« 2012年10月運賃再値上げ | トップページ | 止まっていた計画が動き出す »

2012年7月 9日 (月)

週刊マンガライレポートVol.1

Dsc_0560


異動直後のグダグダで休日も出勤でしたので、急いでオフィスを飛び出しManggaraiへ。なんとか日没前に間に合いました。駅名標も続々新デザインに更新されていますね。もっと金をかけるべきところがあるだろうと、思うのですが・・・。

Dsc_0572

特に動きはないようで。目視出来るところでは未だ現地化改造待ちの6125F、6123F,長らく全検中の103系E20編成、そして謎の改造車DjokoLelono4?の姿が見えます。

同時に海を渡った6107Fが6123Fの後ろに隠れているのかどうかというところですが、通例ですと現地化改造が始まってもいい頃ですので、もしかしたらすでに改造担当の電車区へ回送されている可能性があります。なおここのところ改造はDepokが担当していましたが、今回からは再びBukitDuriに戻るというのがマニア内での噂です。距離が短いですから人知れず移動しているかもしれませんね。

しかしながらDepokもBukitduriも容量が切迫している中、今後の譲渡車両の導入の先行きが非常に怪しいのも事実。某番組で今年度130両調達と言われていたそうですが、もし出モノがあったとしても、このままでは現地の受け入れがおそらく間に合わないでしょう。ただでさえ、この夏から7000系に始まる怒涛のメトロ車全検ラッシュがやってくるというのに。今年度の導入数、果たしてどうなることやら・・・。


Dsc_0589
あっという間に日が暮れ、人も列車も疎らなManggarai駅日曜の夜

|

« 2012年10月運賃再値上げ | トップページ | 止まっていた計画が動き出す »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

管理人パクアン急行さま、
はじめまして。Cikini在住です。月曜朝、来客を連れてManggarai駅に行っていました。
御着任、サイト開設おめでとうございます。Jabotabek Railnewsなき後、貴重な情報に期待しています。
マンガライのBalai Yasaは、外からこのような位置から写真を撮れるのですね。週末にでも早速行ってみることにします。

投稿: 落花生。 | 2012年7月11日 (水) 02時14分

<落花生。様
コメントありがとうございます。こちらこそ始めまして。南部在住のパクアン急行と申します。新参者ですが、どうかよろしくお願いします。マンガライ工場の件ですが、ガードマンに一声かければこの位置から撮影は可能です。門が閉まっていても、隙間がありますし、左のほうからだと最近撮影用(?)の穴が開いているので、支障なく撮れると思います。

恐れながら、当方から落花生。様へリンクを結んでもよろしいでしょうか?

投稿: パクアン急行 | 2012年7月11日 (水) 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/46259995

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.1:

« 2012年10月運賃再値上げ | トップページ | 止まっていた計画が動き出す »