« 6105F、Depokへ。(1月26日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.22 »

2013年1月31日 (木)

103系E20・E22編成、快走中!

Csc_0157
堂々の8連がメインルートを行く!

1月上旬から動きが活発だった103系高運転台編成。今週日曜日からは連日朝夕運用に就いているのが目撃されています。

これはAngke~KampungBandan間の復旧により運用が増加していながら、水没のため2本が離脱しており、さらに6112F、7122Fの不調(7117F,8613F,6126F等は度外視)、東葉1000、メトロ5000それぞれ1本ずつの全検入りにより、一時的に編成のやりくりが切迫していることに因むものと思われます。しかしまもなく東葉1060F、そしてTMG6227Fもおそらく8連で試運転をしそうな予感であり、さらにはいつでも営業に入れる状態の6000系軍団も控えており、103系の活躍も今週が山場ではとの危惧もあり、朝運用を狙って出撃してきました。

現在、JABOTABEK管内ではかつてのように運用ごとに編成を割り当てておりません(逆に割り当てないのが普通だと思うのだが・・・)。しかしラッシュ時のみの運行とわかれば、そこそこに運用を絞り込むことが出来ます。

Dsc_0039

この前の日曜日は見事に103系にそっぽ向かれる形になりましたが、その後環状線の全線復旧で運用も通常通りとなり、眠い目を擦りながら、駅へ赴くと、CL到着のアナウンス!そして近づいてくるのはオデコの上の一灯のヘッドライトのみ!おっしゃ~!

まだ日も上がりきらぬ、某駅。早起きした甲斐がありました。

まだ6時前なわけですが、すでに10分間隔での運転が始まっています。にもかかわらず車内は超満員。駅からの2次アクセスの悪さが起因して全体的にラッシュが早い時間から始まるといっても、やはり元気な街、ジャカルタ。当然そんな中でも車内はキンキンに冷えており、ご老体の103系ですが、その元気さに負けじと、まだまだ現役続投!という気概すら感じられます。こんな103系に乗っていると、自分も眠気と疲労はどこへやら、自然と元気になってくるような気がしますね。

Cimg4135
通勤通学の思い出が蘇りますなぁ。

103系は終点まで快調な走りを見せ、ほぼ定刻通り、JakartaKotaへと滑り込みました。

Csc_0160

ただ残念なことにKotaは12番線着・・・。すぐ折り返しのBekasi行きがあればよかったのですが、到着と同時に発車してしまい、Jayakartaに先回りすることは叶いませんでした。

ですので、ここで出発を見送ることにします。

Csc_0159
相変わらず東京幕のE20編成を先頭にDepokへ向けて出発。

当然Depok止まりと聞けば、折り返しを狙わない手はありません。切符を買いなおし、Bekasi行きのEkonomiに飛び乗り、追いかけます。MRIで環状からのDepok行きに乗り換え、顔に光が当たりそうな場所を探します(基本的に朝は下り列車が順光です)。

幸いにも今朝はかなり雲というか、スモックがかかってくれましたので、UP駅の先になんとか撮れそうなところを発見。

Csc_0202
これなら大丈夫そうですね。

Csc_0214
ちなみに下りは度順光で最高でした・・・

そんなこんなで上りを3,4本やり過ごすと、再び103が戻ってきました。

Csc_0329
撮影時はもう103でアタマが一杯で気づきませんでしたが、顔見知りが乗務していたのでしょうか??手を振っていますね(笑)

ちなみにこれまでFeederLineに度々103系高運転台は登板しておりましたが、いつもE20編成ばかりで、E22の本線走行の撮影と乗車は今回が初でした。これで今回の赴任後の未乗譲渡編成は8613F及びTM6126Fと、103系E21+E27編成の3本になりました。

このまま再びKotaまで追いかけたいところでしたが、時間も時間ですので、この辺で今日は撤収。次の日曜まで動いていてくれないかなぁ。

Csc_0330
パンチャシラ大学駅を発車する東京行き・・・。

さて、朝夕だけとは言わずにもう少し動いてくれればと思う気もしますが、いくら103系といっても迫り来る車齢には敵いません。よくよく考えてみると、8連組成後(つまり青色時代ですね)の103系運用といえば専ら朝夕のDepok~TanahAbangのEkonomiAC運用と、最末期の方ではDepok~TanahAbang間DepokEkspres,TanahAbangからDuri,PasarSenen廻りのBekasiEkspres Bekasi行き(その後JAKまで中央線経由で1往復、Bekasi入庫)なんていう変り種に入る運用程度(JakartaKotaにすら滅多に入らなかった!)でした。それが2012年12月の白紙改正で所用数が足りなくなり、103系も終日運用を、しかもBogor~Jatinegara間のロングランを余儀なくされ、結果E21+E27が発煙してしまうというトラブルにも発展してしまったわけです。それ以来、103系は長らく第一線から退いており、もう8連での営業運転は拝めないのかと危惧していた矢先、まあこのタイミングでよくぞ復活してくれたという感じですね。そしてやはり朝夕の限定運用が性にあっているということでしょう。また必ずしもコンディションは万全ではないものの、特に問題なく稼動しているとのことです。

最後に、一応今日103系が入っていたと思しき運用をガセ情としてあげときます。

BOO5:11~KA417~JAKK6:34/6:50~KA418~DPK7:47/7:56~KA455~8:53/9:13~KA456~10:35BOO

毎日これに入っているとは限りませんので悪しからず。Angke折り返しなんて罠も当然ありますのでご注意を。ちなみに夕方はBogor16:25分頃の列車に充当されていることがしばしば目撃されているようです。

|

« 6105F、Depokへ。(1月26日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.22 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

パクアン急行さま
いつも最新情報ありがとうございます

いよいよ103系が運用開始しましたね、嬉しい限りです!

なんとか、今月ぐらいは運用に就いてもらいたいと切望しますが・・・運任せですかね。

低運編成はやはり予備のまた予備的な存在なんでしょうか?
車内の写真はホント往年の通勤電車ですね。

投稿: Mr115 | 2013年2月 2日 (土) 00時25分

<Mr115様

こんばんは。はい、いよいよ103系が本格的に動き始めました。しかし今後の出場車や6000のデビュー具合で、活躍が大きく左右されるものと思われます。2月中くらいはなんとか動いていてもらいたいものですが・・・。運次第でしょうね。

また低運転台は本当によほどのことが起きないと、動かないというのが今の現状でしょうね・・・。ナンボが開業すれば話は変わるとは思うのですが。

投稿: パクアン急行 | 2013年2月 2日 (土) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/49068014

この記事へのトラックバック一覧です: 103系E20・E22編成、快走中!:

« 6105F、Depokへ。(1月26日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.22 »