« 205系ハエ15・7・11, Yokoso! TanjungPriok!!(11月3日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.62 »

2013年11月 5日 (火)

WijayaKusumaCC204牽引で、Sukabumiへ(11月4日)

P1150795
風光明媚なSukabumi線に復旧後、釜が初入線!

11月4日、WijayaKusumaが再度Sukabumi線を巡検しました。これは、一部カーブ上の駅でホームが機関車に接触する恐れが発覚したためなのか、今回は初めて機関車を伴っての運転となりました。画像は全て、いつもお世話になっておりますAndi様のご提供です。ありがとうございます。ちなみに本日は205系ハエ11,7の配給と重なっておりましたが、大半の鉄道ファンはスカブミ線に流れたそうで、白昼の埼京線走行シーンが全然ネットに上がっていません・・・。残念。まあ現地ファンに言わせれば、スカブミ線へのCC204の入線は初(釜の入線自体がもう何年ぶり??)である上、滅多に見れないKRDのWijayaKusumaを牽引ですから、当然こっち撮るでしょ、と。対して205はまだまだ来るじゃん!だから今撮らなくても良い、まあごもっともな意見ですね;;



P1150733
Bogorを出発するWijayaKusuma

CC204というと、最近続々とスマトラに転属しているわけですが、今回入線したCC204は前面が流線型ではないCC201からの機器更新車(つまりスマトラに転出するのは純正な新製車のみ)。出力増強と、自動進段への改造が実施されています。落花生。様がお知らせしている通り、KAI公式プレスによると、11月9日からの営業列車にもCC204が充当されるようで、やはりスカブミ線の急勾配にCC201では非力であったのでしょう。じゃか新には以前、CC201を投入なんて書いてありましたが、ブルドックだからと言って、CC201と断定してはいけません。なお客車はBDから借り入れる模様(JAKKに状態の良いK3客車がないのでしょう・・・←あそこの客車整備は最悪ですからねぇ)。

P1150797
WijayaKusumaを後撃ち

是非ともこの風景を、巡察車の展望窓から眺めたいものです。しかし気づけば、スカブミ線復活までもう1週間を切っており、今度の日曜はEksektifクラスで、往復してこようかなぁと考えております。BDの客車なら、元ArgoParahyanganの減便・減車で余っている大窓のArgo車の可能性が大であり、緑滴るスカブミ線をゆったりリクライニングシートで味わいたいものです。

P1150769
こんな車両もお出まししたようです

普段はBogor電車区の片隅に鎮座している保線用カート、スカブミ線を山登りしてきました。これを観光客向けに貸し出していただきたいものですな;;




|

« 205系ハエ15・7・11, Yokoso! TanjungPriok!!(11月3日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.62 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/53831126

この記事へのトラックバック一覧です: WijayaKusumaCC204牽引で、Sukabumiへ(11月4日):

« 205系ハエ15・7・11, Yokoso! TanjungPriok!!(11月3日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.62 »