« K3-76~84系 8両、Purwakartaへ再び廃車回送される(7月19日) | トップページ | 【号外】7月25日全列車Commuterline(冷房化)へ! »

2013年7月23日 (火)

週刊マンガライレポートVol.46

Dsc_0045_r
先週末のゲート前!リバイバル三田線!!

なんと、BalaiyasaManggaraiやってくれました!6121Fに新デザイン採用です!諸悪の根源(笑)太帯化を見事断ち切ってくれました!そして警戒帯は“覆面レスラー”紋様にならず、メトロ5000系同様の単純明快なものに!まあこれまで太帯化を推進してきたのは主に東急車を担当するDepok電車区であって、ここのところManggaraiを出場する車両はKCJ車ばかりで、KAI車といえば先頭化改造車しか出ていませんでしたので、そもそもManggaraiとしては太帯化に関与していない、それだけのことなのでしょうが。なおノーマル顔が出場するのは昨年の103系E22以来でしょうか。それにしても、光の当たり具合かもしれませんが、従来のKAI色と比べると、やや明るい青帯のようにも見え、何か意識したのではないかなとも勘ぐってしまいます。

最後の全検出場となるやもしれない(そうならないことを願いたいですが)都営6000系ですから、Manggarai工場からのささやかなプレゼントかもしれません。現在、Manggarai工場には6121Fの他に隣に緑帯のままで写っている6201Fの他に6171Fも入場しており、3本ともこの塗装になることを願いたいですね。逆に日本でも、そろそろ1000系もサヨナラしてネタが切れそうな秩父鉄道さんとか、これやってくれないですかね??黄帯を足すだけで出来そうですし(秩鉄こそ赤いスカートもあった方が安全でしょう;;)。

というわけで、TMG6000系に何かと動きのあった先週の動きです。

Dsc_0345
6181F混色8連化!

編成不足の波はまたまた珍編成を誕生させました。なお混色8連といえば、昨年のラマダン時期にも6201Fが登場しており、その後消滅していましたが、奇遇にも再び発生したことになります。なお、8連化に際し、追加された2両の捻出元は6121Fの中間からではなく、6217F(Lakitan)から!

Dsc_0293_r
というわけで、転じて6217Fは4連化!

当然6217Fが8連化になるものと誰もが予想していましたが、6217Fが冷房整備のみで全検を受けなかったことから、仮にこの状態で全検を受けた6121Fの中間車を組み込んでしまうとその時期にずれが生じてしまうため、検査時期が近い6181Fに中間車を供出したものと思われます。しかし6連の姿を先週撮っておいて正解でした♪

6217Fを8連化すれば、6121F,6171F,6201Fがちょうど4連化出来るので、私もてっきりそう考えていましたが、まだまだ考えが甘かったようです。当然、この組み換えは暫定的なものであると思われ、6217Fが検切れとなる10月末には再度組成変更が行われ、6181Fを4連とし、6217Fが8連になるのではないでしょうか??そうすれば6121F,6171F,6201Fとあわせてオリジナル顔が4連4本となり、フレキシブルな運用をこなせるようになります。と、なると6121Fの中間車が2両余ってしまうことになりますが、予備として残すのか、或いは6281Fか6271Fを8連化するのか?まあ6121Fの出場の仕方次第で、行く末は決まるでしょう。

新組成は以下の通り(全検を通っていないため、新ナンバリングは実施されていません)

新6181F:6181, 6242, 6245, 6156, 6255, 6152, 6157, 6158
新6217F:6217, 6236, 6185, 6182

なお4連となった新6217FはMRI~AK間のFeeder運用に充当されておりました。

しかし6217Fの4連化にはさらに裏がありました。これがFeederに進出したことにより、KFW4連1本が浮くことになり、さらにDuriの乱に巻き込まれたKFW Ts1を復帰させ、4+4の8連を捻出。従来のTangerang線の4+4の3本に加え、Serpong線にもさらに4+4の1本を投入し、Bogor線Ekonomi削減分のCommuter運用を捻出しました。Serpong線への充当は4月上旬のUji Coba期間以来(今でも名目上は試験運用中ですが)の入線と思われます。時間の都合で撮影は出来ませんでしたが、運用復帰したTs1の画像を上げておきます。Ts1は単独でJAK~KPBのFeederで運用中でした。

Dsc_0661_r
KFWTs1運用復帰

破損した窓はアクリルではなく、運輸省規格の正規品が新調されていました。しかし投石で剥げたままの塗装が当時の暴動のすさまじさを物語っています。

なお週末のKFWの陣容は以下の通りでした。
TGR:Ts3+Ts7, Ts5+Ts9, Ts10+Ts2

SRP:Ts6+TS8

KPB:TS1

MRI収容:Ts4(屋根上出火編成)

その他車両関連では、メトロ05系104Fが6123F同様、PopMie広告を青色系のものに変更して運用に入っています。

Dsc_0843_r
ラッピングを変更した05‐204

車両の動きはこんな感じ。

さて、画像を見ればもうお分かりと思いますが、Duriの線路市場、ラマダン入り後初の日曜ということで、今までに無く元気でした(撤去前に比べたら明らかに劣りますが)。「よってらっしゃい、見てらっしゃい、安いよ安いよ!おっと3番線をTangerang線が通過だ!ご注意下さい!」と木にスピーカーくくり付けて威勢の良い店内?放送まで流れ、大いに賑わっていましたね。ホームからは警備員と軍隊が目を光らせていましたが、ラマダン中で遠慮しているのか、衝突には至りませんでした。撮影している私も、ヒヤヒヤでした(Tシェル様、あの後大丈夫でしたか?)。昨年のように、強制撤去の制裁が加わるのは、レバラン明けではないでしょうか。

この週末、当方がDuri方面に向かったのは訳があり、当然それは改修工事が開始されたというTanahAbangとそれに伴う運行変更の確認。もし、Banteng線のEkonomiLocalがDuri,Angke始発になるならば、昨年そうだったように、環状線外回り(JNG~KPB~THB方面)はDuri3番線発着になるはずであり、線路市場で最もカオスな3番線・2番線間の渡り線を恒常的に日本型車両が通過するという夢のような光景に再び出会えるはず!と淡い期待を抱き向かったわけですが、無念、Banten線EkonomiLocalはTanahAbang始発で変化なし。公式ガセ情にやられましたね。しかし、市場が人で溢れかえっているのは大収穫でした。

Dsc_0628_r
とりあえず、定期で1日1往復だけある渡り線通過シーン

Dsc_0138_r
とにかく人、人、人!ここまで賑わうのは久しぶりに見ましたね

Dsc_0244
103系も市場を通過!(BUD貸し出し時に編成が方転しています)

Dsc_0530_r
いつまでの残ってもらいたい風景ですねぇ

なお、Tanahabang駅改良工事関連ですが、その後の情報によると7月23日より実施とのこと(日曜日には案内すら出ていなかったのに・・・)。これにより既報の通り、Banten線EkonomiLical(Patas,Kalimaya含む)はDuri又はAngke始発となり、TanahAbangは通過。ComuterLineは停車するものの、逆にAngkeは通過(改良工事など口実で、効果が得られれば以後これで定着しそうな気がします;;)さらに!Angke折り返しのFeeder及び一部CommuterLineはKampungBandan始発に変更。一部?Feederはこれにより、JakartaKota~KampungBandan~TanahAbang~Manggarai間の運転に経路を変更するとのことです。

Krakatau
Merak~Madiun間に登場するEkonomiAC KRAKATAU

加えてBanten線関連では7月24日に6月より冷房化されたRangkasJayaACを15000Rp.に大幅値上げ(停車駅もKalimaya並みに変更??)が実施されますので、今週はSerpong線を中心に大幅な混乱が予想されます。なお同じく24日からレバラン対応の臨時列車(そのまま定期に昇格?)として、Merak~Madiunというトンでも列車が登場します。噂があった新製冷房Ekonomi客車はKalimayaではなく、この列車に充当されるようです。主な駅の時刻などわかりましたら、またお知らせいたします。

今週は以上。

|

« K3-76~84系 8両、Purwakartaへ再び廃車回送される(7月19日) | トップページ | 【号外】7月25日全列車Commuterline(冷房化)へ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

7月21日はなかなか盛りだくさんで収穫の多い撮り鉄でした。Duri駅の警備員は友好的で、ホームによじ登るのに難儀している私を引っ張り上げてくれました。「パクアン急行」様がDuriで線路市場を走る電車を激写している雄姿を写真に収めてありますのでアドレスを頂けたらお送りします。

投稿: T-シェル | 2013年7月23日 (火) 06時52分

6月30日のDuri市場に比べて何倍も賑っていますね~

Duri市場を行く103系のスナップは
なんとも羨ましい描写で、私の課題です!

投稿: Mr115 | 2013年7月24日 (水) 00時06分

<T-シェル様

こんばんは。まさかマンガライ駅でバッタリお会いできるとは思ってもいませんでした。しかし遠目からは警備員に連行されているようにも見えましたので、ヒヤッとしましたが、何ごともなくよかったです。お写真頂きました。ありがとうございます。またどこかで会える日を楽しみにしております。

投稿: パクアン急行 | 2013年7月24日 (水) 02時08分

<Mr115様

そうですねぇ。ラマダン中というのが大きいでしょう。しかも神聖な月ですので、下手に暴動も起こせないので、軍隊も見守っているだけで、何も手出ししてきませんし。怖いのはレバラン明けですよ・・・。

是非とも次は低運転台側に挑戦して下さい!

投稿: パクアン急行 | 2013年7月24日 (水) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/52566612

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.46:

« K3-76~84系 8両、Purwakartaへ再び廃車回送される(7月19日) | トップページ | 【号外】7月25日全列車Commuterline(冷房化)へ! »