« 週刊マンガライレポートVol.18(新春特大号) | トップページ | Cinaの乱再び+スマトラ向けKRD試運転(1月14日) »

2013年1月15日 (火)

週刊マンガライレポートVol.19

Dsc_0672
何も居ない週末・・・。

1週間前にはあれほど賑やかだったゲート前ですが、東西軍団の姿も消え(05-107Fのアタマは再び林の中へ戻っておりました・・・)、スッカラカン。KRDも姿が消えましたので、もしやすでにPasosoに回送されたのかと、思っておりましたが、その後試運転が行われましたので、奥に入っていたようですね(追って報告いたします)。

Csc_0058

Csc_0059
さて先週の動きと言えば7122Fが装いも新たにデビューを果しました。

このところ、毎日雨が降り続いており、あまり線路際に行く機会が無く、結局103は見ずじまい。結局のところ、7122Fが出場する前の数日間だけ動いただけのようですね・・・。連日103が動いているという保障があれば嵐でも行ったわけですが;;残念。それでもE20+E22はDepokには戻らず、万一のときに備えてBogor電車区で8連のまま待機しているようです。

Dsc_0723
7122Fの出場で、デビュー時の姿で残る7000系は7121Fと7123Fの2本に。だいぶ色褪せてしまいましたが、KKWラッピングなし、銀縁の姿の撮り収めはお早めにどうぞ。

車両的にはネタに乏しい先週でしたが、週末頃より環状線のKanpungBandan~Rajawali間で橋梁架け替え工事のため、単線運転を行っております。そのため環状線のダイヤはズッタズタとのことで、さっそく見てきました。ただでさえ、長雨でジャカルタ北部は連日浸水しており、Angke~KampungBandanはその影響で運転見合わせか徐行運転が頻発しているというのに、このタイミングで工事をやるか!?お上の考えることはホント理解できませんねぇ。

Dsc_0119
Kotaに出ていた運休のお知らせ。Serpong,Tangerang方面へはMangaraiに迂回しろとのことです。

この日も北部は洪水で、信号機器がやられたのか、水が引いた後も徐行運転。そして、この工事の影響のダブルパンチ。

Dsc_0081
AKの1番線に入った時点で、こりゃ打ち切りだと思い、乗務員に聞きに行くと、JNGまで行くと頑固に仰っておりました。が、結局当方の勝ちでした(笑)

興味本位で、会社帰りに電車に飛び乗ると、私が元々乗っていた電車はAngkeで運転打ち切り。そして後続のJatinegara行きに乗り換えたものの、KampungBandan手前で何分待たされたことか、結局ManggaraiからKampungBandanまで1時間半もかかりました。

Dsc_0112
わかる人はわかるこの画像。進行方向が出るかなと、流しては見たのですが、私の腕では無理がありました。ちなみにKampungBandanです。

一応、単線運転の証拠写真上げておきます。公算ではなんとか日のあるうちに、工事区間に入りたかったのですが、タイムアップ。工事はまだ続くでしょうから、時間があったらレポートいたします。

Dsc_0115
よくよく考えれば日没したおかげで、流す必要なんてなかったわけで。夜になれば自然とヘッドライト付けますからねぇ。

もうおわかりですね?

|

« 週刊マンガライレポートVol.18(新春特大号) | トップページ | Cinaの乱再び+スマトラ向けKRD試運転(1月14日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/48755637

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.19:

« 週刊マンガライレポートVol.18(新春特大号) | トップページ | Cinaの乱再び+スマトラ向けKRD試運転(1月14日) »