« 05系104F営業運転開始(12月28日) | トップページ | タンゲラン線増発ダイヤ(2012年12月10日修正) »

2013年1月 2日 (水)

TM6127F Depokへ。(12月29日)

Dsc_0544_r

水切り順に6105Fより先にやってきた6127F

新年一発目は消化不良だった昨年末のネタから。

先日、マンガライ工場を俯瞰したときには5両、5両に分割されていた6127Fですが、年の瀬も迫ったこのタイミングでDepok電車区へ配給され、現地化改造が始まりました。なお、マンガライ工場からの出庫シーンはリンクを頂いているKereta dan Kucning様が激写されたとのことですので、そちらの更新をお楽しみに。ちょうどこのとき私は別件でジャカルタを離れていたゆえ;;

と、いうわけで6127Fと共に、昨年怒涛の60両調達を果した6000系の改造の進行状況をお伝えします。

Dsc_0639
6127Fはポスター類を剥がしている途中で、年末休暇に入ってしまった模様。

Dsc_0641_r_2
剥がされたポスターや路線図が放置されていました。路線図なんて売れば鉄道ファンが買うでしょうにねぇ、金に目が無い新社長さん??

Dsc_0557_r
オデコの形状の違いがわかりますね。

6127Fの隣には一足先にDepok電車区にやってきた6133F。改造半ばといったところ。一部まだ帯が貼られていないところがありました。ジャカルタ到着時は湯島行きだったはずですが、Depokに来てすぐ通電試験を行った為か、全て試運転になっていました。

電留線の方へ行くと、そこは6000系だらけ・・・。

Dsc_0694_r
既に営業を開始している6112Fと6107Fに挟まれるかたちで、6111Fと6134Fが改造を終えて、試運転のときを待っていました。

Dsc_0800_r
さらにその奥には既に試運転を終えた6113Fがまだ10連の状態で留置されていました。

隣には一応全検を終えた7117Fと長期離脱中の8613FJALITAの姿が。青空の下に真っ赤な車体が映えますね。ちなみに7117FはSIVの状態が未だ不完全とのことで、運用再開はもう少し先になりそうですね。なお試運転時にはKL1-7*17だった車番が新ナンバリングに則って改番されており、横には“2012年11月30日マンガライ出場”と記載されておりました。

これで2012年に調達した60両のうち50両がDepok電車区で運用開始待ち、又は改造段階であり、残る6105Fについてもマンガライ工場で10連に組成され、近いうちにDepokへ配給されるものではないか、と思われます。

※電車区の入場には事前に許可申請が必要です。現在は発給が再開されたようですが、情勢により、出たり出なかったりであることをあらかじめご承知おき下さい。

|

« 05系104F営業運転開始(12月28日) | トップページ | タンゲラン線増発ダイヤ(2012年12月10日修正) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
今年も素晴らしいレポを楽しみにしております。

8613F、大夫長いこと動いていない様ですがどうしちゃったんでしょうねぇ・・・
ちょっと心配です。
目立つ顔だけに運用復帰が待ち遠しいです。

投稿: | 2013年1月 3日 (木) 11時11分

茶さま、あけましておめでとうございます。ネタとそれに費やせる時間に恵まれている限り、最新情報を随時お伝えしていくつもりですので、今年も当ブログをどうかよろしくお願いします。

さて8613Fですが、心配には及びません。深く突っ込むとオフレコ話が絡んでしまうので、とりあえずこれだけ。今年中には復活します!ご期待下さい!!

投稿: パクアン急行 | 2013年1月 4日 (金) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/48574716

この記事へのトラックバック一覧です: TM6127F Depokへ。(12月29日):

« 05系104F営業運転開始(12月28日) | トップページ | タンゲラン線増発ダイヤ(2012年12月10日修正) »