Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

週刊マンガライレポートVol.125

Dsc_0085_r
7123F未だ姿を現さず・・・

全検中の7123Fの姿が見えません。マンガライレポートされないように、極力奥に引っ込めてあるのかね??Depokで全検中の8608Fもまだ出場しておらず、今週末あたりには出てくるかもしれません。では、2月16日~3月1日までの動きをお送りします。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

不定期更新 月刊Depok通信(2月分)

Dsc_0030
2ヶ月ぶりの橋の下ですが・・・

お客様ご案内のため、橋の下からのレポートですが、大きな動きはなく、お目当てであった6161(6158)F,6181Fは2編成ともピットに入っているという始末(相変わらずピット側は立ち入り不可)で、橋の上からウォッチングで十分だったなという感です。しかも同行したKCJ本社の人間が、お上の言うことにYesとしか言えず、融通の利かない典型的なダメインドネシア人で、何を言っても話が通じず、全く情報収集にもなりませんでした。こういう人間をさっさと追い出すことこそ、KCJの体質改善の第一歩です。

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

WijayaKusuma Namboへ(2月24日)

Dsc_7494rr
Cibinong駅に停車中のWijayaKusuma

4月1日の旅客営業開始を予定しているNambo線ですが、前回のモーターカーによる巡検に引き続き、巡察車WijayaKusumaが入線しました。当初予定では、6217F(2連)Rakitan編成の入線も予定されていたようですが、実施には至りませんでした。しかし、既に貨物列車は運行しているのですから、レールや建築物に問題はないはずであり、電化設備のチェックをすることこそ、優先課題であることから、近いうちに電車を用いた試運転も実施されることでしょう。

平日日中のネタということで、毎度お世話になっておりますAdam氏の撮影です。いつもありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

【速報】6161F運用復帰(02月17日)

6161a
再びジャカルタ市内を堂々8連で走り抜ける新6161F

12月中旬頃より離脱している、最後まで残ていたオリジナル顔編成、6161F(-6158 6連)及び6181F(-6168 8連)のうち、6161Fが再度8連化の上、不死鳥の如く復活しました。Depok通信1月分で8連になっている姿をお伝えして以来、なんの音沙汰も無かったのですが、先週末Depok電車区を覗いてみると、なんとピット方面に両編成共々移動しており、ヤードに姿なし。これは近く何かあるのではと思っていると、週明け16日の午後にピンチヒッターとしてBogor電車区に回送され、代走で運用に就いた模様。そして本日も引き続き終日運用をこなしました。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

週刊マンガライレポートVol.124

Dsc_0606_r
先週末のゲート前

最新ニュース欄でお知らせしている通り、マト52がBalaiyasaManggaraiを出場し、試運転を行っていますが、週末の運用入りはなりませんでした。なおBalaiyasaManggaraiには既に7123Fが入場しています。倉の右側の奥にちらっと見えますね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

雨なので・・・新たなプロジェクト(予告)

Dsc_0325_r
KCJとのお付き合いに愛想が尽きてきましたので、別の方向から攻めましょうか

さて、多忙かつネタ枯渇防止のため、マンガライレポートを2週に1度の更新に頻度を下げていますが、ブログの更新頻度は下がらず、本末転倒な結果になっております・・・。しかし週末のネタ回収時間がそっくりそのまま空き時間となり、かといって外に出ても一日中の雨・・・。昨年でしたら、埼京編成の水切り真っ只中ということで、雨にも負けず、ひたすら追っかけていたのですが、今年は次の到着までしばし暇を出されています。ま、こんなこともあろうかと、いざというときに備えて、ちまちまと温めてきたこちらのプロジェクトをスタートといたしますか。


» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

今年もバンじーる(2月9・10日) ※画像他、追加しました

Dsc_0394_r
毎度の光景ですが・・・

日曜日から断続的に続く長雨の影響で、9日昼前から例年通り、TanahAbang,KampungBandan, JakartaKotaエリアの浸水が始まり、各線で折り返し運転が実施されました。夕方18時頃までに一旦小康状態になり、順次運転を再開しましたが、引き続き雨は降り続いています。。なおBukitDuri電車区は現時点では浸水していませんが、Bogorで降り続いている雨がまもなくJakarta市内にも到達することが予想され、BukitDuri地区にも洪水警報が発令されています。明日以降の列車の運行が大きく乱れることが予想されますので、訪問中の方はご注意下さい。

各駅浸水時の運転体制は以下の通り

Bogor線:Bogor~Manggarai間で折り返し運転
Bekasi線:Bekasi~Manggarai間で折り返し運転
Serpong線:Maja~Palmerah・Kebayoran間で折り返し運転
環状線:Jatinegara~Kemayoran間で折り返し運転(雨の状況により運転されない場合があります)

詳しくは公式SNSをご覧下さい。

以下、加筆分

◆10日の運行状況◆

始発からDuri~Kemayoran間で運転を見合わせています。

Bogor~Duri,Jatinegara~Kemayoran間で折り返し運転を行っています。
Bogor線は通常の7割程度の運転本数で運転しています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

Felica COMMET続報

Felica01
流石はグローバル企業SONYさんですねぇ

日本国内でも大々的に報じられていることと存じますので、今更アップロードする必要はないかと思っていましたが、KCJ側からフリー素材画像を頂きましたので、せっかくなのでアップしておきます。まあ、せっかく頂いておきながら、私が素直に好意的な紹介なんてするわけないんですけどねぇ;;;ともかくも、既存の(欧州製?)IC乗車券システムがあるところに、食い込んでくるとは大したことだと思いますし、逆にいかに鉄道事業社の海外売り込みが下手かということがよくわかる構図ですね。(建前としてはそういうことにしておきます)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

Nambo巡検(2月5日)

Rolie03
センガタンのテーマ再び

既に報じられている通り(詳しくは落花生。様のブログをご参照下さい。)、公式ガセ情として、KCJ/KAI連名で、旅客営業休止中のNambo線Citayam~Nambo間及びTanjungPriok線、JakartaKota~KampungBandan~TanjungPriok間の4月1日開業(と言うことは同日に全線ダイヤ大改正を実施?)を発表しました。まあ実際期日が来ない限り、嘘か真かはわからないKAIのプレスですから、当方としては静観していたわけですが、こんな素晴らしい画像を拝見してしまったわけです。通常、見ず知らずの人間から画像を借りるなんて、したくはありませんが、あまりにも感動的な画に、思わずクレクレしてしまいました。

当方のお願いを快諾して頂きましたNail Muyassar Fajri様には厚く御礼申し上げます。
Terimakasih banyak mas Nail Muyassar Fajri.


» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

週刊マンガライレポートVol.123

Dsc_0227_r
またも動きなし・・・

雨の中歩いていって、なんの収穫もないとなると、正直、心が萎えます・・・。そんなわけで、朝から夕方まで雨は止まずじまいでした。こんな日は駅撮りに徹します。まあ、下手にゲリラ豪雨のようにドン曇りになるよりかは、シトシトずっと降り続けてくれた方が、光線気にせずどこでも撮影出きるので気がラクと言えばラクなんですが。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«週刊マンガライレポートVol.122