« インドネシアの鉄道歴史展 | トップページ | K3-78116F + 83102F,78102F+78108F廃車回送(10月10日?~10月12日) »

2013年10月13日 (日)

週刊マンガライレポートVol.58

Dsc_0696_r
今週末のゲート前

期限切れの05-110Fがある(6106Fもそろそろヤバい?)というのに、今年初めに検査を通したはずの5000系66F“DjokoVision”が再入場。何か問題でも発生したのでしょうか・・・。

では先週の動きを。

Dsc_0015_r
運用復帰した5000系59F

離脱した66Fと交代する形で、先週出場試運転を実施した59Fが営業に戻りました。新ナンバリングは前回掲載していますので、そちらをご覧下さい。

そして、最新ニュース欄でお伝えしている通り、10月8日からKFWのBogor線での運用が試験的に開始されています(耐久試験?)。当初Ts2+10を用いて実施されていましたが、その後Ts4+7に変更されています。勾配線区及び混雑の激しいBogor線に耐えうるのか要注目です。編成数からして、Tangerangと一部のSerpong線に封じ込めで、いいじゃないかと思うのですが。あるいはそろそろHolecACのデビューが控えており、その分のTangerang線運用を空けるとでもいうのでしょうか。どうもすでにHolecACの籍自体はBukitDuri電車区に置かれているようですし。

Dsc_0104_r
KFW、Bogor線デビュー(一応行き先表示はBogorになっています)

とはいっても、この画像ではBogor線かどうかなんてパッと見わかりません・・・。やはり中央線区間の高架線を行く姿を収めておきたいものですが、いかんせんBukiDuri出庫の運用は朝、環状線に入る確率が高く、今朝も環状でした。

Dsc_0121_r
そんなわけで、証拠写真を;;

もっとも日中1往復だけ中央線に入っていたのですが、今日は所用でBogor近辺を離れられなかったので、次回にお預けです。

ちなみにDepok駅のJakarta寄り、あまり撮影する機会がありませんでしたが、なかなかよかったです。下の画像は上りの後追い。

Dsc_0041_r
カッコいい細帯、6121Fを上げておきます

KFWの後ろをすぐに後続が追いかけていましたので、それに 乗ってBogorへ。2番線に入ってくれるのがベストでしたが、残念ながら3番線。5とか6よりはマシですが。例によって証拠写真を貼っておきます。しかしこれまで(Holec引退後は)100%日本車が達成されていたBogor線にひょっこり現れたKFWは違和感があります。

Dsc_0190_r
乗客も見慣れぬ車両に興味津々

帰りはKFWに乗ってお手並み拝見っと。しかし下りの連続ですから大した見所はありません。Bogor線での運用に問題がなかった場合、今後KFWはどのような使い方をされるのでしょうか。

さて、MGの1機化のため、長らくBekasi電車区(電留線)に貸し出されていた6106Fが本日、検査のため、Depok電車区に帰区(JakartaKotaで編成差し替え)しました。Bekasiには検修施設がないため、6107Fも含めて、これら2本は1ヶ月に数回ほど、このようにDepok電車区で検査を受けています。

Dsc_0899_r
久々に所属先のDepok電車区に入区する6106F

Dsc_0884_r
入出庫は営業スジに乗せています。Bogor線では貴重なキノコ貫通路。

このようにこの週末はBogor~Depokを中心に動いており、BojongGedeでも久しぶりに下車してきましたが、一旦閉鎖された南改札が、リニューアルの上開いていてビックリ。しかもまだ改札すら付いておらず、完全スルー状態;;これだけ無賃乗車や券の回収にピリピリしているくせに、なんなんだこれは・・・。

Dsc_0983_r
せめてロープでも張っておけばいいのに

しかしなんといっても今週最大の衝撃はこれでしょう!!

Dsc_0221_r
セブンイレブン、マンガライ駅ナカ店オープン!!

これまでCOMMETの大型横断幕で隠されていた裏側では、コッソリと工事が行われていたようで。まあ元々業務用の倉庫か何かだったところを流用しているので、1週間もあれば余裕で出来てしまうのでしょう。ホント、朝からびっくり仰天してしまいました。構内露天商なきあと、旧改札脇のインドマレットは激混みしていましたから、これは朗報。しかも日本ブランドとは。もうこれは狙っているとしか;;というかセブンイレブンのKAIの構内出店はマンガライが初ではないでしょうか。基本的に今までインドマレットとアルファマートの独占状態でしたからねぇ。他の駅にも出店を加速するのでしょうか。イートインメニューがもう少し安ければいいのですがねぇ。1番線に日本車が入ったときに、コラボさせてみましょう。

最後にもらい物画像を。

去る10月11日、KL3 78116F + KL3 83102Fが廃車回送準備のため、Depok電車区からBalaiyasaManggaraiへ配給されました。

Img_3046
DjokoTingkirに牽引されて通いなれたBogor線に別れを告げる(撮影:Faris様 毎度ありがとうございます)

なお、翌12日夜にはPurwakartaに向けて廃車回送が実施されています。また落花生。様からの情報によりますと、さらに8連1本(4+4)が既にPurwakartaに到着しているとのことで、おそらくこの1週間のうちに、人知れず廃車回送があったようです。7月下旬に立て続けに2度施行されたのみで滞っていたRheostaticの廃車回送ですが、今後活発になりそうです。これは近日中にPurwakartaに行かないと・・・。

続々と鋼製車の廃車回送が行われていますが、103系は大丈夫??

Dsc_0818_r
今週末は終日運用で大活躍♪

と、今週はこの辺で。ではPurwakarta行ってきます(笑)

|

« インドネシアの鉄道歴史展 | トップページ | K3-78116F + 83102F,78102F+78108F廃車回送(10月10日?~10月12日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/53581220

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.58:

« インドネシアの鉄道歴史展 | トップページ | K3-78116F + 83102F,78102F+78108F廃車回送(10月10日?~10月12日) »