« H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日) | トップページ | 205系H1編成 社内試運転実施(12月10日) »

2014年12月 8日 (月)

週刊マンガライレポートVol.116

Dsc_0789_r
雨のゲート前・・・・

予め断っておきますが、史上もっともやる気のないマンガライレポートです;;特に動きがなければ、お休みにしてもよかったのですが、とりあえずH11が運用開始しましたので、更新。すでに公式より、本日11月8日からTangerang線,Bekasi線,Bogor線で1運用の増発が実施されますので、これにあわせてH18,H28が運用開始すると思われ、大きな動きがあるのは今週からといった感じです。まあ例によって、試運転が土日で施行されたのですが、あいにく、日曜日はお客様ご案内で午前中がつぶれ激しく鬱・・・。こういうときに限って早スジというね・・・。で、午後は雨でっせ。この前の徹夜の尾を引いているので、これでよかったと言えばそれまでですので、そう言い聞かせておきましょう。

ゲート前も風景もどうにもこうにも撮影意欲が上がらない妙な図。先日到着したH27の前に、全検中の05-104の中間車が置かれています。相変わらずBonBonも動きなし。

そんなわけで、ようやく昼過ぎに怪社から解放され、ManggaraiでささっとH11だけ撮って撤収です。もうそれ以前からどんより空でやばいなぁと思っていたら、H11撮ってすぐに土砂降りに。仕方ないので、雨の中ゲートまで歩いていきました。しかし、今年の雨は、なんだか激しいですよね、風とか・・・。

と、いうわけで先週の動き。

Dsc_0713_r
H11デビュー

普段、午後の下り列車は基本的に後追いするしかありませんが、太陽が完全に分厚い雨季の雲に隠されたため、鏡効果で、下りが順光に・・・。撮り直しは確定です。

Dsc_0730_r
本来バリ順光の上りがダメダメです

せっかく、ハマの205と東急8500が並んだりしたのですが、残念・・・。

しょうもない天気ですが、ネタになりそうなものだけあげておきます。

Dsc_0733_r
偽8039F

フィーダーに入っていた8039F、何気なく撮った写真ですが、なんと今日からDepokで謎の冷房換装が始まっているようです。この前、検査通して、とりあえずそこそこ冷気が出るようになっていたのに、何故このタイミングで改造するのか。現地製のに交換したところで、ThermoRailの二の舞にしかならないような気がしますが。純正品買え、純正品。トリ社長が、メディア向けに今後の東急と都営の冷房換装について語っていることから、あくまでもThermoRailはお試しだったのかもしれません。全部が換装されているわけではないですし。この迷走ぶりには本当に呆れてしまいます。どっか信頼できる一社に絞って、マジメに付き合えよ、と。

Dsc_0756_r
雨が降り出す直前にこんな列車が

ゲテモノ好きにはたまらない?KRD客車が1両という短編成が環状線から出現。Manggarai入場配給かと思いきや、通常入場するなら数両まとめてですし、そもそも検査表記を見るなり、まだまだ期限には達しておらず、果たしてこれは。そろそろCikaum配給の予感?

Dsc_0767_r
H25は未だに網なし;; このままの姿でいつまで走る気だ・・・

Dsc_0657_r
H24撮ってないなぁと前回書いたので、H24を投下。それだけです。

で、いよいよ本降りのなってしまったので、急いで駅に戻り、ずぶ濡れになってゲート前撮影。しかしまだ撤収するには不完全燃焼だったため、Cawangまで戻ると、雨が降った形跡すらなく、まだまだ活動できそうな明るさだったので、撮影続行。旬な編成ではありませんが、205系に紛れて、他社の車両も入ってきたので、そこそこ楽しめました。

最近忘れがちな編成でもあげておきましょう。

まずは、Bogor線に行けば必ず会える中古アイドルになってしまい、全く有り難味のなくなってしまった埼京編成。しかしながら、末期登場組は、横浜編成のデビューと時期が重なってしまったことから、自ずと撮影枚数が限られ、影の薄い存在。そんな編成が立て続けにやってきたので、上げときます。天候は雨が降らないだけましですが、ダメダメです。

Dsc_0845_r
H18

Dsc_0886_r
H22

接近情報で、環状線直通だと、何が来るかわからず、かつてのギャンブル感がかろうじで味わえます。1年前が懐かしいです・・・。

東急車の電子フォーンが聞こえると、戦意も高まりますね。かつてはありふれていた東急車ですが、一気にレアものの部類に入ってしまいました。

Dsc_0892_r
8607F

Dsc_0833_r
8612F

Dsc_0902_r
そして一部熱狂的な信者がいるらしい?05-109F。

確かに塗装化後の七車七様の05系の中では最も目鼻立ちが良いんですけどね。今日、もてはやされているアンチクライマーの色差しの先駆けでもあります。先々週あたりにDuriでパンタを損傷したらしいですが、復活して何より。今やパンタは、部品取りして余っているのでしょうし、そこは安心材料ではあります。

Dsc_0909_r
203系も205系に押され影が薄くなってしまいましたね・・・、マト68。

もう10連に戻すことはないんですかねぇ・・・。

Dsc_0923_r
で、最後にこちらを撮って撤収。ハエ32。

小窓と言えば、ようやくハエ30の復旧も始まるようで・・・。さっさと発注すれば良い話を、ここまで延ばし延ばしにするとは、KCJのお役所仕事ぶりには脱帽です。旧態依然のKCJの組織をぶち壊す、急進的なインドネシア人はいないのでしょうか。補助金頼みの運営では職員の士気が上がらないのは当然と言えば当然ですが、それが国鉄ですよねぇ。にもかかわらず、なまじ民営化しちゃってるからタチが悪い。国鉄なら国鉄で割り切れるのですが。まあ、それはJRにも言えることですけど。

最後に頂き物画像。土日に施行された横浜205試運転。6日にH2が、7日にH17がそれぞれ1回目の社内試験を行ったようですが、現地入りしてまだ1ヶ月弱。Depokに送られてから、H2に至っては1週間そこらですので、まだ改造は過渡期で、土曜日にはこんな光景が見られたそうです。7日の分も、まだ前面にKCJロゴが付いていなかったりと、お楽しみだらけだったようです。ああ羨ましい。

Ujicoba20562
前面に緑帯が残る状態で試運転が行われたH2編成

まあ、残るH1,28ではもはや、改造を急ぐ必要もなく、今後こんな光景は期待できないでしょうね。あー。画像はいつもお世話になっておりますFaris様のお知り合いのTandi Muhamad様から頂きました。ありがとうございます。ジャカルタに足を踏み入れて以来、お世話になっている現地鉄の皆様は、そろそろ学業が一区切りついてしまう、ちょうど忙しい時期。今後のことを考えたら、新たな人材も発掘せなばならない、今日この頃です。

貰い物だけで済ますのもあれなので、せっかく全編成到着したことから、205系横浜線編成の現況まとめ。

H6:運用中
H4:運用中
H24:運用中
H21:運用中
H7:運用中
H9:運用中
H12:運用中
H15:運用中
H13:運用中
H18:運輸省試験終了、運用開始待ち
H14:運用中
H25:運用中
H23:運用中
H11:運用中
H28:運輸省試験終了、運用開始待ち
H19:社内試験終了、運輸省試験待ち(12/8予定)
H22:運輸省試験終了、運用開始待ち
H8:社内試験終了、運輸省試験待ち(12/9予定)
H17:社内試験終了
H2:社内試験終了
H27:BalaiyasaManggarai留置中
H1:Depok電車区入区 改造待ち

12月7日現在



|

« H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日) | トップページ | 205系H1編成 社内試運転実施(12月10日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58215317

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.116:

« H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日) | トップページ | 205系H1編成 社内試運転実施(12月10日) »