« 週刊マンガライレポートVol.64 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.65 »

2013年11月29日 (金)

205系第一陣、デポック電車区にて現地化改造進行中!

Dsc_0678_r
前代未聞の同時並行で着々とKCJ色に染まりつつある205系(手前はハエ11)

前回のマンガライレポート(デポック通信)にて、側面の帯の張替えが終了し、あとは前面帯を残すのみ!だったデポック電車区で現地化改造中のハエ15,11,7編成でしたが、完成版を早く見たい!!ということで、早起きしてデポック電車区にお邪魔してまいりました。

※画像は全て許可を得て撮影。

早く赤くなった205系の姿を見たいと、勇み足でピットに近づいて行くと・・・、あれれ。日曜日とあまり変わっていない??冒頭の写真の状態でした。あちゃー、まだ1日早かったか。

聞くところによればJR東からの現場スタッフが数日前まで、構内試運転等に立ち会っていたそうで、その間は塗装作業は中断をせざるをえなかったのでしょう、おそらく。というわけで、あまり日曜日と変わっていない(汗)

Dsc_0566_r_2
謎液体でピカピカに磨き上げられた車体。JR担当者もびっくりしたことでしょう。

しかし、せっかく橋の下に降りることが出来たのですから、205系の周囲を一回りしてくることにします。

Dsc_0590_r
本来の改造線で改造を受けるハエ7とハエ15

やはり到着順に改造を行っているようで、ハエ15が既に側面の斜めカットも完成しており、あとは前面を残すのみとなっておりました。しかしライトソケットが白に塗られており、この状態では正直かなりキモく、気が気でない・・・。これでは輪をかけて完成品を早く見たいという衝動が。

なお、今回前面の塗装変更が後回しになったのは、前面のみラッピングから塗装になったための模様。というのも、陸揚げのときから気にはなっていましたが、205系、近くで見ると結構、年齢肌なんですよね。ですから、厚化粧して年齢を誤魔化さないと営業線デビュー出来ないというわけ(笑)

ですから、1枚目の画像もそうでしたが、帯はもちろん、ブラックフェイス部も一部はパテ盛りして再度、黒塗装を実施しています。国内でも、かっ飛ばす埼京・川越線内では飛来物との接触も多いようで、傷やハゲが結構ありましたからねぇ。まあですから、自然に6DOORSステッカーは見納めになる運命なわけです。

後は最後の希望、ハエ15の反対側。既にお化粧が済んでいることを信じて、裏側に回ってみます。

すると、

Dsc_0652_r
あー、モーターカー退いてくれ・・・・

なんと、ハエ15の1号車だけ既に前面帯も塗り替えられているではありませんか!!

Dsc_0645_r
結局通常のKCJ色になってしまいましたが、なかなかイケてるかも。

しかも、まだ完全完成状態ではなく、ブラックフェイスはオリジナルのままで、6ドアステッカーも残存♪それから何より、投石防護網装着前。(←というか、よくよく考えれば、網が張られた後でこそ、格好良いか否かは判断できるわけですが;;)

205に全面赤塗りは似合わんだろうと、例に漏れず私も信じて疑わなかったわけですが、いざ現物を見てみるとなかなかいいじゃん!というのが率直な感想です。白帯を鉄板部に納めず、上下に配したこと、そしてライトソケットを白色塗装にしたこと、本当に何気ない気配りで、こうも変わるとは。KCJのデザイン担当さん、なかなかのやり手です。もっともスカートがオリジナルのままというのもポイントが大きいでしょうけど。KCJロゴもまだ付いていないわけですし。

以前、デザイン担当氏にたまたまお会いしたときに、そろそろデザイン変えませんか~?と富士急の205(6000)系のデザインを見せたところ、結構印象は良く(そもそもあの内装見せりゃ、メンツ第一主義のインドネシア人が食いついてこないわけがない)、このまま水色部分を赤に変えればKCJカラーじゃん!とそれとなく伝えておいたのですが、やはり上層部が首を立てにふることはなかったようで・・・。やはり太い黄帯は警戒用として必須なんでしょう。

ついでに、ここまで来たのですからピットの裏をぐるっと回って、失礼することにします。

Dsc_0661_r
ハエ11と全検中の05-110F

ハエ11の反対側も依然としてこの状態。ハエ15の1両だけでも黄帯になった姿が見れて、本当にラッキーだったようです。そしてお隣の05-110Fは・・・。勘のいいメトロファンの方だけニヤッとしましょう。おそらくこの状態で、まもなく出場するでしょうから。

180両にも及ぶ譲渡劇のまだ30両ということで、ほんの序の口に過ぎませんが、今後も急ピッチで、作業が続いてゆくのでしょう。今週末にはこれら30両がほぼ塗装の変更を終了するものと思われます。あとは網の張り方に要注目ですね。すでにBukitDuri電車区では次の20両、ハエ14,25が控えており、改造担当スタッフは休む暇もなさそうですが、あと5、6サイクルは同じ作業が続いて行くわけで、ジャボタベック史上最大規模の集中譲渡となる今回のJKT205プロジェクト。最後の1両の改造、そして全編成の営業開始まで、トラブル無く順調に進みみますことを願いたいものです。

ともあれ、水切りから、BukitDuriへの回送、そして現地化改造と、譲渡車両が歩む道のりに、毎度立ち合わせていただきまして、本当にありがとうございました。現場スタッフの皆様には改めまして厚く御礼申し上げます。1日も早く、営業線で乗客として利用できる日を心待ちにしております。

おまけ

Dsc_0546_r_2
しばらくご無沙汰だった6127Fが自力走行してピットにやってきました

但し、営業復帰には時間がかかるようです・・・。走り装置は問題なくても冷房が回らないことには、なんですね。

|

« 週刊マンガライレポートVol.64 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.65 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

Selamat pagi!
早速、205系KCJバージョン登場のニュースを速報で伝えていただき、どうもありがとうございます。
3編成を同時に転入整備しているとは驚きですが、第2陣の転入整備も控えていることですし、第3陣の20両もそろそろ到着ではないかと想像していますので、急いで整備を行わないとケツがつかえてしまうのではないかと思っております。
パクアン急行様もおっしゃるように前面にネットが取り付けられていない状態はかなりイケているのではないかと思いますが、ネットが付くことによってどのような姿に変わってしまうのか気になるところです。
私もあと数日でこのKCJバージョンの姿を見れることを期待しつつ、里帰りを兼ねてそちらに向かいたいと思います。(家内にJKT行きを許してもらったのですが、少々不機嫌のようです)

投稿: 井上 | 2013年11月29日 (金) 09時44分

Selamat Siang! デポック構内潜入レポート、大いに楽しませて頂きました!!
既に正面の帯も貼り終えたハエ15編成、余りにも順当すぎる仕上がりが異様にカッコ良すぎるではないですか!! (*^O^*)
うーん、こんなのがこれから数ヶ月のうちにジャンジャンやって来るようになれば、来年の訪問は嬉しいスーパー浦島確定です (笑)。
それにしても、6ドア車はボゴール寄りという運用計画なのでしょうか? スディルマンやタナ・アバン、そしてジャカルタ・コタでの乗降を考えれば、ジャカルタ・コタ寄り連結の方が良いような気がするのですが……。とはいえ、ここまで記したところで、環状線を一周すれば簡単に方転出来てしまうことを思い出しました (^^;)。
メトロ05-110Fも、何やら大いに撮りたくなるイメチェンですね! しかしこうなると、路線ごとの幕の色の立場は一体……(笑)。
というわけで、続報を楽しみにしております!

投稿: おっとっと | 2013年11月29日 (金) 13時37分

<井上様

Selamat malam!

いえいえ、まさか私もこのタイミングで電車区に入れるとは思ってもいませんでした。そして205の赤塗装も、ここまで様になるとは予想外でした。あとは金網及びKCJロゴがどの位置に貼られるかによって、表情も変わってくるでしょうね。

おっ、ジャカルタに近いうちにお越しですか?楽しみに待ってますね。

投稿: パクアン急行 | 2013年11月30日 (土) 03時37分

<おっとっと様

Selamat malam juga !

そうですねぇ。おそらく18本全てが営業開始しているであろう、来年の夏にはジャボタベックは一体どんな風景に変わっているのでしょう!?

6ドア車は運用によって方転してしまうため、全く揃える気もへったくれもないでしょう。一番良いのは2号車9号車に配置することですが、そこまでKCJが考えるかどうか・・・。日本からの派遣スタッフもこういう営業面的な部分でのアドバイスもしてくれると助かるのですが・・・。

投稿: パクアン急行 | 2013年11月30日 (土) 03時43分

パクアン急行さま
朝から潜入デポックレポートありがとうございます。

なかなかインパクトある感じになりましたね
しかし、入港から短期間で車体の洗浄、床下や台車の塗装まで良くやったものですね。
細部まできれいになった姿からは疲れていた埼京線時代のものが想像できません。

6ドアの連結位置、TTTcは毎日乗車していた経験からも
勘弁してもらいたいです。

個人的にはこの入線から改造の過渡期の姿を見てみたいので、訪問時期に悩みます。


投稿: Mr115 | 2013年11月30日 (土) 18時45分

<Mr.115様

こんにちは。いつもは遅々として進まない改造も、今回ばかしは尻に火が付いたようですね;;やるときはやる、インドネシアンマインドです。

ただ組成はこのままのようで;;行く末がやや心配ではあります。運用開始は来年でしょうから、1月, 2月あたりがよろしいのではないでしょうか?

投稿: パクアン急行 | 2013年12月 1日 (日) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/54087488

この記事へのトラックバック一覧です: 205系第一陣、デポック電車区にて現地化改造進行中!:

« 週刊マンガライレポートVol.64 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.65 »