« 週刊マンガライレポートVol.16 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.17 »

2012年12月21日 (金)

103系E20編成フィーダー運用に戻る

Dsc_0114
今週月曜日あたりから、長らく続いたKRLI(交番検査時はHiba6連で代走)に変わり、103系が充当されています。今回のKRLIは本当に長かった・・・。

とはいっても、編成は以前と変わらずE20編成ですし、天気も天気だったのでスナップ程度にしか撮影しておりません。

Dsc_0158
東京表示も健在。

側面字幕も一部がステッカーで封鎖されており、これはまさかとは思いましたが、103-822側は相変わらず蓋が開かないようで、東京で固定されておりました。次の3月ダイヤ改正で武蔵野快速は廃止されるそうで、本家でも「東京」単独表示になるのでしょうから、先取りな形ですね(笑)。どうも103系の東京のみの表示には馴染みが無かったために、これまではあまりしっくりこなかった(やはり快速(武蔵野線内各駅停車)かむさしのドリームが似合うと思います)のですが、これからはこれはこれはで、納得がいきそうです。逆サイドの白幕は白幕で、広島っぽいですし;;

しかしながら、これまで名物だったKampungBandan~Kota間の車内紅茶売りも摘発されてしまったのか、乗っていませんでした。ギンギンに冷えた103系で飲むEsTehManisは格別だったのですけどねぇ・・・。

さて、これだけではなんだか寂しいので、Manggaraiに所用があったついでに撮ってきた業務ネタ2件。

まずはBalaiyasaManggaraiでの全検明け(一部車両は台車検査のみ)の試運転。

Dsc_0103
出発前の最終チェック中。

掲題の通り、12月21日、Manggarai~Karawang間で検査明け客車の出場試運転が実施されました。なお編成中のK3客車2両は共に全検を通っていましたが、今回冷房化は実施されていませんでした。K2客車も同様でした。

Dsc_0291
Manggarai構内を大縦断し、Jatinegara方面へ入っていきます。

続いて、これと入れ替わりのようにやってきたのが客車版ドクターイエロー。

Dsc_0318
どこからやってきたのかは不明ですが、このままTanahAbang方面に通過してゆきました。

Banten線で何かトラブルでもあったのでしょうか。

ちなみに、ネタが2個も連ちゃんであったわけですから、平日にもかかわらず学生鉄道ファンの姿が数人確認出来ました。日本と変わらないなぁ・・・。

おまけ

Dsc_0976
バカ殿がフィーダー運用(MRI~THB)を終え、BukitDuri電車区へ帰ってきました。

|

« 週刊マンガライレポートVol.16 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.17 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お~、103系!しかも幕付き~!
是非見たかったですねぇ・・・しかし蓋が開かないって、どんな状態なのでしょうか?非常に助かりますね(笑)

客車版の検測車がいるんですね。驚きました。

投稿: | 2012年12月22日 (土) 18時11分

<茶さま

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。いきなり丸いオデコのライトが近づいてきてびっくりしました。この前までDepokで寝ていたのに・・・。方向幕の蓋はビスがずれた状態で無理やり閉めたのか、硬くて開かないんですよ。

あの客車はドクターイエローと言っても鉄道ファンのつけたあだ名ですので、実際のところは救援車で、検測機能はついておりません。エロイ目をした黄色い気動車の客車版ですね。

投稿: パクアン急行 | 2012年12月22日 (土) 23時03分

こんばんは

103系フィーダー運用復活ですか〜

明日にでもすぐに撮りに行きたいです!!

方向幕のフタそのまま溶接してください(笑)

やはりE20が一番綺麗ですね

興奮して仮眠室で目が覚めちゃいましたよ…

投稿: Mr115 | 2012年12月23日 (日) 00時39分

ついに復活ですよ~。このままここで動態保存希望です;;

目を覚まさせてしまったみたいですみません(笑)。起きたついでに、どうぞお越し下さいませ!

投稿: パクアン急行 | 2012年12月23日 (日) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/48416285

この記事へのトラックバック一覧です: 103系E20編成フィーダー運用に戻る:

« 週刊マンガライレポートVol.16 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.17 »