Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

週刊マンガライレポート2014SP②(不定期更新 月刊Depok通信10月分)

Dsc_0540_r
日々刻々と変わるDepok電車区の光景・・・(右からハエ18,H6,ハエ30,H21,H24,8007F)

しばらく間が空いてしまいましたが、Depok編。要するところの橋の下からのDepok通信です。9月末のレポですが、便宜上、10月分とさせていただきます。しかし、忙しくてDepokにすら手が回っていませんでした。その間にDepokの風景は一変・・・。昨年一時的に増えていたEkonomi用車両は既に姿を消していますが、2010年以降Depok電車区の主となりつつあったメトロ中間予備車がまだ残っていた頃の懐かしのDepok電車区の風景をお届けします。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

週刊マンガライレポートVol.117

Dsc_0168_r
夜のゲート前・・・

更新が大変遅れまして申し訳ございません。廃車回送等々に追われ、マンガライレポートに手が回りませんでした・・・。本業も忙しく、すっかりゲートに行くのも忘れており、このアリサマです。まあなんとなくわかるでしょう。最新ニュース欄でお知らせしている通り、05-104Fが出場試運転を実施。試運転線にその姿を確認出来ます。倉に突っ込まれているのは203系及びメトロ車の中間予備車。近いうちにDepokに一旦回送され、その後Cikaum行きでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

6112F8両Cikaumへ(12月17日)

Dsc_0188_r
今宵もCikaumへ旅立つ

12月17日終電後(厳密には上り終電後)、先日部品取りのためDepok電車区へ回送されていた6112FがCikaumに廃車回送されました。JALITAに続く編成丸ごと廃車です。このところ3日に1度の超ハイペースで進むCikaum配給には、胸が痛みます・・・。正直、KCJとの縁を切ってしまおうかと、思ったりもしますが、未練たらたらです;;懲りずに今夜も出撃です。なお、10月9日に6712,6812が既にCikaumに廃回されているため、これにて6112Fは全車が廃車になりました。

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

203系中間予備車他、Cikaumへ(12月14日)

Dsc_0005
ついに203系からも廃車発生

11日に施行されたばかりのCimauk配給。まさかのタイミングで再び設定されました。当然、これに呼応するようにCikaum側の動きも活発になっており、こちらは追って報告いたします。今回廃車されたのは、以下の8両。モハ203-123,モハ202-123,モハ203-2,モハ202-2,モハ203-5,7221,7321,7421。これにて、前回とあわせて踏切事故当該の7121Fは損傷の激しい7121以外全てが廃車に。Depok電車区に残る203系もモハ202-5のみとなります。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

6112FDepokへ(12月13日)

Dsc_5002
6112F、最後の本線日中走行

12月13日、メトロ6112FがCikaum廃回準備のため、長らく留置されていたBalaiyasaManggaraiからDepok電車区に配給されました。現地での稼働期間は実質1年にも満たなかった不遇の編成。BalaiyasaManggaraiにて再起に向けた動きも見えたのですが、結局叶わず、近日中の廃車が確定・・・。画像はいつもお世話になっておりますKucing様より頂きました。ありがとうございます。また今回の遠征も大変お疲れ様でした。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

205系H27社内試運転,H17運輸省試運転実施(12月11日)

Dsc_6546jp
前日のH1に引き続き、H27もオリジナルの姿のまま試運転!

去る12月11日、H27編成がH1に引き続き、社内試運転を実施しました。また同日にはH17編成の運輸省試運転も実施され、早スジ、遅スジ両方を用いての試運転となりました。なお、さすがに2日連続で怪社をさぼるわけには行かず、H27は毎度お馴染みAdam氏から画像を頂きました。Terimakasih banyak!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

メトロ7021他7両、Cikaumへ(12月11日)

Dsc_0163_r
7000系から初の廃車

12月11日終電後、このところ1ヶ月ほど間隔の空いていましたが、通算5回目のCikaum廃回が施行されました。今回廃車されたのは7822,7722,6812,7521,7621,7921,7021の計7両。例の如く7521と7621の間に緩急車が連結されました。ついに7000系からも廃車であると共に、メトロ車では初の先頭車の廃車が発生しました。7121Fが廃車回送されるという話を事前に聞いていましたので、輸送の困難な7121を除く7両の施行かと思っていたのですが、いざ蓋を開けてみると、上記のように3両は他からの廃車でした。

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

205系H1編成 社内試運転実施(12月10日)

Csc_0051_r
ほぼオリジナルの姿での本線走行!

12月10日、ジャカルタ入りして間もない横浜線最終第7陣到着のH1編成が1回目の試運転を実施しました。運転区間はDepok~Manggarai~Bogor~Depok。同編成はTanjungPriokでの水切り後、DjokoTingkir牽引でDepok電車区まで直接配給されており、留置期間なしに、すぐに通電試験が実施されている姿が目撃されていました。ここ最近、本来平日施行が基本の試運転が毎週末にも設定されていますが、これは2014年度予算の編成は2014年度内(インドネシアの年度は12月〆です)に全ての試験を終了させねばならないという大人の事情が絡んでいるためのようで、そのため、今週に入ってからも連日試運転が続いています。なお、埼京編成は2013年度予算ではありながら、輸送が2014年に跨っているため、こちらも2014年度内に終了させる必要(ハエH30ですね)があるようです。ホント、お役所的というかなんというか・・・。まあそれで横浜線の編成は妙にテンポ良く、改造から試運転、運用開始に漕ぎ付けていたのですね。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

週刊マンガライレポートVol.116

Dsc_0789_r
雨のゲート前・・・・

予め断っておきますが、史上もっともやる気のないマンガライレポートです;;特に動きがなければ、お休みにしてもよかったのですが、とりあえずH11が運用開始しましたので、更新。すでに公式より、本日11月8日からTangerang線,Bekasi線,Bogor線で1運用の増発が実施されますので、これにあわせてH18,H28が運用開始すると思われ、大きな動きがあるのは今週からといった感じです。まあ例によって、試運転が土日で施行されたのですが、あいにく、日曜日はお客様ご案内で午前中がつぶれ激しく鬱・・・。こういうときに限って早スジというね・・・。で、午後は雨でっせ。この前の徹夜の尾を引いているので、これでよかったと言えばそれまでですので、そう言い聞かせておきましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

H27,1 Yokoso ! TanjungPriok !(12月4日)

Dsc_0226_r
2014年度最終回!横浜線第7陣!!

12月4日朝、最後まで国内に残っていた横浜線H27,H1編成を積載し、11月17日に新潟東港を出港していた貨物船がついに着岸。5日未明から、同日夜にかけて水切り作業を実施、予定全22編成が無事ジャカルタの地に到着しました。折りしもちょうど埼京線第1陣の到着から1年1ヶ月と1日。わずか1年の間に356両が上陸した205系、その増備の早さには改めて驚かざるを得ません。今年の正月に、1年後には205系しか来なくなるのか、そんな冗談が今まさに現実のものになってしまったのですから・・・。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«週刊マンガライレポートVol.115