« H7,9,12 Yokoso!TanjungPriok!(8月3日) | トップページ | ハエ23,ハエ22試運転実施(8月14,15日) »

2014年8月10日 (日)

週刊マンガライレポートVol.100(8月1週,2週合併号)

Dsc_0483_r
祝!マンガライレポート第100回記念撮影会(笑)※許可を得て撮影←205のアタマ出しありがとうございました!!

百日詣のご利益か、ついに念願のJR車3並びを賞味。横浜線205は既にフライング気味で上陸してしまいましたが、ここまで続けてきた甲斐があったというものです。Orang cinta keretaからOrang gila keretaに周囲からの目線が変わりつつある今日この頃ですが、なんだかんだで協力していただいているKAI/KCJの関係者の皆様、そして毎週拙ブログを閲覧下さる日本のインドネシア鉄道ファンの皆様には改めて感謝申し上げます。

そして大変お待たせしました。先週は205系水切り作業後、ネットに繋ぐ暇もなく、ずるずるここまで引きずって2回分溜まってしまいました。もっともレバラン明け直後で、ネタもさほどないのが幸いしましたので、2週分の合併号とさせていただきます。

この節目に異例の合併号というのもなんだか煮え切らない思いですが、次なる千日詣(それは無理か;;)に向け、日々精進してゆきますので、今後とも御愛好賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

まずは先々週のゲート前

Dsc_0178_r
TanjungPriok幕が泣かせます・・・

次期Purwakarta配給の準備が、旧塗装のままのHITACHIがゲート前に出現。すでに確認されていた中間車2両?などと共に近日中に廃車回送になることが予想されます。但し、未だレバラン臨が一部設定されており、工場内部も慌しいとのことですので、実際に動きが再開するのは8月下旬頃でしょうか。

続いて車両の動き。

Dsc_0168_r
オール4扉、ハエ26運用開始!!BukitDuri入庫を後追い。

8月1日、12本目となる205系ハエ26編成が運用開始しました。やはりDepokBaruに疎開されると、数週間後に運用入りするようですね。なお、入れ替わりでハエ18がDepokBaruに疎開されています。この編成こそ、Juandaのイスティクアルバックのインカーブで撮るべきなのでしょうが、時間がありませんでした・・・。そのうち撮ります。

Dsc_0601_r
午後、再出庫してきたハエ26。

とりあえず、パンタ位置が違うよねってことです。

次は、お久しぶりの話題。長らくCirebonの保線車両基地で調整が続いていた、昨年4月下旬に日本から輸送されてきたマティサ製中古マルタイが、7月下旬ジャカルタ地区に凱旋。運輸省保有の保線機材は基本的に黄色になりますが、輸出時に再塗装されていた青色のままで、かつKAIのロゴを貼っての出場となりました。おそらく今後、ジャカルタ地区の保線作業に従事するものと思われます。

Csc_0498_r
Jatinegaraで在来車と並ぶMatisa製マルタイ

動きはこんなものでしたので、Jatinegaraに来たついでに、しばし撮影。8連のハエ31がここのところ連日Bekasi線運用に入っていましたので。

Dsc_0482_r
いきなり本命のハエ31

Bekasi線はひたすら直線ですので、らしい区間というとせいぜいBuaranの遺跡モニュメント付近で、撮影は午後向きですから、ならばとJatinegaraの大カーブで撮影。JNG罵声軍団のお立ち台となっている機関区を跨ぐ陸橋に初めて行ってみました。電車から見るのとは違い、階段なんて朽ち果てていて、夜通ったら踏み外すんじゃないかというレベルでしたね・・・。なんとか撮れたのでよいのですが。

せっかくこんなところに来たのですから、PasarSenen発着のレバラン臨でも。もっともヘッドマークがつくわけでもないので、特徴のある列車を。

Csc_0209_r
まずはSemarangTawang行き定期Menoleh

一昨年のレバラン臨で登場し、その後既存定期列車を置き換える形で、定期化されたこの列車ですが、今年はそのMenorehにレバラン臨が登場しました。定期が新型青色客車ですので、臨時も同じくなのですが、こうなると昨年のKrakatau同様、やっぱり時刻表に載らないし、切符の発売開始時期もわからないしで、がらっがらなんですね。で、そのMenorehLebaranが下の画像。

Dsc_0366_r
ぱっと見、定期と同じですが、実は客車がレバラン輸送用に投入された14年製の最新型です。

Dsc_0374_r
今年度製のトップナンバー

Dsc_0375_r
さらに、この編成、初めからKAIロゴが入っており、運輸省マークがありません。

毎年レバラン時に数編成ずつ投入されている冷房客車ですが、これまで運輸省予算で投入されており。KFW同様、運輸省保有となっていましたが、これはどういう風の吹き回しか、今年度からKAI予算での購入に切り替わったのでしょうか。それだったら、他のレバラン臨と同時に、6月に公式発表出来ると思うのですが・・・。運輸省とのしがらみを断ち切るべく、城南社長が吠えたのかもしれませんね。

ついでに、後日撮影になりますが、もう1本の時刻表に載らないレバラン臨がこちら。PasarSenen~Kutoarjo間のSawunggalih Lebaranです。ご覧の通り、PasarSenenの引き上げ線が一杯のため、Manggaraiまで環状線を1周し、回送されてきます。ちなみに6月改正以降、定期Majapahitも基本的にManggarai留置になっており、前述のMenorehとMenoreh LebaranはTanahAbang留置になっています。

Dsc_0078_r
Manggaraiに青色客車が入るのはなんだか新鮮です

Dsc_0069_r
14年製の冷房客車を形式写真風に。特に変更点はなし??

いずれの列車も1本回しであり、今年度投入された客車はこの2本分。INKAの生産能力には呆れてしまいますが、レバラン後、これら編成がどのように使われるのかは注目です。しかし、見事に赤スカートですねぇ・・・、ということでCC206の赤スカートも投下しておきます。

Dsc_0540_r
特に変哲もないTaksaka号ですが

最後に広告車関連

Dsc_0527_r
先頭車広告が継続となった7123F

これまでの流れだと、先頭車への広告ラッピングは今後行わない方針のようにも見えたのですが、7123FのXL広告は契約更新でデザインが変更になりましたが、引き続き7123号に掲出しています。

Dsc_0429_r
選挙が終った後も、未だ掲出されていた6126Fはこんな姿に

1週間経てば、もう少しキレイになっているでしょう・・・。


そして、今週末のゲート前

Dsc_0094_r
HitachiはKRLIに押し込まれ、倉の中へ。改修見込みのないKRLIは一体どうするの?

新たにH9,H12が搬入されたわけですから、1本くらいゲート前に鎮座しているのではと期待したものですが、ハズレでした・・・。それでも脇の方にH12がチラッと覗いております。

Dsc_0100_r
で、H9はこちら。とりあえず・・・。

なお、Depokでも改造工事は全く進んでいないようで、先が思いやられます。Manggaraiもこれでいよいよ満杯でしょう。埼京のときはあんない早かったのにね。

まずは車両の動きから。ハエ26に引き続き、ハエ7も運用開始。車輪径問題で運用入り出来ていなかった編成から初の営業編成が出ました。なお画像はいつもお世話になっております、地味鉄庵のおっとっと様のご提供です。ありがとうございます。

1408idn_ecjr205hae7_1032s
夕方の日差しを受け疾走するハエ7

第一陣到着ながらまだピカピカです。なおブレーキ配管等がグレー塗装になっており、第二陣以降の編成に揃えられています。

さて、しばらく小康状態だった城南VS庶民の戦いはある日突然、火蓋が切られました。当地新聞でも大きく報じられておる通り、8月6日、TanahAbangの橋の下から線路に沿って立ち並んでいた売春小屋が強制撤去されましたが、ジャカルタ特別州とKAIの共同作戦だったのか、同時にSerpong線、環状線の中洲にあったKampungがPKDの手により破壊されました。確か、モスクもあったはずだし、ここの場合、単なる線路と線路の間の土地だと思っていましたが、違ったみたいですね。レバランも明けたこのタイミングで、破壊というのは常套手段でしょうか。スクオッターと呼ばれるような、超低所得者層が住んでいるとは到底思えない、一般的な家屋が並んでいたこのエリアでも実施するとは驚きです。だったら、JakartaKotaの客車区側の不法占拠の方が明らかに悪質と見えますが、なにか壊せない事情があるのでしょう。

そして今回の特筆すべき点は見せしめのために(?)、瓦礫輸送列車が運転されたということ。線路上に貨車を止めて、瓦礫を載せていたわけですから、当然環状線ないしSerpong線電車の運転に支障が出るはずなのですが、一切のリリースがないという不思議。そして誰もそこを気にしないというのが問題ですよねぇ・・・。

Dsc_0528_r
空爆後の如く、瓦礫の山と化したKampung。警察気取りのお雇いプレマンがうろうろ。

Dsc_0539_r
そして、我らの敵、赤腕章にヘルメットの姿も!!

持ち合わせがあったら、車内から逆に投石も出来ましたね。これだけウジャウジャ居るとファインダー越しに虫唾が走ります。

この流れだと、再びDuriも危ないですねぇ。

と、いうわけで、それを知ってか知らずか、JAK~KPB用KFWのメンテナンスのため、103系が連日、MRI~DUフィーダーに充当されていました。

Dsc_0103_r
Manggarai1・2番から環状線へのウネウネはフィーダー運用だけのお楽しみ

この日曜日も同じくフィーダー運用に入っていた103系、ちょうどManggaraiに着くと止まっていましたので、先回り。肝心の市場も、ラマダン前と比べて、規模が縮小しており、しかもPKDからの妨害対策からか、だいぶ駅から離れたところから、店を出しているのが若干気がかりではありました。やはり、TanahAbangの件に敏感になっているのかもしれません。

が、Duri折り返しでしたら、最も露天がひしめき合う環状線からTangerang線への渡り線通過の見せ場がありますから、なんとか望み通りの画を頂くことが出来ました。店が少ない分、いつもとは違うところから撮れたのも都合が良かったですね。なお、上と下で編成向きが変わっているのは、数日間、環状線~Bogor線運用に入り、そのときに方転したからです。

Dsc_0443_r
普段は店屋になっているお立ち台より

Dsc_0450_r
普段ならここまで店がびっしりですが・・・。独立記念日用の国旗があったので、引いてみました。

Dsc_0454_r
Tangerang線のマト68と並び

Dsc_0516_r
再びManggaraiに戻る

来週には消えているかもしれない線路市場。時間の許す限り撮影しておきました。

Dsc_0234_r
全体的に東側に移動しつつある市場。分岐の先にも青果売り場が。

Dsc_0281_r
神々しさを取り戻した8039Fも通過

Dsc_0393_r
MenorehLebaranへの送り込み回送

なんだか尻切れトンボのようですが、今回はこんな感じで。毎度ご笑覧ありがとうございます。




|

« H7,9,12 Yokoso!TanjungPriok!(8月3日) | トップページ | ハエ23,ハエ22試運転実施(8月14,15日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

祝!マンガライレポート100回達成!

いつも濃ぃ内容にクラクラしながら楽しみにしております。
100回続けた管理人さんの尽力もさることながら、毎週の様にネタが出来るジャカルタも素晴らしいですね。
個人的には保有編成数が増えたのにも拘わらず元気な103系の姿に釘付けです。
レポート103回目にも登場する事を願っております。

これからも素晴らしいレポートよろしくお願いいたします。

投稿: 茶 | 2014年8月11日 (月) 12時52分

マンガライレポート100号達成おめでとうございます!

今の自分があるのもこのブログのおかげです
毎回心ときめかせ拝読しています。
現地の新鮮ネタをこれからもレポート
よろしくお願いいたします。

元気な103系とDuri市場のコラボが小生早急の課題なんですが・・・
この状況ではヤバイですね(汗)

ところでハエ26はやっと営業開始ですか?
地元ダブルの思いれある京浜東北線生まれですから
気になる編成でして・・・元気で良かった!

ハエ31の8連写真は小窓も判り新鮮ですね~
いづれクラ28もこうなるのって感じですね(笑)

投稿: Mr115 | 2014年8月11日 (月) 23時37分

<茶様

いつもありがとうございます。いやいや、ここまで継続出来るとは思ってもいませんでしたよ。本当にネタには事欠きません。体が一つじゃ足りません。またまた、そんなプレッシャーを・・・。第103回、何か考えなきゃですね;;

投稿: パクアン急行 | 2014年8月12日 (火) 02時05分

<Mr.115様

本当に思わぬ出会いがあるのがジャカルタですね。私もつくづくそう感じております。

103系はお早目の撮影をオススメします!ハマの8連が営業に入ったら、いよいよマズイのでは。そして、ハエ26はそういえば元京浜東北の車でした!オール4扉もさることながら、注目度の高い編成ですね。横浜線との競演で、在りし日の根岸線内も再現できますね(笑)

地元が8連だったので、ハエ31の8連の姿は個人的にツボであります;;

投稿: パクアン急行 | 2014年8月12日 (火) 02時13分

マンガライレポート100号おめでとうございます。毎号 豊富な情報と類い稀なるフットワークと想像を絶する根性で、エキサイティングで詳細なニュースを提供いただき有難うございます。これからも引き続き新鮮なレポートを楽しみにしています。

嘗ての日本と同じようにまた205系が103系を追いやりそうですね。4連でフィーダーなどで生き残ってくれることを切に願っています。

投稿: Tシェル | 2014年8月12日 (火) 23時48分

<Tシェル様

先日はDuriで失礼しました。しかし103系の線路市場入線は最高でしたね!検査切れまでのあと1年半ばかし、出来る限り追いかけようと思います。ジャカルタ在地鉄として、セキュリティーの横暴に負けず、お互い頑張りましょう。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月13日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/57046226

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.100(8月1週,2週合併号):

« H7,9,12 Yokoso!TanjungPriok!(8月3日) | トップページ | ハエ23,ハエ22試運転実施(8月14,15日) »