Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

週刊マンガライレポートVol.99

Dsc_0009_r
先週末のゲート前

KRLI再び・・・。修理する気ないのなら、もっと奥に押し込んでしまえばいいものを・・・。そしてH21は姿を消しました。しかしBukitDuriへの回送も目撃されておらず、内部に取り込まれたものと思われます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

元第八十一玉高丸(2代目)無念の出火・・・

Dsc_0734
特徴的なファンネルの形状、やっぱり・・・

※情報頂きました金甲山様には改めて感謝申し上げます。

急行Kalimaya廃止疑惑が出た6月ダイヤ改正(結局このときには残ったものの7月1日修正で日中のRangkasBitung~Merak間が廃止に・・・・)前に、お名残乗車がてらフェリーウォッチングに繰り出してきたのですが、未だアップ出来ておりません・・・。そのときに前回からの課題でもあった元第八十一玉高丸(2代目)改めGELIS RAUH乗船を目論んでいたのですが、姿を確認出来ず。おかしいなぁと思っていたのですが、いつの間にかバリ~ロンボク航路に転属していたのですね。そして無念の出火・・・。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

週刊マンガライレポートVol.98

Dsc_0445_r
先週末のゲート前

このままレバラン突入、当分次期出場はなしってところでしょうか。H24は一旦場外に引き出された後、転線し、内部に取り込まれた模様。Rheostaticに動きナシですが、そのうち台車のみのPurwakarta配給も行われそうな感じですね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

週刊マンガライレポートVol.97

Dsc_0187_r_4
先週末のゲート前

既報の通り、2014年度譲渡分の205系がいよいよ上陸。配給順序とは逆に、先に水切りされたH21,H24がBalaiyasaへ疎開。現地化改造は新津配給順、つまりシッピングマーク順に行われるようです。ですので、Balaiyasaに回送された2本はしばらくここで待機。しかしこの場所では入出場の際に邪魔になりますから、後日Manggarai構内だけでも、入れ換えがありそうですね。見れたらラッキー。また205系を入れ替えたと思われるD301の後ろにはTMG6217F(Rakitan)が繋がっており、今度こそ入場でしょうか。ステンレスRheostaticは相変わらず動きなし。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

H21,24,4,6 Yokoso!TanjungPriok!(7月12日)

Dsc_0502_r
2014年度譲渡分、第一陣が着岸!

12日早朝、去る6月26日に205系32両を積載し、新潟東港を出港していた貨物船がTanjungPriok港に着岸。いよいよ横浜線もジャカルタ入り。まさにこの日を待っていた!!

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

週刊マンガライレポートVol.96

Dsc_0132_r
先週末のゲート前

203系が続々と全検入り。新たにマト69もBYM入場。そして既に入場しているマト68は外装整備で終盤を迎えており、まもなく出場と思われます。見て分かるとおり、前面黄帯はマト66と同様の細帯(元来のエメグリ帯内に白細帯を収めている)になっています。この前マト51が黄帯がオリジナルの太さで出場していますので、まさか10連との識別のために分けているのではと勘ぐってしまいます。なお中間予備車の入場時期を考えると、マト68は8連のまま出場するものと思われます。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

プルワカルタ詣、2014年7月

Dsc_0489_r
惜別、HITACHI・・・・・・

早いもので7月、もう今年もあと半分を残すのみになりました。しかし怒涛の勢いで変わりゆく鉄道風景、そんな中に身を投じていると、不思議なもので上半期の出来事が遠い過去のように感じられ、あと半年も残っているのかよ、というのが正直なところです(爆)205系なんて、真新しいものでもなんでもなく、当然のようにある車両になりつつあります、私の感覚では・・・。というわけで、この前やったばっかじゃないかというツッコミはご遠慮いただいて、7月になりましたので、再度プルワカルタウォッチング。ガラクタ公園に新たな仲間が。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

週刊マンガライレポートVol.95

Dsc_0029_r
先週末のゲート前

マト51が出場し、再びエコノミー車両のみに。おそらくこのステンレスRheostaticは先日入替風景を目撃した87102と87114の中間車、87101と87103でしょう。Balaiyasaで朽ちていたHitachiと連結されたところを見ると、近日中に一緒にPurwakarta送りになることでしょう。しかし当の先頭車は姿が見えず、またどこかの事務所にでもする気なのでしょうか?ただ、幸か不幸か、お知らせの通り脱線事故が再びBandung地区で発生し、クレーン車が借り出されたため、Purwakartaでの作業は進んでおらず、再び次の廃車回送までは間が空くものと思われます。ここまで頻発する脱線事故はエコノミー車両の呪いか!?(いや、フツーに考えて第二事業部の杜撰な管理体制でしょう;;)あ、チラ見えしいるKRLIはもはやノーコメントで。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

プルワカルタ詣、2014年6月

Dsc_0128_r
2ヶ月ぶりのPurwakarta再訪。アスれーるチックが、いよいよガラクタ公園になりつつあります;;

6月5日からのPurwakarta廃回の再開を受けて、先日Purwakartaへ足を延ばしてきました。お山に積まれてしまうと車番の確認が出来ませんので、確認がてら。もう詳細を書いていたらキリがないので、主な変化点だけをまとめ、軽めにいきます。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

週刊マンガライレポートVol.94

Dsc_0368_r_2
先週末のゲート前

更新半ばにして停電して、記事が吹っ飛び萎え萎えです・・・。ゲート前もモヤモヤですみません・・・。さて、最新ニュース欄でお伝えしている通り、203系マト51編成が10連化。既に試運転は終了していますが、まだ運用に入らず、Balaiyasaに戻っていました。増結に際し、マト68編成の中間予備車、モハ203-123,モハ202-123を挿入。0番台に100番台を繋げちゃ、アカンだろと思いますが、そこはインドネシアンマインドでTidak Apa Apaのようです。しかし私も未だ半信半疑だったのですが、この光景を見て納得。見える範囲でも、クハ,モハ,モハ,サハ,モハと組成されていますから、10連になっているのは明らかですね。ただ、203系の中間予備車から、メトロの不調車両などにかなりのMGが供出されていたりと、多少むしとりが行われているのも事実。それをこのタイミングで10連化のGoサインが出たというのも、やはりJREという強力な後ろ盾がついたことによるのでしょう。しかし、203系を譲渡した当初なんて、「一切面倒は見ません」と突き放してたくせに、なんという気の変わりよう。これだから偽善者と呼ばれるのです。まあまあ、それはさておき、ついでに103系の面倒も見てくださいね。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«2014年6月1日改正ダイヤ詳細①(KCJ電車関連)