_0499_r
後日撮影、Bogor行き。どうしても網が入るので画像になると、こんな風になってしまいます

この日はサボも併用していますね。ちなみに、気づいた方は少ないと思いますが、先週から行き先サボが再度変更され、Bogor線系統のみ、従来品より一回り大きいものになっています。調べてみたらペラペラのラミネートのようなものですから、コストなんて大してかかっていないのでしょう(じゃあなんで今までやらなかったのだ!と言いたいですよね)。

Dsc_0507_r
ハエ23といえば既に車内ディスプレイも設置されていますが、GPSを未だ搭載していないため、駅名は表示されず、ひたすら広告募集の宣伝が流れていました。

H編成では徐々にGPSと自動放送を搭載した編成が増えているのにねぇ。ハエ30が投入され、10連は2本も予備があるはずですが。

おまけ①

Dsc_0245_r
夕日を浴びて、Depok電車区に臨時回送されるH27・・・

え??ParungPanjang行かなくて、やっぱり正解だったか。それにしても小窓編成の調子がすこぶる悪い・・・。

おまけ②

祝!H編成全編成運用開始!!(H27がなんだか一時的に離脱してしまいましたが・・・)

Dsc_0343_r
ハマ線6並び!!

Dsc_0359_r
H25による最後の!?快速桜木町表示!!

電車区の皆様からの粋な計らいに感謝。

以上



|

« メトロ05-007他、Cikaumへ(1月8日) | トップページ | さよならKRD MCW302系(バンドン地区)(1月15日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58575376

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.120:

« メトロ05-007他、Cikaumへ(1月8日) | トップページ | さよならKRD MCW302系(バンドン地区)(1月15日) »