« 不定期更新 月刊デポック通信(2月分) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.27(8618F改番情報追加) »

2013年3月10日 (日)

KFW Ts5,6、Tangerang駅で過走(3月8日)

Kc4a0206
掲題の通り8日夜、KFWがTangerang駅で特攻し、車止めを破壊しました。Kotaの車止めなんて、しばしば推進運転の客車に破壊されてますので、別にお知らせすることのほどでもないとは思ったのですが、車両が車両だけにとりあえず報告しておきます。

最新ニュース欄でお伝えしているとおり、KFWの耐久試験が編成を入れ替えた上で継続されています。今週より充当されているのは、Ts3,4とTs5,6の2本。長らくManggaraiのストックヤードで雨ざらしだった編成です。12日までTangerang線、13日からはSerpong線での試験が予定されております。

今週から再びKFW同士の離合が見れるようになると思っていた矢先、まさかの事故です。KAIの運転士が操作を誤ったのか、それとも車両の不具合だったのか、全く公表されておらず、それどころかKAIとINKAで再び一悶着起こりそうな雰囲気で、個人的に聞き出すのも不可能な状況です。一応、残るTs3,4で試験は続けるようですが。

まあこんな状況ですので、何も情報が上がってこず、仕方ないので仕事あがりにTangerang線に揺られ、行ってきた次第。初め聞いたときは、盛大に突っ込んでしまったのかと心配でしたが、ホームを破壊するには至らず、車止めを壊した程度で済んでおりました。しかし当該編成はすでに運用から離脱しており、メトロ車に置き換えられておりました。この程度でも少なからず損傷は受けているはずで、インドネシアの威信をそんな姿で走らすわけには行かないのでしょうね。ブレーキの不具合ならなおさらですし。

KAI側から消せ!と通告が来ましたら、この記事は削除しますので悪しからず。

おまけ

Kc4a0203
昼間の賑わいとは裏腹に、すっかすかのTangerang線の夜。改定ダイヤは理に適ってますね。Bogor線民には羨ましい限り!

なお、すでにTangerangから戻る列車は無いので、真っ暗な駅前からAngkotとバスを乗り継ぎ帰宅・・・。

|

« 不定期更新 月刊デポック通信(2月分) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.27(8618F改番情報追加) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/50680440

この記事へのトラックバック一覧です: KFW Ts5,6、Tangerang駅で過走(3月8日):

« 不定期更新 月刊デポック通信(2月分) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.27(8618F改番情報追加) »