Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

※103系,8000系,5000系等、205系を除く各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2014年9月30日 (火)

週刊マンガライレポートVol.106

Dsc_0858_r
9月21日のゲート前

大変お待たせいたしました。遅れておりました、マンガライレポートVol.106、9月15日~9月21日の動きです。KFWの離脱、そして横浜線第四陣の着岸で、正に激動の渦の中に飲み込まれた感でした。当分夜のお仕事はしたくないです・・・。

さて、ゲート前には既に22日にPurwakartaに廃回されたRheostaticの姿、そして後日Purwakarta送りになるであろう青いHolecも停車中。譲渡車の姿は、右の奥にかろうじで横浜線が移っております。当時、TanjungPriokでは水切り真っ最中であり、奥のこの205系は前日夜に配給されたH14です。



» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

HolecKL3-94220F他、Purwakartaへ&JALITAその後(9月22日)

Dsc_0184
初のHolec+Rheostatic混成の廃回。さらに後部はDjokoTingkirがエスコートという三色団子!

9月22日終電後、横浜線車両の到着に合わせ、久々のPurwakarta配給が実施されました。今回廃車されたのは以下の8両。

・KL3-94220,97241,97239,96206,78106,84113,78109,78111

なお、Holec側は編成を組んでおりますが、Rheostatic側は、車番の通り、編成になっておらず、既に廃回済みの倉庫代用となっていた83118F両先頭車とコンビを組んでいた中間2両と、76110Fの中間及び先頭という内容です。76110Fのうち、今回含まれなかった76119号は以前、小規模な火災を起こしている車両で、76110と共に、BalaiyasaManggaraiに依然収容されているものと思われます。編成間にはいつもどおり、K3客車を緩急車として挟みましたが、今回、JALITA廃回時と同じく、後部に作業員乗車スペースとしてDjokoTingkirが連結されました。以前は蒸し風呂緩急車に作業員は乗らざるを得ませんでしたが、労組からクレームが出たのか??、冷房のきいた快適な移動が可能になっています。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

H18,14,25,23 Yokoso ! TanjungPriok !(9月19日~)

Dsc_0197_r
歴史に名を残す、史上最悪の水切りの始まり・・・

9月19日早朝、同4日に新潟東港を出港していた貨物船がTanjungPriokに着岸。2014年度分第四陣として、205系H18,H14,H25,H23編成の4本が新たにインドネシアに上陸しました。途中、船体クレーンの故障を挟み、22日早朝まで、丸4日をかけて、延々と作業が続きました。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

HolecAC Ts2 Tangerangへ疎開(09月19日)

Dsc_0600
Tangerangに向けて最後の自走!?

19日終電後(20日深夜)、既に運用から離脱し、Depok電車区での留置後、DepokBaru中線に疎開していたHolecAC Ts2が205系4本の到着にあわせ、DepokBaruからTangerangへ、再疎開されました。3本中、唯一稼働可能な状態であったTs2ですが、ここ3週間近く運用に入っておらず、そのまま運用に就かないまま、KFW共々、ジョクジャカルタ地区への転用に備え、INKAへ返却されることになってしまいました。返却手配がつくまで、Tangerang駅構内に留置される模様です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

205系ハエ32編成,H4編成運用開始!(09月25日)

Dsc_0169
早くも横浜線編成が運用開始

更新が滞りまして申し訳ございません。先週のJALITA廃回後、“夜のお仕事”が立て込んでおりまして、流石に日中の業務に支障を来たすわけにも行かず、ブログの更新に回す時間がありませんでした。睡眠3時間の日々が続き、限界でした;;

というわけで、更新ネタが溜まりに溜まっているのですが、中の人々からも需要の高い205系ネタを先に更新いたします。なお、この記事は後日、マンガライレポートVol.107に加筆修正の上、流用いたしますことをご了承下さい。そのまま引き継がれますので、コメントは入れていただいても構いません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

8613F“JALITA”廃車回送(9月17日)

Dsc_0441
ついに譲渡車から廃車第一号が発生

近日中に205系(横浜線)がDepokに配給されることから、至急空き線を作る必要性が生じ、9月17日終電後、長らくDepok電車区にて休車状態が続いていたJALITAこと8613Fが廃車回送されました。既に103系E20+E27と共に近いうちに廃車回送されるとの話はぼちぼち出ていましたので、心の準備は出来ておりましたが、突然の設定には、驚きを隠せませんでした。復旧の見込みは限りなくゼロに近くなっていたものの、それでもDepok電車区にKCJ第一編成としてのメンツを死守すべく、鎮座し続けてきましたが、ついに、名実共に205系から追われる形で、ジャカルタの地を去る日が来てしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

週刊マンガライレポートVol.105

Dsc_0009_r_3
先週末のゲート前

今週も青色Holecが停車中。しかし良く見てみると、先週のとは別物で、倉の中にいるのが、先週の編成ではないでしょうか。マンガライの森の中には一体どれほどのHolecが隠されていたのでしょうねぇ。向かって右に見えるのは、先日マト51から抜き取られたサハ203-1,サハ203-2です。1080Fは庫内に取り込まれ、検査が始まった様子。05-105Fは来週にでも姿を現すでしょうか。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

Bogor線2014年6月1日改正ダイヤ(9月11日訂補)

Dsc_0242_r_2
続々増える205系

6月1日ダイヤ大改正以降、ダイヤ上は大きな変更はなかったBogor線。それでも6月中旬以降にてこ入れが行われたSerpong線,Bekasi線同様に、Bogor線も一部運転区間等の変更が実施され、公式より7月16日修正版として時刻がアップロードされておりました。その後、205系の増投入により、8月11日に運用変更を伴うダイヤ修正が再度実施されましたが、見てくれ上の時刻はほぼ変わらないため、公式からのお知らせはなし(10連化に伴い、出入区場所が変わり、一部の列車の運転区間が変更されています)。ですので、こちらとしてもわざわざ作る必要はないかと静観していたのですが、ここに来て土休日の一部列車運休、さらに9月11日より205系の増投入により待望の1運用増発(6月以降空スジで設定されていた)と動きが激しいですので、急遽、時間があるうちにと作成いたしました。本来なら実施されているはずのSerpong/Banten線EkonomiLocal都心乗り入れ廃止時には、Duri行きがAngke行きに変更になることが大いに考えられますが、いつになるかわかりませんし・・・。まあそのときはそのときで、行き先だけ変更するだけですので、特に新たなアップデートはいたしませんので、予めご了承下さい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

週刊マンガライレポートVol.104

Dsc_0003_r
青いHolec,再び・・・。そして1090Fと同時に1080Fも全検入り

先週末のゲート前です。05-105Fは引き続き、入場中。一気に8連が3本も入場していることになります。DepokはDepokで引き続き、8607F,8611Fが入場していますので、編成数の割に、一時的ではありますが、稼動数が減っております。東葉1000系にも冷房換装案件が上がっていましたので、それに関するものと思われます。個人的にはセンス悪っ!としか言えなかった東葉赤縁顔、今後どのようなデザインになるのか気になります。これまでゲート前にいた1090Fはこちらに移動しておりました。↓↓

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

不定期更新 月刊デポック通信(7月,8月分合併号)

Csc_0325_r
横浜線車両が仲間入り!

久々のデポック通信。7月末に橋の下に降りたものの、多忙でアップ出来ず・・・。その間にも横浜線の改造作業は進んでおり、先日、再度橋の上からウォッチングを行いましたので、7月8月合併号としてお送りします(もう9月ですが・・・)。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«週刊マンガライレポートVol.103