« Bogor線/中央線上りダイヤ(2011年12月改正修正版) | トップページ | 6105F、Depokへ。(1月26日) »

2013年1月29日 (火)

週刊マンガライレポートVol.21

Dsc_0990
祝!1060F黄縁+青カラー続投決定!

先週末のマンガライゲート前です。年末に全検入場した1060Fが早くもおよその検査を終了し、新たな装いでお目見えしておりました。東葉1000系というと、すでに他の2本が赤縁+青かつ、全面青色部分拡大という残念な結果になっておりますが、現場からの評判も芳しくなかったのか、従来の黄縁に戻りました。バティック柄は消えてしまったものの、まあ赤にならなくてよかったです・・・。またTMG6227Fがすでに8連を組成(おそらく)しているのが確認されました。両編成とも近いうちに試運転が実施されることでしょう。

Dsc_0977
また先日TanahAbangで水没した7123FもDjokoTingkirに押し込まれるかたちで収容されており、ちょうど全検時期でしたから、復旧可能ならばこのまま入場でしょう。05‐108FはDepokにいる(確認済み)ことから、もしかすると自走しており、逆に7123Fの方が、事態は深刻なのかもしれません。

Dsc_0007
ちなみについでにズームするとこんなものも見えました。改番されてますね・・・。

さて、この週末はもう約1ヶ月ぶりくらいにスカと終日晴れてくれましたので、久々に撮り鉄活動に勤しみました。特に依然として環状線のAngke~KampungBandan間が一部水没しているために、運転を見合わせており、お知らせ欄でも出している通り、Manggarai~Angke間とKemayoran~Jatinegara間で折り返し運転を行っています。前者については通常通りBogor線と直通運転を実施しておりますが、後者は上記区間のみの運転で、運休となっているFeeder用のKRLI1本ととその他譲渡車のいずれか1本の計2本が機織運用に就いています。ダイヤは基本的に通常ダイヤを踏襲しています。

これだけ見るとKemayoranの渡り線通過くらししか旨みはなさそうですが、忘れてはいけないのが通常PasaeSenen経由でJakartaKotaに発着している普通列車の存在。先週の日曜はまだJakartaKotaが浸水していたため、暫定的にPasaeSenen又はTanjungPriok折り返しだったようですが、その後JakartaKotaが復旧し、暫定的に中央線Gambir経由で運転を再開したのです!!つまり、黄色い黄害K3客車が堂々と、モナスや大統領宮殿、そしてJuandaのマスジットをかすめて高架線上を走ってくるのです!!これを逃す手は無い!!

というわけで朝から夕方までひたすら黄色い客車を追っかけておりました。当然合間にKRLも撮影しておりますが;;

以下は中身の無い撮影紀です。軽く流して下さい。

Dsc_0273

まずは朝イチに上って来るCikanpekからのKA277 EkonomiLocalを狙うためにJayakartaへ。実はもう1本この前にあるのですが、6時台ではさすがにしんどく、JakataKota発着である確証がなかったため(一部はTanjungPriok発着はなず)、厳密には2本目です。上り列車は基本的に逆光になってしまうため、ジャカルタの朝特有のスモックか曇りを願うしかないのですが、なんとか撮影。

Dsc_0261

ちなみにお目当てが来ない間は逆サイドで下りがラクラク狙えます。某ホテルからも近いですし、しばしば日本人が見かけられますが、くれぐれも本社からの回し者セキュリティにはご用心を。ホーム先端には幸いにも喫煙所がありますから、煙草でもふかしていて下さい。

Dsc_0317

約20分待ちでやってくる2発目のPurwakarta発KA275は日光が出てしまったため、あえなくホームから。まあ高架駅に滑り込んできた記録にはなったかな。

Dsc_0353

なお、Kotaが満線で先行のKRLもまだKotaに入っていないため、抑止中です。今、高架線に最も似合う05-104Fと黄色い客車が並びました。

さて、そろそろ場所を変えてもよかったのですが、実は早朝Kotaで確認したところ、謎の臨時CirebonEkspresがJakartaKota発で走るようで、ちょうど送り込み単機回送も通過したので、しばし待つことに。

Dsc_0373

また約20分ほど待つ(この時間はじゃんじゃん電車が来るので飽きないですね)と、爆煙を上げながらビジネス客車に食堂車の1両だけ黄色に客車を連ねたTbhnCirebonEkspresがやってきました。Cirebonまでは高速道路が途中一部区間未完成のため、Jakarta~Cirebon間は数少ない鉄道のドル箱路線であり、多数の列車が結んでいますが、案内も皆無で当然時刻表にも出ていないので、果たして乗客は乗っているのか??といったところ。そもそもこんな多客期でもないし、何故JAKK発?と疑問になりましたが、後々考えてみるとJakartaKotak客車区が一部浸水で収容力が落ちており、何らかの編成の置き場が無く、やむなくアルバイトさせているのかもしれません。客車はSolo所属でしたので、Seja Utama Soloあたりの編成ではないかと(確かビジネス主体の組成だったはず)・・・。数少ないJAKK発Gambir経由で走る特急、GajayanaやBimaの客車が何故かManggaraiで整備されてましたし。

さて、ではそろそろ撤収しようかと思っていると、知人から103がAngkeに居る!とのメールが入ります。ななな、なんと・・・・。この忙しいときに・・・・。

ちょうどやってきた6125Fで半信半疑でManggaraiへ向かいます。

まだ来る気配がないので、Manggarai構内から少し歩いて、環状線の分岐の先に行きます。と、来ちゃったよ。通常、警笛鳴らして走ってくるのでだいたい接近はわかるのだが、抑止で待ち伏せとか;;

Dsc_0434

まじめにManggarai構内で待っておけばよかった。あ~あ。
猛ダッシュで追いかけます。

Dsc_0443

8連ですよ!

Dsc_0453

逆光&後撃ちですが、ご勘弁下さい。

く、悔しい。

まあ今日のメインは客車!と気を取り直し、次のポイント、高架に上がる手前の踏切へ。

Dsc_0014
まずは練習、特急ArgoParahangan。めっきりビジネスの連結も少なくなり、寂しい陣容になってしまいました。

しかし時間になっても今度は現れません。それもそのはず、通常Kota~Jatinegara間の単機回送も中央線経由で行っているため、容量が目一杯なんですね。ロコが見えた!と思うと、後ろに何もついてない、なんてことが数回あり、ようやく来たと思ったらまたArgo・・・。でも合間合間にKRLの美味しい編成が現れてよかったですね。

Dsc_0037
KKWラッピングの無い唯一の8000系になった8003F♪

Dsc_0022
Ekonomiも白銀混結だとポイント高いですね(笑)

そしていよいよお目当てが。

Dsc_0129
まずはKota発Kroya行きKA142 Ekonomi(快速)Serayu。

Dsc_0184
この間に単回と電車を挟んで、お次のKA280 EkonomiLocal Purwakarta行き。

日本の中央線もびっくりなくらい続々と列車はやってくるのですが、きりの良いところで、ここは切り上げるとして、ネタは午後まで効率よく撮れないのでDepok電車区の橋へ久々に行ってみることにします。

Dsc_0270
おまけ 定期CirebonEkspresには冷改ビジネス(2等)の連結が始まっているようです。当然家庭用クーラーですが。この他にもGumaran(こちらには新造EkonomiACも併結!)にも冷改ビジネスの連結が確認されました。

Dsc_0342
さて、Depokに着きましたが、ここを書くと長くなるので、6105F配給関連とあわせて、後日レポートさせていただきます。ちなみに103が戻ってくることに淡い期待を持ちつつ、しばし待っていましたが、来ませんでした。

Depokのウォッチングを終え、まだ時間があったのでBogorへ行ってみるとにします。

Dsc_0545

まあ103は案の定寝ていましたね。電車区のスタッフに声をかけると、朝だけ運用のようで今日はもう出番はないとのことでした。残念。

というわけで、そそくさとBogorは後にして、Juandaへ急ぎます。発車間際でしたが、なんとか座席を確保し、大船をこいてしまいました。気づくとJuandaです。

ここで午後上りのEkonomiを狙うわけですが、某雑誌社の知り合いに遭遇。同じことを考えていたわけです。久々の再開で色々とおしゃべりをしていたのですが、なんとそんな中Ekonomiが早通;;しかもこういうときに限って放送をしないもんだから、2人揃って大失敗。

Csc_0682
白黒で誤魔化すとします(汗)。

本日2度目の失態。

しかしここから反撃が始まりました。とりあえず、記者さんと共にManggaraiへ戻るのですが、なんとほどなくして列車が通過しますのアナウンス!

Dsc_0586
臨時CirebonEkspresが帰ってきた。ビジネス客車とて通常日のあるうちにこのマスジットの前を通過することは滅多にないですから、良い記録になりました。

そしてManggaraiへ。何故わざわざ戻ったかというと、これ。

Csc_0654_2

Merak~Bekasi間の石炭貨物。通常はスイッチバックの必要ないTanahAbang~PasarSenen~Jatinegara経由で運転していますが、浸水の影響でTanahAbangでスイッチバックを行い、Manggarai経由で運転されているのです。

Dsc_0744

続いて通常Manggaraiには現れない青い冷房車のMalang行き(急行)Majapahit。新製冷房エコノミーの増備を受けて昨年9月のレバラン輸送に登場した列車です。中央線民にとっては極めて馴染みの薄い列車(Jakarta口の青エコノミーはこれ以外はPasarSenen発です)ですので、自然と気合が入ります。

Dsc_0756

しかも3番線を通過させず、7番線から構内を大横断します。

さらに全くノーマークだったK3客車が現れました。時間から考えるとTegal行きKA148 Tegal Arumか??

Dsc_0049

朝ラッシュ時はともかく、昼間はそこそこゆとりのあるManggarai駅ですが、環状線の迂回運転のため、本当にひっきりなしに列車がやってきます。

お目当てがなくなったので、Juandaにリベンジに行こうかと思っていたわけですが、なにかと美味しい電車がやってきます。

Dsc_0702
203が3連チャンでした。

Dsc_0723
KKWラッピングなしの6125F 白幕なのが惜しいです。

そんなことをやっていると、前方からなにやら赤いロコが。単回?と思いきや、2本目の石炭貨物!一応スジは引いてあるのですが、走ったり走らなかったりの2本目。今日は石炭が大漁なのか、運転されているみたいです。そして先頭に立つのは赤釜。おっしゃー!

Dsc_0882

線路際住民のガキンチョがはしゃいでいるのは気にしないでください(笑)

もうこれ以上のサプライズは無いだろうと、Manggaraiから撤収し、リベンジJuanda!

まだ日のあるうちに実はもう1本黄色い客車が上ってきます。お願いだから遅延しないでくれ!

Dsc_0196

と願いが通じたのかほぼ定刻で通過。朝撮影した(快速)Serayuの返しです。日が傾いて顔が陰ったのはまあ致し方ないでしょう。

こんな感じで、久々のジャカルタ撮り鉄活動を終えたのでした。このあとはFeeder区間の浸水状況をみてお開き。

Dsc_0291
海抜0メートルに極めて近いKampungBandanに向けてどんどん水に沈んでいく線路。まだまだ引きそうにないですねぇ。

Dsc_0282
年がら年中水に浸かっており、ろくなメンテナンスも出来ていなそうなJakartaKota客車区も今回の事態は重く受け止めたのか、北側半分は使っていないようですね。

ちなみにこの間に103系が高架上をBogorに向けてスーッと通過。今日はもう動かないと言ってたじゃないか!!

こりゃ、早いとこ103をしっかり取らないと気がすまないですね;;

|

« Bogor線/中央線上りダイヤ(2011年12月改正修正版) | トップページ | 6105F、Depokへ。(1月26日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お礼が遅くなりましたが、昨年はありがとうございました。

103系が8連で走り始めましたか・・・「東京」幕が先頭に出ていて最高ですね。撮影が出来て羨ましい限りです。

今後のレポートを楽しみにしております。

投稿: まさ(masa) | 2013年1月29日 (火) 21時28分

<Masa様

こちらこそ、ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。今週に入り、103系は連日充当されているようですが、編成に余裕が出来れば再び予備編成になることも予想が付きます。ご訪問はお早めにどうぞ!

投稿: パクアン急行 | 2013年1月31日 (木) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/49019370

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.21:

« Bogor線/中央線上りダイヤ(2011年12月改正修正版) | トップページ | 6105F、Depokへ。(1月26日) »