« 週刊マンガライレポートVol.76 | トップページ | 205系ハエ30,12 Yokoso!TanjungPriok!(2月23日) »

2014年2月22日 (土)

週刊マンガライレポートVol.77

Dsc_0036
超豪華並び(?)のゲート前

今週も早めに簡易更新。ネタもさほどないですし・・・。前回はハエ14があまりにも手前に停車していたため見えませんでしたが、ハエ25はそのままManggaraiに留置されていたみたいですね。そして、さらに加えて去る20日にはハエ15が再びManggaraiにDjokoTingkir配給されてきました。茶様、見たまま情報ありがとうございます。札がないのでわかりませんが、おそらく手前2本がハエ14・15のいずれかでしょう。いよいよDepokも容量が切迫してきたと見え、近頃205が疎開と返却を繰り返していて、動きが活発です。ただ、Manggaraiでは特に改修は実施されないことから、こちらに移動してきた編成はおそらく、運用開始が可能な状態の編成なのでしょうね。それを鑑みると、車輪径問題で、整備が長引いていたハエ7を除く、第二陣までのハエ11,15,14,25の整備が完了したものと思われます。となれば、あとは残る4駅の10両化対応を待つのみ!3月上旬までに果たしてデビュー出来るか!?

さて、10連化工事真っ只中のManggarai駅。前回お伝えしたとおり、停止位置が従来の位置に戻っているので、ネタもないし、また雨降ってきたしで、お手軽に駅撮り。そういえば、今度の改正で東葉快速なくなってしまうんですってね・・・。残念。

Dsc_0012
あまり取りあえげてもらえない1000系でも久しぶりに

Dsc_0057
Bogor側が1両丸まるはみ出しに戻ったので、ゲート前にも気兼ねなく向かえる気がします(笑)

何かテキトーに撮影すれば、思わぬネタにもめぐり合えるかもしれませんが、今後のことを考えると、今日は早めに撤収。スミマセン。

というわけで、昨日21日には今後、残る50両の205系受け入れに備えて、未だDepokで休車状態のRheostatic4連2本がNamboへ廃車前提の配給が実施されました。別記事に仕立ててもよかったのですが、マンガライレポートがあまりにも短く終ってしまいますのでこちらで報告。まあ平日ではお仕事で席を外せず、画像は頂き物です。いずれこんな日が来るであろうとは思っていましたが、ついに現実のものに。

Cimg3078
Nambo線を走るEkonomi!撮りたかった!! 撮影:Bayu Tri Sulistyo様

今回配給されたのはKL3-78110F+KL3-84106Fの8両。そのうち前の78-110Fは一昨年リニューアルされたばかりの通称NewMarco。Purwakartaでの解体作業は遅々として進まずに、飽和状態であることから、今後、Depokに留置されているRheostaticは順次、Namboへ疎開(要するにそのまま朽ち果てて行く運命なのでしょう)させる模様です。荒廃しないうちに早く撮りに行かないと・・・。そういや1月のPurwakartaウォッチングも上げてない;;2月中に上げますので、こちらは今しばらくお待ち下さい・・・。

では最後に最新の廃車回送データを。以前上げたものは無視して下さい・・・。当方のボンミスで廃車回送された編成が1本間違っておりました。また不明だった一部の廃車回送日が判明しましたので、今回反映しております。

Rheostatic022014
赤字が書類上廃車された車両です。なお廃車の出ていないステンレス車はこの表に含んでおりません。

情報の信憑性については、一切保障いたしかねますので、ご了承を。

では、これより臨戦態勢に入ります。

|

« 週刊マンガライレポートVol.76 | トップページ | 205系ハエ30,12 Yokoso!TanjungPriok!(2月23日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/55089466

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.77:

« 週刊マンガライレポートVol.76 | トップページ | 205系ハエ30,12 Yokoso!TanjungPriok!(2月23日) »