« メトロ05系中間予備車Cikaumへ(11月15日) | トップページ | 週刊マンガライレポート2014SP① »

2014年11月25日 (火)

週刊マンガライレポートVol.114

Dsc_0352_r
1080Fに引き続き1090Fも全検入場?

2週間ぶりのマンガライレポートです。特別企画をやると言いながら手が回りませんでした。申し訳ございません。KAI/KCJが公式情を出し渋るので、日々の情報収集に時間が割かれ、更新に手が回らず・・・。一方でネタは溜まっていくばかりという悪循環です・・・。

画像の通り、Manggaraiの森にて、入場待ちだった1080Fが冒頭の画像の通り入場しました。また前回お知らせしているように、05-104F同時進行でオーバーホール中です。ただし1080Fの隣にいるのは05-104Fではなく05-107F。都営車からDCDCコンバーターを外して、軌跡の復活!?なんてのはありえないでしょうから、104Fに部品を譲っているのでしょう。前回更新時にこの位置に居たDjokoVision(5000系66F)はManggaraiの森にて休車中の模様です。さらに先日組成変更した都営6000後期型の6281FもManggaraiで休車がかけられたようです。前回の検査以降、6281Fは絶不調ですね。

Dsc_0163_r
ちなみにお休みした先々週末はこんな感じ

大きな変化はありませんでしたが、とりあえずゲート前だけは撮影しておきました。H17は既にDepok電車区に回送されています。

先週の動き、まずは11月17日のダイヤ修正(Bogor線,Serpong線で1運用増)関連で、それに合わせ205系H12,H14,H23,H25(H25のみ、実際の運用開始は翌18日から)が一斉に投入されました。前日の日曜日は鉄活動をお休みしていたわけですが、その代わり17日は早朝出撃。サプライズの予感がしましたので;;なお、いつにも増して混雑しており、環状線直通なんて、屋根上解禁のレベルでしたが、これは翌日18日からの燃料補助金打ち切り(これも唐突すぎるよなぁ。何故事前告知が出来ないんだ、この国の人は・・・)の前兆だったようで、17日のダイヤ修正も、これに合わせたものだったのかもしれません。といっても、ピーク中に1本増発したところで、焼け石に水・・・。

というわけで、まずは増発された1071レを後追いで。本来、この時間帯は10連で統一されていたわけで、10連で然るべきなのですが、編成が足らないため、8連での増発となりました。この運用自体は終日コタ口固定なので、やはり本当は10連運用なのでしょう。いつまでハエ7を8連で暫定使用する気なんだか・・・。早く10連に戻してもらいたいものです。

Dsc_0202_r
初日は同日デビューのH12が充当

すると立て続けに、新入り編成がやってきてくれまして、効率よく撮影が出来ました。

Dsc_0190_r
期せずして、前面強調アングルになってしまったのですが、あれっ??

Bekasi行きに札のない編成が入ってきて、とりあえず撮るか!とシャッターを切ると、おや?網が付いていない!?慌てて、後ろを振り返り、逆光承知でもう一度取り直すと、これこそH14でして、なんと網なしデビューを果たしたようですね。

Dsc_0198_r
試運転ではありませんよー

そしてさらにもう1本、網なしの編成が!!いうまでもなく、こちらがH23編成で(なんでことごとく順光側に札がないんだよッ!)して、運輸省試運転から異例の早さで運用開始になったため、網の取り付けが間に合っていないようですね。H12だけはやや先に試運転していますので。

Dsc_0224_r
環状線から姿を現したH23

Dsc_0234_r
証拠写真、網なしH23

ともあれ神出鬼没な8連205系を短時間でとりあえずは収穫できて、何よりでした。週末までにはぼちぼち網も取り付けられてしまうでしょうしね。

そんなわけで、先週末はこれらの撮り直し&H25の撮影及び、同日施行されたH27の初回試運転を中心に動くことになり、ハマ線づくしの活動になってしまいました。

では、その他の動きを、まずはH25から。ネットを漁っていると、H25がTangerangに居るとの書き込みを見つけたことから、日曜日はManggaraiをスルーし、Duriに直行。一発目はメトロ6000でハズレ(それでもラッピングなし6127F!!)でしたが、2発目でH25がやってきました。Duriといえば、この前の露天撤去以来、ご無沙汰でどんな状況になったのかと、気になっていましたが、一旦うるさいセキュリティーは引き上げた様で、一応細々と営業していました。それでも、様相はだいぶ変わり、これまでのメインだった環状線とTangenrang線中州での露天営業は禁止となったようで、両サイドに分かれ、Tangerang線側が青果、環状線側がグロサリーエリアとなっていました。ですので、撮影の構図も考え直さねばなりません・・・。

Dsc_0342_r
まずは一回目・・・

網なし、札付きが線路市場を行く!というわけで、これだけで満足せねばならないのですが、お店が脇に集約してしまったため、商品は写らない、さらに列車通過時にお客さんが中州側に待避するようになったので、なかなか撮影に苦労しました・・・。特に1回目は人が多すぎて、引きでの撮影は失敗しました;;自ずと、これが戻ってくるまでDuriで待ちになりました。

Dsc_0148_r
2回目・・・

ピンクのおばちゃん、そこで立つかよ・・・と言いたいところですが仕方ありません。しかし、一番金網が必要そうなTangerang線で大丈夫なのかね?まあKFWも網なしで乗り切りましたので、以前よりかは投石も減っているんでしょう。

Dsc_0671_r
6127Fは準急松戸行きでした。見えにくいですが。

しかし、こう見ると寂しくなったものですね、線路市場・・・。

Dsc_0616_r
市場感が出るのはせいぜいこのアングル?

グロサリー側はというと、どうしても建物の影に入ってしまい、曇りの日以外は撮影に不向きな感じです・・・。店主にとっては、炎天下の下でやるよりも、好都合そうですけれども。

Dsc_0380_r
こんな感じです。205系はH23(網が付きました)。

しかも、環状線外回りを編成で撮ろうとすると、やっぱり店は写らないのに、買い物客だけが多く写ってしまいます・・・。なんとか対策を考えねば。

Dsc_0047_r
せっかく腰高客車なのだけれども・・・

ちなみに釜の横あたり、線路内で立っているおじさんはDuriカフェの店主ですね。列車接近時のお客の誘導をやっています。冷たいホワイトコーヒーをいつものように注文したら、最近見なかったが、元気だったか?と心配がられてしまいました。いやぁ、セキュリティーがうざいからさぁ・・・。

閑話休題、その他の動きを。

Dsc_0494_r
6123F全検出場

既報の通り、Depok電車区で全検中だった6123Fが営業運転に復帰しました。塗装は前回出場した6106Fに順じ、アンチクライマー部に白の色差しが行われています。今後6000系はこのデザインになるのでしょうか。

Dsc_0245_r
8612F組成変更

頻発している東急車及び都営車の組み換えですが、ふと見るといつの間にか8612Fに8904号が組み込まれていました。6号車の8929号を抜き取り、8604Fの3号車である8904号が挿入されました。やはりMGの不具合でしょうか。8604Fは今年の春先に検査出場ばかりで、運番,種別表示部に現地製のLEDを付けたりして、まだこの先も使うのかと見えた編成だけに残念な限りです。8612Fの方がよほど草臥れているように見えますけど。東急車に関しては今後何が起こるかもわからず、長い目で見ていくしかなさそうです。少なくとも早急にCikaumに送られるということは無さそうですので。

続いて、広告車の話題。

まずは撮りこぼし。

Dsc_0269_r
05-108F

Dsc_0157_r
06-208Fに同様のチナ製(?)スマホの広告が

Dsc_0676_r
ハエ13

Dsc_0674_r
今のところ、6扉唯一のラッピングちなっているサハ204-26

前回、というか2週間前の撮りこぼしでした;;
では先週分を。

Dsc_0901_r
最近、目立ったネタのなかった05-102F

Dsc_0519_r
通信会社、SmartFrenの広告が初お目見え。当該は05-802。

Dsc_0515_r
05-202は例のスマホ広告が

Dsc_0332_r
6133Fにも6125Fと同様の政府系ラッピングが施されました

なのですが、肝心のラッピング車両を取りそびれました・・・。ここまで撮っていて逃すとはね・・・。ノーマークでした。まあデザインは6125Fと同じだから良いのですけど。

営業車の動きはこんな感じでした。

最後に先週末のお楽しみであったH28の社内試運転及びついでに撮影した画像を。なお、22日土曜日にもH18編成が社内試運転を実施しています。H28編成と言えば、武蔵野線のM66編成時代からご縁のある車両で、先日Pasosoからの日中走行画像を撮ったのもこの編成。当初、H28は土曜日にやると聞いていたのですが、土曜日の画像がH18で上がっているのを見て、ガッツポーズでした。電車区の格段のご配慮なのか!?ありがたいかぎりです。しかし、今回試運転スジが早スジになるとのことで、こうなるとなかなか順光順向きでの撮影スポットがなく、後追い主体になってしまいましたが、なんだかんだ言って、そこそこコマ数を稼げて、結果的には大団円でした。

Duri界隈から引き上げまして、まずはManggaraiで待ち伏せ。試運転の前に、H14が来たので上げておきます。

Dsc_0423_r
ラッピング後、ろくに撮っていなかったので

で、ここからが本番でございます。まずは面つぶれ承知でManggarai入線を。ハエ31の場合、運用開始時にはすでにKKWラッピングが施されていましたので、小窓でラッピングなし(ロゴは戸袋部のみ)のこの姿は新鮮でした。網も設置前でした。

Dsc_0549_r
まあ仕方ないですよねぇ。小窓がわかればまずはそれでOKです。

Dsc_0559_r
ま、ここは後追い狙いです

ジンクスとして、試運転の前後は列車の間隔が空くというのがありますので、これを撮ったら急いで駅に戻り、Bogor行きに飛び乗りました。アプリで確認すると案の定間隔が開いており、これに乗らないと先回りできなかったようです。代償として、バラストに思いっきり足の指をぶつけて負傷しましたが(笑)皆様もお気をつけ下さい。

ちょうどいい按配で曇ってきましたし、以前配給を撮影した実績のあるCawangのManggarai寄りホーム先端で撮影。先ほどの列車のすぐ後ろを追いかけてきました。

Dsc_0591_r
こんなもんなら上出来だと思います。曇り様様です。

Dsc_0595_r
後追い

この先は後続列車で追っかけ。Bogorまで行くと、折り返しが微妙ですので、BojongGedeまで行くか、お手軽にDepokで済ませるか悩みどころでしたが、BojongGedeまで立っていく元気がなく、Depokで下車。昼飯を食べつつ、返しを待ちます。この間に、定期列車はジャンジャン通過しますが、どうせ後追い主体だし、特にネタも来なかったので割愛。

Dsc_0680_r
午後は上りの定番撮影地となるDepokの駅先ですがまだまだです・・・

おや?試運転サボが出ていないじゃないか。ということは??

Dsc_0693_r
後部にサボを出したまま!

いやぁ、これは美味しかったですね。おかげさまでサボ付き順光の図を収められました。ありがとうございます!!当初は運輸省試験と聞いていたので、ここで先頭にサボが出ていないとおかしい(試運転区間はManggarai~Bogor~Manggarai)わけなのですが、上の画像の通り、Depok駅中線着。ってことはこれは運輸省試験ではない。で、この様子から見るにもう一度Manggaraiには行かず、このままDepok入庫なのではないのかと。

ならばここで待っていましょう。

Dsc_0748_r
というわけで、今日は丸1往復で入庫です

JNG罵声軍団が煽るものですから(笑)線路際のがきんちょどもがわらわらと出てきてしまい、ちょっと鬱陶しいですが、仕方ないですね・・・。ま、何はともあれ、これだけ撮れましたので、おなかいっぱいで大満足でした。

これでこの日の活動は切り上げてもよかったのですが、待ち合わせのため、Manggaraiへ。

Dsc_0049_r
網の付きH23

証拠写真を撮っておいて、本当に正解でした。残る網なしはH25だけなのかなぁ、なんて思っているとBekasiからH14が登場。こちらはまだ網なしでした。

Dsc_0031_r
こちらも札側をリベンジ

効率良く新編成を撮影したところで、待ち合わせしていたAdam氏曰く、Jatinegaraに赤釜が来るとのことで、だったらとバジャイに乗ってJatinegaraのいつものお立ち台へ。実はさきほどDepokからManggaraiに戻る途中にKFWとすれ違い、おぉっ!!と思ったのですが、これは交番検査のための回送で、となればDepokから別の編成がTangerangに行くはずで、Manggaraiで待っていれば自ずとKFWが来たのですが、赤釜と天秤にかけた場合、じゃあ赤釜でしょうということで、Adam氏の話に乗ってしまいました。もっともBogor線の編成はこの日、もう撮影しつくした感がありましたので、Jatinegaraに行って環状線,Bekasi線を撮ってもいいかなと思っていましたので。

Dsc_0082_r
2週間経っても裸の状態のままだったH21

Dsc_0116_r
何故かプナタランエクスプレスの客車が入っていたPurwakartaからのEkonomiLocal

Dsc_0171_r
先ほどのH23が環状線を1周し、戻ってきてしまいました

なんだ、赤釜というのがガセなのかなんて話題もチラホラ出始めた頃、スマトラ釜特有の電車のようなタイフォンが響いてきて、いよいよ来たな!とファインダーを除くと、あら残念。すでに通常塗装に戻されていました。

Dsc_0246_2_r
Cilacapからバラストホキの転属のため、牽引してきたCC201 83 48

確かにスマトラ転属釜ではあるのですが。いやぁ、なんだかおかしいとは思っていたんですけどね。それでもあと1機赤釜はあるとAdam氏が言い張るものですから、KFW諦め、こっちに来たわけなんですが。やっぱすでにジャワに赤釜はいないんじゃないの;;ちょうど同じ頃、ManggaraiにはKFWが現れたとのことで、掛け持ちは不可でした。ちゃんちゃん。KFWなんて、またいずれ撮る機会はあるでしょうと言い聞かせ、本日は撤収!!

おまけ

Dsc_0670_r
設置から1ヶ月近くたっても供用が開始されないManggaraiの改札上、大型LCD

以上


























|

« メトロ05系中間予備車Cikaumへ(11月15日) | トップページ | 週刊マンガライレポート2014SP① »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

レポ更新お疲れさまです!

早いものでH28は入国1ヶ月で現地化改造を追え
試運転まできましたね、網無し試運転万歳!

しかし、網無しノーラッピングでH編成が営業に
複数本入るとは美味しいですね! 
205系タンゲラン線でDuri市場カットは微笑ましいです。
先月より活気復活中でなにより・・・

Duriカフェの店長は警備で忙しいのか、私が行った時は
英語が話せる息子さんが対応してくれました。
ホワイトコーヒー HOTでね

投稿: Mr115 | 2014年11月26日 (水) 21時49分

<Mr115様

朝から晩までで、バテバテです・・・。休みをください;;

いやぁ、DuriのH25は最高でしたねぇ。もう少し市場感が出れば文句なしでした。この日も店長は警備に忙しく、奥様がコーヒーは出してくれました。そしたら、そそくさと店長がやってきて、世間話をした次第です。たまに息子さんもいますよね。英語出来るとは知りませんでした。

投稿: パクアン急行 | 2014年11月27日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58083810

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.114:

« メトロ05系中間予備車Cikaumへ(11月15日) | トップページ | 週刊マンガライレポート2014SP① »