« 週刊マンガライレポートVol.2 | トップページ | 環状線時計回り(MRI→THB→JNG)ダイヤ(2011年12月改正) »

2012年7月17日 (火)

8003FBukitDuriへ緊急入場(07月15日)

Cimg3133
この前の日曜日、Manggaraiウォッチングしていたときの出来事。どうもお目当てがコタに行ったっきり戻らないなぁと思っていたら、原因はこれでした。

ただ、ちょうどこのとき上りで203系が入ってきており、下りは諦めそちらに目が行ってしまっていまして、入線をキャッチすることは出来ませんでした。もっとも、私の立ち位置からではその203に被られてしまい、仮にコタ側にいても撮影は不能でしたが。

203の発車を見送ると同時に入ってきた8003F。良く見ると、どうも様子がおかしい。そもそも案内放送でManngarai止まり、BukitDuri行きの回送になりますと言っていたので、こんな時間に当駅止まりあったっけ??と不思議に思っていたのですが、妙にヘロッヘろな走りに加え、最後尾ではトランシーバーを持って、運転士とやりとりしながら走っている状態。これは、と思いホームに駆けつけると、8103のパンタ降りています。とりあえず前方まで行くと・・・

Cimg3136

8142のパンタもたたまれてしまっています。これまでMの1ユニットは何度か見たことがありますが、2ユニットカットでよくここまで走ってきたなぁと。残念ながら、私はバリバリの文系人間ですので、こういうとき何の手助けも出来ないのが、もどかしい限りです・・・。

Cimg3138

乗務員室では技術屋の方がなにやら作業をしており、群集も心配そうに(?)見守っています。

乗客は全員ここで降ろされて、後続に乗り換えとなったのですが、ナイスタイミングで環状線からのBogor行きが到着。

Dsc_0514

あとは任せろ!と言わんばかりに、やってきたのは同じく元東急の8612F。8003Fとしてもさぞかし心強かったことでしょう(?)

ちなみにお目当てというのはこちら。あまりにも8003Fに気をとられてしまい、慌てて低位置へ。

Dsc_0477

スマートさに磨きがかかった05-112F。黒縁最高ですね!05系はこれにして大正解でした。

そして後ろ側はこんな感じで(笑)

Dsc_0503

8003Fはというと、このBekasi行きが出た後、そろりそろりとBukitDuriへ自力で走り去って行きました。

|

« 週刊マンガライレポートVol.2 | トップページ | 環状線時計回り(MRI→THB→JNG)ダイヤ(2011年12月改正) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701705/46352809

この記事へのトラックバック一覧です: 8003FBukitDuriへ緊急入場(07月15日):

« 週刊マンガライレポートVol.2 | トップページ | 環状線時計回り(MRI→THB→JNG)ダイヤ(2011年12月改正) »