« 週間マンガライレポートVol.55 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.56 »

2013年9月27日 (金)

BonBonジャカルタコタ駅で展示(9月27日)

Dsc_0211
白昼の本線上に姿を現した、BonBonことESS3201型電気機関車

最新ニュース欄でお伝えしているとおり、先日深夜試運転を行ったBonBonですが、それは9月27日のKAI創立記念行事に先立ってのもので、26日夜、再びManggaraiからKotaへ自力回送され、27日から展示が始まりました。記念式典は27日の創立記念日に行われるのが通例ですが、今年は土曜日に重なっているため、前倒して実施がなされたようです。なお、当初予定では28日まで展示自体は行われるとのことでしたが、27日午後にはデモ走行(これが見たかった!!)も兼ねて、Manggaraiに収容されてしまったようです。

動態復元後のBonBon初の試運転から約1年近いブランクが空いたわけですが、ようやく公の場でBonBonが公開される運びとなりました。しかも場所はJakartaKota。となれば、自ずと終電後回送があるわけで、久々に動くBonBonが見れるぞ!と意気揚々会社を脱出し、Manggarai方面に進んだわけですが、何故か今回はManggarai20時発という中途半端な時間・・・。しかもこういうときに限って定刻発車。

Dsc_0157
夜のコタ駅にBonBon現る!しかし既にパン下げ・・・。

Dsc_0174
ESS3201の銘板

これではManggaraiに向かっても仕方がないと、直接Kotaへ回ったわけですが、時すでに遅し。BonBonは3番線に到着後でした。そして前述の通り、返しも午後に行われたということで、今回走行は全く拝むことは出来ませんでした。まあそれでもJakartaKotaでBonBonを撮れる機会などそうそうないと思われ、再度朝に出撃して参りました。

今回のこのBonBonの展示は、おそらく現在オランダ大使館で開催中のインドネシア鉄道展と連動しているものと思われ、また同じく開催中のJakartaKota駅クリーンアップキャンペーンでの一環でもあるようで、お子様向け?にBonBonを洗車しようというイベントもあわせて開催されていました。

Dsc_0317
こういうときに限ってKFWが来ない。新旧並びならず!

特に事前周知がなされなかったこのイベントですが、9時ごろになると、鉄道ファンやKAI関係者がわらわらと集まって来て、撮影会状態となりました。そして、それと並行してクリーンアップ作戦も開始!これが結構圧巻だった;;

Dsc_0291
1番線から12番線全線で一斉清掃が開始!!

というか、こんなに無駄な職員をよくも囲っておくなと思うのですが。ボランティアとかではなく、全てKAI職員或いはクリーニングサービス等のKAI子会社の人たちです。通常は何してんだか。

Dsc_0295
そして元気なおばちゃんたちからは撮影をせがまれましたね、やっぱり;;

私としてはJonan社長の登場を期待していたのですが、今回は現れませんでした。というのもこの企画はKAIのウェブサイトから閲覧できる、KAIのIndonesian Railway Heritage事業部?が主催しているようで(つまり、オランダ大使館のあれと連動していると見て間違いないでしょう)、本社は絡んでいないようなのです。

Dsc_0258
真ん中にいるサングラスの女性が例のRailway Heritageの代表者

ですから、Manggaraiの職員が来ているわけでもなく、知らない顔ぶればかりでした。ともあれ、KAIの中にそのような部署がしっかりあるとは思ってもいませんでしたので、今後も車両や駅舎の保存、また極めて情報に乏しい歴史関係の情報発信に努めてもらいたい(普段この人たちが何をしているのかが非常に気になります・・・)ものです。Purwakartaに電車博物館作りましょう!!

おまけ
Dsc_0308
KAI広報用のヤラセ写真XD


|

« 週間マンガライレポートVol.55 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.56 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

先日はお陰様で大変濃ぃ時間を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。

しかし後、数日居たらこんな情景をコタ駅で見ることが出来たのですね。
展示とは言え牽引ではなく自走でBonBonがやって来たのが凄いですね。
どんなサウンドがするのか聴いてみたかったです。

投稿: 茶 | 2013年9月29日 (日) 00時25分

<茶様

いえいえ、こちらこそ濃いぃ時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

しかしブログを拝見するなり、体調を崩されてしまったようで、心配しておりましたが、その後は大丈夫でしょうか?Jayakartaのガード下屋台、鬼門なんですかね?私はいたってピンピンしておりますが(笑)

BonBonの日中走行が見られなかったのが悔やまれます!!

投稿: パクアン急行 | 2013年9月29日 (日) 00時32分

パクアン急行さま

もしかして
Jayakartaのガード下屋台のナマズですか?

自分はナマズの力で翌日103系が動いてくれましたから・・・恩恵ですよ

腹壊したのは3日後ですし(笑)
せっかくジァヤカルタの水に慣れたのに、
帰国して日本の水が合わなかったと解釈していますよ。

投稿: Mr115 | 2013年10月 1日 (火) 00時10分

<Mr115様

はい、あそこのナマズです。ただ、今回ナマズではなく、アヤムバカルを食べたので、あの店に直接的原因があるようには思いませんが、なんだかジンクスになっていますね・・・。

もっとも茶様ご一行も、お目当ては全て達成できたようで、腹痛程度ならその代償も安いもんだと思いますよ(笑)

懲りずにまたいらして下さいね!

投稿: パクアン急行 | 2013年10月 2日 (水) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/53411905

この記事へのトラックバック一覧です: BonBonジャカルタコタ駅で展示(9月27日):

« 週間マンガライレポートVol.55 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.56 »