« 不定期更新 月刊デポック通信(3月分) BUD拡大版 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.85 »

2014年4月21日 (月)

不発;;夜のマンガライウォッチング

Dsc_0682
留置線はもぬけの殻・・・。しかし、見慣れぬ車両が。

前回のマンガライレポートのトップ画像を、HITACHIの廃車回送を匂わすものでしたが、先週末の状況を見るなり、もはやそれは確定的に・・・(こちらは後ほど更新します)。そんなわけで、先ほどマンガライまで夜のお散歩に繰り出してきました。全く事前情報なしだったのですが、ゲート前の様子を見れば、部品取りも済んでいると思われ、週明け後すぐに廃車回送に出るだろうと踏んでおりました。

が、上の画像の通り、客車は夜行列車で全て出発してしまい、留置線が見渡せる状況でしたが、HITACHIの姿はなく・・・。念のため、ゲート前も覗いてきましたが、週末のまま動きなく。完全に先走りでした。残念。一応、スタッフに廃回について尋ねてみましたが、まだ確定していないとのこと。あの位置まで引っ張ってきて、決定していないというのがなんともインドネシアらしいですね。そんなこと言っておいて、明日とかに出発するのでしょうね。あそこに止まっていては、今後の入出場に支障が出るでしょうから。

まあせめてもの救いだったのが、こんな車両が止まっていたことくらいですかね?

Dsc_0686
どこかLohan似の展望車を備える新型大統領専用車

まあ新型と言っても、製造は2009年から2010年にかけてであり、私も2010年に同車がマンガライの森の中で朽ち果てて(はいないか;;)いるに対面しており、デビューを待ちわびていたのですが、結局いつの間にか製造元のINKAに返却(しかもこの間、運用には入っていない模様)・・・。そして、2年前に再びINKAの工場内で再会を果たすも、埃を被った状態で、非常に残念な状態でした。ただその後、INKA製新型液体式ディーゼル機関車(赤い、アレです)CC300の試運転時の伴走車として、度々使用されており、スラバヤ地区の鉄道ファンによってかなり撮影されておりました。しかし、肝心の大統領専用列車には全く充当されず、相変わらずそちらには、Bali,Toraja,Nusantaraの貸切車両を一部、特別装飾しての運行が続けられておりました。

Dsc_0689
5両中1両が発電機搭載の食堂車、MP仕様でした(この車両だけ窓が小さく、どことなく青いEAC客車風)

しかし、先月の大統領専用列車あたりから、もしかすると新型が充当されるのではと噂がされており、その噂どおり、INKAからBalaiyasaへ再度回送されてきました。しかし、その後すぐに入場してしまい、充当の気配なく、撮影の機会にも恵まれませんでした。そうして本日に至ったわけですが、いや、まさか拝めるとは思っておりませんでした。

いつも埃まみれで、2,3列に並べてあったものが、こうして本線上に並んでいると、デザインがどうであれ、格が違いますね。正直、森の中でこの展望車に出会ったときは、なんだこのイモムシ・・・と思いましたが、編成を組んであると様になっています。しかも今回は通常のArgo車併結の8両編成。

また今まで気にも止めていませんでしたが、側面ロゴの通り、MARTAPURAと愛称が与えられており、スラウェシ島の地名に由来しているそうです。気になる運転情報ですが、スタッフ曰く、これまた未定とのこと。いや、ここまで引き出しておいて、しかも職員が入念にチェック中でしたから、明日にはKarawangまでの試運転くらい実施されるでしょうよ。それとも本気でまだ未定なのかね・・・。現地鉄道ファン情報によると、近日中に初めて大統領を乗せて、運転されるそうですが。

明日お時間ある方、マンガライ駅で張っていればなんかしら動きがあると思います;;

|

« 不定期更新 月刊デポック通信(3月分) BUD拡大版 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.85 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/55882355

この記事へのトラックバック一覧です: 不発;;夜のマンガライウォッチング:

« 不定期更新 月刊デポック通信(3月分) BUD拡大版 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.85 »