« 205系ハエ30,12 Yokoso!TanjungPriok!(2月23日) | トップページ | 祝!205系運用開始!!(3月5日) »

2014年3月 4日 (火)

週刊マンガライレポートVol.78(Namboレポ他、追加)

Dsc_1009_r
先週末のゲート前

205に変化はなく・・・。ハエ14,15,25がそのままの位置に留置中。しかし、なんと久々にRheostaticがゲート前に停車中。形状から見るにKL3‐76と思われ、現地鉄の掲示板等を見る限りではオール2扉編成の76‐108Fではないかと推測します。どうも先日のNambo疎開とときをほぼ同じくして、ステンレス編成と併結で、デポックから送られてきたとか。うーん、廃車にするならNamboに疎開させるだろうし、何故このタイミングでManggaraiへ??どうもGambir駅前に展示用レールが敷設されたとか(当方未確認)しないとかで、ちょっと期待が高まります。そしてステンレス編成はどうなる?? また変わったところといえば、05-107Fの顔が再び拝めたこと。しかし、前回と全く同じ状態じゃん・・・。確かに反対側05-007はオーバーホールされていたはずなんだが・・・。Manggaraiでの全検作業に全く動きが見えないのは何故。本来とっくに始まっているはずの203と残りの05の全検はいつになったら始まるのか。KAIからKCJへの業務移管でしょうもないゴタゴタが起きているなんてことだけは避けてもらいたいですね。なお、長らく姿が見えなかったTMG6271Fはいつの間にかDepokへ回送され冷房換装工事が行われているようです(3月3日出場試運転)。さらに先週には8604Fと入れ変わりで、同じくTMG6000系後期形の6281Fも冷房換装のためDepokに入場しています。6281Fは2012年9月に検査を通っており、本来入場の必要はないのですが、おそらく大人の事情で6281Fに新型冷房を搭載することになったものと思われます。先に述べたばかりですが、こんなこともあり、ちっとも203,05が検査に入れない・・・。いい加減草臥れてきていますから、早く綺麗にお化粧直ししてもらいたいものです。

相変わらず稼動編成に大きな動きは見られませんでしたが、Manggarai駅のホーム延長部が3月2日朝より供用が開始されました!

Dsc_1014_r
ホーム先端には連絡通路も設置され、喜ばしい限り(今までのように這い上がる必要がないですからね;;)

工事期間中は改札口側の連絡通路が車両により封鎖されてしまうため、非常に危険な状態だったため、夜を徹して作業が続けられてきました。ですから同時に工事が始まったPondokCina,DepokBaru,Depokは大きく水をあけられてしまった格好です。まあ、そちらの3駅もあと1週間もすれば完成できると思われ、3月中頃には晴れて205系2編成(今後運輸省許可が下りるのであれば4編成程度?)の運用開始となることでしょう。

Dsc_0305_r
女性客が堂々と線路を渡るManggaraiの名物も見納めに

新改札の供用開始以来、停止位置のJakarta寄りへの移動により、線路内横断というのはは以前より圧倒的に少なくなっていましたが、工事中は久しぶりにインドネシアらしい光景が復活しておりました。最近どうもシステマティックになりすぎなインドネシアの鉄道ですが、やっぱり、これでこそインドネシアですよね。しかし、それも過去帳入りです。

車両関連では3点ほど。まずは新型冷房の試験搭載が行われていたTMG6227F(Lohan)。いつの間にか、ほぼ全車に波及していました。しかし、その形態は様々で、元のキセやカバーを流用しているものもあったり、全くの新品であったり、一定していません。満身創痍のキセにもしっかり、TERMORAILのステッカーが貼ってあり、中身の一部だけを換装しているものと思われます。

参考程度に・・・。様々な形態の冷房を搭載するLohan。

Dsc_0383_r

Dsc_0387_r

キセごと新しくしてしまえばと、素人目には見えますが、まあ予算だとかなんだとか、制約も多いのでしょう。しかし、問題なのは総じてTERMORAILの冷房の効きは良くないというのが正直なところ。まあ空いているときなんてのは問題ないのですが、ラッシュ時はどうも容量不足のようで・・・。もっともこれには言い分があるようで、そもそものTMG6000の電源容量に限界があり、これを解決しない限り、冷房能力は上がらないのだとか・・・。そう考えると、前述の6281Fの入場も、前期型の冷房を換装しても効果なしと判断され、急遽6281Fに搭載することになった、と考えると合点がゆきます。後期型は電源容量が大きいですからね。まあ、あくまでも私見です。

続いてこちら。フライングネタなのですが、どうもマト66にKKWラッピングが近々施されるらしい??ということで、たまたま週末に撮った写真を上げておきます。今にも雨が降りそうな、しょうもない画ですが。

Dsc_0259_r
非常に状態も良く、注目編成だったマト66

しかし、本来全検に入るこの次期に、ラッピングを施すというのは、なんとも理解しがたいですね・・・。もしかしたら、電機子チョッパのメンテナンスが出来ないのではないか(或いはその準備が出来ていないか)と不安が過ぎります。検査切れの車両は、運輸省の監査に見つかった場合、使用停止処分が下されるはずであり、205が順次投入されたら、まず運用落ちするのは、このあたりの車両なのかもしれません??でも、それでいてKKWラッピングを施すというのだから、使う気はあるんだろう・・・。謎です。

最後にお久しぶりなHolecさん。

Dsc_0179_r
再びジャカルタに凱旋したKRDE Holec

クアラナム空港連絡線用のUjin車両増備を受けて、2週間ほど前にメダンを出港するシーンが現地鉄に目撃されておりましたが、長い船旅を終え、TanjungPriokに到着しておりました。たかがスマトラから2週間もかかるのかという疑問も残りますが、艀だとそんなもんなのですかねぇ・・・。Kaligansa号時代には投石防護網は設置しておりませんでしたが、空港線運用の際に、設置されてしまい、なんとも厳つい表情になってしまいました。今後はジョグジャ地区にでも転用されるのでしょうか。

さて、この週末は先週に引き続きお客様がご到着。当方も、おこぼれに授かろうと、今週もご一緒しており、103系を捕らえろ!との掛け声の下、日曜日は始発からManggaraiに張り込み、その後Duriの市場に移動というプランニングでした。が!中央線区間で下り始発が待てど暮らせどやってこない。折り返しとなる列車は未だGambirを通過せず・・・。

で一番列車で上ってきたのはこんな電車。

Dsc_0314_r
上りManggaraiからの始発電車が約40分遅れで到着

高架区間でKRLIなんて滅多に撮れるもんじゃないから、別にいいのだが一体何が起きた!?情報は通達されているんだから、まったくアナウンサーさん、放送しなさいよ。しょうがないので知り合いのアナウンサーに連絡を取ると、Gambirでポイント故障だってさ・・・。2線だかしか使えない模様。そりゃヤバイ・・・。Manggaraiまでは定刻で走っていたんだけどね、とのこと。そしてKLRIの続行で、ようやくBogorからの始発電車が到着。これが折り返しでJakartaKotaからの始発Depok行きになるわけ。

Dsc_0350_r
暗いですが、8604Fだったので、LED強調気味で再度アップしておきます

結局、こちらも40分強の遅れで到着。しかし、ここからが長い道のりで、Gambirの関所を通過するのに、かれこれ10分以上を要し、結局Manggaraiでも場内停止。遅れは1時間に迫る勢い・・・。

幸いなのか?この間に103系とすれ違うこともありませんでしたので、Manggaraiに居てもしょうがないというわけで、そのまま対向のホームに止まっていた環状線直通に乗り換え、Duriへ。Kota方面が壊滅的なら、環状線に流さないですかねぇ~と冗談交じりにMr.115様と談笑しつつ、Duriに到着。雨季の晴れ間の市場は相変わらず大入りです。

と、いきなり目に留まったのが、4番線に停車中のTangerang線。そして・・・、間髪居れずに3番線に当駅折り返しのDepok行きが参りますとの放送が!これは、まさかの。

冗談が本当になってしまったようで、Manggarai~Gambir間がパンク状態のため、Kota行き電車をDuri折り返しで対応する模様。運休させずに、何が何でも動かすこの臨機応変さは、毎度ながら脱帽です。

と、いうわけで慌ててお立ち台へ。

Dsc_0431_r
逆光なのが痛いところですが、通常日に1往復しか走らない渡り線に6000系が!

Dsc_0444_r
おぉぉ!これは素晴らしい。

すぐ折り返しのようなので、すかさず反対側へ。

Dsc_0511_r
6134Fばかりで、恐縮ですが、順光側から。

相当量の列車を環状に回しているようで、ポイントはそのまま3番に開いたまま。するとほどなくして、再びDuri止まりが入線。

Dsc_0589_r
お次はもはや風景に馴染みすぎている6181F。後追いの方が人々が入って面白いですね。

こんな状況がひたすらに続き、お腹いっぱいです。なお、6281Fの入場で、Feeder運用1本を8連車で代走のはずでしたが、Manggarai始発のFeederは残念ながら全列車運休(JAK~KPB間のみ運転)でした。

証拠写真として4番線に停車中のTangerang線も。この日は3運用中2運用が東急で、残りがKFWでした。

Dsc_0746_r
う~ん、白幕なのが惜しすぎます

ですので、せっかくお客様も来ていることだし、奮発して日本語字幕を設定してもらいました。Terimakasih banyak!

Dsc_0785_r
と、いうわけで清澄白河行き;;

そんなことに浮かれていると、今度はマジメにBogor行きが入線。

Dsc_0822_r
今日は東急車率が高いですね

こんなところに103が来てくれれば、もう最高だったのですが、残念ながら終日予備でした。

Gambirポイント故障によるやりくりを、Bekasi線や長距離でも観察したかったのは山々なのですが、今日はNamnboのRheostaticの様子を見に行くことにしていたので、そちらにいかないわけにも行かず、頃合を見て、Duriを撤収。

Dsc_1023_r
奥の5000系は折り返しBekasi行き、手前の6000も折り返しBogor行き

途中、Manggarai駅は日曜の昼間にも関わらず、大変なことになっておりました。

KCJからの公式情報によると、以下の通り、運用整理が行われたようです。
◆Bogor線
475 , 485, 503, 699, 515 Manggarai折り返し
841/842, 885/886, 905/906 KampungBandan折り返し
  431, 433, 439, 443, 447, 451, 455, 459, 463, 467, 469, 471 Duri折り返し
◆Bekasi線
659, 663, 681, 673, 669, 677, 701Manggarai折り返し
661 Kemayoran折り返し 
667, 675, 683, 685, 697, 695 Jatinegara折り返し
  665, 667, 683, 685, 697, 705, 707, 709 PasarSenen経由で運転

なお、昼過ぎには復旧し、順次平常運行に戻りました。一番アツいのはPasarSenen経由のJakartaKota行きでしょうけど、Namboの件もあり、出撃できませんでした。

というわけで、後半戦。

Dsc_0003_r
なんとNewMarcoまでもが廃車(一応前提ですが)・・・

BojongGedeからアダム氏にバイクを出してもらい揺られること、1時間弱、ジャカルタの場末、Namboに到着。貨物営業が始まってから、やってくるのは実は初めて。だって遠いんですもの・・・。機回しシーンが拝めるかなと思いましたが、釜の姿はなく、作業員の姿も見当たりません。逆に構内に鎮座していたのは総勢16両のRheostatic。前回のマンガライレポートで8両が疎開とお知らせいたしましたが、同日中にさらに8両の配給が実施されていたようです。

Dsc_0033_r
逆サイドより

そして驚くべきことに、2012年暮れに大規模リニューアルを実施したK3-78110F、通称NewMarco、さらにステンレス編成までもついに回送されてきたということ・・・。一応、廃車ではなく、疎開扱いですが、廃車前提であり、もはや再びDepokやBalaiyasaManggaraiに戻ることはないでしょう。

Dsc_0081_r
白銀編成を撮るのも一つの楽しみでしたね・・・、遠い昔のように思われます・・・。

一応、これまでPurwakartaに送られた編成は、基本的に状態の悪いものが中心でしたが、今回の16両はいずれもDepok電車区で長らく留置され、適時通電も行われ、いつでも稼動可能状態だった編成。検査を通って1年程度の編成もあり、もったいないの一言でした。

Dsc_0066_r
つり革もしっかり再設置され、ピカピカの車内

Dsc_0146_r
Nambo駅とNewMarco

今回疎開された編成は下記の表でご確認下さい。

◆Rheostatic廃車データ(2014,3月5日現在)◆

Rheostatic032014_3
鋼製車

Rheostatic032014_2
ステンレス車

最後に小ネタを・・・

Dsc_0167
これを見つけたときはおぉ!っと懐かしさがこみあげてきました

もう今更になってしまいましたが、2月中旬頃より一部駅を除いた各駅にホーロー看板風の縦書き駅名板(ステッカーですが)が設置されています(すみません、上げそびれていました;;)。いや~、若干色調は異なるといっても、青に白枠ということで、日本人にはたまりません。それもそのはず、どうもウラ話を聞くと、最近度々日本に出入りしているKCJ担当者が、縦書きの駅名を見て、これはいい!と気に入ってしまったとか。日本人は全く気にしないですが、確かに柱にステッカーを貼るだけで、駅名板を柱がある限り増殖させられるのですから、縦書き文化のない人々にとっては、衝撃的だったのかもしれません。言わずもがな、KCJは旅客サービスの向上に力を入れており、既に205デビューの記事でも述べている通り、まさに日本に追いつけ追い越せ(?)の風潮が広まっています。最近、自動放送の設置で、だいぶ改善されましたが、それでもまだ全編成に設置されているわけでもなく、設置されていても故障していたり・・・。ですから慣れていない人たちは下車駅に近づくと、キョロキョロして現在地点の確認をするわけです。自分も、しばしば現地の人から、今どこの駅なのかと尋ねられます;; 別に今まで駅名板がないというわけではなかったですが、おそらくこういう事情もあって、今回の縦型のも設置となったのでしょう。

Dsc_1036_r_2
長い駅名は二行で表記

また、最近乗車された方はもうお気づきかと思いますが、肉声による車内アナウンスが復活しております。もちろん自動放送がある場合、全駅ではありませんが、主要駅で乗り換え案内なども実施されます。2011年末頃までは車内放送専用要員として、KCJ所属のアナウンサーが乗車していたわけですが、その大半を占めていた女子たちにとって労働環境がきつく、退職者が続出。そんなこともあり、残った人員は駅業務に下ろされ(ですから、駅のアナウンサーには鉄子が多いんですよ)、長らく車内放送が途絶えていました。

それが今年1月より、技術現業系のスタッフがKAIからKCJに移管されたことにより、これまで補助運転士として乗務していたAsitant Masnisの呼称がPPK(Petugas Pelayanan KRL)に変更され、運転関連業務以外にも旅客サービスも兼務することになり(乗客目線からしてみればこれが本来あるべき姿ですよね・・・)、車内放送も復活したというわけ。まあ昔のように専属ウグイス嬢ではないですから、かつてのような滑らかで美しい声調を聞くことは出来ませんが・・・。ただ先日の205系にはAsistantMasnis上がりではなく、PPK採用?のPPKが後部に乗車していましたから、今後どのような棲み分けがされるのかは、全く不明です。まあいずれにせよ、このあたりのサービス改善は大いに評価できることだと思いますね。






















|

« 205系ハエ30,12 Yokoso!TanjungPriok!(2月23日) | トップページ | 祝!205系運用開始!!(3月5日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

要衝中の要衝、マンガライのP故障とは大変でしたね。
前回の車両故障と言い、あの方は何か持っていますねぇ~(笑)

まだ見たことのない清澄白河行きが羨ましいです。
Namnbo線のレポ、楽しみに待っております~!

投稿: 茶 | 2014年3月 4日 (火) 19時16分

<茶様

いやいや、Manggaraiではなく、Gambirですよ。いずれにせよ、要塞には変わりありません。4線でパンクしているところを2線しか使えないのでは、もはや突破口はなし・・・、そこでDuri折り返しにしたというのは妥当な判断でしょう。

しかし、Mr氏はなかなかやりますね。ただ、103の方は2度あることは・・・と続かずに不発に終ってしまいました。

Namboレポートしばらくお待ち下さい。何かと動きが激しく、更新する暇がありません。この記事に追加していきますので、ちょくちょくチェックしてみて下さい。

投稿: パクアン急行 | 2014年3月 5日 (水) 00時15分

おおっ!(汗)
お邪魔した時は骨組みを溶接していたManggaraiのホームが出来上がっているし、供用されているし・・・に驚いて間違えてしまいました(笑)お恥ずかしいです。

Manggarai駅、先端に通路が出来たのは良いのですがセキュリティーが常駐したら撮影地に行くのが困難になるかも知れませんねぇ・・

投稿: 茶 | 2014年3月 5日 (水) 23時43分

<茶様

仰るとおりで、階段が設置されたのはいいですが、確かにセキュリテーが常時立つようになると、面倒かもしれませんね。そうなると、1番線側から回り込むことになりそうです・・・。

投稿: パクアン急行 | 2014年3月 7日 (金) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/55227380

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.78(Namboレポ他、追加):

« 205系ハエ30,12 Yokoso!TanjungPriok!(2月23日) | トップページ | 祝!205系運用開始!!(3月5日) »