Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS(ご挨拶)

JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。JABODETABEK圏への人口集中は急速で、我が国がこの圏域に鉄道支援を開始した当時の人口約970万人(1977年)から約20年間で実に倍以上の増加が見られ、2020年には約3000万人に達すると言われている。そのうちDKIJakartaの人口は約840万人(2000年)であり、人口密度は12000人/km²を超え、世界トップレベルの人口密度を誇っている。同時に現在ではDKI Jakartaよりも“BODETABEK”の方が人口を伸ばしている。だが、BODETABEKは人口に対する充分な雇用機会や都市型サービスを提供出来ていないため、DKI Jakartaへの通勤需要の一極集中を引き起こし、BOTABEKから一日約70万人の人々がDKIJakartaへ通勤しているといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、2000年以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAIのJABODETABEK通勤線を紹介します。

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

Dscf2510_r_2
オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください。

◆205系運転予定時刻◆
2051403
2014年3月末現在 車両事情等により、他形式で運転する場合があります
※4月上旬現在、205系はさらに2運用増発されています。時刻表更新までしばらくお待ち下さい。
※103系,8000系,5000系等、各車両は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2014年4月22日 (火)

週刊マンガライレポートVol.85

Dsc_0299_r
先週末のゲート前

HITACHIのPurwakarta行きが9割方確定に・・・。せめてのINKA行きというどんでん返しを願いたいものですが。

今週も掲載が遅れてしまいました。スミマセン。こんな状態では、工場内の様子が全くわかりませんが、05-112Fは既にマンガライを出場しており、車輪削正のため、Depokに回送されています。それより先に入場している203系マト66の検査には相当難儀している様子が伺えます・・・。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

不発;;夜のマンガライウォッチング

Dsc_0682
留置線はもぬけの殻・・・。しかし、見慣れぬ車両が。

前回のマンガライレポートのトップ画像を、HITACHIの廃車回送を匂わすものでしたが、先週末の状況を見るなり、もはやそれは確定的に・・・(こちらは後ほど更新します)。そんなわけで、先ほどマンガライまで夜のお散歩に繰り出してきました。全く事前情報なしだったのですが、ゲート前の様子を見れば、部品取りも済んでいると思われ、週明け後すぐに廃車回送に出るだろうと踏んでおりました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

不定期更新 月刊デポック通信(3月分) BUD拡大版

Dsc_0266_r
205系だらけのDepok電車区。実はハエ31の後ろにもう1本隠れており6本並びでした;;

月を跨いでしまいましたが、デポック通信3月分です。お待たせしてすみません。せっかく橋の下に降りるチャンスがありましたので、上げておきます。緑帯の205系もこれで見納めでしょうし。なお、3月中旬のレポートですので、現在の状況とは若干異なりますのでご了承下さい。

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2014年4月14日 (月)

週刊マンガライレポートVol.84

Dsc_0527_r
先週末のゲート前

多忙により更新が滞り、申し訳ございません。またまたマンガライレポートだけで終ってしまいました・・・。

さて、いきなりですが、週明け14日から205系の運用が1本増えるということで、それに向けてBalaiyasaのハエ24が動きました。今後、Depokに回送されるものと思われます。そして、HITACHIが205とピッタリ並ぶように倉から顔を出す形で留置中。いよいよ8連に組まれPurwakarta送りか!?と思いきや、後ろにはHITACHIではなく、メトロ車っぽいものが見えますので、廃回に向けた準備ではなさそうですが、職員向けさよなら撮影会ふうに見えるのは気のせいでしょうか。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

週刊マンガライレポートVol.83

Dsc_0090_5
先週末のゲート前

約1週間ぶりにジャカルタに戻りました。しかし、帰って早々、バンドンの西方、Cirahayu~Ciawi間で路盤流出があり、運悪く列車(MarabarEkspres)が通過。牽引していたCC206-55を含め前方車両が脱線、転覆。数名の死者を出しているというのは既報の通りですが、そのあおりで週末乗車予定だったジャカルタ発のSerayuPagiがPurwakartaを経由しなくなり、いきなり出鼻をくじかれるという・・・。ご存知の通り、毎晩のようにEkonomi車両がPurwakartaに廃回に出され、当然それをウォッチングしに行く予定を組んでいたのですが・・・。仕方がないので、片道EkonomiLocal、片道バスに予定変更しました(この模様はまた後日)。それはさておき、それ以外にも何かと動きがあった1週間でした。そんなときに限って、しょうもないゴタゴタでお休みが半分になったり::やはり浮気は良くないですね・・・。はい。

ゲート前では05-112Fが絶賛全検中。205系ハエ24はやや手前に引き出されてきました。そして気になるのが、倉の中で仲良く並んでいるHITACHIの存在。Purwakarta廃回の準備なのか、それとも??

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

週刊マンガライレポートVol.82

Dsc_0180_r
おや、またお会いしましたね(笑)

Rheostaticが続々とPurwakartaに送られていますが、逆にジャカルタ圏での動きはさほどなし。ですから、たまには春休みでも頂きたいなぁ、というわけで今週のマンガライレポートはお休み。と、してみたかったのですが、そうは問屋が卸しませんでした。そう、最新ニュース欄でお知らせしております通り、読者の皆様もその動向を気にされていたHolecACが29日に運用を開始しました。なお当方、フィリピンに浮気中のため、未だHolecACの営業運転を目撃出来ておりません。そのため、一部画像はいつもお世話になっておりますFaris氏、Adam氏からの提供です。ありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2014年3月27日 (木)

週刊マンガライレポートVol.81

Dsc_0011_r
先週末のゲート前

大変お待たせしました、先週分のマンガライレポートです。6271Fは未だ運用入りせず(24日後半より運用入りを確認→入れ替わりに6217FRakitanが入場)。205系もハエ24のまま動きなし。DjokoLelono1のアタマには緩急車が連結され、こちらもまもなくPurwakarta送りの予感。前回、回送電車様から週初めの様子を頂いて正解でした。マト66,05-112Fはいずれも倉の中に取り込まれ、全検真っ只中というところでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

HolecもPurwakartaへ廃車回送(3月24日)※画像追加しました

Dsc_0313_r
Holecにも初の編成単位での廃車が発生

3月24日深夜、Depok~Manggarai~Purwakarta間で元Ekonomi用車両、通称Holecが廃車回送された。牽引は赤釜ことCC201-92-12。Rheostatic同様、編成間及び最後尾に緩急車を連結しての施行となりました。書類上はHolecで初の廃車が発生したことになります。冷房化され、既にジャカルタに凱旋している編成や地方に電気式気動車として転出している編成もある中、今後残る編成は全て廃車となるものと思われます。

今回廃車されたのは以下の通り。
KL3-99214,KL3-99213,KL3-96203,KL3-97240+
KL3-97230,KL3-97237,KL3-97227,KL3-98204

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

週刊マンガライレポートVol.80

Dsc_0277_r
先週中頃のゲート前

大変お待たせいたしました。遅れておりました先週末分のマンガライレポートです。冷房換装のため、Depokに回送されていた6271Fが再度Manggaraiに戻っておりました。脇にいるのは相変わらずハエ25編成。なお、この位置からは確認出来ませんが、マト66編成がついに全検入場しました!!あのタイミングでのラッピング装着は一体なんだったのか・・・。どうせ塗装化に際して剥いでしまうでしょうに。(或いは今回だけは例外的にそのまま流用??)

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

ハエ22,32,18 Yokoso!TanjungPriok!(3月16日)

Dsc_0607_r
180両に及ぶ譲渡劇も、いよいよ最終章

16日夜、3月4日に新潟東港を出港した貨物船がTanjungPriok港に着岸。翌日夕方にかけて、水切り及びManggaraiまでの配給輸送が実施されました。計7回に及んだ2013年度分の205系の海上輸送も、今回で最終回です。末期まで埼京線で活躍し、国内でも注目を受けていたハエ22,32,18がジャカルタ入りです。取り急ぎご報告までに。某テレビ局の取材も入っていましたし、詳細はそちらで上げてくれるのではないかと(爆)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハエ13編成試運転(3月14日)