« 週刊マンガライレポートVol.113 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.114 »

2014年11月17日 (月)

メトロ05系中間予備車Cikaumへ(11月15日)

Dsc_0105_r
05系からも初の廃車が発生・・・

おおよそ2週間に1本のペースで施行されているCikaum配給。Cikaumの作業が終了次第、次期廃車回送が設定されているようで、昨日終電後、Depokに留置されていた05系中間予備車6両がCikaum行きとなりました。今回廃車されたのは05-404,05-504,05-505,05-405,05-512,05-412(組成順)で、504と512の間に緩急車としてK3客車が連結され、最後尾には職員輸送用にDjokoTingkirが連結されました。

Depok始発のCikaum廃回は、JALITAの前例からしてManggarai通過の可能性がありましたが、あの日が異例だったのか、しっかり停車してくれまして、お別れ撮影タイムとなりました。やはり、通常ならここで軽く検査しますよね。

しかし、こういう日に限って、怪社が長引き、スーツでCikaum行っても難なので、お葬式はManggaraiで(しっかり三脚は忍ばせてきましたので;;)。担当者も今は不在とのことで、行って撮影出来ませんでも嫌だし、ここは臥薪嘗胆です。

Dsc_0024_r
Bekasi行き終電に危うく被られるところでした・・・

いやぁ、でもManggarai駅も照明LED化が完了し、明るくていいですね!下り終電はまだ発車していなかったため、減光もされずに、この通り、入線もバッチリ撮れました。ハイビーじゃなかったのも救われました。Terimakasih!

Dsc_0103_r
次は屋根の延長も望みたいところ(笑)

Bekasi行き終電が発車後も、しばらく停車していたので、発車まで撮影会。どこからともなく、Jatinegara罵声軍団の一味もチラホラ出てきましたが、夜中なので平和でした。

メトロ中間車の廃車はもはや恒例行事となってしまい、もはやコメントのしようもありませんが、今回は05系から廃車が出たということで、もったいなさMAXです。千代田支線転用分から外された中間から、せめて部品だけでも購入していれば、こんな自体は避けられてはずで、なんとも惜しい限りです。10連化する気もなく、一応部品取りに供されて、205系の分にスペースを空けるなら・・・ともはや諦めモードですよ・・・。

Dsc_0090_r
前4両。今回Cikaumからの部品返却は想定していないのか、ごっそり機器はなくなっています

Dsc_0085_r
後ろ2両。以下同文。

Dsc_0082_r
DjokoTingkirとの連結面 模型のように間隔が広い;;

Dsc_0108_r
もはや死神の感もあるDjokoTingkir・・・

以上

・お知らせ
先週は営業編成に特に大きな動きが出なかったため、先週分のマンガライレポートはお休みします。リフレッシュ工事です。その代わりとして、特別企画を計画中ですのでお楽しみに。



|

« 週刊マンガライレポートVol.113 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.114 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

機器は再利用
台車は屑鉄に
車体は住居で

余らない筈?

投稿: 牛糞 | 2014年11月17日 (月) 12時29分

<牛糞様

そうですねぇ。鉄屑にすればいいのですが、
どこまで山を高くすれば気が済むのでしょうか。

マスコミもそろそろ騒ぎ出すでしょう。

投稿: パクアン急行 | 2014年11月19日 (水) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/58008890

この記事へのトラックバック一覧です: メトロ05系中間予備車Cikaumへ(11月15日):

« 週刊マンガライレポートVol.113 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.114 »