Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

チカウム詣2015年1月

Dsc_0060_r
2014年(予定)分全車のオフレールが完了

このところ、平均2週間に1回のペースくらいで、Cikaumに足を運ぶ羽目になってしまっていますが・・・、全然更新が追いついていません。といっても、Purwakartaとは違い、到着次第すぐにオフレール、また現時点では山脈を形成するに至らず、特に毎度のレポートは不要不急かなと思う次第です。というわけで、1月9日の廃回を受けて、当面の間の締めくくりになろう、チカウム詣に行ってまいりました。過去ネタは暇なときに、気が向いたらバックデートします。

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

週刊マンガライレポートVol.121

Dsc_0531_r
先週も動きなし

やはり、前回の回送が2014年度分(の繰り越し)として最後のCikaum廃回だったようで、その後の動きが止まっています。またBalaiyasaから6125Fが出場したものの、その後の入場はありません。また既に試運転を終了している6125Fと7117Fですが、例の如く再調整のため、先週末の運用入りはありませんでした。というわけで、格段ネタはなく、お休みしても良いかと思いましたが、小ネタがちょくちょく飛び込んできましたので、それだけやっつけて、日曜は再度Cikaumに足を延ばしてきました。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

さよならKRD MCW302系(バンドン地区)(1月15日)

Dsc_0402
役目を終える元BumiGeuris車。BumiGeuris時代には基本的に先頭に立たなかったフォグランプなしのK2 3 8702。

本日16日、バンドン地区の近郊コミューター(EkonomiLical)がダイヤ改正を実施。それに伴い、1運用のみ細々と残っていた日車製KRD、MCW302系の運用が消滅しました。新ダイヤでは全てのEkonomiLocalが客車列車での運用となります。一昨年前、前Jonan社長が全列車の冷房化を公言した時点で、冷房搭載余地のないKRDの行く末は案じられていたわけですが、いよいよ牙城の切り崩しが始まりました。残るはSolo~Yokjakarta~Kutoarjo間の都市間快速に1運用、Surabaya地区のCommuterに1、2運用程度が残るのみ(ARS改造車を用いたSemarang地区のCommuterは結局故障のまま廃止?)となります。書類上はそこそこ車両自体は在籍はしているはずなのですが、大半は故障により離脱中。Rheostaticと同時平行的に導入が進められてきたKRDですが、Rheostaticの後を追うように、今後、徐々に数を減らしてゆくでしょう。70~80年代の円借款事業の遺産がまた消えてゆくことになります。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

週刊マンガライレポートVol.120

Dsc_0084_r_2
先週末のゲート前

Cikaum向け配給と思しきメトロ中間車は動きはありませんが、入場中の6125Fが姿を現しました(というわけで、先週はマンガライレポートをお休みして正解でした)。Depokでも7117Fがすでにお色直しを終了しているようですので、今週末には出場試運転があるかもしれません。しかし、Manggarai工場、手を抜きすぎでしょ・・・。ライトソケットにすら色差ししないとは・・・。6126Fと同様の姿になりそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

メトロ05-007他、Cikaumへ(1月8日)

Dsc_0862_r
異例の連日施行

1月8日、前日に引き続き、Cikaum廃回が施行されました。今回廃車されたのは、モハ203-126,モハ202-126,7717,05-007の4両。通常、Cikaum側のオフレール作業が終わらない限り、次の廃車回送は施行出来ず、これまで最低でも中2日は取られていたのですが、なんと、昨夜に引き続きの設定となりました。12月20日の施行の時点で、年内あと2回あるとの話を聞いていましたが、結局年末年始のお休み期間に入ってしまい、その後2014年内の廃車はありませんでしたので、おそらくその2回というのが前回と今回の廃車回送を意味しているのではないかと思われます。ですので、大人の事情でに極力早く、廃車せねばならないという事情があったのではないかと思われます。しかし、気になるのはこれまで毎回8両程度ずつ回送されていたのが、ここに来て4両になってしまったということ。そもそも、事故廃車の05-107Fですから、走行の不能な事故当該車05-307を除き、一気に廃車してしまえばいいようなものを、結局現時点で廃車されたのは、両先頭車の05-107,05-007のみ。果たして、これでKCJ車両の廃車回送が一旦ストップのなるのか、はたまた2014年度分としての最後なのか。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015年1月 8日 (木)

メトロ6000系中間予備車他、Cikaumへ(1月7日)

Dsc_0801_r
2015年1発目の廃回・・・

1月7日終電後、2015年初となるCikaum廃回が設定されました。今回廃車されたのは6826,05-508,6806,6906,6726,(K3),6825,6925,サハ203-1の8両。年末年始期間中、小康状態だった廃車回送が再び始まりました。昨年末の話ではあと2~3回でひとまず終了とは伺いましたが、どうなんでしょうね。まあKCJ所属車の中間予備車及び離脱車は既に大半がCikaum行きとなり、実際問題あと数回施行すれば、終了でしょう(近く、タイミングを見計らってまとめないといけませんな)。やはり、財産権の都合上、KCJ車とKAI車は廃車場所を別々にせねばならないようで、そう考えるとCikaumにはPurwakartaほどの山は形成されないのかもしれません。なお、Purwakartaに送られているものは、KAI車というよりも、運輸省保有車の意味合いが強いようで、となるとKAI所属の東急車はまた別の場所への廃車も予想されます。加えてBogorに留置したままの離脱した都営車も、さっさと廃車したいのでしょうけど、Purwakarta(都営・メトロ5000,東葉1000は書類上は運輸省保有)ももういっぱいですし、どうするのでしょう。今年は第三、第四の廃車置場が出現するのかもしれません。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

週刊マンガライレポートVol.119

Dsc_0916_r
2014年最後のゲート前

Selamat tahun baru 2015。あけましておめでとうございます。今年もどうぞ、しがない当ブログですがよろしくお願いします。

といっても、ネタは12月最終週、先週の動きです。Depok電車区には6107Fと入れ替わりで7117Fが、BalaiyasaManggaraiには6125Fが入場しました。なお、バライヤサゲート前に6125Fの姿は見えず、森の方に一時留置してあるようです。そうなると、果たして検査入場なのか、一度も全検を通さずに廃車なのか、様々な憶測が飛び交うところですが、6123F、6125Fと、投入開始順ですので、おそらく1ヵ月後には出場してくれるのではないかと、私は予想しています。外れたらごめんなさい。そして、ゲート前に止まっていたのはCikaum配給準備と思われる05-107Fの残り、その他が。また、倉の中にはKRLIの姿も!この後の動きに注目です。

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

週刊マンガライレポートVol.118

Dsc_0002_r
怒涛の2014年もまもなくオシマイ。ゲート前は年末モード?

更新が遅れまして申し訳ございません。Cikaum及び試運転対応で先に怪社からお休みを頂いた反動で、先週は全く身動きが取れませんでした・・・。24日にダイヤ修正、また27日にはコタ駅10番線で釜が暴進、車止めを破壊し、コンコースに突っ込むと言う事故が発生していますが、24日以降の増発分の時刻は公式SNSをご参照下さい。また釜の件はネットに画像が出回っていると思いますので、こちらから上げる必要はないかな、と。要するに手が回っていないということです・・・。

というわけで、遅れておりましたマンガライレポートVol.118、先々週12月15日~21日の動きです。冒頭は1090Fが出場し、がらんどうのバライヤサゲートです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

H27,ハエ30運輸省試運転(12月22日,23日)

Dsc_0126
ハマ線とKCJのチャンプルー状態で最後の運輸省試験に臨んだH27

埼京線編成から横浜線編成まで、丸1年間続いた205系356両の運用開始に向けた整備がこれにて終了。最後の運輸省試運転が12月22日,23日の両日、横浜線22本目のH27編成、埼京線18本目のハエ30編成で実施されました。思えば205系のデビューは今年の3月。当初Bogor線でたった1運用からスタートした205系ですが、わずか9ヶ月でJABODETABEK圏のスターダムにのし上がりました。この205系の大躍進の元を辿れば、怒涛のE233投入をやってのけてしまうJREの財政力、Jトレ横浜/新津の生産力にあるわけで、これまで年間たかだか十数本の現地化改造及び試運転をちまちま進めていたKCJ並びに運輸省の体質を、強制的に改革したというのは、なんとも痛快な話です。もちろん、その影ではその分、手が回らなくなった在来車両の廃車という、無視できない部分もあり、205系でもやむなく離脱している車両もありますが、まずは356両の門出を祝福したいと思います。そして205系の譲渡に関わった全ての皆様、本当にお疲れ様でした。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

05-107他、8両Cikaumへ(12月20日)

Csc_0605_r
05-107FもついにCikaum廃回開始・・・(大きなネタがまたしても大逆光・・・、補正様様です;)

このところ、もはや週2回ペースで実施されているCikaum廃回。先日、05-107FがDepokに配給(これを見るに05-107FがDepok配給と言うのはおそらく間違いで、この配給編成と同じ状態でDepokに送られたと見るの正解っぽいですね。お詫びして訂正いたします。)されていることから、そろそろ来るのではないかと思っていたら、案の定05系を引っさげてCC201がやってきました。なお、今回廃車されたのは以下の8両。05-107,05-410,05-510,6915,6815,7821,7721,7817。05-107Fが全部かと思いきや、逆に05-107の1両のみで他の車は中間車の寄せ集めでした。この送り出す基準もよくわからないよなぁ・・・。6112Fのように編成丸ごと同時に送られたのは、逆にレアなケースなのでしょうね。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«週刊マンガライレポート2014SP②(不定期更新 月刊Depok通信10月分)