« Bogor線/中央線下りダイヤ(2011年12月改正修正版) | トップページ | イモムシ8連になる、他(2月15日) »

2013年2月13日 (水)

6105F,6127F Yokoso TanjungPriok!③(2012年11月17日)

Dsc_0310_r_2
今更~な話題ですが・・・。前回のマンガライレポートでお伝えした、KFWのMaja入線試験、結局月曜夜はKAIから許可運行が降りず、Batal!そして今日の夜に延期とのことでしたので、朝から気合を入れて、今か今かと待ちわびていたわけですが、またもやBatal!またか・・・といった感じですが、一番KAIに翻弄されているのはINKAのスタッフさんですね。先週水曜あたりにジャカルタ入りされて、月曜の夜にはMadiunに帰る予定が、休日返上で1週間延長らしいですから・・・。


というわけで、私としましても、エネルギーが有り余っておりますので、遠い過去の記憶を蘇らし、TanjunPriok最後の決闘!といきましょうか。6105Fも先日Depokに回送されましたしね。

なお、6105F,6127F Yokoso TanjungPriok!②はこちらからどうぞ。
http://krl-jabodetabek.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/6105f6127f-yo-1.html

では6105Fの水切りに行く前に、ここからですね。

Dsc_0233_r_3
松戸行きに乗ったはずが、こんなところに!?

冗談はほどほどにしておいて、6127Fの水切り・陸送を一通り終え、そのまま甲種輸送に便乗し、TanjungPriokに到着。時刻は午前0時半。これまでのTanjungPriokの長期戦を考えれば、まだまだ早い方。しかし運悪く翌日に早朝から一件仕事が入っていたため、ここで切り上げないとなると、寝ずにそのまま直行ということが想定され、一時はもう諦めようかとも思ったわけですが、気づくと返空のDjokoTingkirにちゃっかり乗車しておりました(笑)

そして再びTanjungPriokのバースへ。

先ほどのお立ち台に戻ると、ちょうど鉄板&休憩タイムも終わり、水切りが始まるところでした。ナイスタイミング!

Dsc_0309_r_3
船底から深夜のTanjungPriokの空へ飛び立つ6105。

夜の水切りは何度見ても幻想的で、やはり戻ってきて正解でした。

Dsc_0316_r_2
しばしの空中散歩。

Dsc_0330_2
今回も手際よく、トレーラーに積載されてゆきます。

1両あたり20分計算で行くと、残り9両、180分。作業終了は早くとも4時、か。うん。

すみません、途中棄権します・・・。

すぐにトレーラーは発車する気配でしたので、このまま6105をPasosoまで追いかけて、2012年度分最後の輸送劇の〆とさせていただきます。

Dsc_0027_r_2
船に別れを告げて・・・

Dsc_0038_r_2
埠頭を出て、Pasoso駅へ。

Dsc_0051_r_2
そしてついにレールオン!

長い長い旅がここに終ります。そして私としても9月24日から始まった、長い長い闘いに終止符が打たれました。そして残りの9両の輸送が無事終ることを祈るばかりでした。また次にここに来ることは果たしてあるのだろうか?などと当時は考えていたものです。

既報の通り、KCJとしては今後1000両超の中古車調達(そんな予算も出玉もどこにも無いわけですが)を掲げており、2013年度も引き続き譲渡が続く見込みです。次期導入車両のジャカルタ入りが楽しみでなりません。

今回の6000系60両輸送のレポートについて、もう最後の方はマンネリが続き、大変お見苦しかったとは思いますが、最後までお付き合いありがとうございます。

おまけ

一夜明けて、TanjungPriok駅構内

Dsc_0171_r_2
3本の6000系が鎮座しておりました。今となっては懐かしい光景です。

Dsc_0121_2
幕車2本並びもアツかったですね。

なお、2012年度調達の60両のうち、当方でレポートしきれなかった6113F分はリンクを頂いておりますKucing様が激写されておりますので、是非ご参照下さい。
http://blog.goo.ne.jp/seri8039/e/c0e8a7987b1b40685a72ce83d7fb0a97



|

« Bogor線/中央線下りダイヤ(2011年12月改正修正版) | トップページ | イモムシ8連になる、他(2月15日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

前回の記事から続きはいつ頃…?と思って拝見していましたが、やっと6000系輸送劇も完結ですか! ハードスケジュールの取材本当にお疲れ様でした。
ひとまずこれで日本からの譲渡は終了ですが、本当にこれが最後の祭りにならないことを願うばかりです。
それにしても、大した出物も無い現状で1000両も調達するとは言ってますが実現出来るんでしょうかね? 有力候補としては205系や東急8500系辺りがありますが、廃車のタイミングや数などそうそう上手く調達出来るとは思えないんですけどね…。

そしてもう一つ、電機子チョッパー制御の扱いにも苦労している現場で今後到着する国産の新造車(当然VVVF車になりますよね)がきちんと運用出来るのかな…と個人的にかなり気になっています。もっとも国産車の調子次第で日本車導入の声が更に高まればこんないいことはありませんが(爆)

投稿: | 2013年2月15日 (金) 00時09分

いつもご覧頂いているようで、ありがとうございます。なおお手数ですがハンドルネームの記入をお願いします。かれこれ3ヶ月近く前になってしまいますが、なにかと飛び込みネタが入ってきてしまい、上げそびれておりました。

1000両調達はKCJの妄想です。そしてVVVF車は既に40両到着(所属はINKA)しております。どうなることやら・・・・。

投稿: パクアン急行 | 2013年2月16日 (土) 01時06分

おはようございます、HNの記入を忘れて書き込んでしまいました。大変失礼致ししましたm(__)m

投稿: 野津田車庫 | 2013年2月16日 (土) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/49391915

この記事へのトラックバック一覧です: 6105F,6127F Yokoso TanjungPriok!③(2012年11月17日):

« Bogor線/中央線下りダイヤ(2011年12月改正修正版) | トップページ | イモムシ8連になる、他(2月15日) »