Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2015年4月17日 (金)

不定期更新 月刊Depok通信(4月分)

Dsc_0384_r
オリジナル車と並べても遜色が出ない、6217F Rakitan。作りの秀逸さが伺えます。

本来ならば、先にマンガライレポートを出すつもりだったのですが、時系列を考慮すると、こちらを先に出さざるを得なくなりましたので、お先にDepok通信です。3月下旬に橋の下に降りる機会がありましたので、これをもって4月分とさせていただきます。このところ、離脱車の組み替え&復帰が進んでいますので、今のうちにまとめ、です。時間もないので、駆け足で見て回ることにしましょう。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

記念デザインCOMMETに翻弄される・・・

Commet
デザインは3種あるはずなのですが・・・

先日、13日突如KCJウェブ上にて、13日より特別デザインMultiCommetの発売を開始するとのリリースが出現しました。13日発売の13日リリースってどういうことだよ・・・と思うのですが。(ツイッター上では12日に出ていたようですね)そんなわけで、仕方ないので14日朝に、自宅近くの駅に行ってみましたが、すでに売り切れ・・・。というか、まだ在庫はあるみたいなんだけど、まだ来てないんだよねぇ、と。15時くらいに待て来てネ、と言われ、退散。15時といわれてもね、会社だよ、会社。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

週刊マンガライレポートVol.127

Dsc_0564_r
先々週末のゲート前

一時帰国及び、その後の業務多忙、そして自宅PCの不調(買い換えを決断;;)などゴタゴタが続き、更新が遅れまして申し訳ございません。1週間強遅れでのマンガライレポートVol.127です。巷の話題はNambo線の開業で持ちきりですが、当方未だ未乗・・・・。ダイヤ改正前最後、3月16日~3月29日までの動きをお送りします。地味にアツイ2週間でした。マンガライゲート前からは7123Fが最終チェックのため、Depokへ移動、5009Fが正式に入場しました。KRLIは単にここに放置しているだけでしょうか。またDepok電車区には出場した8608Fと入れ替わる形で8618Fが入場しています。走行距離が長く、検査にも手馴れているためか、東急車はしっかり検査期日前に順序通り、入場していきますね。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

Nambo線電車入線試験(3月30日)

P_20150330_145023
KFW、Namboへ

4月1日に開業が予定されているNambo線ですが、開業2日前にして、ようやく電車の入線試験が実施されました。画像はいつもお世話になっておりますFaris様のご提供です。毎度のレポありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

週刊マンガライレポートVol.126

Dsc_0398_r
先週末のゲート前

年度末の〆業務多忙のため、週一更新ベースになっております・・・。3月2日~3月15日分のマンガライレポートをお送りします。2週間ぶりのゲート前ですが、ようやく7123Fが姿を現しました。入替DLの奥に見えるのは全検入場したと思われる5000系?? 5009Fでしょうか?またDepokの方でも8608Fの全検がまもなく終わる見通し(3/17試運転実施済み)です。というわけで、今週も大きな動きはなく、相変わらずマト52は復帰せず。但し、最新ニュース欄でお知らせしておる通り、11日に1080Fが踏切事故当該になっているため、その影響からか6177Fと6158Fが連日運用に充当されるようになっています。

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

6181-6168F試運転実施(03月14日)

Dsc_7629jp
久々の本線走行!!

昨年暮れに編成内2MG化のため、6181F及び6161Fの組み換えで誕生した新6181Fですが、その活躍はわずかで、長らくDepok電車区で留置が続いておりました。しかしながら、以前のDepok通信でお伝えしたとおり、既に再8連化の後、運用に復帰している6161Fと共に、なにやら改修工事が進んでおりましたが、この度改修が完了し、Depok~Manggarai~Depok間で試運転を実施しました。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

Nambo線ダイヤの全貌が明らかに

Peta_rute_krl_jarak_stasiun_2015
オリジナルサイズはサイドバーのリンク先からご覧下さい

前回マンガライレポートで、運賃の対キロ制移行に伴う、フラッグを紹介し、ご覧のとおり、Nambo線は完全スルーされていたわけですが、先日公式サイトからも運賃表及び、駅間距離付き路線図がアップロードされました。そしてそこにはNambo線の記載が!!さらにその路線図によるとNambo線は環状線直通??

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

週刊マンガライレポートVol.125

Dsc_0085_r
7123F未だ姿を現さず・・・

全検中の7123Fの姿が見えません。マンガライレポートされないように、極力奥に引っ込めてあるのかね??Depokで全検中の8608Fもまだ出場しておらず、今週末あたりには出てくるかもしれません。では、2月16日~3月1日までの動きをお送りします。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

不定期更新 月刊Depok通信(2月分)

Dsc_0030
2ヶ月ぶりの橋の下ですが・・・

お客様ご案内のため、橋の下からのレポートですが、大きな動きはなく、お目当てであった6161(6158)F,6181Fは2編成ともピットに入っているという始末(相変わらずピット側は立ち入り不可)で、橋の上からウォッチングで十分だったなという感です。しかも同行したKCJ本社の人間が、お上の言うことにYesとしか言えず、融通の利かない典型的なダメインドネシア人で、何を言っても話が通じず、全く情報収集にもなりませんでした。こういう人間をさっさと追い出すことこそ、KCJの体質改善の第一歩です。

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

WijayaKusuma Namboへ(2月24日)

Dsc_7494rr
Cibinong駅に停車中のWijayaKusuma

4月1日の旅客営業開始を予定しているNambo線ですが、前回のモーターカーによる巡検に引き続き、巡察車WijayaKusumaが入線しました。当初予定では、6217F(2連)Rakitan編成の入線も予定されていたようですが、実施には至りませんでした。しかし、既に貨物列車は運行しているのですから、レールや建築物に問題はないはずであり、電化設備のチェックをすることこそ、優先課題であることから、近いうちに電車を用いた試運転も実施されることでしょう。

平日日中のネタということで、毎度お世話になっておりますAdam氏の撮影です。いつもありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【速報】6161F運用復帰(02月17日)