« 週刊マンガライレポートVol.90 | トップページ | ハエ26編成改造明け試運転(05月28日) »

2014年5月28日 (水)

103系E21+E22編成運用入り!(5月27日)追記あり

Dsc_0560_r
塗装変更後の初運用はBekasi線から

二度目の出場試運転後も、Depok電車区の緊急予備編成として、出番のなかった103系ですが、本日朝に発生した冷房故障(当該は688レTMG6161F)の影響で、運用の差し替えがあり、本来日中Bekasi入区となる編成(マト52)を段落としで対応していました。しかし夕方の出庫運用から編成が不足するため、Depok電車区から予備編成の送り込みとなりましたが、なんとそちらに103系が大抜擢。基本的にBogor線での運用が多い103系ですが、Bekasi線での再デビューとなりました。なおBekasi電留線で処置が出来ないため、TMG6161Fは所属するBogor電車区に回送されています。

長老ゆえ、既にご隠居の身、いつまた引っ込んでしまうかわかりません。そうとわかれば、仕事をさっさと片付け、若干遠回りですが電車で帰宅。いや、Bekasiに行っている時点で遠回りしすぎか・・・。結局、Juanda~Bekasi~JakartaKotaと往復。十分乗ったので、週末仮に運用に入るなら、撮影に専念出来そうですなXD

Dsc_0486_r_2
あぁぁ、お姉さんちょっと左にずれて・・・

で、向かった先はJuanda。遅れていても、接近案内があるので、安心です。あの神出鬼没の103系が、まさか来るのかと、半信半疑で待っていましたが、Bogor行きの205系の後続で、ホントにやってきました;;この時点で、Bekasiまで行くのが決定(笑)思いのほか早く終った全検ですので、どこまで若返ったのか、心配なところもありましたが、車内に入るとそんな不安はどこえやら。さすがに新車同然とまでは言えませんが、モケットも張り替えられ、とても明るい車内です。

Dsc_0494_r
モケットはKAI車に準じた青モケットに

Dsc_0504_r
優先席とKKWは赤モケット

前回の全検では何故か103系にだけ汚れの目立つ黄緑色の(しかも肌触りがめちゃくちゃ悪い・・・)シートが採用され、案の定すぐに黒ずんでしまったのですが、ようやく通常のモケットに戻りました。なお床材もそのときに一部を張替えています。ちなみにKCJ車だとモケットの割り当てが逆になるんですよね。

ですから、塗装こそKCJ色になったのですが、KCJ仕様の車内案内プレート類も掲出されておらず、交換されたドアステッカーも新品ながらKAIバージョンのまま。

Dsc_0579_r
前面ロゴもKAIロゴが再掲出されたり、まだまだ縄張り意識はあるのでしょうね

2014年1月1日付けで、JABODETABEK管内の資産は基本的にKCJに移管されたわけで、当然車両も移管され、今後は赤帯化が進むと聞いていましたが、なんだ結局、元KAI車はKAI仕様で残るのか・・・。外観が赤塗装になったのは、単純に青塗装ではEspasのように間抜な顔になってしまうので、赤を採用した、そんな理由なのかもしれませんね。まあ今後他編成が出場すれば真相はわかるでしょう。

Dsc_0584_r
ドアコック表示も都営車と同じKAI仕様

また冷房もギンギンに効いていました。2011年の全検時に冷房を若干いじってあるはずですが、今回は清掃やガス充填しかされていないと思われますが、ジャカルタで最も冷房が効く編成の称号を持っていただけはありますね。

Dsc_0537_r
前回入場時に何らかの改造がされたE22編成の冷房操作盤

なお、試運転時にまだラッピングがされていなかった、封じ込めになる中間クハのKKWラッピングはすでに施されていました。しかし号車番号は1号車から8号車まで通しで振ってあり、基本的に分割して使うことは考えていないようにも見えました。

Dsc_0646_r
8号車の表示

Dsc_0661_r
連結面。低運転台と高運転台でしっかりと帯位置を変えているのは流石です!

入場前はもう満身創痍の感が否めなかった103系ですが、気になっていたエア漏れもなくなり、車輪削正でフラットも解消。同時に車輪径の調整も行われたのか、力行時の空転もなくなり、スムーズな加速に戻っていました。なお以前KCJのテンダー情に上がっていたような気がしますが、おそらくE22側のコンプレッサーが交換されているものと思われます。明らかに音が違いましたので。

Dsc_0540_r
Bekasiに到着。白い車体が映えますね。

字幕部分にはBogorと表示されていました。また従来、運番幕部分は空の状態でしたが、白い紙?で埋められています。ここに編成番号出せば、広島みたいになりますね。すぐに折り返しで、高運側が撮影出来なかったため、このままJakartaKotaへ。

Dsc_0596_r
またJakartaに戻ってきてしまいました;;

高運側も同じく運番幕は白い紙で封鎖しており、蛍光灯も入れていませんので、活用する当てはないのでしょう。行き先部はやっぱりBogor行き・・・。Bekasiも入っているはずなんですけどね。

そうこうしていると11番線に205系が入線。

Dsc_0620_r
11番線も是非植栽の撤去を;;

Bekasi行きが先に出るようなので、ダメもとで出発時に並びを撮影。

Dsc_0676_r
日のあるうちに撮りたいですね

というわけで、ようやく帰宅です。

【追記】

翌朝、懲りずにManggaraiに出撃。一応前日、Bekasiの乗務区で翌朝の出庫順序を伺っておいたので、それにあわせて出発。661レで上ってくるとのことだったので、まだ暗いManggarai駅で待っていたのですが、203でした・・・。日中Bekasiで寝る運用だったので、それに入ると思っていたのですが。で、運用も一周してしまったし、ダメだなと思って撤収しかけたところで、来ちゃいましたよ・・・。相変わらず103系、釣れないね・・・。しかも既に全運用見ているのにと思ったら、例のBekasiデモ対策で、始発の1往復を運休にし、最ピークにかかるその折り返しが定刻にBekasiを出れるようにしているのね・・・。知らなかった・・・。ちなみにこの675レ、日中はBukitDuri入庫というわけで他の編成と差し替えられる可能性が大!週末にはDepokで再びご隠居の身でしょうね。残念・・・。

Dsc_0051
4時半起きの結果はこれでした・・・。惨敗。

【速報】6月1日ダイヤ改正情報②
・Tangerang線,Bekasi線は運用数に増加はなし
・Serpong線は7運用(1運用増)に
・Bogor線は39運用(7運用増)に
※但し6月1日時点では205系の運用許可が間に合わないため、34運用程度の模様





|

« 週刊マンガライレポートVol.90 | トップページ | ハエ26編成改造明け試運転(05月28日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

103系運用復帰、嬉しいです。
方向幕の蛍光灯は点灯するようになったんですね。

投稿: masa | 2014年5月29日 (木) 00時30分

<masa様

一応、全検出場時には全編成とも切れている蛍光灯は交換されます。その後は次の検査まで基本的に変えられませんが・・・。

投稿: パクアン急行 | 2014年5月29日 (木) 02時31分

深夜帰宅、そして早朝出撃は脱帽です!

夜にブカシ入庫なら翌朝はトラブル無い限り
出庫の可能性大ですから、そりゃ~眠れませんよね(笑)

しかし外観だけでなく車内もきれいになり嬉しい限りです。
とにかくきれいなうちに撮影したいですが、
相変わらず運用はギャンブルですね!
また朝飯抜きの「朝マンガ」張り込みだぁ~(汗)

投稿: Mr115 | 2014年5月29日 (木) 11時42分

<Mr.115様

完全に朝はやられましたよ。体力の無駄遣いに終りました。なお本日(29日)午前にBukitDuriからDepokに回送されたようです。これで当分緊急予備車扱いに・・・。6月改正の運用増で充当機会が増えればいいのですが。

投稿: パクアン急行 | 2014年5月30日 (金) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/56332853

この記事へのトラックバック一覧です: 103系E21+E22編成運用入り!(5月27日)追記あり:

« 週刊マンガライレポートVol.90 | トップページ | ハエ26編成改造明け試運転(05月28日) »