« 205系ハエ15編成、試運転再び(12月31日) | トップページ | 不定期更新 月刊デポック通信(1月分) BUD拡大版 »

2014年1月 5日 (日)

週刊マンガライレポートVol.70

Dsc_0195
先週末のゲート前。動きなし。

改めまして、新年あけましておめでとうございます。2014年1発目のマンガライレポートですが、年末年始に工場がさほど稼動するわけも無く、目立った動きはありませんでした。しかし7121Fがこの場所に入ってから2週間近く経つわけですが、一体何を作業しているのでしょうか。

年末の休みを利用して、Dipoに顔を出してきましたが、その話はまた次回に。

というわけで、休み明けで仕事が山のように溜まっており、この週末はあまり身動きが撮れず、証拠写真に徹しますがご了承下さい。

では先週の動きを。

Dsc_0285
6281F再度6連化

フィーダー専属と化していた6171F(4連)BYM入場(入場時は6連)に変わって4連化されていた6281Fですが、年末年始の多客輸送用(?)に6連化が実施されました。まあKampungBandaホームが延長されましたので、もはやわざわざ4連に短縮する必要性なんてないわけで。

さらにフィーダー絡みでは、驚くべきことに12月31日夕方のBUD出庫運用になんと8607Fが充当!!たまたまDuriで電車を待っていて、JakartaKota行きの放送がかかっているのに東急車がやってきて目が点になりましたが、本当にコタ行きのそうで。いやぁ、これはアツい!だって、これかつての面影も感じられないほどに閑散としてしまったコタ駅4番5番線に久々の8連入線ですよ。

Dsc_0035
さらに後続で6連になった6281Fが入線。

行き先は違うものの、かつてのBekasi行きEkonomiACを彷彿させるシーンが展開。さらに折りしも、上記画像の通り6281Fが入線し、リバイバルBekasiEkonomi&リバイバルBentengEkspres状態!!一足早い、KCJからのお年玉になりました(笑)

Dsc_0065
かつてなら当たり前のように撮れたこのシーン

Dsc_1004
KampungBandan3番線に停車する東急車。かなりのレア風景でしょう。

さて、若干車両運用に余裕が出てきてもなお、朝夕運用(夕方は出てこない確率の方が高し!)に徹して、年末年始も稼動していた103系ですが、1月2日、Bogor電車区からBukitDuri電車区に貸し出され、その夕方運用からTangerang線に充当されました。おそらくTangerang線運用が1週間弱続くことになると思われますが、この場合、3運用中2運用が終日運用ですから、日中撮影のチャンス大!しかも短距離の機織運用ですから、103系ファンにはたまらない週末になったでしょう。かくいう私は、用務が外せず、その日夕方の夕方出庫シーンを撮っただけ。嗚呼・・・。

Dsc_0236
今にもスコールが来そうな空の元、BUDからMRIに入線する103系E21+E22

Dsc_0268
MRI1番線から環状線方面へ大横断

最後残りは、どうも再び動きが活発になっている広告ラッピング車。

まずは前回、Kucing様からの借り物で代用した05-102Fを。

Dsc_0324
といっても証拠写真です。スミマセン。

Dsc_0325
デザインは先に登場している7123Fのものと同じです

さらに年が明けて、05-109Fに新しい広告が登場しています。既に109Fには栄養ドリンクM150のラッピングが05-309号車に施されていますが、さらに05-909号車にIndo food社のサンバルソースのラッピングが施されました。

Dsc_0356
とりあえず上げておきます・・・

詳細画像はまたいずれ。なお、メトロ車系列では7117FにもBCA銀行のFlazzカードのラッピングが編成中3両に施されていますが、この週末は予備車だったようで撮影できず。次回にリベンジです。

さて、これまではラッピングの対象車はアルミ車体で貼り付けが容易なメトロ車に限られてきましたが、この度、なんと同じアルミ車体を持つ203系にも登場しました。

Dsc_0383
JR系列でラッピング第一号になったマト69編成

今回ラッピングがされたのはモハ202-125で、メトロ車と違い、ラッピングをしたら隠れてしまう車両ナンバー部をどう処理するのかと思っていましたが、そこはしっかりと車番だけ見えるようになっておりました。Flazzラッピングは基本的に3両1組で実施されていますが、今のところマト69は1両のみ、しかも、アルミとはいえ、メトロ車に比べて凹凸のある203系ではラッピングの苦労も伺え、どうやらまだ完成形ではないようです。来週には他の編成に波及しているかもしれませんね。

Dsc_0385
まだラッピングが完全に施されていない・・・

とりあえず今週の動きはこの辺で。

おまけ
先週撮りこぼし。203系と同アングルで。

Dsc_0043
全検明けまもないTMG6161F

|

« 205系ハエ15編成、試運転再び(12月31日) | トップページ | 不定期更新 月刊デポック通信(1月分) BUD拡大版 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

Feederの長編成化、一時的なものか恒久的なものか気になりますね。
もっとも、Serpong線の8連化が事実上完了した今となっては時間の問題だとは思いますが。

将来4連運用が消滅するようなら、KRL-Iは早いうちにINKAに出して、
HolecACのように8連化と機器内装更新をしたいところです。

投稿: 丸太 | 2014年1月 5日 (日) 20時00分

<丸太様

こんばんは。あの日以来、Feeder運用は通常通り、6281F(6連),6217F(4連),KRLIに戻っております。おそらく31日は多客輸送を考慮したのか、或いは6217Fに何らかの不具合が生じたための処置なのだと思います。6281Fはもはや4連に減車する意味が全くありませんので、このまま6連での運用が続くものと思われます。

そうですね。KRLIはKFWのように2本併結での運用が出来ませんので、8連運用が可能なように改造した方が使いやすいとは思います。が、いかんせんあのFRP座席なので、KRLIにはフィーダー運用に徹してもらいたいという気持ちもありますね・・・。おそらくTanjungPriok線が開業すれば4連車はそこに集中的に配置されるとは思いますが。

投稿: パクアン急行 | 2014年1月 6日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/54494537

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.70:

« 205系ハエ15編成、試運転再び(12月31日) | トップページ | 不定期更新 月刊デポック通信(1月分) BUD拡大版 »