« COMMET発売再開 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.13 »

2012年11月12日 (月)

週刊マンガライレポートVol.12

Dsc_0048_r
TanahAbangに停車中の赤釜PatasMerak。

ゲート前はさほど動きがないようなので割愛します。というわけで、今日はKRL分少なめです。

先週末、凱旋してきたCC2019212が再びジャカルタへ。今週中頃からSerpong/Banten線での運用(鉱石貨物にも充当!)が連日目撃されておりました。

そして土曜の夜、翌朝のPatasMerakに赤釜が入ると言うガセ情を頂いたので、さっそく釣られて行ってみました。JakartaKota7時5分発のMerak行きPatasMerakはSerpong線始発列車の折り返しですので、夜のうちに赤釜がParungPanjangに送り込まれているなら、信憑性は高いわけで、Kotaで待っていると、案の定赤釜がやってきました。しかし線路際で優雅に朝飯を食べていたものですから、その後やってきたアルゴ客車に行く手を阻まれ、その間にお目当ては一旦客車区へ引き上げてしまい、出鼻をくじかれました。Kotaの朝の入線シーンのド逆光具合にはホント泣かされます・・・。Banten線はKappungBandanまで推進運転なので送り込みの停車シーンを撮らない限り無理なんですよね。

まあこの先何箇所かで取れるので、気を取り直してゆきましょう。PatasMerakといえばお馴染みのKRD改造と思しき、2ドアor3ドアのオンボロ通勤客車。それで5,6両と短くいつも満員で、客の柄も悪く、利用する機会がなかったので意外にもこの列車には初乗車でした。予想通り、酷かったですけど・・・。

Dsc_0414_r
とりあえず、コタに停車中という証拠写真だけ撮っておきます。

しかしどこから聞きつけたのか、ちらほら鉄道ファンの姿が。そして毎度のことながら、記念撮影のリクエストを受けまして、隣のホームに到着した夜行から降りてきた家族を赤釜と一緒に。一般の人でも普段見慣れない色のLokoには興味があるみたいですね。

Dsc_0441_r
その場で現像出来るタイプならまだしも、何故この国の人はこんなに撮られるのが好きなんでしょう??

KanpungBandanまでのFeederLineがあれば先回りしても良かったのですが、この時間帯、長距離列車が続々上ってくるため、本数が本数が少なめで、PatasMertakの方が先に出ましたので、こちらに乗車。

Dsc_0472_r
推進運転中。

KanpungBandanからも続々乗車があって、いよいよむさ苦しくなってきたので、ロコへ避難(笑)これならこの先の停車駅での撮影も可能ですし。

しかしDuriでTangerang線と並ばないかという期待は裏切られ、しかも普通に2番線着。これはで、編成で写るのでいいのですが。でもなんか歩いている人がまた増えたような。

Dsc_0020_r
赤釜@Duri

とにかく時間が無いので撮影に専念し、気になる背後の光景は後ほど確認することにします。すぐに信号が変わり、そそくさと飛び乗ります。そして・・・

Dsc_0028_r
やっぱり(苦笑い)

まだまだお店は少なく、青果中心ですが、一度は灰になってしまったこの市場に再び露天商が帰ってきました!彼らのこのたくましい精神があれば、いつの日かまたあの光景に出会える日が来るかもしれませんね!!

TanahAbangで下車し、後続のRangkasJayaにお乗換え。ダイヤ通りなら、KebayoranでPatasMerakを抜くはず。特に今日はほぼ定刻で走ってますし。快速が快速を抜くってなんなのよと言いたいダイヤですが、こういうときには役に立ちます。

Dsc_0087_r
計算通り、追い越し!

こうとわかれば向かう先は、Serpongの先のチサダネ橋梁。

Dsc_0121_r
RangkasJayaを乗り捨て、しばしJalanJalan。

お立ち台に着くと先客2名;;そして初対面なのに向こうはこちらの名前を知っているという不思議(汗)おっさんならまだしも、学生でレア釜を追いかけるなんてねぇ。中古車両と共に文化までもが越境してしまうとは、非常に興味深いことです。

さて、しばしのおしゃべりの後、CCロコ特有の爆音が響いてきまして、再び奴が姿を現しました。

Csc_0191
思いのほか編成が短く、お尻が架線柱に被ってしまいましたが良しとします・・・。

機関士もこちらに気づいていたようですが、私のトリックは見抜けたでしょうか(笑)いやぁ、でも赤色はSerpong線内の緑にも映えていいですね。真っ白白の新塗装化は是非とも中止してもらいたいものです。

この後、すぐにやってくるParungPanjangからのKRLを撮って撤収。Bogorでとある集まりがあったもので、今日は午前中だけで軽めに終了です。

Dsc_0208
久しぶりに05系が1本Serpong運用に入っていたのですが、残りは全てHiba・・・。

おまけ

Dsc_0246
KalimayaEkspres、さっそく減車されました・・・。

|

« COMMET発売再開 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.13 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/47808550

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.12:

« COMMET発売再開 | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.13 »