« プルワカルタ&チカウム詣、2014年10月 | トップページ | H8,17,2 Yokoso ! TanjungPriok !(11月10日) »

2014年11月 4日 (火)

週刊マンガライレポートVol.112

Dsc_0004_r
H19が姿を消しました

3週連続でほぼ動きのないゲート前・・・。1090F(これまで1090Fとお伝えしていましたが、先に検査に入ったのは1080Fでした)1080Fが試運転線上に移動しており、今週中にも試運転がありそうな予感です。またDepokでは6023Fが全検入りしており、こちらも近く出場の予定。その後もDepokでは6007F,05-104F(改造後、運用開始が遅れていたため2014年12月末で丸2年になる)とメトロ車の検査が続くようです。そんなわけで、今週の動きとしては横浜線205系の新規運用開始くらいですが、そろそろ予備車も増えてきて、横浜線205系にKKWラッピングが施されそうな気もしますので、先週末もハマ線を集中的に撮影しました。

まずはH13運用開始!

Dsc_0177_r
編成札が残存しているので、とりあえず。走行写真は後ほど。

27日、第三陣到着のH13編成がデビューしました。第三陣は2本積載でしたので、H15と共に、全編成が運用に就いたことになります。

Dsc_0273_r
H7もようやく運用開始

先々週あたりから、運用開始されていると言われていたH7ですが、目撃情報が全く上がらず、運輸省から運用開始許可は下りているものの、何らかの理由で運用には入っていなかった模様です。で、結局11月1日にDepokからBukitDuriに送り込み回送され、翌2日から運用を開始しています。上の画像は送り込み時のもの。BukitDuri入区を後追いです。で、上の画像を見ればわかる通り、まだ戸袋部のみですが、KKWサインが既に貼られています。予想通りの展開で、今後一気に波及することでしょう。

最新ニュース欄でお知らせしている通り、先週27日にSerpong線内で車両故障を起こしたH9編成ですが、まず一報としてマスコミから報道されたサハ204の電気系統からの発煙(冷房?)というのは誤報のようで、現場からの話によれば空転によるフラッシュオーバーとのことでした。もっともKCJは公式にこの件に関しては黙秘しており、真相は定かではありませんが、現場の言うことですから、ほぼ間違いがないのは事実でしょう。だいたい4M4Tで加速度を引き上げたら、空転するのは当然のことです。サハ204から発煙というのは、たまたまその号車に御馬鹿なKRLmaniaさん(誤解されがちですが、鉄道マニア集団ではなく、乗客フォーラムであり、実態は五月蝿いおばちゃん集団;;)が乗っていて、騒ぎを大きくしたというのが真相のようです。3号車から焦げ臭いが入ってきて、勝手に騒ぎ立てたのでしょう。日本のメトロ6000に乗ったら、レジン臭で発狂するでしょうね(笑)回生を切っていた場合の話ですが。

なお、H9の方は無事復旧し、運用に復帰しています(Serpong運用だったので未撮影)。しかし、今後も頻発する恐れがあり、しっかり乗務区の方に徹底してもらいたいものですね。4M4Tでフルノッチは厳禁です。203系のデビュー当時もガタガタで酷かったですが、お勉強したようで、最近はそういうこともなくなりましたから、そのうち慣れてくれるとは思うのですが。ちなみに、話によると、H9にもKKWの戸袋部への装飾が確認されています。

続いて、広告車の話題。

Dsc_0393_r
何かと話題の尽きない6115Fですが、広告が増えました

Dsc_0389_r
6515号にテレビ局のラッピングが入りました

ちなみに、6115側のみに設置されている外付け式の行先表示板ですが、Bekasi行きが用意されていないのか、Jatinegaraになっていました。全く意味がありません・・・。

また同様のラッピングが6111Fにも出現しています。

Dsc_0421_r
こちらも同じく5号車に同じ広告が

Dsc_0429_r
ラッピング作業中の6515号

先週の動きは以上。

で前述の通り、205系を中心に撮影を行いましたので、画像をペタペタ貼って行きます。というのも、先週末、Bekasi線にH4,H6,H13,H15、そしてハエ7の計5本が集中して運用されていたこともあり、久々にBekasi線方面に出撃。運用数の少ない、Bekasi線ですから、撮り溜めするにはもってこいであり、自然と撮影枚数も増えてしまった次第。まあそれがマンガライレポート更新の遅れに繋がるのですけど・・・。

というわけで、まずはマンガライ朝練。この時期は日の出が早くていいですねぇ。毎週朝5時に叩き起こされてしまうわけなんですけど;;

Dsc_0014_r
まずはBogor線運用のH24。幸先のよいスタート。

この後、ピーク帯のKota口はオール10連化されてしまいましたので、H編成のManggarai構内横断は貴重なシーンかもしれません。しばらく、ウォッチングしていると、怒涛の勢いでBekasiからKotaにH編成が上っていきましたので、こりゃBekasiに行くしかないと。

Bekasi線というと、ひたすら直線で、どうも撮っていても面白くない・・・、しかも朝の下りとなると、撮影場所も限られてしまうわけで。しかし、アラーからのお告げか、このところBekasi線でどっかいいところないかなと、ネットを探していたところ、緩いアウトカーブから俯瞰するなかなかBagusなポイントを発見。しかもカーブの具合からして、下り列車を狙えるっぽい。Bekasi線を跨ぐフライオーバーは数あれど、カーブとなれば限られるわけで、一応地元鉄に聞いてみると、Kuranji手前のフライオーバーで確定。ちょうどやってきたH15に乗り込み、Kranjiへ。


この時期だと、側面に日が回らないのが難点でしたが、まあ許せる範囲内ではないかと。しかも背後ではモスク建設中、そして手前の空き地は複々線化用地で、いよいよ工事が始まり赤土むき出しの大地は、まさにインドネシア!日が回るようになる頃にはモスクも完成しているでしょうし、季節が変わったらまた来ます!!

本数的にBogor線に比べれば、圧倒的に撮影効率の悪いBekasi線ですが、朝の時間なら続々と長距離列車も下っていくわけで、撮っていて飽きません。

Dsc_0043_r
まずは青白客車の編成美、PurwoJaya

Dsc_0051_r
ハエ7が来たので後追い

8連化されて以降、ふられっぱなしのハエ7ですが、今日はハエ31がH9,H21と共にSerpongに行ったので、自ずと姿を現してくれそう??

Dsc_0068_r
長~いNambo貨物

まともに撮影していない、Nambo貨物ですが、俯瞰すると様になりますねぇ。コキ20車というのは、インドネシアでは最長なのでは??

Dsc_0075_r
新製冷房K3を連ねる、Gajawong

JayaBayaに充当されたKAI標準色の新製冷房K3登場により、運輸省塗装の冷房客車は今後貴重になりそうですね。涼しげなこのデザイン、個人的にお気に入りでした。ちなみにこのデザインの色違い(所謂葉っぱEkonomi)で、2000年以降に非冷房客車も製造されていますが、あの塗装も今やほとんど見かけなくなってしまいました。

Dsc_0090_r
特にコメントなし・・・な、ArgoMuria

ArgoMuria,ArgoDiwipanga,Taksakaの3列車は客車の手入れが行き届いており、関心がもてます。線路際で汗だく、埃まみれになっている貧乏人には、まさに高嶺の花です・・・。基本的にスマランとジョグジャ所属の客車って綺麗で羨ましい。夏休みにようやくDiwipangaの乗車が叶いましたが、感動的でしたね。

Dsc_0101_r
臨時ArgoJati

ジャカルタ持ちのGajayana間合い運用です。2010年に、小窓客車(新製or改造)が集中投入されたときこそ、乗ってみたいと思いましたが、この前初めて乗ったら、期待とは裏腹のボロボロ加減・・・。いつのまにか、小窓で統一されていないし。しかもそのときなんて、食堂車がAlingAling代用になっていて、KMP3でした(つまり黄色い客車ね)。最低・・・。第一事業部しっかりしろよ!!というかGajayana用のバティック食堂車、どこいっちゃったんだろう?

Dsc_0114_r
ようやくH15が戻って来ました。FajarUtamaYKとの並びを。

遅れを引きずらないダイヤ化により、Bekasiで40分も折り返し時間が確保してあり、H15は定刻通り通過。Fajar/SenjaUtamaシリーズは今後、新製客車により、EkonomiAC化される可能性が大。

Dsc_0119_r
ようやく見れた、新デザインのONS車(荷扱い客車)が見れたので、この車両だけアップ

かれこれ、1ヶ月以上経つと思いますが、急ぎのネタでもないので、静観していましたが、運よく来たので、上げておきます。やはり、旅客車転用のAlingAlingがぶら下がっているより、ちゃんとした荷物車が繋がっている方がいいですよね。しかし、このデザインはちと近代的過ぎて・・・。ArgoBromoAngrekに連結されている姿は、しっくりきていましたけど。

Dsc_0127_r
本命のハマ線、まずはH6

だいぶ本題からはそれてしまいましたが、Gambir,Manggaraiの二大関所を潜り抜け、やっと戻ってきた205系。絶好のロケーションでラッピングなしの姿が撮れて、ご満悦;;

Dsc_0159_r
定期Menoreh、ですが、客車が14年車だったので上げておきます

これまでMerorehは12年製の運輸省車で運用されていましたが、今年のレバラン臨で投入され、その後定期格上げされたMeroreh2(ダイヤは臨時Menorehスジを踏襲せずに、Fajar/Senja UtamaSemarangを置き換え)に充当された14年製客車で、この日は運用されていました。共通運用なんでしょうね。14年製は運輸省カラーながら、KAIロゴが入り、KAI保有車となっており、今思考えれば、2015年1月からの長距離列車への補助金(PSO)全廃への布石だったのでは、と思います。PSOが外れれば、その分運賃に跳ね上がってきて、乗客負担が増えるわけですが、KAIとしては運賃もある程度自由に設定(これも当然値上げですよね・・・)できるようになるのでしょう。となれば、以前Jonan元社長が豪語した客車の大量新製とも辻褄が合うわけです。これまでKAIは機関車は自社発注しても、客車・気動車(Bisnis,Eksektifを除く、但しここ5年くらい製造実績なし)は国からの貸付でしたので。一時は運賃の値上げで鉄道離れが進んだようにも見えましたが、最近は軒並み列車が満席になるほど、利用者は右肩上がりですから、それだけ、この国も豊かになったということですね。長距離列車から補助金が外れるのは、当然の流れでしょう。生活に直結するCommuterでは当分補助金を外すのは難しいでしょうけど。

Dsc_0169_r
長らくお世話になりました、Serayuさん

このところ、PurwakartaとCikaumをセットで回る必要性が生じているため、今後はもしかすると、当方の利用が激減しそうなSerayu号です。これからは始発のParahyanganにシフトかな・・・。

Dsc_0175_r
で、ハマ線H4

編成札が付いており、最高です!本命のくせして、コメントは特になし。

Dsc_0186_r
ONS(Over Night Service)

いつ廃止されてもおかしくない、オール荷物列車。一体、どのような人が利用しているのか気になります。Manggaraiでの人海戦術によるテキトーな荷役を見ていると、いつもハラハラさせられますが!なお、オール荷物車はJakartaGudang行きです。新塗装を上げた手前、こちらも上ました。この塗装は従来塗装というべきか、実はもう一種、旧塗装が存在します。ONSとデカデカと表記されているアレです。旧塗装が一番味があって好きです。

Dsc_0191_r
臨時ArgoParahyangan

Bangungkartaの編成。この日は小窓で結構揃っていましたが、ジャカルタ持ちの客車なので、やっぱり汚い!!

Dsc_0196_r
廃止が囁かれているSawunggalihUtama

レバラン臨にMenorehと同じく新製冷房K3が充当されたSawunggalihUtamaですが、臨時の運転終了後、定期列車を新製冷房K3で置き換えるという噂があったのですが、結局臨時便が未だに設定されており、定期もBisnis客車のまま生き残っている次第。それだけ利用者が増えているってことなんですけど。

Dsc_0220_r
そして大本命H13

こちら側にも編成札があるはずなんですが、何故か傾いてしまっており、写真に写りません・・・。これにて撤収。

Dsc_0234_r
Kranji駅に戻ると、臨時SawunggalihUtamaが通過

この日はBekasi線に専念しようと決め込んでいたので、Jatinegaraに移動。おなじみ、罵声軍団の陸橋から大カーブを。

Dsc_0306_r_2
Kranjiで後追いしたH15を再び

が、ケツ被り・・・、というかH24と併走です・・・。どうせなら、もっとピッタリ並んで欲しかったですね。

Dsc_0372_r
H6・・・

さっきのH24が折り返し発車しまして、また被り・・・。おいおい。

Dsc_0483_r
3度目の正直でH4

Dsc_0505_r
H13も順当に

とりあえず、札を直したい。

撮りたいものは撮り終わったので、Manggaraiへ移動。乗車してきたH6を後追いしようとしたのですが・・・

Dsc_0036_r
またも・・・

どうも最近、被りが多いような。

Dsc_0056_r
ようやく撮影したJayabaya

後ろを振り返ると、JayaBayaが出発待ち中。PasarSenenがいっぱいのため、Manggarai留置なのです。環状線をぐるっと回送されてゆくわけで、Bekasi線内では明らかに逆光ですが、ManggaraiはManggaraiで、今度は時間が早すぎて逆光・・・。ちゃんと撮れるとしたらKemayoranの複々線くらか。まあいずれまた挑戦しようと思います。

Dsc_0061_r
で、出発を見送ったらハエ7と見事に被りました

ホント釣れないね、ハエ7。

真昼間のManggaraiなんて、なかなかないので、いつもと違う構図で撮影してみます。

Dsc_0118_r
ハエ4後追い

バイク広告のラッピング化後の姿を。先週はハエ25でしたので。

Dsc_0151_r
水門バックにH6も後追い

Dsc_0165_r
ウネウネをこちら側から。編成はハエ20。

どうもハエ7が不完全燃焼なので、ダメ元でJuandaへ。この後、全く趣味とは関係ない待ち合わせがあり、夕方まで張れなかったのが悔やまれます。

Dsc_0239_r
やっぱり、まだ面にあたらない。とりあえず小窓8連です・・・

Dsc_0255_r
ついでに札付きH13も。

次回以降、リベンジです。

Manggaraiに戻ると、H24がまたまた戻ってきたので、これを撮ってこの日の活動は終了。

Dsc_0291_r
ハエ7とH24

Dsc_0302_r
変わり映えしない図です・・・

おまけ

客車ネタを多めに出したついでに・・・

某所(もはやぼかす必要はないでしょうけど)で撮ったネタを3点ほど。

Dsc_0514_r
初撮影のTegal Bahari

Tegal行きのCirebonEkspresの名称を変えただけなので、まあ撮ったらCirebonEkspresですよね・・・。せいぜいバティック客車が連結されたくらいか。↓↓

Dsc_0519_r
しかし列車名も入らず、なんだか残念な感じ

直近のネタといえばやっぱりJayaBayaですね。↓↓

Dsc_0599_r
例の如く、順光にはなりませんが・・・

そして上記のKAI塗装標準色客車の連結を期待したKrakatauを。↓↓

Dsc_0701_r
残念ながら全部青でした・・・

おわり




|

« プルワカルタ&チカウム詣、2014年10月 | トップページ | H8,17,2 Yokoso ! TanjungPriok !(11月10日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/57885151

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.112:

« プルワカルタ&チカウム詣、2014年10月 | トップページ | H8,17,2 Yokoso ! TanjungPriok !(11月10日) »