« H15,H13 Yokoso ! TanjungPriok!(8月21日)※画像追加しました | トップページ | H6改造明け試運転(8月27日) »

2014年8月26日 (火)

週刊マンガライレポートVol.102

Dsc_0597_r
マト69出場間近!!(8月28日実施済み)

7121Fの中間車が再び倉に突っ込まれた状態で置かれており、なんらかの部品取りをしているものと思われます。05-105Fがすでに入場していますので、それに伴うものかもしれません。またDepokにて入場待ちだった1090FがDepok入場せず、Balaiyasaに移動してきておりました。↓↓

Dsc_0594_r
ズームアウトするとこんな感じ

右奥に見えるのは相変わらずの6112F。205がここまで増えると復帰の見込みは限りなく低い?横浜線の姿は影も形もなくなってしまいましたが、第一陣のH24,21編成が先週20,21日頃に船の着岸に先立ち、ManggaraiからDepokへ回送されています。つまりH9,12が依然Manggaraiに収容されていることになります。なおBukitDuriにH7,15が留置されています。そんなわけで、Balaiyasaのキャパシティーは限界ですから、廃車前提の103系がもしや、あそこにいるのではないかと、ストックヤードを覗いてみました。

Dsc_0013_r
禁断のストックヤード、するとそこに!

草生して、この日の装備ではやや難があったので、この先には進んでおりませんが、E27編成の姿が確認出来ました。有効長の関係からE20は別の場所に留置されているようです。万全の装備で後日チャレンジしてみましょうか。既に控車まで連結してあり、いつ廃車回送に出されてもおかしくない状態です。もっともHitachiその他の廃回がいまだに施行されていないうえ、Purwakarta側もHitachiがオンレールのままだったりと、向こうも飽和状態のようですので、いつ回送されるかは全く読めません。

Dsc_0014_r
HolecAC Ts1もこちらに・・・

さらに控車の隣にはTs3と共に離脱中のHolecAC Ts1の姿が。本来8連ですから、半分にぶった切って置かれているのでしょう。もはやこちらも修繕する気ゼロですね。3運用全てがHolecACで統一されていた2ヶ月前がまるで嘘のよう・・・。

では先週の動き。

Dsc_0666_r
1年半でイメチェンした7122F

最新ニュース欄でお知らせしている通り、7122Fが本来の入場次期である本年12月21日を待たずして入場、そして全検を終え、運用に復帰しました。但し、前回入場時、本来2012年8月に検査されるべきところを、7000系メンテナンス受け入れに時間を要し、しばらくDepokで休車になっていましたので、今回の検査でとりあえずサイクルは戻ったことになります。しかし、もしそのためなら、7117Fも検査に入るべきですので、全くサイクルを戻そうなんて意図はないのだと思います。

では、何故入場させたのかということになりますが、どうやらフラッドの多く既に薄い車輪を7121Fとの間で差し替えた模様です。つまり車輪径を割るものが出てくるため、ついでに検査も通したといったところなのでしょう。ですから、10連化は実施されませんでした。しかしながら見ての通り、従来の7000系の前面塗りわけパターンとは一線を画しており、メトロ車にまた新たなバリエーションが増えました。これまでの流れからして、車番およびライトソケットの白色化は予想が付きましたが、黄帯上の飾り帯部が6000系のように白色化。それでも、6000系との識別のためなのか、相変わらず黄帯はオリジナルの太さ(6000系は白枠をオリジナル帯部に含めているため、黄帯がやや細く見えます)を保っています。

参考程度に、前面塗り分けの違いを。どうせ最近登場していない編成ですし。なおいずれも一度全検入りしている塗装車です。

Dsc_0099_r
これまで一般的な7000系の塗りわけだった7117F

Csc_0395_r
黄色ナンバリングで異彩を放つ6126F 黄帯が6000系の方が細くなっています

統一化されつつあるように見える、KCJ車のデザインですが、こうしてみるとまだまだ変化に富んでいて飽きないですよね。

続いて、205系関連。

Dsc_0008_r
先日試運転を行ったハエ23がDepokBaruへ

205系の疎開場所として定番となりつつある、DepokBaru2番線ですが、ハエ18と入れ替わる形でハエ23が留置されています。既に試運転を実施しているため、近いうちに運用入りすることが予想されます。

Dsc_0001_r
ハエ13の広告車が1両追加に

さて、先週お知らせしたハエ13の「みどりの山手線」ふうラッピングですが、モハ205-329にも実施されました。

Dsc_0610_r
このままいくと中間モハ全てがラッピングに??

お次は、特に・・・・ですが、ハエ7が来たので再掲。運用開始までに時間がかかった編成ですが、順調に走っています。

Dsc_0058_r
季節は冬から春へ、Manggaraiお立ち台から再び面に日が当たるようになってきました

ついでにハエ26も。編成札側を撮るには、朝Manggaraiあたりで撮るしかないのですが、どうもタイミングが合わず、結局後追いしか撮れず・・・。次の日曜こそはがんばろう!

Dsc_0133_r
6扉がないのはパンタ位置からお察し下さい;;

最後にメトロの広告車。

Dsc_0446_r
6106Fもラッピングが増加

Dsc_0453_r
編成中唯一の二段窓6506(元6507)がKOMPAS TVラッピングに

KOMPAS TVは1両単位での契約なんでしょうかね。そういえば、ここ1ヶ月6127Fを見かけていませんが(ずっとSerpong運用です)、最後の広告なし編成は一体どうなったんでしょうか。こちらも次回の宿題です。

おまけ

特に大きなネタもなかったので、日本人ジャカルタ鉄の中では定番スポットである、Universitas Pancasira~Unibersitas Indonesia間に当方初めて足を運んできました。最終的にはPondokCinaまで歩いたんですけどね。

まぁ後追いになってしまうのは仕方がありません。

Dsc_0242_r
国旗掲出中のハエ1

緑バックで、話に聞くとおりなかなかいいですね。

Dsc_0259_r
検査明けまもなく、まだピカピカの8610F

Dsc_0307_r
上りも撮ろうと思えば、証拠写真になってしまいますが撮れます。画像はハエ7

Dsc_0265_r
ここのところ恒常的に朝9時台あたりにやってくるセメント貨物 時刻変更したのかな?

以上










|

« H15,H13 Yokoso ! TanjungPriok!(8月21日)※画像追加しました | トップページ | H6改造明け試運転(8月27日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今日は 何時もインドネシアからの御報告有難う御座居ます。
205系が順調に登場、活躍している様ですね。良かったです。JR東日本が車両の維持管理を技術指導に行った様ですから、末永く活躍してくれるでしょう。
横浜線は全部E233に置き換えられ、南武線用E233も登場しました。南武線の205系もインドネシアに送られると良いですね。6連4本を8連3本に組み換えればインドネシアでも使えると思います。
しかし、ホレックACはもう故障して放置されているのですか。維持管理する気は有るんでしょうか。不安です。

投稿: いずみ中央 | 2014年8月27日 (水) 20時44分

I am local railfans from jakarta. I want to ask, it trains Holec TS 1 is located where?
(Please answer in english or Indonesian)

投稿: Noval FM. | 2014年8月27日 (水) 21時49分

<いずみ中央様

う~む、順調に行っているのでしょうか。技術支援とは言うものの、名ばかりで実態なんぞはありません。しかもせっかくJRが助けてやるといっているのにKCJはそれを一蹴するような態度を取る始末。お先が目に見えています。横浜線編成なんて、ロクにデビュー出来ないのではないでしょうか。そんなもんですから、南武の話は白紙に戻っています。

HolecACは運輸省からの押し付けですから、KAIとして修繕する気はなし。Woojinから部品が届き、INKA職員が出張工事するまではこのままでしょう。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月28日 (木) 00時17分

<Noval FM

Holec AC Ts1 ada di berakan BYM. Hati hati di jalan sana. Ada security.

投稿: パクアン急行 | 2014年8月28日 (木) 00時27分

こんばんは。

遅ればせながら、遂にマンガライレポートも100回超えですか・・・!
ほぼ開設当初から拝読していますが、毎週粘り強く情報発信を続けるそのバイタリティには頭が下がります。今後も現地取材ならではの濃いレポートを期待しています。

折角横浜線の205系が予定通り搬入されて一安心していたところですが、また雲行きが怪しくなって来ましたね・・・。彼方にもプライドがあるとはいえ、サハ204をお釈迦にしたばかりなのに支援を拒むような姿勢は得策では無いハズなのですが上層部はそれが分からんのでしょうか、ね。

投稿: 野津田車庫 | 2014年8月28日 (木) 00時51分

<野津田車庫様

せっかく日本側の態度が変わってきたのに、恩を仇で返すかの如く、KCJ上層部は高圧的な態度を取っているようです。根本にあるのは“奢るものは施しを与えよ”という悪しきアラーの教えに基づいているのでしょう。JRなら当然無償で支援しろ!と暗に示しているのだと思いますよ。JRとて、タダ同然で車両を売却しているのですから、別の部分でペイしなければならないわけで、こんな状況が続いていたら、せっかく紡いた縁もすぐに切れるでしょう。KCJのクレクレ具合には最近私も呆れています。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月29日 (金) 04時17分

ボゴール線途中下車の旅・・・いいですよね
個人的にこのUnibersitas Indonesiaの前後付近は
緑と女子大生いっぱいで小生好きな区間です。
一人歩きしてものんびりできるエリアでした。

次回行ったら環状線やスルポン線途中下車してみたいです。

投稿: Mr115 | 2014年8月29日 (金) 23時32分

<Mr.115様

この区間は景色良いくせに、駅間はそれほど離れておらず、本当に歩きに最適だと思います。かわいい女子大生がいたら最高ですね;;

Serpong線はその点、駅間は長いし、民家もない炎天下を歩かねければならないしで、なかなか一歩を踏み出せないですね・・・。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月31日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/57196510

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.102:

« H15,H13 Yokoso ! TanjungPriok!(8月21日)※画像追加しました | トップページ | H6改造明け試運転(8月27日) »