« 週刊マンガライレポートVol.84 | トップページ | 不発;;夜のマンガライウォッチング »

2014年4月16日 (水)

不定期更新 月刊デポック通信(3月分) BUD拡大版

Dsc_0266_r
205系だらけのDepok電車区。実はハエ31の後ろにもう1本隠れており6本並びでした;;

月を跨いでしまいましたが、デポック通信3月分です。お待たせしてすみません。せっかく橋の下に降りるチャンスがありましたので、上げておきます。緑帯の205系もこれで見納めでしょうし。なお、3月中旬のレポートですので、現在の状況とは若干異なりますのでご了承下さい。

ただ、ここのところ205系ネタばかりで、皆様も飽きてくるでしょうから、まずはこちらから。

Dsc_0108_r
冷房及び機器が抜き取られ、今後は休車ゾーンで朽ち果てるだろう6305

Dsc_0343_r
焦げは室内にまで回り、穴が開いています

先日、Bekasi線内で6305号のパンタ付近から出火した6105F。せっかくSIVを復旧させ、運用再開した同車ですが、災難続きです・・・。KCJ側は飛来物がガイシに当たり損傷したとの、その場しのぎの見解ですが、専門家談によると、原因は落雷ではないかということです。それでなければ、あのような穴は開かないですよね。(といっても私は門外漢ですから、ただ目を丸くしているしかないのですが)

Dsc_0788_r
他の編成は出火当該が抜かれた状態でピットに入っていました。

しかし、これで命運尽きたわけではありません。ここがやはりジャカルタの底力であり、既報の通り6305号と予備車の6705号を差し替え、既に運用に復帰しています。

というわけで、6305と6705の差し替え風景を。

Dsc_0916_r
最初はピットの中にいた6305(手前は全検中の都営6000の部品)

Dsc_0939_r
こちらが復活する6705

Dsc_0980_r
ちょうどパンタが移設されているところでした

既に部品取りが進んでいた6705ですが、一部機器を6305から引継ぎ、こうして息吹が吹き込まれて行きます。

Dsc_0950_r
冷房換装と言っても、どうもファンとコンプだけのようで??

さて、6705の作業現場の隣ではTMG6281Fが全検中。検査切れでもないのに、冷房換装のため、同時に検査も行うようです。6271Fも既に同様の改造を施して運用に復帰していますが、良く見ると、ThermoRailステッカーが掲出されておらず、もしかするとこれはまた別の規格でやっているのかもしれません。最近、都営6000に関しては冷房換装の別のテンダーも上がっていたりと、カオスを極めています。安物買いの銭失いはやめましょうよ(といってもこの国のアホな入札主義のシステムが変わらない限り無理なんですけど)。

まあ話には聞いていたのですが、今回の冷房換装ですが、丸々新しい冷房に積み替えるわけではなく、あくまでも一部機材の更新に留まります。肝心のフィンや熱交換装置がそのままでは、どれほど冷房能力が向上するのか疑問なところでもあります。まあコストや、そもそものTMG6000の電源要領を考えるとなかなか難しいのかもしれませんが。

Dsc_0955_r
コンプが入っていると思しき箱。シンガポールから入ってきたようですが。

Dsc_0983_r
さよならバカ殿・・・

6281Fと言えば、KAIの新CI制定を記念した特別塗装で異彩を放っておりましたが、今回の検査を期に通常と塗装に戻されてしまうようです・・・。バカ殿はバカ殿でありだと思っていたのですが。どんどん塗装の統一化が進みますね。それでも元KAI所属車には赤黄を採用しないのですね。

一通り、ピットの中を観察しながら通り抜け、裏手へ回ってみます。

Dsc_0809_r
改造中のハエ30,ハエ12とBYMで全検後、車輪削正のためにやってきた6127F

Dsc_0816_r
しかし噂どおり、番号まで赤くなっています・・・(但し運用開始にあたり、しっかりモスグリーンに塗装されました)

Dsc_0880_r
順行側の逆サイドから改造中の205系を

金網が貼られる前の一番おいしい時期ですねぇ。この姿でもう一度日本を走ってもらいたい;;いや、横浜線のさよならイベントでこれくらやってくれないかな。E233のデビューにAKB起用したのは205引退時に中古アイドルJKTを召喚する前哨戦だと勝手に妄想していましたが、違うの?(爆)

Dsc_0995_r
6281Fの残り2両を眺めながら、ヤード方面へ(笑)

まあこの先は、基本的に205系がダーっと並べてあるだけですので、内容は薄くなってしまいますが、こんなにたくさん並んでいるのも今だけというわけで。

冒頭に上げた通り、ヤード内にはピット寄りに6本、ゲート寄りに4本の計10本が留置中でした。その他改造線に2本がいるわけですから、計12本がDepokに終結していたことになります。なおこの時点で既にハエ11,15は運用に入っており、また最後の3本、ハエ22,32,18はジャカルタに向けて海上輸送中です。つまりDepok以外ではハエ25だけがBalaiyasaにいるという計算ですね。

Dsc_0425_2_r
まずはピット側の6本中4本を

左手前からハエ26ハエ24(←お詫びして訂正します),ハエ4,ハエ13,ハエ20。ハエ4はこの後、営業開始までの間、DepokBaruに疎開されましたっけ。

Dsc_0279_r
残りのハエ24と31。小窓の営業入りが楽しみですね~。

ハエ24の試運転記事をご覧になった方はもうご存知ですが、ハエ24が入るのと入れ替わりで、ハエ31が改造完了に向けピットへ。

Dsc_0401_r
手前の205と奥の205に挟まれるようにして留置してあったRheostaticたち

まだこの頃は、Rheostaticがまだまだ残っておりました。しかし今や彼らもPurwakartaで山積みに。合掌・・・。世代交代といえど、やはり一抹の寂しさがあります。だいたいステンレス車だったら、さほど205系と車齢変わらないというのに。冷房さえ載っていれば、全く事情は異なっていたのでしょうねぇ。

Dsc_0433_r
お次はゲート側の3本、左奥からハエ7,ハエ24,ハエ1

第一陣到着ながら、未だ何の音沙汰もないハエ7。どうしちゃったのでしょう。車輪が薄かったわけですが、何らかの改修(他編成との組み換え)は行ったと思われるのですが。既に10連に戻されているわけですし。ハエ24とハエ1の間にはTM6113Fが隠れていました。

Dsc_0447_r
せっかくですので、まだ金網のなく美しいハエ1を

そして、残りの1本はというと、こんなところに。

Dsc_0498_r
かつては中間予備車やEkonomi車がゴロゴロしていたところにハエ23が

微妙に103系との並びです。そして隣のオレンジのHolecも既にPurwakarta送りの身・・・。ぜんぶ205系のせいだ(笑)

さて、先月のデポックの状況はこんな感じ。離脱して久しい、毎度毎度のJALITAや中間予備車は割愛します。ただ、タイトルにBUD拡大版と出していますので、BukitDuri電車区の様子を最後にちらっと。

Dsc_0816_r_2
日中は稼動車両が出払ってしまうDepokと異なり、日中多くの編成がお昼寝にやってくるアットホームなBukitDuri電車区

先ほど、最後の3本は航送中と書きましたが、その数日後には目出度くその30両が到着し、うちハエ18のみはDepokへそのまま回送。残り2本はBukitDuriにしばらく留置されました。ですから、深緑帯の205系がまだいた頃の話です。現在は全てDepokで現地化改造に入っており、オリジナル姿は消滅しています。国内にハエ28ってのが残っているはずですが、このブログにもう一度埼京色の205系が登場することはあるのでしょうか;;

Dsc_0608_r
最終便到着のハエ22と初陣到着のハエ11が再会

さらにハエ11の隣には同じくやってきたハエ15も揃ってお休み中。

Dsc_0668_r
KKWラッピングが施されたばかりのハエ15とハエ14

この当時、205系運用は既に4本ありましたが、うち2本が日中はBukitDuriに戻り、整備を受ける形になっていました。もっともこの運用自体は今も変わりません。隣に見えるオリジナル帯はというと、こちらが記念すべき今年度(書類上の)最後の1本となるハエ32編成!

Dsc_0676_r
電車区ギリギリめいっぱいに止まる、元祖山手線編成のハエ32!

最後の1本は6扉なし小窓というアツい編成になりましたね。

Dsc_0739_r
記念すべき180/180!!ついに2013年度予定全編成搬入終了です!

そしてハエ32の隣にはこちらも新参者HolecAC Ts1が。こちらは既報の通り運用を開始しています。なんとも不思議な並びですねぇ。

Dsc_0696_r
既に仲間を205系に駆逐されたHolecAC。ウリナラの手を借り、怒りの反撃に出るか!?

以上、BukitDuri電車区の状況でした。

※画像は全て許可を得て撮影しています。

最後に恒例の205系の現況を(3月末現在、ジャカルタ到着順)

ハエ15:運用開始 3月5日
ハエ7:Depok ?
ハエ11:運用開始 3月10日
ハエ14:運用開始 3月17日
ハエ25:運用開始 3月17日
ハエ24:Depok→Manggarai 試運転終了 運用開始待ち
ハエ13:Depok 試運転終了 運用開始待ち
ハエ4:Depok→DepokBaru 試運転終了 運用開始待ち(4月14日運用開始)
ハエ26:Depok ?
ハエ23:Depok ?
ハエ20:Depok ?
ハエ1:Depok 試運転待ち(4月4日試運転実施)
ハエ31:Depok 試運転待ち(4月7日試運転実施)
ハエ30:Depok 改造中
ハエ12:Depok 改造中(4月8日試運転実施)
ハエ22:BukitDuri 改造待ち
ハエ18:BukitDuri 改造待ち
ハエ32:BukitDuri 改造待ち

?印は試運転が確認出来ていない編成(既に実施の可能性もあり)で、現在のステータスが判明しておりません。現在、確認作業を進めております。ここに来て、進捗状況が到着順序から外れてきております。これは車輪,冷房等、運輸省基準を満たしていない車両を含む編成があるからと思われます。なお、編成毎に運輸省基準を満たせるよう、備品の積み替えが実施されているようです。つまり何編成かは予備部品が調達、ないし問題が解消されるまで当分運用に入らない編成が出てくるものと思われます。ハエ7など。
























|

« 週刊マンガライレポートVol.84 | トップページ | 不発;;夜のマンガライウォッチング »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

Hibahの冷房はフィンが曲がって見るからに冷気の通りが悪そうでしたね。
青ガッパのTERMO RAILステッカーをズームで撮った写真があったのでよく見ると、印刷ではなくカッティングシートを切り出して重ね貼りした凝った作りでした。
気になって検索するとTERMO RAILは鉄道用冷房の商標で、ソロにある会社が更新したようです。
会社名で検索すると求人情報サイトが出てきてそこにはINKAのレールバスの写真が掲載されていました。
肝心の公式サイトは接続できず読み込みできません。

ハエ24が営業を開始しています。最新ニュース欄に無いのでこちらに書かせていただきます。
昨日おとといと運用調査をしていないので、いつ営業入りしたか分かりません。

投稿: udang | 2014年4月17日 (木) 15時03分

以前チラっとコメントさせて頂いたものです。お久しぶりです。
遠く離れたインドネシアで活躍する地元の電車たちの近況を、こうして知ることが出来てうれしい限りです。今後のレポートも楽しみにしています。
ハエ20、ハエ26、ハエ23あたりの編成の画像が、どこを探しても全く見当たらず「どうしたものか…」と心配していたのですが、うち2編成は無事改造が終わっていたようで安心しました。あれらの編成もそこそこ状態の危ういクルマばっかりな印象だったので、その身を案じていたところでした。
ハエ26はステータスが分からない状態なんですね。心配です。
車輪の状態がかなり危ない印象だったのですが、それが影響してるんですかね…?

それと、一つばかり気付いたので指摘させて下さい。
Depok?で205系が4本並んでいる画像の左端の編成ですが、ハエ24と表記されておりますが、Tc205にジャンパ栓受けが付いているので、ハエ7ではないかと思います。
編成札が残っていないため、そちらに渡ったのちに編成間で組み替え等が行われていれば、そこまでは分かりかねますが…。

長くなってしまった上、日本時代の知識を押し付けるような形になってしまい、申し訳ありません。失礼いたします。

投稿: きたよの | 2014年4月17日 (木) 20時34分

<Udang様

ハエ24は昨日、16日から運用入りしています。これはハエ11のパンタに不具合が発生したためで、車両交換という形で、途中から運用入りしました。昨日はブログが更新できずにすみませんでした。

またThermoRail情報ありがとうございます。おそらく、現地会社が音頭を取り、部品は海外から調達しているのだと思います。試験要素的な部分もあり、時間があれば当該冷房全ての蓋を開けてみるのもいいかもしれません。

投稿: パクアン急行 | 2014年4月18日 (金) 00時36分

<きたよの様

コメントありがとうございます。当時マンガライにいたハエ25以外は全て網羅したと思った・・・ら、すみません。写真の解説文にミスがありました。ご指摘の上から15枚目の画像(まずはピット側6本中4本とあるやつです)、正しくは左から“ハエ26”,ハエ4,ハエ13,ハエ20です。ご心配おかけしてすみません。ハエ24はその下の画像にいますからね・・・。ですので、ステータスはわかりませんが、とりあえず改造は終了しています。その後の音沙汰がない、というわけです。ハエ7はゲート側の3本並び画像の左奥です。

一人でやっているとどうしても、こういうミスが出てきますので、非常に助かります。今後ともよろしくお願いします。

投稿: パクアン急行 | 2014年4月18日 (金) 00時46分

パクアン急行様、お返事ありがとうございます。
お、ハエ26でしたか!これは失礼いたしました…。
改造後の音沙汰こそないとはいえ、無事に改造が終わっているというだけで安心しました。てっきり、編成単位で部品取りにでもされているのでは…?などという心配もし始めていましたが、そうではないようで安心しました。
ハエ26の無事(?)もなによりですけど、ハエ7の動向も心配なところです。しかしそちらの基準は随分厳しいようですね…。ビックリです。
あと、一つ伺いたいんですけど、件の画像の4つ上の写真に写っている、改造中のハエ12なんですけど、クハ205-120のスカートの一部が切り取られているように見えます。何か訳があるんですかね…?
現地製の新品に交換されているわけでもなさそうですし、興味深いポイントです…。

投稿: きたよの | 2014年4月18日 (金) 16時40分

<きたよの様

クハ205-120のスカートの件ですが、特にスカートを切り取ったということはなく、全くオリジナルのままですよ。切り取ったように見えるのは、元々黒色だった支持棒も赤く塗ってしまったので、小さい画像で見ると、あたかもそうみえるというカラクリです。しかも、この編成、ブレーキ配管もグレー塗装になっているので、なおさらそう見えるのだと思います。

投稿: パクアン急行 | 2014年4月18日 (金) 22時10分

よく見たら絶妙な位置に車止めがあって、どうやらそのせいみたいです。失礼いたしました…。
元々黒だった支持棒が赤く塗られていたのはわかりました。そもそもTc205の場合、正面から見るとL字型のようなスカートがついているので、写真を見て右側が原型なのはわかっておりました。左側を大胆に切除したのだと思っていましたが、前述の通り車止めのせいみたいです。
特に変わったこともないようで安心しました。ありがとうございます。
ブレーキ管は第2陣とハエ7から塗るようにしてるみたいですね。こうしてみると、案外ハエ15とハエ11がそこそこレア車のようにも見えます。

投稿: きたよの | 2014年4月20日 (日) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/55798461

この記事へのトラックバック一覧です: 不定期更新 月刊デポック通信(3月分) BUD拡大版:

» Fake Ray Bans [hebingnike_18540]
,Cheap Fake Oakleys Wholesale Color is often used as a mechanism for bra Cheap Fake Oakleys Wholesale nd identification feature reinforcement and differentiation.... [続きを読む]

受信: 2014年4月21日 (月) 17時45分

« 週刊マンガライレポートVol.84 | トップページ | 不発;;夜のマンガライウォッチング »