« 【号外】7月25日全列車Commuterline(冷房化)へ! | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.47 »

2013年7月27日 (土)

【Ekonomi廃止】7.25ジャカルタ通勤パニック!?【Angke駅休止】

Dsc_0551
Ekonomi廃止による遅延とFeederLineの削減により、KKWですら積み残しが発生している(環状線直通JNG行き Manggaraiにて)

既報の通り、突如Ekonomiが廃止され、7月25日より全列車CommuterLineでの運行が始まったBogor線・Bekasi線(これにて全線のEkonomiが全廃!!)。KCJが事前告知をしなかったことに加え、神聖なラマダン期間中ということもあり、予想されたデモなどの暴動は発生しませんでしたが、当然各駅はセキュリティーを増員して厳戒態勢が敷かれています。しかしながら、定員が元々多く(2900mmの幅広かつ21m級の大型車ですからね)、屋根上乗車も事実上可能なEkonomiが廃止されたことから、CommuterLineには従来以上の殺人的ラッシュが連日続いており、乗客と鉄道会社は一触即発の状況に近いといっても過言ではないでしょう。ここ数日、朝ラッシュ時のウォッチングとKCJ本社に突撃してきましたので、レポートいたします。

Dsc_0044_r
7月25日 4AM KCJの歴史に新たなる1ページが刻まれる?・・・

25日始発のBogor駅。人知れずEkonomi用の窓口が閉鎖されているものの、やっぱりアナウンスはなし。改札横の時刻表には未だEkonomiが表示してある始末。ですから当然Ekonomiがあるものとやってきて、右往左往する人たちがちらほら。その中で一番のとばっちりを受けたのが、上画像右端に写っていますが、毎朝ジャカルタに通う行商の方々。改札外では足止めを食らい、呆然と立ち尽くしておりました。始発のEkonomi4:27発に乗る予定だったのではないでしょうか。規定でCommutlerに行商人は乗れません。さらに一部は改札を突破した方も見受けられましたが、構内でセキュリティーに捕まり、Ekonomiは廃止されたとの旨を伝えられ、どこかに連れて行かれてしまいました。Banten線のEkonomiLocalもそうですが、Ekonomiは単に低所得者層の足ではないわけで、行商利用というのもその一角を占めていたのです。諸外国に顔が立たないと言うかの如く、彼らをまるで非人を扱うかの如く追い出すというのはいかがなものでしょうか。Jonan総裁(いやもっと国家レベルかもしれませんなぁ)の意向に沿わない者は排除する。おおよそ民主主義国家がやっていることとは思えません。行商人はその大きな荷物から、バスに乗ることも出来ず、果たして彼らはどうやって今後移動手段を確保するのでしょうか?

Dsc_0083_r
Bogorの朝は早い 5時過ぎにはピークが始まります

構内に入ると、まあわかりきったことですが、人人人。交通事情の悪いジャカルタはとにかく朝が早いのです。これでは15時やそこらで仕事を切り上げて帰ってしまうというのも納得は出来ますね。8線分全て埋まっていた電車たちも続々発車してゆきます。しかしながら、さっそくDipoからの出庫電車の整備が間に合っていない(8610F)とかで、431レが出庫できず、次に出庫する6151Fをその後代車で出したもののさっそく30分の遅延。当の8610Fはその後本来6151Fを充当すべき列車として出庫していったものの、Bogor電車区の予備車は25日以降ゼロであり、大きなトラブルが出た場合は、運休も免れません。

5時前後になると改札口からは滝のように人の流れてきます。見たところ、順調に列車は発車して行きます。見ものはこの後で、5:23,5:30と元Ekonomiの列車が続くのです。しかし至って混乱は無く、Bogorの時点では平和でした。Ekonomi廃止を嗅ぎつけた新聞記者らしき人間も居り、デモが起きるとしたらBojongGedeかCitayam(屋根上常連客、アタッパーを大量に送り出している駅ですから)ですかねと言うと笑っていました。

その後はしばらく順調で、Bogor発車の時点では遅れはややあるものの、問題なく発車しておりました。そしてようやく夜も明ける頃、Dipo出庫列車が6127Fで入線。相変わらず多摩急行でしたので、貼っておきます。

Dsc_0151_r
次々発くらいなので、まだ乗客はまばらです

その後も非常に平和的なBogor駅で、Ekonomiからの置き換え列車449レをはさみつつ、6:43発の849レにはなんと103系が充当!既にこの電車、Manggarai着が7:46であり、最ピーク帯を外れた列車であるので、せっかく103系ですし、これにて撤収することに。

Dsc_0232_r
E21編成ご登場♪

当然座席はすぐに埋まってしまいますが、Bogorの時点ではまだまだ車内には余裕があります。しかしCirebut,BojongGede,Citayam,Depokとドドっと流れ込み、Depokの時点で車内は寿司詰め状態。この先出口はずっと右側ですので、当然左側のドア脇にDepokで押し流されないようにへばりついていたわけですが、この先各駅での乗車が加わり、かなりの圧力を感じたのは言うまでもありません。途中駅で降りるのはのぼ不可能な状態。この時間の電車ですと、どうにか動けるくらいというのが頭の中にありましたので、やはりEkonomiからの置き換えで混雑は悪化しているなぁとの印象を受けました。それでもManggaraiには定刻から5分遅れで到着したのは上出来でした。

Dsc_0335_r
この様子だと当分活躍が見込めそうですね♪

と、まあなんとか回っているのか、という印象を受けたものの、ならば、最ピーク帯を見ない手はないと、翌日も懲りずに出撃;;

某駅にて、先ほど申しましたBogor5:23,5:30発の441レ,829レを待ち構えることにしたのですが、何?まだCitayamを出ましただって??既に15分近くの遅れ。しかも829が先に来るらしい。実際のところは車両故障なのかなんなのかわかりませんが、おそらく考えるに、ドア閉め発車徹底令により、各駅で発車出来ず遅れが拡大、それが更なる混雑に拍車をかけるという悪循環に繋がっているのではないかと・・・。そしてやってきたのはデビュー間もない6133F!運用開始早々お疲れ様です!といったところですが、驚くべきことにドアが一部開いている・・・。どうも、しびれを切らして、見切り発車したみたいですね。6133Fが早々に故障することもないでしょうし、やはり遅延の原因はドアが閉まらないことにあるというのは濃厚なわけです。(写真撮れば良かったのですが、臨戦態勢で余裕がありませんでした;;)

Dsc_0384
Ayo!Naik atas!

ここでどのドアももう閉まらないのが確実となり、とりあえず1駅はドアのところにしがみついていたものの、次駅での乗車を考えると、これは死ぬと思い、屋根上に避難;;(※真似しても問題ないですが、自己責任ですよ)それほどの混雑なのです。最新の6133Fだからいいものの、これが都営6000とかだったら、地獄ですよ。ある意味、風通しの良いEkonomiの方がマシです・・・。

元Ekonomi列車がここまで異様に混雑するのには理由があって、どうもEkonomiの乗客にはコミュニティーが存在して、毎日同じ人が同じ号車に乗るという慣わしがあったようなのです。当然屋根上にも指定席があったようで。ですから、彼らがそのまま同じ列番のCommuterに移り変われば、、輸送力はパンクするわけです。(逆に彼らが何故屋根上に乗らなくなったのかが大いに疑問でもあるのですが←譲渡車のほうがはっきり言って登りやすい)皆さん、屋根に乗って、KAIに一泡吹かせてやりましょう。

なんとか無事(Tebetからは下車が続くので車内に戻りましたよ)にManggaraiに到着。本数の少ないJatinegara行きということで、再びドアが閉まらなくなりますが、もはやこれ以上の遅れは出せまいと、それまでは中には入れやなんやかんや放送で言っていましたが、しびれを切らした信号さんから発車許可が出て、そのまま出発。

Dsc_0472
これは非常に危険な状態;;車内も車内で灼熱地獄;;

そして後続に441レらしき列車が入ってきて、やはりこちらも絶賛ドア開放中。ここまで凄まじい開き方はなかなか今までも無かったですよ・・・。しかしこれもSilahkan Berangkatとやはり背に腹は変えられぬのか、黙認で発車。

Dsc_0479
JakartaKota行きでここまでの混雑というのは尋常ではありません

しかしながらこれ以後の列車を見ていると、特にJatinegara行きが非常に混雑しておりますが、完全ドア閉めは徹底されておりました。遅延が拡大すると逝ってけになるみたいですねぇ。ただ、その後問題になっているみたいですね、内規違反だと・・・。週明け、どうなるやら、です。

何が「乗客の事故を防ぐためにCommuterはいつもドアを閉めており、屋根の上に上ることや、窃盗や痴漢などの犯罪も最小限に抑えることが出来る。」だぁ??よくもまあ、こんな大法螺をずけずけと書けるものですね。仮にEkonomiの乗客は悪い連中ばかりだったというのであれば、その連中が乗り込んだあんな殺人的混雑、まさに犯罪の温床でしょうが。それとも先ほどの行商のようにEkonomiは乗客ごと抹消したとでもいうのでしょうか。いずれにせよスジの通らない、聞くに堪えない言い訳であります。

とりあえず、以上がEkonomi廃止に伴う朝ラッシュの状況です。Ekonomiがあってこそ、今までは成り立っていたというこのなのですね。それを増発もせずにただ置き換えるというのは、我田引水もいいところです。

続いて、忘れてはいけないのが、25日に先立ち、24日に修正されたManggarai発のFeederLineの時刻改正。これは既出の通り、TanahAbang駅改修工事による一連の運行形態の変更(やはりそれは建前だけで、裏があったわけですが、それは後述 ※なお運行形態の変更については当該ページを参照下さい)で、Angkeの折り返しが出来ない関係で、どうせKampungBandanまで行くなら、そのままJakartaKotaまで直通してしまえ!ということなのか、区間が朝夕に限り、Manggarai~TanahAbang~JakartaKota間に変更になり、JakartaKota~KampungBandanFeederと統合され、あわせて3運用でこの区間を賄うようになりました。従来は一部時間に限りTanahabangで折り返しさせていたこともあり、運行本数は減っています。これにより環状線直通電車の混雑に拍車をかけているのです。

この点に関しては、KCJ担当者の話も交えて、次回のManggraiレポートにてお知らせいたします。Ekonomi廃止については、もはや堂々巡りで埒があきませんので、もはや掲載するまでもありません。

|

« 【号外】7月25日全列車Commuterline(冷房化)へ! | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.47 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

すごい事になっているようですね〜
103系低窓、良いですね(^^)v
低窓が走っているところを撮影した事がないので、羨ましい限りです。

投稿: masa | 2013年7月30日 (火) 23時15分

<masa様

コメントありがとうございます。Ekonomi廃止の代償は計り知れないものがありますが、103系が恒常的に運用されるようになったというのは、なんとも皮肉な話です。しかしあくまでも繋ぎ的なものであり、この夏が最後の花道になるかもしれませんね。

投稿: パクアン急行 | 2013年7月31日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/52635214

この記事へのトラックバック一覧です: 【Ekonomi廃止】7.25ジャカルタ通勤パニック!?【Angke駅休止】:

« 【号外】7月25日全列車Commuterline(冷房化)へ! | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.47 »