« 不定期更新 月刊デポック通信(7月,8月分合併号) | トップページ | Bogor線2014年6月1日改正ダイヤ(9月11日訂補) »

2014年9月 8日 (月)

週刊マンガライレポートVol.104

Dsc_0003_r
青いHolec,再び・・・。そして1090Fと同時に1080Fも全検入り

先週末のゲート前です。05-105Fは引き続き、入場中。一気に8連が3本も入場していることになります。DepokはDepokで引き続き、8607F,8611Fが入場していますので、編成数の割に、一時的ではありますが、稼動数が減っております。東葉1000系にも冷房換装案件が上がっていましたので、それに関するものと思われます。個人的にはセンス悪っ!としか言えなかった東葉赤縁顔、今後どのようなデザインになるのか気になります。これまでゲート前にいた1090Fはこちらに移動しておりました。↓↓

Dsc_0976_r
森の中に佇む1090F

車両故障とかではないと思いますが、これだけ205系が増えてくると、少数形式である1000系も、処遇が気になるところです。メトロ5000共々、ジャカルタで真価が発揮された名車ですので、少数精鋭、末永く活躍してもらいたいところです。現地鉄の話によると、TMG6217F(Rakitan)が真っ青な顔になって、検査を終えたようですが、姿は確認出来ず。おそらくDepokで最終的なチェックを行っているのでしょう。よって、運用には入らず。

では先週の動き。

9月2日にハエ23が、9月4日にハエ22がデビューを果たしました。連日で試運転を行った、両編成ですが、問題はなかったようで、営業運転にこぎつけました。運輸省にはもっと迅速に動いてもらいたいものです・・・。

Dsc_0126_r
いつものお立ち台からですが・・・・

直前横断がありまして、引きで撮れませんでした・・・。
直前横断の図↓↓

Dsc_0127_r
おっちゃん;;

さすがに警笛鳴らされまくっていましたが、ご本人は至って平静。まさにインドネシアンマインドですが、無理な横断はやめましょう。

なおハエ23は当日は予備・・・。まあ一気に12運用2予備(+ハエ31)になりましたからね。ちなみにハエ13も運用に入りませんでした。緑のラッピングが来週にはまた増えていそうな予感。

というわけで、今週のネタはこれだけなのですが;;、ようやくハエ26が午前中の光線の元やってきてくれました。

Dsc_0092_r
ようやく編成札ありのオール4扉、ハエ26

早々に本日のお仕事は終ってしまいましたので、一通り運用チェックした後は、予想通り廃止されなかったBanten線EkonomiLocalの撮影がてら、Duriへ。ちょうど曇り気味だった上、徐々に夏の日の向きに変わりつつあり、市場撮影にはうってつけでしたので。

今日のメインは性にも合わず、客レなわけですが、Banten線のダイヤ改正が実施された暁には、Angke駅にCommuterが再度停車となり、現在暫定的にDuri止まりになっている環状線電車がAngke行きに戻ることも予想されます。それはDuriの渡り線通過シーンが拝める回数は格段に減ることを意味するわけで、まずはDuri始発のBogor行きを。

Dsc_0151_r
通過後人がわらわらと出てくるのを期待しましたが、今日はちょっと少な目か・・・

そうこうしているうちに、まずは1発目のAngke行きEkonomiLocalが到着です。KRD改造車を期待しましたが、そう簡単には来ませんね。

Dsc_0185_r
この区間を走る黄色い客車は、回送を除き、見納めに

Dsc_0200_r
せっかくなので、市場と黄色い客車

3,40分後にもう1本ありますので、それまでの間、しばし撮影に勤しみます。

Dsc_0177_r
先週末、東急車を撮ったのはたったこの1本だけ;;だったので、上げておきます

というわけで、やってくる電車はことごとくメトロ6000系。東南アジアが似合う車両ですので、市場での撮影にはもってこいなわけですが。

Dsc_0210_r
6115F。Tangerang線複線化後、この位置からのアングルがお気に入りです。

そうそう、Manggaraiのスタバはまだ工事中ですが、Duriのスタバはこの週末も絶賛営業中。

Dsc_0220_r
冷たいホワイトコーヒー、Rp.2000ですよ

写真右のおじさんが、市場内にデリーバリーもしています。

スタバで一服していると、CC206が接近。Nambo貨物の返空でした。貨物列車は引き続き環状線を通過しますから、釜がDuriから見れなくなるわけではありません、念のため。

Dsc_0233_r
おなじみとなったCC206牽引のNambo貨物

Dsc_0262_r
おや?Tangerang線はまたも日本車です(マト51)

そして、こっちはまたまた6000系。準急相模大野とか出していた頃の6133Fが懐かしいです・・・。

Dsc_0293_r
今日は内回り側にパラソルが立っているのがいいですね!

Dsc_0312_r
普段なら撮っても上げない単回ですが

Banten線のEkonomiLocalがParungPanjang以西の運転になると、TanahAbang機関区の扱いってどうなってしまうのでしょうね。Banten線の機関車を一手に引き受ける機関区(Jatinrgara機関区の派出扱い)ですので、廃止されることはないでしょうが、所要数も減るわけで、今後の動向に注目です。EkonomiLocalがTanahAbang始発からAngke始発になってから、釜の交換のため、TanahAbang~Angke間で結構送り込み回送も設定されていましたが、これも過去のもの(逆にTanahAbang~ParungPanjang間に送り込み回送が設定されるのでしょう)になってしまうのでしょう。当然、PasarSenenへの回送は数本残ると思いますが。

Dsc_0349_r
また6000系、6125F。203系と並べてみました。

Dsc_0410_r
この日は、Feeder3運用とも全部KFWだったのでアップ

都営6000の6連、冷房いじってからどうも調子が良くないですね・・・。それとも、8連でも組成する気か。

おやおや、Tangerangがまたも日本車・・・、ってことでHolecACはTs2も運用落ち??単にメンテナンスなのかもしれませんが、かなり怪しいですね。注意深く見守りたいと思います。今週末、Tangerangに行ってみるか。

Dsc_0423_r
しかも6107Fが入るとは珍しいですね

さて、そろそろ2発目のEkonomiLocalです。

Dsc_0452_r
この剥げ剥げのお鼻は、先週謎の配給を牽引していたアイツですね

またも一般客車でKRD改は来ず。まあ予想通り、客レ並びが撮れたので満足です。遅れとかもあるわけですが、大概この列車、Duriで行き違うのはなんとも不思議です。

Dsc_0463_r
先ほどのEkonomiLocalもAngkeで折り返してやってきました

Dsc_0519_r
最後は本命の下りRangkasBitung行きを撮って〆

で、今度こそ本日のお仕事終了!と言いたいところだったのですが、先ほどのManggaraiでの運用を辿っていくと、JakartaKotaでお楽しみシーンが拝める可能性が非常に高かったですので、フィーダーを乗り継ぎ、JakartaKotaへ。ターゲットはDuriの時点で、Kelenderとかそのあたりでしたので、これはちょうど間に合うなと。

Dsc_0567_r
Kotaに着くと、先週からBekasi運用に戻ってきた6127Fが止まっていたので、撮影

陰っているのがなんとも残念です。まあおかげでDuriで大逆光にならずに済んだのですから。で、この6127Fと入れ替わりで、205系が到着。これで、11番にBekasi行きの203、10番にBogor行きの205が入り、リーチ状態。あとは203が発車しないことを祈るのみ。で、205の後を追うようにターゲット、103系のご登場!!停止信号に引っかかるな!と願いが通じたのか、そのまま空きの12番へ。それもそのはず、この列車、Bekasiから来たのですが、折り返しBukitDuri入庫。基本的にBekasi行きは12番に入りませんから、通常なら203が先に出るところでしょうが、晴れてJR3並びを再び収めることに成功しました。営業線上で撮れると、余計に嬉しいですね。同じ画像を撮り続けるだけですが、やはりManggarai朝練は重要性ですな。

Dsc_0631_r
念願のコタ3並び。103系とマト52,ハエ1

ついでに出発シーンを。

Dsc_0718_r
1週間で方転したE21+E22。今週も高運側を;;

ちょうどお日様も顔を雲から覗かしてくれました。

その後、ハエ22が再びやってきたので、それまで粘りましたが、再び曇ってしまいました・・・。

Dsc_0917_r
来週もう一度撮らないと・・・

せっかくコタまで来たので、軽くメシを食って、某所の廃バス置き場のその後を見に行くことに(但し、既に更地になっており、バスは見当たらず・・・)。

その足でTanjungPriok駅もウォッチング。先日、Medan向けにCC201 5両が船積みされ、出港しましたが、今後さらに5両がLampungに転属するということで、さっそく数両のCC201が既に駅構内にスタンバイしておりました。しかし、隣に貨物列車が止まっており、ロクな写真は撮れそうにありませんから、わざわざ煩いセキュリティーの目を気にして、接近する気にもならず遠目からの観察でオワリ。

Dsc_0936_r
一応証拠写真だけ

それよりも気になったのがこっちね。

Dsc_0937_r
KAIへの抗議文が貼り出されています

これまでTanjungPriok駅脇にプリオク鉄道村として、KAIのOBなども住んでいる一角がありましたが、いよいよここのも強制立ち退きのメスが。OBたちは今年の初めには既に移転を始めている様子でしたが、やはり、ですか。もはや不法占拠とかではなく、ふつうに通り名と番地も与えられていたような気もするのですが・・・。当然、Pasoso駅へ向かう連絡線脇も、同時に破壊の憂き目にあうのでしょうが、住民たちも突如退去を命じられては、行き場もなく困ってしまいます。

Dsc_0940_r
こちらの張り紙では50年前からの既得権益を主張してる模様

今後、ひと悶着ありそうですよねぇ。夜は巨大赤提灯エリアに変貌する地区ですし、根は深いですよ。とりあえず205系はManggaraiに置き場が無くとも、ここに留置させるのはしないほうが無難ですよ、Dグロさん。

どうでもいい話ですが、コタまでの帰り道、アンコタの中で予備SDと携帯の充電器をスられました。ここでの撮影が影響しているのかは知りませんが、まあいつもの通り寝ていた私が悪いんですがね。もっとも現地化してジャカルタ鉄する以上、避けては通れない道でしょうし、必要なデータは別に残しているので、消失したものは、さほど意味のあるものでもなく、何よりでした。強いて言えば、Depokの予備車の番号を控えたのが消えたのが痛いですが、また入れたときに調べます・・・。Duriとかでも案外目を付けられたりしますから、お気をつけ下さい。

気を取り直して、Manggarai経由で、再度夕方のEkonomiLocal狙いでSerpong線へ。

Dsc_0978_r
ちょうど6127Fがやってきたので、後追いですが順光で;;

環状線、Serpong線と乗り継ぎ、やってきたのは橋上化工事中のPalmerah駅。目論み通り、EkonomiLocalがすぐに入線。別にこの区間、RangkasJayaやKalimayaは残るので、完全に黄色い客車が見れなくなるわけではないのですけどね。

Dsc_0022_r
工事中のPalmerahに入線するEkonomiLocal

工事中の簡易改札口を出て、撮影ポイントへ。新聞などでたまに使われる、このエリアの画像。いずれ行こうかなと思いつつも、先延ばしになっており、今回初の撮影です。線路際のバラックと高層ビルが一度に撮れるPalmerahのTanahAbang寄り。どこかで目にした方もいらっしゃるでしょう。

Dsc_0057_r
上の画像はRangkasJayaの後追い。この風景は今後もしばらくは見れるわけです。

Dsc_0070_r
とりあえず電車も貼っておきます

Dsc_0086_r
Merakからの石炭貨物

Dsc_0116_r
で、本日最後のお目当て。RangkasBitung行きEkonomiLocal

この後は、KopajaのミニバスでKaret駅にショートカット。そのまま家路に。

以上


|

« 不定期更新 月刊デポック通信(7月,8月分合併号) | トップページ | Bogor線2014年6月1日改正ダイヤ(9月11日訂補) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

レポお疲れ様です。
今回も濃くてメロメロです。
6127Fの撮影地って・・・・(笑)

アンコタのスリ・・・・災難でしたね。お見舞い申し上げます。
最初のうちは緊張して乗っていましたが最近は気を抜いていました。
次回乗ることがありましたら気をつけます。

投稿: 茶 | 2014年9月 9日 (火) 22時58分

<茶様

6127Fの撮影地ですか??そりゃ、もう見ての通りです(笑)。

アンコタなんて日常的に乗っていますから、何も起こるわけないと確かに気が緩んでいましたね。まあJR並びが撮れましたから、それで十分なのです;;

投稿: パクアン急行 | 2014年9月10日 (水) 02時52分

今回のマンレポも通勤途中に「痛勤」忘れるくらいに
熱く拝読させてもらいました。ゆかりの多い埼京線で・・・

やはり朝飯抜きの朝マンガチェックは必須なんですね、
運用計算されてのコタJR3形式並びはお見事です!

あとTanjungPriok駅付近の騒動予感は気になります。
治安悪化にも繋がるし、構内のセキュリティの目が厳しく
なります、エキサイトする鬼ごっことかくれんぼ?(笑)

投稿: Mr115 | 2014年9月10日 (水) 10時17分

横浜線からの車両に付いてたドアステッカーは剥がされていますか?

投稿: ザラキ | 2014年9月10日 (水) 23時32分

<Mr.115様

いつもありがとうございます。

そうですねぇ、朝練して列番調べておくと、なかなか便利ですよねぇ。いざとなれば朝も昼抜きも辞しません(笑)

タンジュンプリオクは数ヶ月以内に強制撤去でしょうか。なんとか平和的に解決してもらいたいと思う反面、住民の皆様には軍人気取りのセキュリティをボッコボコにしてもらいたいなぁと思ったり。

投稿: パクアン急行 | 2014年9月11日 (木) 03時43分

<ザラキ様

探せば1枚くらい残っているかもしれませんね。埼京の編成も、よく探せば残っていたりしますからね。

投稿: パクアン急行 | 2014年9月11日 (木) 03時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/57310613

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.104:

« 不定期更新 月刊デポック通信(7月,8月分合併号) | トップページ | Bogor線2014年6月1日改正ダイヤ(9月11日訂補) »