« 都営 新6151F出場試運転(6月13日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.41 »

2013年6月14日 (金)

ジャカルタモノレール(仮称)先行試作車、モナスに見参!

Dsc_0926
突如現れたモノレール車両にビックリ仰天!現地ファン曰く顔はメトロ15000に似ているらしいですが、当方としてはゆいれーるにしか見えない・・・

既報のとおり、車両供給元が中国北車集団、長春軌道に決定していたジャカルタモノレール線ですが、そのプロトタイプとなる車両2両が6月上旬、TanjungPriokに人知れず陸揚げされていたようです。またそれに合わせて今後各地で計画が浮上しているモノレール計画に参入するため、INKA社ではモノレール専用プラントも完成しており、同車からも旅客用第1号(?)となる試作車が先日Madiunからジャカルタに陸送。そして両車とも、展示のためモナス(Gambir駅)前広場に到着しました。

Dsc_0940
ジャカルタの未来を牽引出来るか!?

昨年暮れから矢継ぎ早に進み始めたモノレールの建設再開。レール敷設なんて、ほとんど再開出来ていないのに、車両だけ持ってきてどうするのでしょうか。ジョコウィ知事の肝入りか?デモンストレーションをして、公共交通政策のアピールといったところでしょうかね。

Dsc_0949
長春は駅のシステムもセットで売り込むのでしょうか?パビリオンとして完成が楽しみですね!

Dsc_0964
こちらはINKAのブース。チナに比べて地味ですな・・・

Dsc_0945
しかし車両は相変わらずの新幹線・・・ 形だけ一丁前ですぐ壊れるというのは、いい加減やめてくれ・・・ 長春の方がマシだと思うのは私だけ?

Dsc_0968
でも、INKAは軌道も展示しますよ;; 車体つり上げが見たいですねぇ~

ジャカルタ初となる都市型軌道交通。既存のKRLもそうですが、頻発する車両トラブルが、不安定な電力事情にあることが明確になった今や、このモノレールが果たして、ジャカルタの公共交通を担うことが出来るのか。だからといって、名ばかりバスウェイ、trans jakartaの輸送能力も運営能力も、もはや限界でこれ以上くだらない路線を増やしても焼け石に水。MRTは起工式は行われたものの、すったもんだで一体いつ出来るのかわからないMRTですから、とりあえずモノレールの運営をしっかり軌道に乗せて、次のMRTに繋げてもらいたいものですね。

これ以上の自動車の普及阻止に待った無しの状況なのですから。

おまけ

Dsc_0919
チナパビリオンで働いていたクレーンが中古車でした;;

|

« 都営 新6151F出場試運転(6月13日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.41 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

一度は頓挫したモノレール整備がまた動き出していたのですね! 軌道の敷設も終わらないのに車両だけ搬入とは驚きました。

長春軌道の供給ということは日立製作所の技術がベースになっていると思いますが、やっぱり見た感じは日本のモノレール車両にそっくりですね…。
果たしてこのモノレールが成功するのかどうか、今後の動向についてしばらく目が離せなくなりますね。

投稿: 野津田車庫 | 2013年6月16日 (日) 21時59分

野津田車庫様

昨年夏以降、突如計画が動き出しました。建設主体は従来と変更になっており、既に建設済みの部分については、新しい事業主に有償?譲渡して、建設を再開する模様です。またこれとは別にジャカルタ市内にモノレール網を作るというバカな計画も上がっております。しかし車両が到着したということで、今度は頓挫することなく、とりあえず開業はするのでは?と期待しております。

長春というのは日立が技術供与していたんですね。どおりで、ゆいレールそっくりなわけですね・・・。

投稿: パクアン急行 | 2013年6月17日 (月) 01時32分

こんばんは、度々コメント失礼します。

最初のモノレールの計画では環状線(グリーンライン)と市内を東西に結ぶブルーラインの2路線だったかと記憶していますが、何時の間にやら随分壮大な計画になっていたんですね! 電力事情の問題もある中で、開通出来てもキチンと運用出来るのやら。


ところで、計画が具体化した平成12年当時のニュースを見ていて知りましたが最初の計画では日立製作所がこのモノレールを手掛ける予定だったようですね。
よりによって、重慶軌道交通の建設で日立が下請けになり技術供与した長春に取られてしまうとは皮肉という他ありません。

投稿: 野津田車庫 | 2013年6月17日 (月) 21時10分

野津田車庫様

いえいえ。といっても、壮大な妄想であって、実現可能性は極めて低いでしょう。とりあえず作るのは、初期計画の1路線ブルーラインだけです。ちなみに壮大な方はこのブルーラインとは互換性が無く、別システムのようです。仮に作ればの話ですがね・・・。

ちなみに車両の件ですが、リンクを頂いている西船Junction.com管理人様によると、このモノレール、ジャカルタ向けではなく、長慶モノレール車両をそのまま持ってきているとのことで、展示終了後は長慶で使用されるというオチでした。ですから、ブルーラインすら、完成するのかどうか、不透明なことには変わりはないようです・・・。

投稿: パクアン急行 | 2013年6月18日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/52038719

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタモノレール(仮称)先行試作車、モナスに見参!:

« 都営 新6151F出場試運転(6月13日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.41 »