« 205系H1編成 社内試運転実施(12月10日) | トップページ | 205系H27社内試運転,H17運輸省試運転実施(12月11日) »

2014年12月12日 (金)

メトロ7021他7両、Cikaumへ(12月11日)

Dsc_0163_r
7000系から初の廃車

12月11日終電後、このところ1ヶ月ほど間隔の空いていましたが、通算5回目のCikaum廃回が施行されました。今回廃車されたのは7822,7722,6813,7521,7621,7921,7021の計7両。例の如く7521と7621の間に緩急車が連結されました。ついに7000系からも廃車であると共に、メトロ車では初の先頭車の廃車が発生しました。7121Fが廃車回送されるという話を事前に聞いていましたので、輸送の困難な7121を除く7両の施行かと思っていたのですが、いざ蓋を開けてみると、上記のように3両は他からの廃車でした。

あの忌まわしき、PondokRanjiでの踏切事故から一昨日でちょうど1年。結局7121Fの復旧は叶わず、諸部品を他編成に譲る形で、ついにCikaum送りに・・・。せめて6127F等の編成として魂だけは残っていると信じたいですね。

Dsc_0145_r
今夜は釜出しなし!

最終のBogor行きが発車してしばし。いつものようにハイビーで入線してくるも、サービスなのか何なのか、停止位置よりだいぶ手前で停車してくれました。しかし、詰所から信号さんが出てきたところを見ると、停車時間はさほどないような予感。そして予想は的中し、すぐに信号が開通。前回の05のときが、異例だったのかもしれませんね(あのときは入線も早かったですし)。ですので、バルブは最初以外行わず、あとは手持ちでささっと撮影。

Dsc_0148_r
連結部

Dsc_0153_r
今回回送される唯一の6000系、6813。

Dsc_0155_r
緩急車より前4両

Dsc_0166_r
後ろ3両、7021,7921,7621

Dsc_0167_r
今夜もDjokoTingkirにエスコートされ、深夜の環状線へ

なんだか不完全燃焼なので、近いうちまたCikaumに行かないと・・・。

|

« 205系H1編成 社内試運転実施(12月10日) | トップページ | 205系H27社内試運転,H17運輸省試運転実施(12月11日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

東急JALITAに続き、遂にメトロ車からも編成単位での廃車が発生し、譲渡から僅か4年での引退との1報を受け、私は言葉が出ないほどショックを受けております。現在も日本にとどまり副都心線で現役バリバリで活躍している仲間がいる事を考えると、大変残念でなりません。

大体、まだまだ車両不足に陥ってるにも関わらず、使い捨て感覚で編成丸ごと部品取りにしてしまう有様を見て、大変呆れるばかりです。来年度以降、南武線205系を運よく受け入れる事が出来たにしても、まだまだ車両不足は雀の涙程度にしか改善されない事は私も十分理解しておりますが、となると近い将来やむなく武蔵野線205系のようなVVVF車を受け入れるのか?とか、今後大量廃車が出る日比谷線03系や東武20000系のような18m車を泣く泣く受け入れる羽目に陥るのか?など、今後の日本からの譲渡車受け入れがどうなってしまうのか大変不安になるばかりです。今後はKCJ側も既存車両を安易に編成単位で潰すことをせず、可能な限り日本からの部品調達を行うなど、もっと車両を長期にわたり使用・維持できる体制が必要なのかな、と思います。最後に長文失礼いたしました。

投稿: ハマ線沿線の民 | 2014年12月12日 (金) 13時26分

こんばんは
要は7121の修復には手を回さずこの事故編成から他の同型編成のための部品取りをし…要らなくなったから今になり廃車という理解でよいでしょうか。
先日のパクアン急行様のお話にもあった「古いものや使えないものは悪…」というまさに開化期を迎えようとする国の思考では当然すぎる成り行きでしょう。
地球規模の環境問題などなら別ですが…一応坂を登った国の思考を坂を登り夢中で雲を掴もうする国にあてはめようとしても無理があるように感じます。
KCJからすればとにかく目の前にどんどんやって来る205系を走らせることが最優先なのではないでしょうか。
かつては我が国も同じような過程を辿っていますし…今回の廃車はさほどサプライズではないように思いますが(^_^;)

投稿: あさぎり | 2014年12月12日 (金) 17時53分

こんばんは。

これだけ纏まった数の廃車が出ると、使用不能の7121Fもそろそろ解体場送りかと想像していましたが遂にその時が来てしまいましたか・・・。今現在、日本残留組が副都心線と有楽町線で新車に混じりながら縦横無尽の大活躍を見せていることを思うと悲惨な最後を遂げる形になってしまったことは本当に残念極まります。この編成の部品を活用した車両が遺志を継いで末長く活躍出来ることを願うばかりですね。

ただ、7121Fのような事故に起因する廃車の場合、日本でも似たような事例で工事用車両と衝突した相鉄の8000系が先頭車と中間電動車1両を大破してしまい残り8両も部品確保も兼ねて解体処分になったことから今回の廃車は止むを得ないものだったと受け止めています。

投稿: 野津田車庫 | 2014年12月13日 (土) 00時19分

<ハマの沿線民様

まあ7121Fの場合不可抗力による事故廃車ですので、致し方ない部分はあるとは思いますが、KCJに過度な期待は禁物です。最近の日本のマスコミのトレンドはインドネシアビジネスのようで、煽りまくっているようですが、しょせんはインドネシアです。

形式はなんであれ、車両を買う金だけは国家予算から回ってくるのでしょうから、年間100両超の規模で、今後も推移してゆくのではないでしょうか。ぶっちゃけ、もらえれば何でも良いというのが今のKCJのスタンスでしょう。クレクレしてくるだけで、その後の見返りは何もない、それがKCJです。205系外交はどこまで続くのか、見ものです。

投稿: パクアン急行 | 2014年12月13日 (土) 02時49分

<あさぎり様

仰るとおり、今現場は205系の転入整備で手一杯でしょう。余計な改造なんぞに手を回す暇はないと思われます。ですので、前のレスにも書きましたとおり、7121Fの廃車は必然の流れでしょうね。

話題はずれるかもしれませんが、文明の発達速度に人間の文化が全く追いついていないのが、今のインドネシアだと思います。ですので、前回のコメントとも被りますが、かつての日本と同じく、そんな世の中で、モノを大事にしようなんて考えは生まれません。少なくとも、同じ金かけて直すくらいなら、日本から中古を新たに買うのが自然です。

いずれ車両が足りなくなって後悔するのはKCJ自身です。

投稿: パクアン急行 | 2014年12月13日 (土) 03時00分

<野津田車庫様

なまじ、国内で7000系がそこそこの玉数残っていますから、ファンとしては心が痛いところですよね。これだけ部品が確保されているのなら、 残りの3本の活躍を期待するしかありません。あの、踏切事故さえなければ・・・。

投稿: パクアン急行 | 2014年12月13日 (土) 03時03分

はじめまして
いつも拝見しております。
たくさんの情報を毎回、楽しみに見ております。
そんな私も明日、ジャカルタ入りすることになりました。
今から楽しみです。

投稿: 田都8500 | 2014年12月15日 (月) 08時25分

<田都8500様

返信が遅くなりましてすみません。

くれぐれもセキュリティーに気をつけて、ジャカルタライフをお楽しみ下さい。

投稿: パクアン急行 | 2014年12月19日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58243787

この記事へのトラックバック一覧です: メトロ7021他7両、Cikaumへ(12月11日):

« 205系H1編成 社内試運転実施(12月10日) | トップページ | 205系H27社内試運転,H17運輸省試運転実施(12月11日) »