« 不発;;夜のマンガライウォッチング | トップページ | プルワカルタ詣、2013年12月 »

2014年4月22日 (火)

週刊マンガライレポートVol.85

Dsc_0299_r
先週末のゲート前

HITACHIのPurwakarta行きが9割方確定に・・・。せめてのINKA行きという、どんでん返しを願いたいものですが。

今週も掲載が遅れてしまいました。スミマセン。こんな状態では、工場内の様子が全くわかりませんが、05-112Fは既にマンガライを出場しており、車輪削正のため、Depokに回送されています。それより先に入場している203系マト66の検査には相当難儀している様子が伺えます・・・。

既報の通り、205系2本の追加投入、また長らく全検中だったTMG6281Fがいよいよ出場し、お天気の方もここのところ朝からスッキリ晴れる傾向が強くなりましたので、久しぶりに6時台にマンガライ入りし、朝練に明け暮れる週末でした(笑)というのも、先日デポック電車区を橋の上からウォッチングしてみる(デポック通信は来週にでも;;)と、運用開始前編成も含めほぼ全てにKKWラッピングが完了。しかも先週運用開始したハエ24,ハエ4もデビュー時よりラッピング済み。こりゃ、ラッピングなし姿を撮り貯めなきゃいかん!と思い立った次第。ネタ編成をしばしアップしてゆきます。

まずはこの先Depok~JakartaKota~Manggaraiで入庫の元103系運用であるBogor4時34発の折り返し。

Dsc_0157_r
ラッピングなしのハエ25で幸先のよいスタートですが・・・

ドピカンに晴れたのはいいですが、日の出が徐々に遅くなりつつある今日この頃・・・。しかも連絡通路が新設されてから撮影ポイントがセキュリティの目に付きやすく、この位置で初めて10連を撮ったものですから、なんだかちょっと微妙になってしまいました。もっとも影だらけで、ここからでないと撃てないのです・・・。

Dsc_0195_r
デモクラシー1号(仮)がやってきたのでアップ

日本だったら、みんなで投票に行こう的なヘッドマークが出そうですね。これこそ、先頭ラッピングにしてもらいたかった。ちなみに車内は全く広告が出ておらず、全くデモクラシーを感じるものではありませんでした。

お次は今回新たに設定された10連運用。今日はこちらに4月16日から運用入りしたハエ24が入っておりました。ちょうど同じく既にラッピングが施されているハエ15と構内ですれ違い。今後はこれが当たり前の光景になっていくのでしょうね。

Dsc_0256_r
ハエ24とハエ15

Dsc_0271_r
構内横断。ケツは影りますが、今度はやや場所を変えてみました。

ようやく陰も消えてきたところで、6127Fを後撃ち。綺麗なうちにアップしておきます。

Dsc_0306_r
全検明け間もなく、まだピカピカ

そして間髪入れずやってきた05-105F。112Fの出場で、登場時のラッピング帯での姿は今週で見納めか?

Dsc_0319_r
KKWラッピング後の姿も再掲になりますが・・・

ハエ14がノーラッピングの姿で上っていきましたので、後打ちだわ、編成は入らないだわですが、上げておきます。下りで被られても嫌ですからね。

Dsc_0341_r
ラッピングなしのハエ14

Dsc_0350_r
たまには客レを投下

この日の臨時ArgoParahyanganは、Bangunkarta編成を切り離さず、フル編成で使っていました。しかも食堂車は元大統領専用列車指定(今はBima車が専属車っぽいですね)のSancaka用食堂車を組み込み!これはネタ過ぎると、マンガライからの回送を見送ってから、返しを今か今かと待っていたのですが、なんと被り・・・。残念。

Dsc_0356_r
これがSancaka用食堂車。今はそちらに充当されていないのか、列車名の部分は消されていました。

Dsc_0360_r
Bangungkartaサボもこの通り。いかにも臨時列車!ですね。

こちらもお待ちかねの都営6281F。通常の帯になってしまいましたが、6271Fのようなノッペリ感もなく、小さいKAIロゴがいいアクセントになっており、引き締まった顔立ちになっております。Jakarta幕も格好イイ!

Dsc_0393_r
こんなに写真写りが良いのは厚化粧のおかげ??

・新ナンバリングは以下の通り
6281(K1 1 00 44),6282(K1 1 00 45),6285(K1 1 00 46),6286(K1 1 00 47),6287(K1 1 00 48), 6288(K1 1 00 49)

続いて、6126Fが選挙ラッピングが完了した状態でしたのでアップ。ちなみに議会議員選挙が済んだものの、今後の大統領選に向けた文面の変更はありませんでした。

Dsc_0530_r
デモクラシー2号(仮)

Dsc_0538_r
順光側からラッピング姿を。6134Fとはドア窓の大きさ違うしね(笑)

Dsc_0565_r
戻ってきたハエ15 ラッピングだし、散々撮った編成なのでやる気なし;;

そうこうしているうちに、205系の方も一巡してしまい、今日はハエ4が終日予備ということが判明・・・。ついてない。

とりあえず、運用開始という証拠写真を。

Dsc_0070_r
編成札残っていて良かった;;
※但しハエ4編成22日にMG故障でDepokに回送されています。(4月22日追記)

さて、上っていったラッピングなし編成が戻ってくる前に撮影場所を変更。Cikiniに移動します。

Dsc_0582_r
ちょうど臨時ArgoJatiが来たので、これにて撤収。定期ArgoJatiと被りましたが・・・

そそくさと5番線に戻り、ちょうど来た05系に乗車。が、なかなか発車しない・・・。7番線から、Gambirに送り込むArgoBromoAngrekを先に出すとのこと。結果論からして、このおかげでハエ14の返しにはあと一歩のところで間に合わず、撮影が適わなかったのですが、こんなものを発見↓↓

Dsc_0593_r
ねぇ、妙に綺麗でしょう。特に窓廻り。

Dsc_0597_r
比較対象として別の号車を

窓が割れていないにしても、度重なる窓交換で、色もマチマチだし、ゴムの接着の後処理がテキトーで非常に汚らしい状態の車両も多いBromo客車。まあ無駄に連続窓風になんて凝ったつくりにした仇なんですが。

どうやらあの綺麗な車両を見るなり、おそらくBromo客車にもいよいよまともそうなプラスチック窓化改造車が出てきたようですね。スラバヤ所属車両を中 心に最近客車の窓破損が少なく綺麗だなぁと、そして第一事業部(ジャカルタ)、第二事業部(バンドン)所属車の汚いこと汚いこと!!と不思議に思っていた のですが、そういうことだったのです。もっとも既に黄色いEkonomi客車は破損が酷い(特にEkonomiLocal)ため、以前から安っぽいプラス チック板に応急的に交換され、全検入場後もそのまま放置なんてことはザラにあったわけですが、流石に今回Eksektifクラスに採用するにはそんな低級品を使ったなんてことはないですよね?仮にEkonomiと同等品だったら、傷が付くのだか、劣化しているのだかで、すぐに透明性は失われてしまうでしょ う・・・。


Dsc_0607_r
ガラスから交換されたプラスチック窓の見分け方はこの通り

現物を見てみたところ、左の景色が歪んでいるのがプ ラスチック、歪まないのがガラスのようでした。光の屈折でそう見えるのか、それともはなから歪んでいるのか・・・。今度実際乗ってどれほどのものなのか試 してみないといけませんね。少なくとも言えるのはN700が装備しているような高級品でないことは確かでしょう。良くて、チナ製ってとこでしょう。

だいぶ話がずれましたが、Cikini駅で205を残りの下ってくる待ちます。

Dsc_0036_r
ハエ25再び

前述の理由でハエ14には逃げられてしまいましたが(後撃ちしておいて良かった;;)、この後もラッピングなしの205が続きます。ちなみに、この前は203,203,203と怒涛のJRパレードでした。そしてハエ25の背後にはハエ11が控えています。

Dsc_0066_r
ハエ11

しかしCikini先端、もうこの時期では影が出てしまい、ダメですね・・・。
そんなわけで、本日の朝練は終了。

ただラッピングなしの205に後ろ髪を引かれ、その後もそれを中心に追っかけましたので、いくつか上げておきます。

ハエ11撮影後、やってきたKFWのBogor行きにちょうど座れてしまい、熟睡・・・。気づいたらCitayamを過ぎていたのでこりゃいかんと、Cilebutで久々に降りてみました。どうせ、どこで撮っても、側面は影ってしまいますから。

Dsc_0087_r
しつこいですが、ハエ11再び

せっかく晴れているので、電車が来ない間隔が空くところを狙って、AngkotでBogor方面に移動。やってきたのはちょうどCilebutとBogorの中間あたりの踏み切り。実はこの前、Adam氏に山がバックで撮れると教えてもらった場所なのです。そういえば、Bogor線の山登り区間であまり撮ったことなかったですね。が、変わりやすいのが山の天気。もうCilebutの時点で、 Salak山はほとんど雲に覆われていたのですが、完全に隠れてしまいましたね。

Dsc_0166_r
ハエ24(下り後追い)ですが、こんな感じの場所。本来なら背景にSalak山が見えるのですが。

Dsc_0227_r
ちなみに上りはこんな感じ。Serpongまで行かなくとも緑バックに撮れるのはいいかもしれません。

これでは仕方ないので、Angkotで再度Bogor方面に移動。しかし天気は悪くなる一方。しかし今更引き下がるわけには行かず、205を待ちました。

Dsc_0324_r
後追いですが、お待ちかねのハエ14。但しこの後しばしBogorでお昼寝。

同じアングルで後続のハエ11を撮影し、折り返してくるのを待ちます。そんなうちに、いよいよ雨がポツポツと・・・。

Dsc_0390_r_2
雨の中、戻ってきたハエ11

雨の中ってもの、Bogorらしいと言えばBogorらしいのですけどね。しかし、いつになれば乾季に入るやら、です。その後はBogor駅まで歩いて行き、再びジャカルタ方面に北上。どこかでハエ11がもう一度撮れればなというところでしたが、Depokを過ぎても雨・・・。やや小ぶりになってきたのでとりあえず、UniversitasPancasilaで降りてみました。どうやらジャカルタ市内も雨だったようですね。

まあ結果は、雨上がりの靄と光量不足でダメダメでした・・・。普段なら、順光で余裕で撮れる時間帯なんですけど。

Dsc_0533_r
どうも今日はご縁が薄かったハエ14です

と、こんな感じで、本日は撤収。

おまけ
Dsc_0618_r
帰り道、Manggaraiにちょっと寄り道すると、気持ち悪いくらい晴れていました(え??)

そして何気なく撮ったマト52ですが。

Dsc_0621_r
本当だ!クハ203‐2はM車の台車を履いている!!

台車不具合云々と言われ続け、丸1年以上デビューが遅れていたマト52ですが、つまり中間予備車の台車をと入れ替えて、運用に入れたんですね。まあそれでも、車輪はかなりヤバめと見えますが。しかしプロの方は目の付け所が違いますね;;



















|

« 不発;;夜のマンガライウォッチング | トップページ | プルワカルタ詣、2013年12月 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

初めまして!いつも興味深い記事ばかりで以前からジャポタベックが気になっていました。
GWの来週から二日間のみですが203系や6000系に再会するべく一人でジャカルタを訪れてみようと思っています大学一年生の者です。もちろん撮影をしたいと思っているのですが、セキュリティなども多いと思うので撮影地に行ってもどの範囲までの撮影が許されるのか心配です…。ここ最近も厳しいですか?

投稿: E103系 | 2014年4月23日 (水) 15時47分

こんばんは〜。どうもご撮影お疲れ様です!
Hitachiに控車代わりのエコノミ客車が連結され、プルワカルタ送り準備完了ということで悲しいです……(号泣)。チカンペックで直進しマディウン行であることをホント願うばかりです。
臨時パラヒャンガンは月曜のみ運転・ガンビール7時台発のヤツでしょうか? これは午前中のバンドゥン行きのうち唯一プルワカルタに停車するようですので、次回プルワカルタ訪問時はこれを使おうかと思っております。
しかしまぁ、予想されていたこととはいえ、ボゴール線の埼京線化がハンパないですね! 東急車が全編成消えてしまったかのようです (滝汗)。
チレブット界隈の緑シーン良いですね! 私もいずれ撮ってみたいものですが、乾季の撮影でもデポックから上はド順光の午後にドン曇り〜雨となりがちですので、いつも尻込みしてしまいます (苦笑)。
というわけで、Hitachi情報続編をお待ちしております!

投稿: おっとっと | 2014年4月23日 (水) 20時29分

<E103系様

こんにちは!こちらでは初めましてですが、私はE103系様のことを7,8年前から存じております。お久しぶりです。さて私が誰かわかったかな?答えはマンガライ駅で(笑)

さて、撮影の件ですが、駅構内にはセキュリティがいるので、撮影不可ではありませんが、気をつけてください。顔色を伺いつつの撮影になります。ただ、駅から一歩でてしまえば、撮り放題です。鉄道当局(特に現場再度)としては撮影に関して一切文句は言ってこない、というか逆に歓迎されますので、ネタを必ずしとめたいなら、沿線からの撮影をオススメします。

この日、Cikini(高架区間は駅で撮るしかない)で撮っていたとき、やはりセキュリテーがやってきましたが、話がわかりそうなやつだったので、交渉して撮影続行でしたが、いかにもお上の犬って感じの話がわからんやつがたまにいるんですよ。昔のようにカネで解決すりゃラクなんですけど・・・。

投稿: パクアン急行 | 2014年4月24日 (木) 10時53分

<おっとっと様

臨時パラヒャンガンは2月上旬より、昼寝編成を活用した増発実験の一環で、毎日運転の臨時列車になっております。ガンビル7:00,12:10,13:10がそれですね。以前は7:00発、プルワカルタに停車しておりましたが、毎日運転の臨時列車になって以降通過しているものと思われます。逆に、最近またBekasiに一部が止まりだしたりと、ホント告知もなしにコロコロ変わりすぎです!で、調べたところ、現在12:10発の臨時のみ1本だけプルワカルタに停車するようです。しかし上りは全て通過・・・。まあ行きをこれに乗って、帰りはスラユというのもありかもしれませんね。そこそこ時間もたっぷり取れそうですし。
詳細はこちらの予約サイトを参照して下さい。
http://www.tiket.com/kereta-api

そして、ボゴール線ですが、東急車もバリバリ活躍中ですので、ご心配なく!!そして、Depok以南での撮影ですが、私も同じ理由でこれまで足が遠のいており、今回チャレンジしてみたのですが、ダメでしたね・・・。なかなか難しいところです。

Hitachiはそろそろ廃車回送に出される頃でしょうね・・・。合掌。

投稿: パクアン急行 | 2014年4月24日 (木) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/55882945

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.85:

« 不発;;夜のマンガライウォッチング | トップページ | プルワカルタ詣、2013年12月 »