Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2014年10月29日 (水)

プルワカルタ&チカウム詣、2014年10月

Dsc_0174_r
オフレールのときを待つ、6000系中間車

多忙につき、撮影したまま更新が出来ませんでしたが、立て続けの東葉1000/メトロ5000のPurwakarta廃回、そしてメトロ6000のCikaum廃回に合わせ、10月5日12日と、こちらも立て続けに訪問してきましたので、紹介します。1回目の1000/5000廃車の後、まさかすぐに再度設定されるとは思いもしなかったため、連続で足を延ばす羽目になってしまった次第。なお、Cikaum訪問は12日のみで、Purwakartaも、2回目の1000/5000廃回が到着した以外は、特に大きな動きはありませんでしたので、12日の見たまま視点で筆を進めますことをご了承下さい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

週刊マンガライレポートVol.111

Dsc_0167_r
先週末のゲート前

またも全く動きのない、Manggarai工場。こんな状態ですので、横浜線205系が運用を開始した以外は大きな動きはありませんでした。KCJを相手にしすぎていると、本当に胃が痛くなりそうですので、気分転換に先週末はスンダ海峡にフェリーウォッチングしに行きました。そんなわけで、軽めの更新です。未だにJayabaya号も撮ってないし、来週はBekasi線にでも張り付いて、レポート上げますね・・・。そういや、船の上で、Jonan社長の運輸相登用の一報を得ましたが、あの強硬姿勢がどこまで貫けるのかは、見ものです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

週刊マンガライレポートVol.110

Dsc_0324_r
先週末のゲート前。205とBonBon時空を超えた出会い。

第五陣到着のH28,H19がひとまずBalaiyasaManggaraiに収容されています。となると自動的に残りの2本、H11,H22がBukitDuriに入ったことになりますが、H22は早くも週明け20日月曜日にDepok電車区へ配給されています。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

H11,28,19,22 Yokoso ! TanjungPriok !(10月15日~)

Dsc_0307_r
現地ファンも待望?のH28もインドネシア上陸!!

横浜線第五陣4本を積載し、10月2日に新潟東港を出港した貨物船が15日夕方にTanjungPriok着岸。H11,28,19,22の32両が新たにジャカルタ入りしました。これにて現地入りした横浜線は17本。2014年度譲渡分は残すところあと5本。今年度の海上輸送もいよいよ終盤に差し掛かりました。冒頭の画像の通り、転入組の横浜線唯一の6ドアなしH28編成を含むこともあり、これ今で以上に気合を入れて撮影してきました。初の日中走行撮影なるか!?

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

週刊マンガライレポートVol.109

Dsc_0226_r
久々の平穏・・・、動きのない週末

稼働編成では久々に動きの少ない1週間でした。1090Fは冷房を換装して、最終チェック中でしょうか。ゲートの様子を見ると、Purwakarta廃回も当分の間なさそうですね。DepokからのPurwakarta/Cikaum廃回は引き続き行われそうな予感ですが。そんな様子ですから、土曜終電後にDepokからのメトロ5000中間車が再び配給されたため、当方は翌朝のSerayu号で追っかけ。さらにCikaumまで足を延ばしたため、今週のマンガライレポートは簡易版でお送りします。あー、Manggaraiにオープンしたスタバ、未だに行ってない・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

メトロ6000系中間予備車Cikaumへ(10月9日)※車番訂正及び画像追加しました

Dsc_0784
メトロ10連化の夢、果てる・・・

10月9日終電後、運用開始に際し編成から抜かれ、Depok電車区で部品取り状態になっているメトロ車両群のうち、6807,6907,6712,6812,6733,6833,6734,6834 計8両がCikaumへ廃車回送されました。譲渡車両の廃車は東葉中間車に続き3例目、Cikaumへの回送は2回目。

※Faris様のご指摘を受け車番訂正いたしました。6107Fは8号車と9号車を抜き取った編成でした。お詫びして訂正いたします。

※電車区内の画像は許可を得て撮影

» 続きを読む

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

週刊マンガライレポートVol.108

Dsc_0483_r
先週末のゲート前

お待たせしました。これにて遅延回復です。9/30~10/5分のマンガライレポートです。それにしても、ゲート前がスッキリ。青色HolecがPurwakartaに送られたようで、姿を消しました。そして、生々しいビンタロー事故の7121が場所を変えたのか、事故車置き場にBonBonの姿が。倉の前の引き出されている203の中間車はマト51から抜き取られたサハ203-1,サハ203-2。冷房が外されているところを見ると、冷房不調で離脱した可能性が高いでしょう。横浜線205を早く運用に出して、203の10連が早く戻ってくるのを期待したいところです。

さて、せっかく復旧させたものの、これまでBalaiyasa内の保存庫(といっても屋根がついているだけですが)にて、放置状態だったBonBonが久々に姿を現し、再度試運転でもやりそうな気配です。というのも、昨年のように9月28日のKAI創立記念日、所謂インドネシア版鉄道記念日にコタ駅での展示会もなく、今年は特にイベントなしだったのですが、落花生。様のブログで紹介されている通り、翌29日のじゃか新にてトンでも記事が上がっています。毎度のガセネタには呆れるばかりですが、もはやあまりの酷さに何も言えません。詳しくは落花生。様のブログをご覧下さい。とまぁ、つまりそういうことで、2012年7月に試運転を実施して以来、実に丸2年が経過し、もはや営業運行は諦めたと思っていましたが、ようやく運輸省からの許可が降りるようで、近いうちに(といっても走行区間を考えたらあと1年はかかりますかね)、コタ地区の観光列車として、デビューを果たす日が来るようです。しかしKota~TanjungPriok間に走らせるといっても、特に目玉となる車窓風景はあるのでしょうか?ゴミ山しか見えないと思うのですが・・・。そもそも不要不急路線に国営電力会社が、電気を供給するのかね。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

週刊マンガライレポートVol.107

Dsc_0239_r
先々週末のゲート前

更新が遅れまして申し訳ございません。JALITA廃回後、“夜のお仕事”が立て込んでおりまして、流石に日中の業務に支障を来たすわけにも行かず、ブログの更新に回す時間がありませんでした。睡眠3時間の日々が続き、限界でした;;というわけで、遅れておりました、9月22日~28日分のマンガライレポートです。

まずはゲート前。05-105Fが通電状態で倉の中におり、まもなく出場といったところでした。先日、Depokから配給された台車は、その105Fの前に置かれたままです。右奥に見える205はH14ですね。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

HolecAC Ts2 INKAへ返却(10月3日)

Dsc_0119
国産電車使用停止令後、初のINKA返却回送はHolecAC

周知の通り、JABODETABEK圏からINKA製国産電車が9月17日をもって離脱し、再改造のため、INKAへ返却待ち状態でしたが、その第一号としてHolecAC 第二編成がMadiunに向けて出発しました。Ts2といえば19日に、疎開のため、Tangerangへ自走回送されていましたが、配給準備のため、いつの間にかDepokに戻っていたようですね。なお、自走していたものの、主電動機に不具合があるとのことで、1ユニットカットでの走行だった模様です。それでもHolecACの中では最後まで運用に入っていた編成で、9月2日をもって離脱していました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

東葉1000形中間予備車他、Purwakartaへ(09月26日)

Dsc_0443_r
深夜の廃回に向けてDepok電車区にて準備が進む東葉1000形中間予備車

夜のお仕事第五弾・・・、だったのですが、流石に体力が持たず、日中の撮影で済ませました。まあそれに伴うイベントも発生しましたし。

そんなわけで、9月26日、東急8613Fに引き続き、譲渡車両からの廃車第二号として、8連化時に抜き取られ、その後は部品取り車として、Depok電車区に留置されてきた1000/5000中間車のうち、1098,1097,1068,1067の4両、及びDepok電車区で運用離脱後も、入替車として使用されていたRheostatic、K3-87104FがPurwakartaへ廃車回送されました。譲渡車はCikaumで固定かと思いきや、当時まだCikaumに8613Fがオンレールだったことから、今回譲渡車としては初めてPurwakartaへの廃回が発生しました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«HITACHI KL3-97220F他、Purwakartaへ(9月24日)