« 週刊マンガライレポートVol.9 | トップページ | 6281F全検出場、試運転実施(10月23日) »

2012年10月23日 (火)

6123FPercobaan(10月22日)

Dsc_0230_r
BukitDuriで改造半ばの6123F

本日6123FがDipo BukitDuriを出場、現地化改造明けの試運転を実施しました。6113Fからは改造場所が再びDepokに戻るようなので、今年最後のBukitDuri改造車になるかもしれませんね。

続々と増えつつある、TM6000系ですが、最初の6115F,6126FはBukitDuri施工、その後の6107F,6112Fは改造担当がDepokに移り、改造メニューも若干変更されました。投石防護網フレームの黒色化や、前面車番のオリジナル色踏襲が最たる例でしょう。その後間隔がしばらく空き、続く6107F,6125Fは再びBukitDuriに戻りました。しかし改造メニューは変わらず、Depokのものが引き継がれました。

が、今回の6123F、前面車番が黄色塗るに戻ってしまいました・・・。側面のプレートははオリジナルのままですが、やはり出自を物語るものとして、前面車番も緑をキープしてもらいたかったですね・・・。

なおここにアップしている画像にはまだKCJプレートも、投石防護網も設置されていませんが、当然それらも装備の上、本日の試運転は実施されております。

Dsc_0239
仮に日本でKCJカラーをやるとしたら、こんな感じになるのでしょうか??

試運転終了後、女性専用ラッピングがなされてしまうのか、注目ですね。






|

« 週刊マンガライレポートVol.9 | トップページ | 6281F全検出場、試運転実施(10月23日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/47553556

この記事へのトラックバック一覧です: 6123FPercobaan(10月22日):

« 週刊マンガライレポートVol.9 | トップページ | 6281F全検出場、試運転実施(10月23日) »