« 元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・ | トップページ | Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補) »

2014年7月27日 (日)

週刊マンガライレポートVol.99

Dsc_0009_r
先週末のゲート前

KRLI再び・・・。修理する気ないのなら、もっと奥に押し込んでしまえばいいものを・・・。そしてH21は姿を消しました。しかしBukitDuriへの回送も目撃されておらず、内部に取り込まれたものと思われます。

205が見えないものかと、久しぶりに某所へNaik Atas !!(ネタがない証拠;;)

Dsc_0018_r
KRLIは2本とも離脱した模様・・・。05-107Fも結局復旧を諦めたのか。

Dsc_0013_r
頭同士抱き合わせのステンレスRheostaticもまだ廃車回送されていない模様

Dsc_0016_r
6201Fとメトロ中間車。こちらも動きなし。

う~む、なんだかなぁ・・・。結局205の姿はここからでは確認出来ず。

ちなみに、

Dsc_0043_r
レバラン臨用に各所に貸出のため客車もガラんとしています

Manggarai鉄道村(職員住宅)が撤去されたため、某所から駅が見渡せるようになりました。まあ終日順光にならないんですけどね。

さて、先週の動き。レバンラン前最後のマンガライレポートですが、なんとかマト68の出場が間に合いました。この先はしばらく動きがでないものと思われます(というわけで、記念すべき100回目はネタ不足で延期かも・・・)。

Dsc_0087_r
普段撮らないJuanda下り後追いですが・・・

Dsc_0078_r
先日仕込んでおいた我孫子幕がそのままでしたので、モナスと共に

既報の通り、マト68は8連のまま出場。前面帯は同じく8連のマト66に準じて、細帯タイプとなっています。

新ナンバリングは以下の通り
・202-108(K1 1 12 41),202-124(K1 1 12 42),203-124(K1 1 12 43),203-116(K1 1 12 44),203-115(K1 1 12 47),202-122(K1 1 12 48),203-122(K1 1 12 49),203-108(K1 1 12 50)


このまま待っていると、103系っぽい運用が来るはずだったので、待っているとハエ31でした・・・。先週はBekasi線運用でした。

Dsc_0099_r
ハエ31とモナス

Dsc_0109_r
特に・・・・ですが、ハエ25とモナス

よくよく見てみると、マト68の画、モナス展望台が電線に被ってしまっていたので(汗)。

続いて、恒例の広告車の話題。

Dsc_0206_r
ハエ15の広告ラッピングが1両増

Dsc_0223_r
モハ205-337にKOMPAS TVのラッピング

6134Fと同様のラッピングです。すでにハエ11と15に1両ずつ政府広報系のラッピングが出ていますが、その後増えていませんでしたので、ビートステンレスの205系への掲出は見送り?とも思われていましたが、メトロ車がこれ以上増やせない状況になりつつある今、今後は205のラッピングも増えていくのかもしれませんね。

また、いつの間にか、コタの簡易高床化が実施されていました。

Dsc_0166_r
まあ、これでひとまずは信号所の解体は免れたってことでしょうか?

ドブ川の上にはホーム延長の準備工事がされていますが、その後工事は止まっています。

以上先週の動き。

コタに来たついでに、103系が今度こそ来そうな予感でしたので、JR3形式並びを夢見てしばし待機。

が、こういうときに限って、205すら入ってこない・・・。

Dsc_0292_r
あらら・・・

Dsc_0333_r
しかも103が出た直後にこれですよ・・・

10番線に入ってきたのがマト68でしたので、これを撮って撤収。

Dsc_0383_r
クハ202-108側の方向幕部分は黒いアクリルのまま変化はありません

おまけ

KotaからのUji。
ネタはないし、103も並ばないしで、酔った勢いで赤い飛行機に乗っちゃいました(爆)。どうせレバラン休みですからね。

Dsc_0466
スカイブルー@宇治川橋梁

Dsc_0644_2
白帯撤去してくれないかねぇ。

Dsc_0545
祝!横浜線205系譲渡 的な並び?

話題がそれすぎましたが、99号ってことでご勘弁下さい;;

|

« 元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・ | トップページ | Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/56915989

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.99:

« 元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・ | トップページ | Serpong線2014年6月1日改正ダイヤ(7月1日訂補) »