« 週刊マンガライレポート2014SP① | トップページ | H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日) »

2014年12月 1日 (月)

週刊マンガライレポートVol.115

Dsc_0625_r
先週末のゲート前

先週のマンガライレポートで、H17編成はすでにDepokへと書きましたが、間違いでした。お詫びして訂正申し上げます。なおH17編成は本日(12月1日)にDepok電車区に配給されました。
そんなわけで、大きな動きなく終わった先週1週間でした、特にネタはありません。

ですので、今週の更新は自己満的な備忘録に徹します;;

当地では最近、日中一回集中的な豪雨に見舞われ、いよいよ雨季もそこまで来たなという印象ですが、先々週も幸い日曜日だけはなんとか持ってくれまして、活動に支障はありませんでした。また本格的な雨季ではないため、雨のとき以外は真っ暗なドン曇ということもなく、程よく曇ってくれて、光線を気にせず撮れる、そんな時分です。

さて、じゃあどこに行くべきかと思案あぐねていた矢先、ネット上でSerpong線、Cilejit駅手前の大カーブで撮ったと思しき画像が上げられているのを発見。前々から行きたいのは山々でしたが、一体どのような仕上がりになるのかもわからず、しかも本数は少ないで、このギャンブル性になかなか重い腰があがらなかったのですが、205系もまだ戸袋部のKKW装飾だけで走っていることだし。また、おそらく順光は午後なのですが、本数が少しでも多い朝に攻めれるという時期的なメリットもあり、出撃してまいりました。いやぁ、朝Manggaraiでの運用調査がないと行動に縛りがなくていいですわ;;

先に来たParngPanjang行きで先行していると、ParungPanjang電留線のレール敷設が始まっていました。これで若干ではありますが、収容能力が上がりますね!

Dsc_0002_r
いよい本格的に工事が開始!!

Dsc_0016_r
全景。完成が待ち遠しいですね。

先行しておいて良かったなぁと思いつつ、Maja行きを待ち。すると、お誂え向きにも6127Fが!!そして未だ広告ラッピングなし!!いやぁ、ついてますねぇ。これでお隣、Cilejitへ。1駅と言っても、駅間はかなりありますが。お目当てはS字カーブの水田からサイドで撮ることですが、車窓を良く眺めているとCilejit到着直前に一瞬ですが、棚田が線路際にあるところがあり、ここで上手いこと撮れるのではないかと野望がムラムラと・・・。予定ではCilejitで上りのCommuterLineと行き違いの予定でしたが、これまでの実績から見て、まず定刻での交換はないだろうとふみ、予想通り対向はまだ入線していなかったので、棚田のところまでひとっ走り。

しかし、いっこうに入線の気配はなく(おかげでしっかり場所取り出来ましたが・・・)、しかもようやく聞こえてきたのはアメロコのタイフォン。おいおい、もう朝っぱらから単線区間のダイヤは崩壊しているのかよ・・・。

Dsc_0065_r
というわけでまずはこちら。

橋の先に邪魔な木があり、これ以上引けないのが残念な限り。なお、田んぼは緑の絨毯になっていますが、このあたりの水田は10月頃に稲刈りが終了しており現在休耕中。雨で雑草が元気に生えてきているようです。

Dsc_0098__r
205系はH14編成

で、お目当てのCommuterは205系。しかも、先週は網のなかったH14編成で、そちらの取り付けが確認出来ました。

Dsc_0162_r
ちなみに引くとこうなってしまいます・・・

誰か、あの木を切ってくれないか・・・。JNG罵声軍団さん、どうですか??

これだけ撮りましたら、本来の目的であるS字カーブに移動。実際どんな感じに撮れるのかと、不安半分、期待半分に築堤の下へ。早速、先ほどの205系とParungPanjangで交換したであろう下りEkonomiLokalが通過。

Dsc_0115_r
場所取りする前に来てしまいました。ここからでは編成は入らなそう・・・。

このEkonomiLokalはさらにCilejitで上りEkonomiLokalと交換のようで、次々に列車がやってきます。同時に、単線区間のダイヤがもろくも崩れ去って行くのが手に取るように見えてきます。暫定ダイヤでもいいから、ダイヤを引き直せばいいのにねぇ。

Dsc_0187_r
上り、EkonomiLokal

休耕中なのは、この区間で撮影する者にとって、残念な話ではありますが、微妙に水鏡になったのは思わぬ誤算でした。この後、下りRangkasJayaが通過して、いよいよCommuterの時間です。

Dsc_0212_r
まず一発目は下り

ラッピングだらけの05系・・・。この広告からして05-112F??だっけ??そして、こちらのCilejituでの交換相手が、6127Fです。

Dsc_0276_r
6127Fをサイドから♪

車両はマメのように小さく、柄にもない風景主体になってしまいますが、今日の目的は達成です。次来るときは稲が育ち始めた後ですかね。教科書的には二期作をやっているはずですが、もうすぐに次の田植えに入るのでしょうか。

Dsc_0309_r
やはりポイントの高いKRD客車

さて、次なるポイントへ移動するために、ここは撤収。駅まで歩いていく途中に腰高客車を連ねたEkonomiLokalが通過。通常なら、大逆光でろくな画になりませんが、曇りなので。青空の下で撮るに越したことはありませんが、本数の少ないParungPanjang以遠では、この方が撮影向きなのかもしれません。

ちなみに、私がCilejitを出るころ、Adam氏はじめ著名な現地鉄道ファンたちが某日の丸テレビ局クルーを撮影地に案内するため、TanahAbangからParungPanjangに向かったそうで、ちょうど入れ違いになった模様。いや、もう少し早く来てくれれば落ち合えたのにね。

この日、205系はH14及びH12,13がSerpong線に充当されており、Adam氏からH12の画像が送られてきましたので、ご紹介します。撮影場所はいわずと知れたParungPanjangのS字。もうだいぶ昔にこの丘に私も登ったことがありますが、今や草が茫々で登れないのかと思っていましたが、行けるんですね。Cilejitとセットでいずれリベンジしたいところです。

Dsc_6100_r
いつものS字を俯瞰。この後姿もどこかで見たことがありますね;;

せっかくなので残りのH13も上げておきます。先々週末に撮って、上げていなかったものになりますが。

Dsc_0208_r
Serpong線率の高い?H13

結局、Cilejitから乗る予定だったTanahAang行きも20分近く遅れてきましたが、幸いTanahAbangでの接続がばっちりで、Manggaraiへ。そこからは定番となったバジャイワープでPondok Jatiへ。本当はKemayoranの複々線区間で撮った方が、順光でいけたんだろうど、時間が・・・。

というわけで、こちら。

Dsc_0363_r
定期格上げ&時刻変更が実施されたPurwosari行きJakaTingkir

今年度のレバラン輸送に先立ち、6月ダイヤ改正から時刻表に載らない幻の列車として登場し(しかもPasarSenen発月・水・金,Purwosari発火・木・土とかいう運転体系、確か)、低い乗車率を誇り、いつ廃止されてもおかしくない状況でしたが、これまでの往復とも夜行列車のダイヤを刷新し、定期格上げ。しかも車両は簡易冷改K3から新製冷房K3へ大出世。運転時刻はPasaeSenen12:50,Purwosari16:20の、2本運用。そのため、1編成はJayabaya同様のKAI塗装の新型客車、もう1編成はこの前までSawungalih Lebaranで使用されていた運輸省カラー(但しKAIロゴ掲出)の冷房客車が充当されています。いずれにせよ14年製の同型車ですので、乗ってしまえば大差はありません。KAI塗装車は車内照明がLED化されていますが、14年製の運輸省カラーの編成ってどうなんでしょうね??なお、あいにくこの日はKAI色ではなく、運輸省塗装の編成でした。ちなみにこの時間帯、12:15発のJayaBaya,12:25発のKrakatau,そして12:50発のJakaTingirと新型車両を充当した列車が連続します。

JakaTingkirの後続で205系H25が接近してくるのを知っていましたので、しばし待機。すると・・・

Dsc_0428_r
未だ網なしH25!!

おおお、これは素晴らしい。先週、市場でしか撮っていないだけに、リベンジ成功。H14に網が付いたため、営業では唯一網のない編成ということになります。せっかくなので順光側も撮りたいので、折り返してくるかで待ち。

ではその間に来た車両を。

Dsc_0394_r
H21にも、戸袋部へのKKW装飾が・・・

前回もこの位置で撮ってあげていると思いますが。

Dsc_0444_r
最近遭遇率が上がっているH7

しつこいようですが、いつになったら10連に戻すのでしょうか!?

Dsc_0462_r
H25の折り返し

線路横断も何も入らずバッチリでした!網なしはいいですなぁ。

で、お次のポイントへ。今週末も土・日と社内試験が実施されました。このところ試運転の土日施行が定番になっています。PondokJatiからオジェックでManggaraiに戻ります。H25の返しを待ったため、時間的に際どかったのですが、ピッタリ間に合いました。しかし、お天気の方は今にも雨が降るかのごとく、どんよ~り。今回は前回と異なり、Depok午後発の遅スジでしたので、Manggaraiで撮れば順光になるわけなのですが・・・。

Dsc_0509_r
30日の試運転はH19

なお前日にはH8の社内試験が実施されています。特にネタな編成でもないので、Manggaraiで撮って終わりにしようかなと思っておりましたが、なんと、良く見てもらえればお分かりの通り、窓回りのステッカー類がまだ残存しているではないですか。だいぶ切羽詰って試験に出しているのでしょう。

Dsc_0524_r
雲っているので後撃ちも

なお、今日は7番線着ではありませんでした。ならば、編成写真も再度構内で撮れるだろうというわけで、駅に移動。

Dsc_0564_r
証拠写真。営業までには剥がされてしまうでしょうがね。

Dsc_0571_r
1号車側のみ、回送表示が出ていました

Dsc_0565_r
前面

Dsc_0573_r
形式写真風に

JRマークを剥がした跡を見せ付けるかのように、その部分だけKKW装飾がまだありません。

Dsc_0594_r
発車(後撃ち)

せっかくステッカー類が残存していますので、Bogorからの返しをBojongGedeのアウトカーブで狙おうかと、後続のBogor行きで追っかけ。が、Cawangを出てからというものの、抑止の繰り返し・・・。初めは先行の試運転が制動試験をやっているのだろうと思っていたのですが、それにしても停止信号に引っかかりまくりで、しかもなかなか進まない・・・。何事かと思うと、ようやくLentenAgunあたりで、Citayam~BojongGedeの架線トラブルのため列車が詰っていますとの駅放送が・・・。それを早く言えよ。

で、こんな状態では試運転もBogorまで行く保障がなく、一応確認を取ると、やっぱりそのままDepok入庫になるとのことで、こりゃダメだと、頃合を見計らって、Manggaraiに戻りました。定期列車も一部Depokで運転打ち切りになっているようですね。乗り換えた上りはDepok始発でガラガラでした。

戻ったところで、Bogorから戻ってくる列車が少なく、しかも運用もへったくれもなくなっているようでしょうから、ゲート前の画像を撮って、ちょっとだけ撮影して本日は早めに切り上げ。ネタがないときに体力温存です;;

Dsc_0632_r
1両だけ新塗装のMajapahit

Manggaraiの移設先の客車留置線もいよいよ形が見えてきましたね。なお、現在留置線がある部分は暫定的に?空港連絡専用のホームが設置される(構内横断がなくて済むので理にはかなっていますが、だったらフィーダーもこっちから出せよ、と・・・)ようで、いよいよマンガライレポートのゲート前写真の撮影の存亡が危ぶまれる状態になってきました。

そのごしばし撮影していましたが、特にネタと呼べるものはなし。

Dsc_0774_r
まあこれくらいかな、新6181F。

編成組み換えにより、オリジナル顔が3本(8連3本、6連1本)、そして先頭改造車のEspasが1本という最盛期の半数の38両にまで稼動が減った都営6000。しかも6281FはManggarai工場で休車状態であり、運用の方も基本的に予備車的立ち回りなのか、なかなか姿を見せません。これまで、冷房の利きは悪いし、そもそも、国内でそこまでご縁のある車両ではなかった(秩父ではそこそこ縁があったと思いますけどね;;)ため、これが来ても、正直ありがたいとは思えませんでしたが、205系だらけの世の中になってしまうと、この顔がやってくると、なんだかホッと落ち着きますね。今となっては205系に負けるなよ!と声をかけてやりたくなるものです。おそらくJakartaKota~KampungBandanフィーダーにおいては、恒常的に6連になった6161Fが充当されているとは思いますが。都営好きの方はお早めの訪問をオススメします。そういや103系もこのところ見かけていないなぁ。

おまけ
Dsc_0635_r
ノリで付けているだけだと思われた例のサボ

ずっと行き先無視してBogorのサボを出していましたが、Bekasiサボも用意されているのが発見されました。しかし、この電車、Manggarai~Duriフィーダーなんですよね。やっぱりノリでつけちゃいましたってところなんでしょう。

205系で帰宅。

Dsc_0789_r
H24でした。(あまり撮影してないな・・・)

最寄り駅に着くと、反対側にH25がやってきたので、後撃ち

Dsc_0820_r
今週末には網が付いているか・・・

以上

|

« 週刊マンガライレポート2014SP① | トップページ | H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

横浜線からの205系に横浜線時代のドアステッカーはまだ貼ってありますか?

投稿: ザラキ | 2014年12月 3日 (水) 22時29分

<ザラキ様

運用開始次第剥がします。それがルールです。乗客の目に付くところに日本語を残してはいけません。

投稿: パクアン急行 | 2014年12月 4日 (木) 00時53分

セルポン線撮影地ルポありがとうございます

前回訪問した時、このにCilejitの大Sカーブ築堤が
気になっていました。
橋もあるので良いかなと・・・やはり下からのアングルだと
橋のサイドで木が邪魔になるんですね~
ヘリでも飛ばして、大俯瞰でもしたいロケーションですよね!

ここは205系本数少ないので、行くの諦めていました。
でも次回行ってみたいです ライスビューで!

投稿: Mr115 | 2014年12月 7日 (日) 21時13分

<Mr115様

はい、あの木を切り倒してしまいたいです。夜のうちに燃やしてしまおうか・・・。

CilejitのS字は下から撮ると、どうしても風景主体になってしまい、電車はオマケになってしまうんですよね・・・。とりあえず、稲が育ってから、再度研究したいと思います。

投稿: パクアン急行 | 2014年12月 9日 (火) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58150359

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.115:

« 週刊マンガライレポート2014SP① | トップページ | H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日) »