« HolecAC Ts3 日中試運転 (12月10日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.67 »

2013年12月16日 (月)

7121F追悼特集

Dsc_0755
さよなら・・・7121F


開設以来トップ画像として使用している7000系並びからもわかるとおり、どうも私自身7121Fと縁がなかったようで(あの並びは7117F,7122F,7123Fです)、ロクな写真が出てきませんでした。もっとしっかり掘り起こせばあるのかもしれませんが。トップ画像は7000系がデビューしたばかりの2010年8月に撮影したもので、まだ慣らし運転中で、基本的に日中はDepok電車区に戻る運用に就いており、4並びも期待できたのですが、ちょうどこの日から7121FがSerpong線入線試験が始まり、ちょうど逃げられてしまった形でした。それ以来、どうも相性が悪く、また昨年ブログ開設時には、Depok電車区で休車状態・・・。その後今年3月に晴れて全検を通り復帰したわけですが、特に7121側の画像が極端に少ないまま、先日の事故を迎えてしまいました。別にXLのラッピングを嫌ったわけではないのですがね・・・。証拠に7123Fならそこそこ溜まっていますし。

まあ画像の良し悪しはさておき、とりあえず時系列で追いかけられそうにはなりましたので、昨年以降の7121Fをまとめ。なお既出画像も含みます。

Dsc_0285
全検明け後すぐKKWラッピング付きのデフォルトの姿

Csc_0122
5月下旬頃、ラッピング準備のため、期間限定でKKWラッピングが解除

Dsc_0310
線路市場を行く7121F

しかし思えばこの場所で、ラッピング後すぐに、軍隊と露天商が衝突したDuriの乱に巻きこまれ、7121側に投石痕を受けてしまいました。そう考えると不運な車両でした。

Dsc_0080
その後は順調な稼動を保ちましたが、ことごとくコタ側が7121になっており、撮影機会に恵まれませんでした。

Dsc_0215
7121側ではありませんが、弟分の7122Fとの並び

再びこの並びが見れる日は来るのでしょうか??

そして事故の翌日。

Cimg1748_2
夜間滞泊先になったSudumara駅から回送された後ろ9両。

入場時、同じラッピングだった7123Fが最後のお見送りに現れたようです。

Cimg1757
マンガライの森に搬入される7121Fの後ろ9両・・・ ※上記2点はBayu Tri Sulistyo様撮影

編成での復帰は絶望的ですが、予備部品として、残る3編成の仲間を支えていってくれることでしょう・・・。





|

« HolecAC Ts3 日中試運転 (12月10日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.67 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/54259558

この記事へのトラックバック一覧です: 7121F追悼特集:

« HolecAC Ts3 日中試運転 (12月10日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.67 »