« Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.100(8月1週,2週合併号) »

2014年8月 5日 (火)

H7,9,12 Yokoso!TanjungPriok!(8月3日)

Dsc_0468_r
横浜線、早くも計7本がジャカルタ入り

8月3日夜、新潟東港を7月20日に出港していた貨物船がTanjungPriok港に着岸した。今回到着したのはH7,9,12の3本24両。前回のレバラン直前入港と打って変わって、港湾内は閑古鳥が鳴いていました。しかし、今回の船、だいぶ年季が入っているようで、速力がさほど出ないのか、途中寄港もほぼなし、直行でやってきたものの当初予定より1日延・・・。せっかく土日で全車にお付き合いできるかなと期待していたわけですが、残念ながら今回も夜間撮影のみ、本線走行シーンはお預けになってしまいました・・・。

※掲載が遅れまして申し訳ございません。レバラン明けで仕事が山積しており、忙殺されています。マンガライレポートVol.100もあわせて掲載が遅れる見込みですので、今しばらくお待ち下さい。

Dsc_0699_r
薄暮のTanjungPriok港にお目当ての貨物船が入港

前回の深夜着岸に比べれば、だいぶ早い入港ですので、なんとかPasoso発車&Jatinegara入線まで行けるのではないかと期待!!

Dsc_0709_r
名物?となりつつ2両オンデッキです

さて、前例からすると毎回4本積載で、新潟を月一出港、そうするとちょうど辻褄が合う計算だったのですが、今回は24両のみ。残された1本は次回に繰り越されるのか、それとも後日別送(メトロ6000のときはそんなことがありましたよね)となるのかは要注目です。予定数はトータル22本ですから、どっちみち4の倍数でないわけで、1本ずつ繰り下がっていくというのが妥当なところでしょうかね。

Dsc_0062_r
異例の中間からの先出し

24両積載なら4両×6箇所でちょうど船室に納まるかと思いきや、何故か今回も2両がデッキに載っています。このデッキ積みもまた水切り作業を煩雑にしている要因でもあると思うのですが、前回の反省からか作業順序が変更されました。というわけで、上の画像の通り、水切り1発目はH7編成の6扉2号車サハ204-107。いきなりネタですねぇ。旧型船ですが、照明はなかなか充実しており、せっかくなのでいつもとは違うハイアングルから狙ってみることにします。

Dsc_0135_r
養生が剥がされる5号車、次の水切りはこちらの模様

これまでのPasosoまでの陸送の流れは基本的に号車順に運ぶというのが通例であったようにも思いますが、今回からは前回遅れの原因になった船内作業の効率よく進めるためか、号車に関係なく、まずはどんどん卸してゆくようですね。また冒頭の画像が一番わかりやすいですが、妻面の編成表記に、新たに号車表示が追加されました。そりゃそうだよなぁ。さらに前位側に限り、あとから取ってつけたかのように、やはり妻面にF表記が新たに掲出されました。この前の反省が生かされているようです。

さて、3発目はいよいよ1号車が出るようなので、しばしここで待機。が、私は前代未聞の大失態をここで犯しました。作業場所がデッキ上から船室に変わるため、しばし間が空くわけで、しかもなんだかすったもんだしてなかなか玉かけが進まなかったため、しばし仮眠をと思い、横になっていたのですが、寝過ごしました・・・。まあアタマが岸壁に据え付けられていたのが幸いでしたが。やっちまいました。

Dsc_0246_r
というわけで目覚めると、すでにトレーラーが発車する寸前でした

このままアタマを追いかけてもよかったのですが、今回は体力温存のため、前回あまり撮っていない船側での撮影に専念することに。

Dsc_0275_r
次はしっかり空中散歩シーンを押さえました、中間ですけどネ;;

この後はH7の残りの車両が号車順にひたすら降ろされてゆきます。中間が続くので、しばし省略。

で、そろそろ船内でお顔が拝める頃合になってきますので、船上へ。

Dsc_0314_r
H7とH9のアタマが並んでいますが、なんとこの時点で編成向きが揃っていないですね

上記画像手前の6号車がつり上がると、しばしの鉄板作業に入ります。これが結構時間食うのだが、仕方ないですよね。

Dsc_0389_r
いよいよ御開帳!

で、お待ちかねの開放状態になり、H7の残り2両とH9の大半が目の前に現れました。各船室がセパレートじゃないのがいいですね。が、ここでまさかの休憩タイム突入、。なんで鉄板作業中(これって船の乗組員がやるのよね)に休憩しておかないんだよ;;30分ほど無駄になりましたね。或いはとりあえず1編成分終ってから休憩しさないよ。

Dsc_0411_r
残りの車両に見送られながら、H7の7号車が宙を舞う

作業再開。初陣の編成ではないので、残りもこちらから狙うことにします。ホントこの船明るくて最高です。ただ船が小さいってのが難点です。

Dsc_0499_r
8号車も空宇宙散歩

全方位からライトが当たっているので、お気に入りの位置から撃つことに成功しました。さっき寝過ごした分は取り戻せましたね。時間的にH7でJatinegaraに行って、やはりタイムオーバーになりそうでしたので、ようやくPasosoに移動。向こうの作業員からは来るのが遅い!と怒られちゃいました。

Dsc_0512_r
Pasosoに向けて出発

なお、走る気力が起きず、走行シーンはナシです、悪しからず。まあ、それでもなんとかPasosoでのオンレールには間に合いました。いつものことなのですが。

Dsc_0525_r
8両目がオンレール!

Dsc_0537_r
組成完了間近!!

と、言いたいところなのですが、実はまだ組成は完了しないのです。というのも、今回号車順で運んでいないため、Pasosoで号車順に組み直す必要があります。そこで、来た順にオンレールして、あとから組もうとすると、線路の有効長上、不都合な部分が出てきます。というわけで、この時点では先に陸送されていた6,7号車はトレーラー上で待機。8号車を一旦DjokoTingkirで牽引して、作業空間を開けた上で、7,6号車のオンレールが行われました。ですから、港に長く張っていた割には、こちらでの動きも記録できて、一石二鳥でした。

Dsc_0559_r
7号車のオンレール。間に入れるわけです。

Dsc_0570_r
最後は8号車

Dsc_0588_r
3両をDjokoTingkirに連結し、先の5両と連結。初めて見る光景です。

そうこうしているうちに、H9の1号車が到着。すでに逆向き編成が出ているからもはや、どうでもいいのですが、今回は、トレーラーの経路による問題ではなく、船積み時から逆向きに積載していたということになります。

Dsc_0593_r
そうそう、今回はどの車両にも編成札が残っていますね

この後も、かなりのペースでH9の中間車がやってきましたが、私はDjokoTingkirの車内で再度仮眠モード。CC釜のお迎えが来るのを待ちます。ここで寝過ごしたら、もはや取り返しがつきませんが、CC201特有のチッチッチという音で目を覚まし、そしらにのって、Jatinegaraまで便乗をお願いすることにします。この時間のプリオクのタクシーにはロクなのがいませんし。

Dsc_0005_r
BukitDuriに向け出発

目が覚めるとJatinegara。既に時刻は4時を回っており、夜行列車で降り立ち、始発の電車待ちのお客さんがチラホラいる時間です。前回はPasosoで無念のタイムアウトでしたから、今回こそは本線上に佇む姿を。

Dsc_0022_r
お決まりのJatinegara3番線

8連になったことで、顔が若干ホームの明かりにかかるようになりました。さらに、今回機回しが4番線経由で実施されました。というわけで牽引釜との並びを。

Dsc_0028_r
ハイビーなのが、ちょっとね・・・

そしてやっぱり外せないアメロコとの連結シーンを撮影し、今夜は撤収です。

Dsc_0054_r
釜を付け替え、Manggaraiへ発車。H7はその後BukitDuri電車区に収容されました

205系が発車すると、入れ違うように、Manggaraiからの始発環状線が到着。それに乗って帰っても良かったのですが、眠気には勝てず、タクシーで直帰。

で、翌日。毎度ご存知、Adam氏が出撃されたとのことで、画像を頂きました。ありがとうございます。以下は全てAdam氏撮影。

Dsc_3160
8時に到着すると意外にもH9の8両目(1号車)がオンレールするところでったそうで

4時前に作業開始で、8時には終了というのは、H9なかなかいいペースで出てきましたね。途中鉄板作業もはさみますから、もっと遅くなると思いました。しかしH12の水切りまではかなり間が開いたそうで、Adam氏もそのままH9に便乗。

Dsc_3216
今回は車内から。

Dsc_3239
Jatinegara着。メトロ6107Fと並び。町田で交差したことがあるのでしょうか?

Adam氏は先発するJakartaKota行きでManggaraiに先回り。日中ならば、これもなかなか効率の良い動き方かもしれませんね。

Dsc_3256
Manggarai駅構内を大横断

Dsc_3282
埼京205とも顔合わせ

そして上の画像の通り、このH9及びH12はBalaiyasaManggaraiに収容されました。なお現在BalaiyasaManggaraiにはH21,24を含めた計4本が留置されていることになります。いやぁ、Ekonomiを廃車した分、かなり空きが出たってことですねぇ。ちなみにH12の作業終了は16時前だったようです。

Adamさん、今回も日本人好みの素晴らしい画像をありがとうございました。

以上


|

« Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.100(8月1週,2週合併号) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

深夜の取材お疲れ様です。
ハイアングルはどうやって撮ったのか想像するだけでも恐ろしいのですが、
お陰さまで素晴らしい光景を見ることが出来、感謝です。
それにしても帯色が違うだけで随分と印象が変わりますね。

Adamさんも相変わらず良い仕事していますね。
弟子入りしたいとお伝え下さいませhappy01

投稿: 茶 | 2014年8月 6日 (水) 21時49分

<茶様

ありがとうございます。実はさらに上から撮ったのもあったのですが、ちょっと高すぎたので掲載していません(笑)そうですね、帯が明るいので、夜間撮影で際立ちます。

ではAdam君に伝えておきますね!

投稿: パクアン急行 | 2014年8月 7日 (木) 01時30分

こんにちは。暑い中と夜遅くまで撮影お疲れ様です。

横浜線用は8連ですので、どこの路線で活躍するのでしょうか?

投稿: 尾崎俊史 | 2014年8月 8日 (金) 15時56分

4月ぶりにコメントします。

横浜線の205系も着々と増えていますね。
日本では23日の引退が迫っています。
また一つ205系の路線がなくなっていきますね。寂しいものです。

話は変わりますが8月9日にフジテレビで放送されたリアルスコープにて、埼京線がインドネシアに行くまでの様子が放送されました。
編成はハエ32が基本で一部にハエ22も出ました。
インドネシアの港に着いた時にアダムさんのインタビューも放送されました。
インドネシアでもネットで見れると思いますので機会があれば。

ハエ32は好きな編成だったので最近どうしてるのか気になってます…

投稿: kumagen | 2014年8月10日 (日) 01時24分

<尾崎俊史様

横浜線用は8連ですので、全線で運用です。個人的には早くSerpong線内で撮りたいですね。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月11日 (月) 01時35分

<kumagen様

ネットからは規制がかかっており見れないようです。データで貰っていますので、後日暇なときに見ようと思います。取材断っておいた番組を見るのも気が引けますが。ハエ32はまだまだ運輸省許可が出ないでしょう。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月11日 (月) 01時40分

レポートおつかれさまです

この船ホントに照明明るいですね、古いわりには・・・

今回は編成組成に今まで以上時間がかかりますね
配給列車の撮影が大変そう

配給列車CC201のショートエンド先頭は羨ましいです!

投稿: Mr115 | 2014年8月11日 (月) 23時53分

<Mr.115様

この明るさには驚きました。夜間でもラクラク撮影できましたよ。

さて、問題は編成組成で、号車表示を今回から掲出するようにしたものの、なんだか不慣れです・・・。

投稿: パクアン急行 | 2014年8月12日 (火) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/57002374

この記事へのトラックバック一覧です: H7,9,12 Yokoso!TanjungPriok!(8月3日):

« Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.100(8月1週,2週合併号) »